« VERNE Trekking Pad │ ベルン トレッキングパッド | トップページ | 十二ヶ岳 登頂 & 西湖キャンプ July 19-20, 2015 後編 »

2015年7月23日 (木)

十二ヶ岳 登頂 & 西湖キャンプ July 19-20, 2015 前編

Jyunigadake_01

先日の三連休、天気の回復に合わせ、
富士五湖の一つ、西湖でのオートキャンプと、
その西湖の北側に位置する十二ヶ岳への
トレッキングに行ってきました。

晴天の日曜、自宅を出たのは朝の5時。
凛とした空気と、混雑前の快適な首都高、
都会的な景色と連続したコーナーが気持ち良く
愛車のJeepパトリオットも気持ち良く吹け上がります。

Jyunigadake_02

Jyunigadake_03

Jyunigadake_04

そして、中央道も ほとんど渋滞も無く
いつものように高速のPAの雰囲気を楽しみつつ
あっという間に、河口湖へ到着です。
河口湖はブラックバス釣りをしてた時に
よく来ていたので走り慣れた道。
約130km。近いと言えば 近いかも。
JR中央線の直通も合って、河口湖から都心に
毎日通勤している人もいるようですし(汗)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012621870

で・話がそれましたが・・・今回
出迎えてくれたのは笠雲を被った富士山・・・
残雪が消えた姿は違和感がありますが
あいかわらずの雄大さとパワー感です。
そのまま、朝7時から営業しているという
フォレストモール富士河口湖 にある
マックスバリュ 富士河口湖店というスーパーへ

フォレストモール富士河口湖
http://fujikawaguchiko.forest-mall.com/


富士山が目の前に見える広々とした駐車場。
さすがの立地で、BBQ食材も豊富。
今晩のキャンプでの食材を買いだして、
用意してきたクーラーボックスへ収納し
本日の目的地、西湖の湖畔にある
自由キャンプ場へと向かいます。

西湖 自由キャンプ場(山梨県)
http://www.hatinosu.net/camp/archives/1117/

晴天の連休の中日、連泊する方も多いらしく
湖畔に面したフリーサイトは大賑わい!
この前のゴールデンウィークより混雑しているような?
管理人さんに確認したら8時より入れるという事で
早速 受付を済ませ、場所決めサイトを確認。
ここと ここは、今日撤収予定など情報をいただき
後で移動しても良いよとの事でしたが、
水位の変動が少ない湖ならでの湖面に面した
ロケーション優先で、少し傾斜のある場所ですが
湖畔の芝生部分にベースキャンプを決定!
ササッと場所取りも兼ねてテント&タープを設営し、
今回の もう一つの目的である
トレッキングの準備に取り掛かります。

Jyunigadake_05

Jyunigadake_06

Saiko_camp03

テントとタープは登山の山岳テン泊でも使ってる
ニーモ タニとシートゥサミット15Dタープの組みあわせ。
今回は広々と別々に設営。イイ働きをしてくれます。

抜群のロケーションとコスパの良さで人気のキャンプ場。
かなり早い時間で いっぱいになったようでした。
受付で バイク キャンパーは何台か受け入れていましたが
10時ぐらいには自動車キャンパーは すでに断り状態。
予約不可ゆえに、予約不要で気軽に楽しめるのも
ここの利点ですが、繁盛期は朝一到着が良いようですね。
まぁ、西湖だけでも他にも たくさんキャンプ場はありますし、
午前中までに超大型の敷地面積を誇るキャンプ場の
朝霧ジャンボリーオートキャンプ場まで足を延ばせば
泊まれない事は無いとは思いますが・・・。
ここは西湖温泉「いずみの湯」に隣接しているのも
魅力なんですよね。イイお風呂でした。

そして、サイトに集まる色々なテントやタープ、
クルマやバイクなどを見ながら(これも楽しみの一つ)
今回の もう一つの目的である、
西湖の北側に位置する十二ヶ岳へ向かいます。

十二ヶ岳は山梨県南都留郡富士河口湖町にある
標高1,683mの山。山梨百名山の一つです。

当初は、文化洞トンネルまで徒歩で向かい
毛無山へと登り、十二ヶ岳の名の由来でもある
12の岳を峰沿いに縦走する予定でしたが、
早めに戻って 湖畔キャンプも堪能したいため、
桑留尾からのピストンルートに変更です。
マップ上の参考タイムは、登り2時間25分、
頂上で昼食をとって、下り1時間55分、
休憩ロスタイムを考え丁度良い時間と距離感です。

十二ヶ岳 (登山ルートガイド)
http://www.japanesealps.net/fuji/jyunigatake/


桑留尾(十二ヶ岳登山口)はキャンプ場より
ほんと、すぐで そのまま裏山に登って行く感じです。
標識も しっかりして、迷わず入山。

Jyunigadake_08

Jyunigadake_09

一歩踏み込むと、広大な自然が溢れ、
木々に溢れる森の中を進んでいく感じです。
これが・・結構斜度もあるんですよね。
1時間ばかり森林の中を登っていくと・・・
沢。小川が現れます。ここを跨いで渡ると
一つ目のロープ場が登場します。
ここを登り切れば 少し緩やかな道になりますが・・・

Jyunigadake_10

Jyunigadake_12

更に山中を1時間ほど登ると、毛無山からの
合流地点に達しますが、そこからは
だんだん岩場となってきて、足場の悪い
ロープ場が何ヵ所か続き、少し高度感のある
登山道を登れば・・・十二ヶ岳の頂上に到着です。

Jyunigadake_11

Jyunigadake_13

Jyunigadake_14

Jyunigadake_15

Jyunigadake_16

Jyunigadake_17

十二ヶ岳の頂上には小さな祠があって
6~10畳ぐらいの開けた場所があり、
晴れていれば、目の前に大きな富士山、
そして、先ほどまでいた西湖を見下ろせます。
すでに先客で ご年配のグループの方々と
気合の入ったハーネスを付けたクライマーの
方たちが休憩で居ましたが・・・、
逆に山頂付近以外の道中では、
ほとんど他の方と会わない状況で
いつもは、抜いたり 追い越してもらったり
すれ違いで渋滞もおきたりする登山道ですが
その辺りは快適にマイペースで登れました。

それにしても・・・登ってきました。西湖が一望。
富士山は残念ながら雲の中。
早い流れで雲が流れて行き、少しの切れ間から
西湖は見ることができました。
河口湖方面も見えたし、なかなかの景観です。

そんな景色を見つつ、ランチタイム。
先日 購入した軽量トレッキングテーブル
ベルン トレッキングパッドがイイ働きをしてくれました。
たったA4サイズの平面ですが安定感が違います。
安心してランチ&珈琲タイムを堪能できました。

Jyunigadake_18

そして、休憩後は来た道をピストンで下山。
西湖のキャンプ場を目指します。
来る時は、森の中という事もあり頂上が見えず、
少し心が折れそうになる所もありましたが
帰りは軽快。道も解るし、やっぱり下りはラクですね。

Jyunigadake_19

Jyunigadake_20

そんな訳で、無事下山。たっぷり汗もかき、
心地良い達成感と疲労感に包まれます。
そして、トレッキングに続き、もう一つのメインである
湖畔でのオートキャンプは・・後半へと続きます。




 
 


 

 

|

« VERNE Trekking Pad │ ベルン トレッキングパッド | トップページ | 十二ヶ岳 登頂 & 西湖キャンプ July 19-20, 2015 後編 »

■ Ph. Travel 旅 写真」カテゴリの記事

■ クルマ Jeep PATRIOT」カテゴリの記事

■ アウトドア. outdoor 総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« VERNE Trekking Pad │ ベルン トレッキングパッド | トップページ | 十二ヶ岳 登頂 & 西湖キャンプ July 19-20, 2015 後編 »