« DCM×ARTISAN & ARTIST別注 QuickBuckle 斜めがけ 3Wayストラップ | トップページ | ホットシューカバー型 1wayミニ水準器 »

2011年1月 5日 (水)

au IS03 × SANYO eneloop mobile booster KBC-L2BS

Mobilebooster_01

au IS03用に・・サンヨー・エネループ シリーズのリーサルウエポン・・・
モバイルブースター・・・ 通称〝モバブー〟を購入しました。

SANYO eneloop mobile booster KBC-L2BS
http://products.jp.sanyo.com/products/kbc/KBC-L2BS/

http://jp.sanyo.com/eneloop/lineup/booster.html

デジタルガジェット好きには・・かなりの支持を集めている予備電源・・
このモバブー・・・KBC-L2BSは・・・通常の電池型のエネループと違い
電池内蔵で非分解。・・その代償として・・このサイズにして
高出力で高容量!・・ 困った時に非常に頼りになる小さな力持ちです。

本体のサイズは厚さは少々ありますが・・・IS03の2/3ぐらいの大きさで
USB出力が2口あり・・スマートフォンとiPod、またはブルートゥースの
ヘッドセットなど同時に充電することも可能です。(DC5V/500mA×2)
そして・・USB1台接続時は・・DC5V/1Aのハイパワーで出力が可能・・
これが・・このKBC-L2BSの購入ポイントの一つでもあって・・
この仕様になって大型のiPad等も充電可能になった等もありますが、
IS03を充電する際でも・・・とにかく・・充電が早い、、、急速充電
ちょっと食事中に繋いで置いたりしたら・・10~20%復帰しています。
通常PC等のUSBからは500mA、auのACアダプターは600mA・・
約2倍の出力・・この差は歴然で大満足。最近・・急速USB充電を謳う・・
1A出力の製品が増えてきましたが・・機器が対応していれば
積極的に取り入れていきたいと思いました。
そして・・当然・・充電中も通話を含め本体の操作が可能。
ちょっと付属のアダプターを介したUSBケーブルだと出っ張りがあり
場所をとってしまいますが・・前出の百均のマイクロUSBケーブルなら
アダプターもいらず・・コートのポッケなら入ってしまいますし、
このぐらいのサイズなら・・接続したまま片手持ちで通話可能ですね(笑

そして・・もう一つの特徴の大容量・・・カタログスペックでは
携帯電話なら2~2.5回満充電可能とありますが・・
IS03内蔵バッテリー1020mAhに対して モバブーは約5倍の5000mAh・・
実際・・ロスや誤差を考慮しても2~3回はIS03を充電出来る感じです。
いわゆる全部入りスマートフォン・・・IS03の便利な機能たち・・
グーグルナビに・・ワンセグに・・web検索を遠慮せずに使いきれます。
旅行等の電車やバスでの移動中や クルマにバイク・・・自転車・・・。
それに・・ 最近多いらしいのですが・・電源泥棒と言われ(禁止され)
会社で充電できないサラリーマンやOLの方にも お薦めですね(笑

まぁ・・結局・・色々買ってみましたが・・真打ち登場という感じです。
前出の電池式は電池式の良さもあるので併用しますが、
別の機種へ移行しても使えますし・・ iPodに ゲーム機へと・・
汎用性も高いですし・・・デジタルガジェット愛好者なら・・
少々高価ですが・・一つ持っておいて間違いない逸品ですね。
放電も少ないですし・・繰り返し充電や追加充電にも強い・・・
スペック以上の実力差を見せる・・信頼のエネループ ブランド・・・。
けして毎日使うものでは無いかもしれませんが・・旅行や
一日ガッツリ使う予定の日や・・朝うっかり本体の充電を忘れた時など
ポッケやバッグの中に入れて持ち出せば・・助かる事でしょう・・。

Mobilebooster_02

Mobilebooster_03

Mobilebooster_04

Mobilebooster_05

Mobilebooster_06

で・・・やっぱり・・・ IS03と言えばバッテリー話なんですが(笑
最近、事前購入宣言キャンペーンで送られてきたバッテリーを
使っていたりするのですが・・・これが明らかに違う・・・。
発売初日購入で付いてきたバッテリーが・・どんどん減るのに対して
新しいバッテリーは減りが遅い、、待ち受けだけなら・・
先日なにも弄らずに置いていたら6時間経っても100%表示のまま(汗、、
通常なら80%ぐらいになっているイメージですが・・
これは これで・・ちょっと・・怪しい気がして怖かったですが・・
今までのバッテリーではありえないスタミナです。
まぁIS03自体も熱暴走や急速放電に繋がる・・自動更新を解除したり
各種設定や使い方に慣れてきたのもあると思いますが・・
明らかにバッテリー特性が違います。初期ロッドはバッテリー不良?
そういえば前に使っていた携帯のW54Tも当時としては
全部入りの高機能モデルでしたが・・発売当初・・高性能だが
電池が持たないと・・・一部で言われ敬遠されていました・・
そのため予備バッテリーやポータブル充電器01を購入したり・・・
今のIS03のような状態でしたが・・・結局・・・普通に使えていました。
これも初期ロットのバッテリーが・・やはり・・・駄目だったのかも・・
まぁ実際に測定した訳ではないので・・推測にしか過ぎませんが、
他機種では異常加熱や膨張などで問題になっている事例もありますし
バッテリーというものは・・まだまだ不安定なものなのかもしれません。
ファームアップ・・アンドロイドOS2.2・・今後の動きに期待です・・・。

~Photo EXIF : Panasonic LUMIX DMC-GH1 +  G LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

 

|

« DCM×ARTISAN & ARTIST別注 QuickBuckle 斜めがけ 3Wayストラップ | トップページ | ホットシューカバー型 1wayミニ水準器 »

■ モノ. Digital ガジェット」カテゴリの記事

コメント

バッテリー問題は「風評被害」である所が大きいかと・・・
私の場合、プレゼントの電池がまだ届きませんが、全然問題なく普通に使えています。
風評被害以外にはauユーザーがスマホなれしていと言うのも悪く言われる原因の1つだと思います。アプリとGPSのON/offが連動してない点や、電池残量も10段階なので余計早く感じるだけであって・・・
急速放電や発熱などの情報も私には信じがたいですね。
IS03は名機と言っても過言でないと感じてるくらいです。
おそらく、ネット閲覧に関してはスマホの中でダントツの性能だとも思います。ダブルVGAの解像度でサクサクな3G回線とフラッシュ表示・・こんな優れた機種は現段階では存在しません。
カカクコムは酷すぎ・・・

投稿: IS03にほれた | 2011年1月 9日 (日) 08時47分

>IS03にほれた さん
どもども おせわさまです。
IS03のバッテリー問題は・・風評被害もあるかもしれませんが
現実問題として絶対容量は少ないと思いますね・・
バッテリーは・・・どうしてもバラつきがでるのものなので
ギリギリを狙ったシビアな容量だと酷評がでるのは当然だと思います。
最軽量を狙ったモデルなどだったらユーザーも諦めがつくと思うのですが
通常のモデルでしたら・・せめてバッテリーサイズの選べると良いのですが・・
今後発売予定の謙虚モデルIS05はスペックの見直しが行われてるようですし・・
同発売時期頃に施行されるであろうIS03のOS2.2へのアップグレードに加え
Lサイズのバッテリーパックか・・ドック対応の裏蓋など・・・大入り還元も含め
IS03のマイナーチェンジ版の用意などと合わせ・・何かサプライズがあると
ユーザーとしては嬉しいのですが・・ 実質・・2年縛りのような感じですし
飽きさせないよう・・追加のオプション品の発売など・・淡い期待をしています(笑。
それからIS03の実力は・・凄いと思います。 よくインプレで・・動きが・・
という人もいますが・・動きがたしかに悪いのはホーム画面だけ・・
ネット閲覧やYoutube・地図表示など その速さにiPhoneユーザーも驚いていました。
そのネックのホーム画面もカスタムすると・・すぐ軽快で良い動きになる訳ですし・・
カメラ性能もそうです・・画質が・・ノイズが・・どうとか言うユーザーでも
ISO設定には何も触れていなかったり・(苦笑。。。 初期設定やUIを含め
そう考えると・・・・au?Sharp?・・演出の下手さを感じます。
1stロットの・・予約してまで買う初期ユーザーは・・
今のnet時代では・・広告塔もかねてしまうので・・
昔、自動車メーカーが新車のマスメディアの試乗車は・・
ひっそりとチューンドカーを用意していたということもあったようですので・・
それに近い・・1stロット品には・・厳重な品質チェックと
しっかり調整とチューンを施したモデルをデリバリーするぐらいをして・・
旨くカカクコムやSNSを活用しつつ・・より良い進化を期待します。
実りのないネガキャン合戦なんか・・気分も悪くなるだけですしね・・・・。

投稿: tact* | 2011年1月10日 (月) 10時28分

購入宣言電池と、さらに予備として電池1つ買いました。もちろん電池直で充電するアイテムも。
これだけあれば安心ですw

急速放電はやっぱりありますよ。
原因と考えているのはアラーム&ライトです。
ライトは寝る前に使ってそれから充電、朝アラームを鳴らし充電終了(当然残100%)。
それからacoreが暴走(?)し、昼には残50%になります。当然ホッカイロ状態です・・・orz
ただ、朝のアラームの後に再起動をすると、夕方まで60%って時がありました。
色々試している最中です。
てか、なぜにユーザーがこんなことしなきゃならんのよ!!

それ以外は基本的に満足してますょ!

投稿: 通りすがり | 2011年2月 2日 (水) 16時32分

>通りすがり さん
どもども。おせわさまです。
ライトは・・純正機能ですか?アプリ「IS03Light」ですか?
なんだかライト系のアプリの不具合は話にでていますね。
気に入ってたアプリだったんですが・・そんな話を聞いてから
使用を控えている状況です。・・残念。。
それからアラームは初耳です・・純正のアラームですか?
私もカミさんもIS03のアラームを毎日使っていますが
今のところ熱暴走は無いですね・・・ 再起動もしていないです。
こちらも気を付けてみます。個人的には電車で読む
Y!トピックスが鬼門です・・いつフリーズするやら(汗
で・・スマートフォンって・ほとんどPCですね・・
まだまだ完成度も低いと思いますが・・暴走しない機種は
無いですからね(iPhone含む)PCですら応答しなくなったりしますし
iPod nanoでさえ反応しなくなって上真ん中押しで再起動してます(笑
これだけアプリを自由に入れればコンフリクトもありそうですし、
あまり動作確認を厳しくして自由を無くされるより・・
どちらかと言うと・・OS・・システム下のものも
すべてオープンにしてWinのタスクマネージャーみたいな
機能がしっかり実装して 暴走を管理できればOKです。
アプリ追加やカスタムは自己責任。箱だけ用意の自由万歳派です。
あ、、でも なんのアプリもいれずに 純正のままで
暴走するのは駄目ですね・・このあたりは・・
しっかり出荷前にチェックしてもらいたいところです。
私も基本的に満足です・・だって・・完全なるものを待っていたら
時間が勿体無い・・また良いのがでたら買えば良いだけです。
本体やOSもβ版を用意して・・不具合覚悟で購入派と
更に半年~待って安定版購入派か選べると良いですね(笑
私は安定版より・・βの最新版を入れちゃうほうなんですが(笑
とりあえずガラ携に戻ることは無いでしょう・・次もandroid!?かな・・
どんどん進んでいく海外の端末に妄想中です。日本も頑張ってくれー。

投稿: tact* | 2011年2月 2日 (水) 18時40分

色々試してみましたが、ライトを使うと間違いなくダメです。ライト使ったら再起動しかないですね。
(ロック解除画面でシャッターキーを長押ししたデフォルトのものでも。)

acoreはライトを使わなくても突然動き始めるみたいです。もしかしてアラームが関係しているのかな??
アラームレスはきついので、この週末試してみたいと考えています。

ライトを使わない・タスクキラー厳選したところ、丸一日持つようになりました。


β版には飛びつく勇気ないですね・・・。
リリース直後には釣られますがw

待っていれば安定したものが手に入るかもしれませんが、半年後には次の機種が・・・。
いつになっても買えないので、自分が満足出来そうな物なら、買いたい時が買い時ですよね。
ま、買うまでの間が一番楽しいかもwww

投稿: 通りすがり | 2011年2月 4日 (金) 17時59分

>通りすがり さん
どもども。おせわさまです。
ライトの件は参考になりました。
試してみましたが・・怪しい感じですね。発熱します。
熱暴走してる感じですね・・とりあえず使用を控えてみます。
ライト系は・・いわゆる 画面が真っ白になるタイプで代用します。
β版は・・・いわゆるWin7の試用版であったり
FireFoxの4.0であったり・・新しモノ好きであったりすので
ついつい試してみたくなります(笑。
まぁ・・・ハードの方でも・・たとえばノートPCでも
HDDやRAMの増設に・・タッチパネルキット組んだり
自由度があるカスタムしやすいものを選んだり・・・
PCに限らず・・バイクや・・クルマでも・・
結構・・保証外になっちゃうことを試してしまうほうなので・・
あまりメーカーに文句言えなっかたりします(笑
まぁ・・なんやかんやで楽しんだもの勝ちですね。
悩んでいたり待っていても進展は無いですし
自分のタイミングで買い替えていくのが一番です。

投稿: tact* | 2011年2月 5日 (土) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: au IS03 × SANYO eneloop mobile booster KBC-L2BS:

« DCM×ARTISAN & ARTIST別注 QuickBuckle 斜めがけ 3Wayストラップ | トップページ | ホットシューカバー型 1wayミニ水準器 »