« GoldenWeak2014#1 Jeep PATRIOT 車中泊 | トップページ | 三浦半島・城ヶ島 MOTORCYCLE TOURING »

2014年5月19日 (月)

GoldenWeak2014#2 黒部ダム・室堂 立山黒部アルペンルート

Kurobedam00_2

そんな訳で・前回の続き・行ってきました・・・
黒部ダム、室堂、立山黒部アルペンルート。

自分が住む東京は東のはずれ葛西から、中央道ルートで片道300km、約4時間の道のり。帰りは ゆっくり遠回り、小諸周辺の「道の駅みまき」で日帰り温泉や食事を楽しんだ後一泊し、その次の日は、諏訪や八ヶ岳周辺を探索し、河口湖・山中湖を抜け東名ルートで帰宅する予定でしたが、八ヶ岳・山中湖とゆっくりし過ぎたのと、夜間 東名の渋滞が40kmとか出ていたので・・・御殿場 近くの24時まで営業している「須走温泉 天恵」でゆっくりしつつ更に一泊し、翌日アウトレットに立ち寄ってから・昼ごろ・そんなに混んでいなかった東名を ゆっくり流して帰ってきました。

今回、立山黒部アルペンルートは、長野側から、自家用車で行ける最終拠点「扇沢駅」まで向かい、そこから、立山黒部アルペンルートならではの個性的な乗り物を乗り継ぎ、黒部ダム、黒部湖駅、黒部平、大観峰、室堂まで行き、そのまま富山方面に抜けず、長野方面に同じルートを戻るコースとしました。
マイカーの方がよく利用するコースの一つですが、ゴールデンウィークの混雑や徒歩部分のルートもあるため、休憩も含め往復で6時間ぐらいは見たほうが良さそうです。

Illustmap

事前の調べで「扇沢駅」の駐車場は ゴールデンウィークの時期、無料の駐車場は朝6:30にはいっぱい、有料駐車場も朝8:00頃にはいっぱいになり、それ以降は10kmほど手前の無料の臨時駐車場で止められ、そこからシャトルバスで扇沢駅まで向かうと聞いていたのですが、、、
金曜に仕事が終わり、少し仮眠をとり、深夜1:30に葛西を出発、予定では・早朝の朝一に着ける予定で向かったのですが・・・中央道・・この深夜帯でも・・大渋滞、、、事故の影響もあったようですが、山梨に入って諏訪を抜けるごろには朝も開けはじめ、、、信濃大町の辺りで8時を過ぎてしまいました。この時間帯では駐車場が埋まってしまい扇沢駅まで行けないかな?と思いつつ 向かう山道、45号を登って行きましたが、、結局・この時間帯でも 自家用車で行ける最終拠点、扇沢駅まで乗り入れできてしまいました。本当に駅近の駐車場は有料・無料とも すでに満車でしたが、誘導員の指示に従い、無料駐車場を抜けるように少し沢に降りて行ったところに・無料の臨時駐車場が設けられていて、周りに残雪も少し残る未舗装の場所ですが、かなりの台数もおけるスペースで、野生の猿にも出会える(笑)良い所で、そこから徒歩数分で扇沢駅まで行くことが出来ました。ツーリングのバイカーも多かったですが、そちらは もっと駅近に舗装されたスペースがあり、こちらは まだまだ余裕そうでした。

そして、扇沢駅以降は自然保護のため・・・公共の乗り物を使うことになります。切符は各箇所でも購入出来ますが、カードが使えるのはここまでで、富山方面に抜けない場合は往復券がオトクです。各・駅での乗車は切符はそのまま使い回しでバーコードをスキャンしての乗車、乗車待ちも、ゴールデンウィークど真中でしたが、良く考えられていて、乗車切符に記載された番号で 現在~何番までの方が乗れますと 掲示板の画面にでていたり、ディズニーランドのような大行列まではいかず・・けっこうスムーズに回ることができました。
国内でここでしか走っていないという電車のようにパンタグラフで給電し電気で動くトロリーバス。そしてワンスパン方式としては日本最長のながさを誇る立山ロープウェイなどを乗り継ぎ、立山の大自然と、この辺境の地に作られた・・巨大建造物、黒部ダムを堪能。映画やドラマにもなっていますが あの時代 この場所に このスケール・・・まるで要塞。人間は すごいモノを作りますね。。。

Kurobedam01

Kurobedam02

Kurobedam03

Kurobedam04

Kurobedam05

Kurobedam06

Kurobedam07

Kurobedam08

Kurobedam09

行くまでは・・・大観峰まで行って戻る予定で来ましたが、麓の出発地点の扇沢駅では・・最高の晴天!このチャンスはめったにないと思い、日本最高所に位置する駅 「室堂」まで足を延ばしますことに決定・・・しかし、晴天だったのは、室堂ターミナルに着いて数分程度、一応、室堂から、着いた当初のうちに・・・雲海や騨山脈(北ア ルプス)聳え立つ立山の頂上を眺めることは出来ましたが、そのあとは 一気に曇り ホワイトアウト、真っ白な世界に。。。

立山は日本では数少ない、現存する氷河を有する山で・・・ そして世界有数の降雪量を誇るという 室堂は、除雪された雪の大谷も有名ですが、ゴールデンウィークの この時期でも この積雪量、冬山を楽しむ登山者や、スキーヤーやボーダーも多く訪れていましたが、森林限界を超えた白銀の広々とした世界は神々しくもあります。

Kurobedam10

Kurobedam11

Kurobedam12

Kurobedam13

Kurobedam14

一応、アークのシェルに 下界では必要なかったダウンも着込み・・・ブーツもダナーライトで問題無さそうだったので、室堂駅・ホテル立山から ライチョウが生息する地域「みくりが池温泉」まで雪山を歩いてみました。さすがの雪国産まれか 解りませんが、途中 ズボッと腿まで雪に埋まるなどありつつも・・・スノーシューも装備なフル登山な格好の人が転んだりしている中・・・ひょいひょいと到着(笑) 一応、先ほどまでは先の山小屋まで見渡せていたのに数メートル先は見えない 真っ白な世界ながらもポールが立てられコースになっていますし・・・スマホのグーグルマップが結構正確に表示(笑)このへんに池があるはずなんだけどなぁって解ります。。こんな山岳部でも電波があるしGPSも問題無し・・・降水地域や天気も解るし すごい時代ですね。

室堂エリア
http://www.alpen-route.com/point/area/area05.html

室堂平 ストリートビュー - Google マップ
https://www.google.co.jp/maps?hl=ja&ll=36.568201,137.600627&spn=0.016372,0.019977&oe=UTF-8&t=m&brcurrent=3,0x5ff7e8882433048f:0x24bbb6c5146ed1e8,1&z=16&layer=c&cbll=36.568178,137.600644&panoid=iYa2-fL-DW1XLKtf0KdO6g&cbp=12,331.19,,0,11.02

そして、みくりが池温泉 周辺まで行った甲斐があり、国指定の特別天然記念物である ライチョウ(雷鳥)も見ることができました。保護色のせいもあり 見つけるのは少し苦労しますが・・・、ツガイかな?その貴重な姿は、良い思い出になりました。
とりあえず・・ゴールデンウィークに室堂まで行く方は雪対策必須。靴もそうですし、春の陽気も、天候が悪化すると一気に冷え込みます。そして曇っていてもサングラスは必須。けっこうな短時間でも雪焼け雪目には注意です。
あとは富山空港との直行便もあるためか外国人観光客が かなり多かったのですが・・ホテル立山はゴールデンウィーク時期もあり人で溢れていましたが・・トイレは3階の外に面したところは空いていて、とくに1階2階と大行列だった女性はチェックしておいたほうが良いかもしれません。
そして・・4月に山開きとなる雪の大谷をつくる除雪に1億円以上かかるそうで・・・ また独特な立山黒部アルペンルートの交通網は閉鎖されている冬季感も保守を行っているそうです・・・ それだけ 観光と需要があるということでしょうが、自然保護との地域共存の上手さを感じる部分でもあります。そういえばロープウェイ乗り場で待つ中、アルペンルートの説明をしつつ写真集を売り込む 名物 駅員さんも上手だったなぁ(笑)

Kurobedam15

Kurobedam16

Kurobedam17

Kurobedam18

Kurobedam19

Kurobedam20

そんな訳で・・室堂高原を楽しんだあとは 日が暮れないうちに来たルートを戻り下山します。
せまい・トンネルのなかを突き進むトロリーバスは、インディージョーンズ気分(笑)  そして 広大な黒部ダムが小さく、さらにゴマのように眼下遠くスキーヤーが見えたりするロープウェイも絶景、ちょっとオトナなマニアックな乗り物は・・天然なテーマパークともいえます。
山頂部で崩れていた天候も下る途中の境目で、虹となってくれました。この虹を見下ろす感じも新鮮。
そして、下山すると臨時駐車場はフキノトウも芽吹いていて 春を感じることができました。
広い日本・・・まだまだ見たことが無い世界があることを実感できる 貴重な経験と 良い旅でした。





|

« GoldenWeak2014#1 Jeep PATRIOT 車中泊 | トップページ | 三浦半島・城ヶ島 MOTORCYCLE TOURING »

■ Ph. Travel 旅 写真」カテゴリの記事

■ クルマ Jeep PATRIOT」カテゴリの記事

■ アウトドア. outdoor 総合」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
黒部いいですよねぇ~大好きで過去4回行っております。ちなみに晴天率100%です。普段の旅行は比較的雨男系なのですが。。。(^_^;)
工程の中で一番好きなのは、立山ロープウェイですね。あの支柱無しワンスパンに、圧倒されますよ。
うちも車での訪問だけなんで、室堂折り返しルートなんですよね。でも一度は抜けてみたいと思ってます。最近は鉄道での旅行に楽しさを見出してますから(隠れ鉄なんで。。。)

投稿: | 2014年5月20日 (火) 12時37分

> ぶ さん
どーもです~。こんにちは。
おぉ・・スゴイ、、、黒部に 4回も行ってますか・・・
そんなにも引きつける魅力があるとはっ!
たしかに・・自分も・夏や秋の頃 もう一度訪れたいと思いました。
で・ロープウェイは たしかに迫力がありましたね
ドックに付く感じも宇宙船みたいですし・・・
個人的には・スキー場・富士見パノラマとかにある
4人乗りぐらいの小さいロープウェイも貸切風で好きですが(笑)
で・・・・立山 黒部・晴天率100%は羨ましいです。
もう少し絶景を楽しみたかったんですが・・・ガスってくると
3~4時間は回復しないだろうと言われて・しかたなく早めに下山しました、、
前に・マイカー規制になる直前のラストランとなる
乗鞍にみんなでツーリングに出かけた時があったのですが・・
その時は大雨で、滝か 沢?小川のようになったワインディンを
ぐっしょりになって バイクで下ってきたのは・・良い思い出です(笑)

投稿: tact* | 2014年5月21日 (水) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GoldenWeak2014#1 Jeep PATRIOT 車中泊 | トップページ | 三浦半島・城ヶ島 MOTORCYCLE TOURING »