« 十二ヶ岳 登頂 & 西湖キャンプ July 19-20, 2015 前編 | トップページ | Sho's Pocket TAKIBI GRILL 【B-6 boy】 Stainless »

2015年7月24日 (金)

十二ヶ岳 登頂 & 西湖キャンプ July 19-20, 2015 後編

Saiko_camp01

 

Saiko_camp02

 

Jyunigadake_07

 

そんな訳で、前編の続き、先日の三連休、
富士五湖の一つ、西湖でのオートキャンプと、
その西湖の北側に位置する十二ヶ岳への
トレッキングに行ってきました。

 

西湖 自由キャンプ場(山梨県)
http://www.hatinosu.net/camp/archives/1117/


お目当ての西湖の湖畔にある
自由キャンプ場へ予定通り朝一に到着。
無事 受付も済ませ、場所取りも兼ねて
テントとタープを立ててから・・・
十二ヶ岳へのトレッキングを堪能。
無事 登頂後、帰還してからは湖畔で
リラックスしたオートキャンプを楽しみます。
トイレや炊事場もキレイだし、
ロケーションもバッチリ。
ホント お薦めなキャンプ場です。

その目の前に広がる西湖は、標高902m 周囲10km
富士五湖の中でも特に透明度が高い美しい湖です。
東京で夏日を迎えていた この日も過ごしやすく
湖面を渡ってくる風は爽やかで とても快適でした。
最大水深は深さで71.7mもあり、もともと1つの湖であった
隣接する 本栖湖と 精進湖とは、 雨水による増水時に、
それぞれの湖で水位が一定して同じく推移するため、
3つの湖は地下でつながっていると考えられています。
そんなミステリアスな構造ゆえか、絶滅種といわれる
奇跡の魚クニマスが70年ぶり発見されたりもしています。
そして、西湖は「富士山域」という一つの構成資産の中の
一部として2013年から世界遺産でもあります。

富士五湖がぐるっとつながるガイド
http://www.mt-fuji.gr.jp/

 

そんな湖の優しい波音と、ときたま、ジャッパーン
ジャッパーンっと飛び跳ねる元気な魚たち
とにかく 釣りキチ三平 ばりに 飛び跳ねる魚は必見(笑)
なかなかファインダーに納めることは出来ないですが・・
そんな美しい風景を見ながら トレッキング後、
横付けした愛車ジープ パトリオットから
チェアやテーブルを出してタープの日陰で少し休憩です。

 

Saiko_camp04

 

 

 

Saiko_camp05

場所取りも兼ねて朝から設営していた
テントとタープは登山の山岳テン泊でも使ってる
ニーモ タニ2Pとシートゥサミット15Dタープの組みあわせ。
簡易張りで短めにセットしていたポールを長くし
タープ内の居住性を広げ、これまたお気に入りの
ヘリノックスのチェアと、各テーブルを出します。
タープは長辺を横にして後ろ下がりにした形態で使用。
ポールを使って 後ろも上げればより広く使えますが
傾斜のある ちょっとしたプライバシー仕様で
後ほど降った天気雨の時も良い仕事そしてくれました。

今回タープの前側に使っている2本のポールは
先日購入した zerogram ウルトラライトタープポール170
畳んだ状態で51cm 230gという軽量コンパクトながらも
振り出しで長く伸ばせば170cmになるという優れもの。
アジャスタブルで可変サイズで使えるのも便利ですし、
ポール先はカメラ用三脚と同じネジ加工がしてあり
簡易的な1脚などに使えるギミックや、各ポールを繋ぐ
樹脂パーツ部分が蓄光グロウ仕様だったり、
このクラスのポールで悩んでいる方には
スペック的にもコスパ的にもオススメの逸品です。

そんな訳で・・・トレッキング後、しばし休憩した後は、
隣接する
西湖温泉「いずみの湯」へ行って
汗を流し、リフレッシュし 着替えます。
疲労したカラダにジャグジーのブクブクが気持ち良く
サウナや、風が気持ちいい露天風呂も最高。

 

いずみの湯
http://www.hamayouresort.com/hotspa/izumi/


いつもより長湯をしてしまいました。。。
休憩所も広めですし、湯上りビールもバッチリ
この感じは山岳のテント場では味わえない
快適オートキャンプの醍醐味です(笑)

そして、今回のメインでもある「焚き火」に向けて
途中、小枝拾いをしながらテントへ帰還。
そう薪じゃなくてイイんです。先日購入した
超コンパクトな「笑's・コンパクト焚き火グリル B-6君
もともとキャンプ場で売っているような
薪が入るサイズでは無いですし、この時期の
暖をとるような焚き火ではないので
指先ぐらいの落ちている小枝や落ち葉でOK。
コンビニ袋に一杯程度あれば充分遊べます(笑)

そんな訳で、実家が薪風呂だという(笑)
相方さんの助言を貰いつつ、桜の枝や、枯れた竹、松。
色々と燃え方を想像しつつ拾い集めます。
こんなところから楽しめるのもイイんですよね。

そして、テントに戻り、夏なので虫対策。
蚊取り線香の香りが心地良いです。
ちなみに これはカインズのオリジナル品。
フッ素加工された線香皿で吊り下げもOK。
小型サイズは携帯やキャンプにも便利です。

 

 

 

Saiko_camp06

 

 

 

Saiko_camp07

準備をしてたら、天気雨がパラパラっ、、、、
小さいながらもタープやチェアがあると助かります。
雨宿りしつつ、湖面を眺め 様子見・・・・
そんな試練の後のご褒美か、自然の粋な計らい
雨雲が過ぎた後に、天使のハシゴのように
上へと延びる虹が浮かび上がりました。
それが湖面にも写り込んでいて、これまた綺麗で
感動的な演出です。キャンプ場も笑顔に包まれます。
そんな爽やかな雨上がりに タープ下から移動して
大空の下、こじんまりとしたBBQのスタートです。

 

 

 

Saiko_camp08

 

 

 

Saiko_camp09

 

 

 

Saiko_camp10

どうして、外で食べる焼肉は旨いんですかね。
本能的な物なのか、視覚 聴覚 嗅覚を一層刺激します。

そんな訳で今回の主役でもある
笑's・コンパクト焚き火グリル B-6君
少しふざけたネーミングとサイドの笑の文字。
しかし、こやつの実力は素晴らしい・・・
たぶん最近購入したアイテム群の中で
一番のお薦めアイテムかもしれません。

詳しくは 次回、別でアップ予定ですが・・・・

まずは、持参した市販の炭でBBQ。
着火剤替わりのヤシガラ炭が勢いよく燃えて
落ち着いた頃にはイイ感じに遠赤外線な炭へと変化。
この状態で1時間ほどBBQを楽しめるようです。
朝一でよった マックスバリュ 富士河口湖店で
購入した お肉のパックやら、焼き鳥の串。
自宅から持ってきたソーセージや野菜類を
お好みでプレートで焼いて食べていきます。
1~2人で使うに絶妙のサイズ。
食材と飲み物系で別けておいた
クーラーボックスの保冷も効いていて
食材もバッチリですし、ビールもサイコー!
非日常感がもたらすロケーションと
レジャー感がスパイスになり数段旨く感じます。

そして 、一通り 食べ終わったら、
上部のプレートを外し、焚き火タイム!
明るいうちに拾っておいた小枝をペキペキ折って
炎が消えないように、そして逆に燃えすぎないように
バランスを考えながら汲めていきます。
ランタンを消し、その炎の灯りを楽しみます。
やっぱり桜の枝はイイなぁとか、落ち着いてきたら
空気を送ってみたり・・・ 大人の火遊び。。。
サイズ的に 焚き火の 盆栽と言う感じでしょうか、
はっきり言って 花火より面白いですね(笑)
で・焚き火と言ったらマシュマロも焼いちゃいます

 

 

 

Saiko_camp11

 

 

 

Saiko_camp12

 

 

 

Saiko_camp13

 

 

 

カマンベールチーズに湖畔で冷やした赤ワイン。
対岸の灯り。月夜に浮かぶ雄大な山々のシルエット。
遠くに聞こえる林間学校?のフォークダンスな音・・・。
そして笑いの絶えないキャンプ場の賑わい
少しお祭りのような雰囲気に包まれ夜はふけていきます。

 

トレッキングの疲れと酔いで気持ち良くなり
ふっくらダウンの寝袋に寝ころび眠りにつきます。
ニーモ タニ2Pのベンチレーション前後とも解放
メッシュ部分から湖畔の風が気持ち良いです。
暑くも無く寒くも無く。たぶん そのまま外でも寝れそう。
今時ブームなUL風にタープだけで寝るのも
苦にはならない気温状態でした。
ただ、明方、雨が降ったようでしたが(苦笑)

 

そして、清々しい朝が湖畔に訪れます。
鳥のさえずりに朝日。幸せを感じる一瞬です。
朝一から釣り人たちが立ちこみで頑張ってますね・・
今度は自分も釣竿もって来ようかなぁ・・
そんな湖畔の風景を楽しみながら朝食の準備。
芳ばしい珈琲の香りに包まれます。

 

Saiko_camp14

 

 

 

Saiko_camp15

 

 

 

Saiko_camp16

 

朝食後は、テキパキと撤収し、混雑前に移動。

 

今回使用した山岳用でまとめたキャンプセットは
設営や撤収もラクだし、何と言っても軽量コンパクト。
テント、タープ、チェア、テーブル、コンロ類
すべて詰め込んでディバックに入って背負える感じで
徒歩や電車での移動やトレッキングはもちろん
パッキングのし易さでバイクや自転車での
ツーリングキャンプにも行けちゃうサイズ。
小さくまとまっているので、少し不自由なところもあるけど
ピリリと要所をしめた構成は自分に合っている感じで、
その軽量コンパクトさはオートキャンプの時でも
車重を抑えられて 走りのへの影響も最小限で
走行時の登りの加速や燃費にも有効なのもイイところ。

そんな訳で、他に追加したいアイテムもありますが
この山岳テントをベースにしたキャンプ道具構成・・・
今後とも 西へ東へと色々活躍しそうです。

 

Saiko_camp17

 

 

 

Saiko_camp18

 

 

 

充実した2日間でした。ループ化した日常に
こんな潤滑油が必要なんですよね。
正直、今住んでる所だったら ものの数分で
海水浴が可能になった葛西臨海公園があって
BQQができたり、海・川とも釣り場もたくさんあるし
潮干狩りだって出来ちゃう訳ですが・・・・
わざわざ高速にのったり、早起きして遠くに行く。
この移動感。旅っていうのも人生には
イイ刺激になるのかもしれませんね・・・
だって なぜか 理屈抜きに 天気が良いと
どこか遠くに行きたくなっちゃう訳ですからね。
それに準備して、わくわくしながら計画をたてる
アイテムを揃えておく・・ それだけでも楽しいものです。



 

 

 

 

 

笑's コンパクト焚き火グリル B-6君 組み立て方 [公式]

 
 

 

 



 

 

 

 

|

« 十二ヶ岳 登頂 & 西湖キャンプ July 19-20, 2015 前編 | トップページ | Sho's Pocket TAKIBI GRILL 【B-6 boy】 Stainless »

■ Ph. Travel 旅 写真」カテゴリの記事

■ クルマ Jeep PATRIOT」カテゴリの記事

■ アウトドア. outdoor 総合」カテゴリの記事

コメント

笑's・コンパクト焚き火グリル良いですよね〜!ちびちびやるには丁度良いですよね。
火の回り方や少量の墨で楽しめるし。バイク乗ってキャンプするとき、持っていってたな〜。

投稿: 通りすがり | 2015年7月27日 (月) 01時10分

 
>通りすがり さん
どーもです。そうなんですよ
笑's・コンパクト焚き火グリル良いですよね
少ない炭で しっかり燃焼!さすがの逸品です
バイクツーリングにも最高ですね
旅に出たくなります~ ( ̄ー ̄)
 

投稿: tact* | 2015年7月27日 (月) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 十二ヶ岳 登頂 & 西湖キャンプ July 19-20, 2015 前編 | トップページ | Sho's Pocket TAKIBI GRILL 【B-6 boy】 Stainless »