カテゴリー「■ モノ. Digital ガジェット」の59件の記事

2018年10月15日 (月)

FOSSIL Q EXPLORIST generation 3 FTW4000 + Natoストラップ & ナイロンベルト

Fossil_q_explorist_3_01

そんな訳でスマートウォッチ
フォッシルのQ EXPLORIST FTW4000 です。

FOSSIL Q EXPLORIST ステンレススチール
ジェネレーション3 FTW4000
http://vst.to/E8L6Nhk
Amazon https://amzn.to/2Qba4oa



そのまま使っていても全く問題ないのですが…
付属の ずっしり重いメタルバンドから、重量も軽量化され
見た目も軽快になるナイロン製バンドへ交換してみました。
そして個人的にはバンド部分に昔からお気に入りで使用中の
SUUNTOのクリップ コンパスを付けたいという理由もあります(笑)

スント(SUUNTO) クリップ コンパス CLIPPER
https://amzn.to/2CJsv0J

 
 

まずは、すでに何本か持っていて、他の時計でも使用中の
最近は100円ショップにもあったりするNatoストラップへ交換です。
NatoストラップはNatoベルトやG10ストラップ、G10ベルトとも言われ
本来は軍用で上着の上からも着けれるように長めのベルトと
それを折り返すように留める仕様が機能美にあふれ
ファッションアイテムとしても人気の腕時計用ベルトです。

Natoストラップ 汎用 Amazon
https://amzn.to/2IZhqsw


フォッシルのスマートウォッチは通常の時計と同じ外観をしていて、
そのままラグ部分は通常の時計のベルトが流用できるため
ストックしている通常タイプの22mmのバネ棒に交換します。
そして、あとは下からスルリと1本仕様のNatoストラップを
通してあげればセットアップ完了。
一度この仕様にしておけば交換が簡単なのも魅力です。

Fossil_q_explorist_3_02

Fossil_q_explorist_3_04

Fossil_q_explorist_3_03

FOSSIL Q EXPLORIST はベルト幅22mmと太めですが
ロレックスやオメガの手巻きスピードマスターでお馴染みの
20mm幅でも隙間が出来ますが相性は悪くないですね。
その方が007のボンド風にも見えますしね(笑)

 

ただ、やはりスマートウォッチは日々充電が必要なのと
この3rdジェネレーションでは問題は無いですが
ボディ背面に心拍センサーを持つものも多いので
通常のNatoストラップでは少々使い勝手が悪いですね。。。

そこで背面は通さずに、上下で分割されている
通常の時計バンド風のナイロンストラップを購入してみました。

OLLREAR ファブリック 時計ベルト
https://amzn.to/2OtT9kI

色々あったのですが 豊富なカラーバリエーションと
各18mm, 20mm, 22mm, 24mmと対応する豊富な品揃え
そして抜群のコスパの良さが魅力です。
この金額で通常タイプのバネ棒と専用工具が付属していました。
ただ、最初からバネ棒を通す部分に横穴が開いていて
クイックリリースタイプのバネ棒に対応するようになっているので
ここは別途、クイックリリースタイプのバネ棒も購入しました。
というか…このクイックリリース仕様にしたかったのです。

四本 スライド式バネ棒 クイックリリーススプリングバー
https://amzn.to/2Cfx3L6

カンフー映画に出てきそうなトンファーのような形状で(笑)
横にクイックレバーの突起があるのが特徴で
工具無しでベルトをクイック交換可能になります。

Fossil_q_explorist_3_05

Fossil_q_explorist_3_06

Fossil_q_explorist_3_07

Fossil_q_explorist_3_08

Fossil_q_explorist_3_09

うーん。イイですね。他のフォッシル純正のベルトも
すべてクイックリリース仕様なのでTPOに合わせ交換がラクです。
Apple WATCHもベルト交換しやすい工夫がされていますが、
やはり、この昔ながらのリジットラグにバネ棒というスタイルは
単純にカッコイイと思うのと信頼感があります。
そして、このクイックリリースというレーシーな響き(笑)
伝統的なクラシカルな外観に最先端なテクノロジー。
まさに「羊の皮を被った狼」的な風情がたまりませんね…

そして ベルト自体の質感もイイ感じですね。
Nato系と比べ厚みもありますがステッチもシンプルで
目的だったクリップコンパスも取り付け可能でした。
ただ穴の部分は使っているとホツレてくるので
すこしライターや線香で炙ってあげるとイイですね。

そして分割式ゆえに 通常のNatoベルトでは出来ない
2色使い2トーンで組合せで取り付け可能。
これが今どきのアウトドアウェアなどで別注で多い
OD系クレイジーカラー風でイイ感じでお気に入りです(笑)

 

そして、この仕様が とても良かったので
スマートウォッチ用に購入した22mm以外に…
追加で 機械式時計用に20mmも購入してしまいました(笑)

Fossil_q_explorist_3_10

Fossil_q_explorist_3_11

Fossil_q_explorist_3_12

Fossil_q_explorist_3_13

実際のNatoストラップの様な 長く折り返して留めたり
その機能性や武骨なイメージは薄くなりますが
ナイロンベルトの持つ軽快感や機能性はそのまま。

しかも背面がスケルトン仕様の時計とは相性もイイですね。
そして贅沢に2色のベルトを組み合わせた
クレイジーパターン風もイイ感じでお気に入りです。
なんとなくビームス別注アークテリクス風かも(笑)

 

で…通常は単品販売されていないはずなので
参考出品となりますが… ナイロンベルト繋がりで…
BRIEFINGの時計ベルト。MADE IN USA仕様で
プラスチックパーツ部分も I.T.W. Nexus製とミル仕様です。

Fossil_q_explorist_3_14

Fossil_q_explorist_3_15

これは以前ファミリーセールで単品入手したもので
たぶん別注TIMEXにセットされていたものかと思うのですが
分割式のストラップゆえにスマートウォッチとの相性も良く
このカジュアルな感じも悪くなくカッコイイのですが・・・
昔使っていたG-shockの540仕様でもそうだったのですが
ベルクロ部分が外す時にベリベリ煩いのが苦手(笑)
とくに隙あれば充電しておきたいスマートウォッチで
静かな場所で取り外す方が多い方は不向きという感じです。

BRIEFING自体は 使い勝手も良く デザインも好きで
大好きなブランドですが…この時計用ベルトに関しては
そのままレアなコレクションとなりそうです(笑)

BRIEFING(ブリーフィング)
https://www.briefing-usa.com/

 

そんな訳で…スマートウォッチ。
かなり お気に入りで 購入以来 毎日スタメンで活躍中(笑)
実用性もかなり良くて 玩具としてもまだまだ楽しめそうです。

Fossil_q_explorist_3_16







続きを読む "FOSSIL Q EXPLORIST generation 3 FTW4000 + Natoストラップ & ナイロンベルト"

| | コメント (0)

2018年9月30日 (日)

FOSSIL Q EXPLORIST generation 3 FTW4000 + 液晶保護フィルム, 充電ドック, 交換用ストラップ, FACER

Fossil_q_explorist_201

そんな訳でスマートウォッチ
フォッシルのQ EXPLORIST FTW4000 です。

FOSSIL Q EXPLORIST ステンレススチール
ジェネレーション3 FTW4000
http://vst.to/E8L6Nhk
Amazon https://amzn.to/2Qba4oa



そのまま使っていても全く問題ないのですが…
色々試したアイテムやアプリなどを少々紹介します。

まずは、最近のガジェットでは定番の
タッチパネル液晶画面の保護。ガラスフィルムです。
まぁそのままでも十分傷には強いのは解るのですが
スマホやデジカメもガラスフィルム仕様がお気に入りなので
スマートウォッチにも付けてみましたが、
これが貼るのも簡単ですし透明感や指滑りも良好。
もちろんプロテクター保護フィルムとしての効果も期待できます。

Fossil_q_explorist_202

Fossil_q_explorist_203

Sukix Fossil Q Explorist ガラスフィルム Gen 3
2.5D 強化ガラス 保護 フィルム 0.26mm
保護ガラス ガラス 9H 液晶保護フィルム プロテクター
https://amzn.to/2IokaiV

FTW4000は液晶面が完全なるフラットなので
端の部分のラウンドも無いため浮きも無く綺麗に貼れます。
サイド部分からのスワイプにも違和感が無いですし
少しでも長く綺麗に使いたい方にはお勧めと言えそうです。

 

そして、スマートウォッチ というえば充電(笑)
付属品の白く携帯性も良い「FTW0002」も良いのですが
Samsung Gear S3用 ワイヤレス チャージャー も
FOSSIL Q Marshallに使えるという情報を得たので
コスパの良い同規格品を試しに購入してみました。

Fossil_q_explorist_204

Fossil_q_explorist_205

Samsung Gear S3, Frontier, Classic用 ワイヤレス チャージャー
AFUNTA サムスン Galaxy スマート腕時計 用 充電ドック
https://amzn.to/2NQB4gb

接続するUSB端子ACアダプターが1A以下のものを使用で
竜頭の部分を下側において、背面に当たるようで
慎重に本体をドックに置くなど流用ゆえにコツがいるのですが
しっかり100%まで充電されることを確認したので
再度 同様のものを購入してみたのですが、
そちらは磁力も弱く うまく充電するのに気を遣う感じでした。
個人的には お気に入りで基本このドックを使っているのですが
どうしても カッチリ感や信頼度を求めるなら やはり純正品か
OEMな完全な互換製品のチャージャーを使った方が良さそうです。

[フォッシル]FOSSIL
ワイヤレス充電器 FTW0002
https://amzn.to/2xLhgRt

[マイケル・コース アクセス]MICHAEL KORS ACCESS
ワイヤレス充電器 MKT0001
https://amzn.to/2xL4eTJ

[スカーゲン]SKAGEN TOUCHSCREEN SMARTWATCH
ワイヤレス充電器 SKT0001
https://amzn.to/2NQXBcU

 

そして、フォッシルといえば時計メーカーゆえに
その豊富な 腕時計用替えバンド ストラップ。
純正品を数種に22mm社外品を数種購入。

FOSSILメンズ 22mm ストラップ
https://www.fossil.com/jp/ja/watches-by-mm/mens-22-mm-straps.html

Fossil_q_explorist_206

Fossil_q_explorist_207

ブラックシリコン22mmウォッチストラップ S221304P
https://www.fossil.com/jp/ja/products/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%B322mm%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97-sku-s221304p.html

レザー ウォッチストラップ – ダークブラウン S221242P
https://www.fossil.com/jp/ja/products/%E3%83%AC%E3%82%B6%E3%83%BC-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3-sku-s221242p.html

いわゆる普通の腕時計のラグ部分ゆえに
普通に市販品の22㎜幅ストラップやばね棒を使るのですが
フォッシルといえばクイックリリースのバネ棒採用ゆえに
工具も不要で素早く交換できるので TPOや
その気分で交換できるのが便利です。 


そして、ベルトも変えればそれに合わせて
ウォッチフェイスも変更したくなりますね(笑)。
Wear OS採用のスマートウォッチ だと色々な方法がありますが
一番人気はアプリ「FACER」を使う方法でしようか?...

Facer文字盤Android Wear
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.jeremysteckling.facerrel&hl=ja

とくに難しい所も無く、アプリをインストールして
手順に従ってダウンロードや設定していくだけ。
有料版もありますが、無料版でもこれぐらいは遊べます。

Fossil_q_explorist_208

Fossil_q_explorist_209

Fossil_q_explorist_210

Fossil_q_explorist_211

Fossil_q_explorist_212

Fossil_q_explorist_213

Fossil_q_explorist_214

Fossil_q_explorist_215

Fossil_q_explorist_216

Fossil_q_explorist_217

すべてフォッシル Q EXPLORISTですが こんな感じで七変化(笑)
色々な思考をこらしたオリジナルなものから
オメガやロレックスなどの有名なものを模したものや
CASIO風やミッキーマウスなど ちょっと
オマージュというか それ風なものも多数....
変わったところだとSTACKメーター風なんかもあったり(笑)
普通に機械式の時計なら文字盤の色を
黒から白に変えるのも大変ですが
指先ひとつでドンドン違うダイヤルが変更できます。
時計好きな先人達がみたらきっとビックリするでしょうね。
なんとも すごい時代になったと感慨深くなります。

まぁ時計好きな人だと コレだけでも
かなり楽しめると思うのですが、
スマートウォッチのすごいところは これから...
とにかく その多機能ぶりに購入してから
ほぼ腕に着けていってる時計はコレになりました。
やっぱりスマートウォッチは楽しいですね(笑)

Fossil_q_explorist_218




続きを読む "FOSSIL Q EXPLORIST generation 3 FTW4000 + 液晶保護フィルム, 充電ドック, 交換用ストラップ, FACER "

| | コメント (0)

2018年9月27日 (木)

FOSSIL Q EXPLORIST generation 3 FTW4000 / Wear OS by Google スマートウォッチ

Fossil_q_explorist_01

そんな訳でスマートウォッチ デビューです。
前から興味はあったんですが まだまだバッテリーも持たず
技術的にも試作機的なイメージがあったので
調べるだけ調べておきながら静観していたのですが
今回一番欲しかったフォッシルのQ EXPLORISTが
第四世代の新型が出るということで
ここまでの予算なら…というところまで価格が落ちてきたので
好奇心とオモチャ欲しさに購入してみました(笑)

FOSSIL Q EXPLORIST ステンレススチール
ジェネレーション3 FTW4000
http://vst.to/E8L6Nhk
Amazon https://amzn.to/2Qba4oa

用途としては 普段使いの通知機能ですね。
どうしても普段スマホをマナーモードにしているため
移動中など通知に気が付かないんですよね…
さすがに腕がブルッときたら解ります(笑)
あとは心拍センサーも使わないし
CASIOのプロトレックスマートも興味はあったのですが
普段使いにしてはカジュアルすぎるかなと....

そんな訳で ある意味 デザイン買いですね。
ノッチの無い真円の高解像度のフルカラー液晶と
仕上げの良いステンレス削り出しの金属ボディ。
そして汎用性の高い22mm幅のストラップ。
ガジェット感を主張したスマートウォッチというよりも
単純に腕時計としてカッコイイデザインと質感です。

その辺りは さすがフォッシルというところで
数々のブランドのスマートウォッチのOEMをこなし
ボディはもちろん内部のクオリティもお墨付き。
無名メーカーのモデルなどではイマイチ
耐久性やバッテリーの持ちなど信頼感にかけたり
普段するのに恥ずかしい質感のものもありますが
この質感なら積極的に活用していきたくなります。

すでに新モデルの第4世代ジェネレーション4が
一部販売ルートで先行販売されていますが、
それゆえに価格が下げられた この第3世代は
とりあえずスマートウォッチを試したみたいという
自分のようなユーザーには最適と言えそうです。

Fossil_q_explorist_02

Fossil_q_explorist_06

Fossil_q_explorist_05

Fossil_q_explorist_07

Fossil_q_explorist_03

セットアップは、スマホがあれば とにかく簡単。
Wear OS by Googleをストアからインストールして
あとは 指示に従ってセットアップしていくだけ。

Wear OS by Google
https://wearos.google.com/
https://support.google.com/wearos

それにしても、このサイズの腕時計の形状で
フルカラーで写真も見れればGoogleマップでナビも出来るし
電話や内蔵スピーカーで音楽も聴けちゃう....
ほんと一昔前のSF映画以上で未来感がいっぱいです(笑)

Fossil_q_explorist_10

Fossil_q_explorist_09

Fossil_q_explorist_11

そして、スマートウォッチを購入したら試してみたかった
ウォッチフェイス遊び(笑)アナログ、デジタル選び放題。
マーケットにあるオリジナルのウォッチフェイスから
スイス機械時計系のブランド風まで多種多彩。

とりあえず 一通り 遊んで...というか試してみて
結局プリインストールされているウォッチフェイスが結構イイですね。

とくに下記のFOSSIL純正のClassicとDigitalがお気に入り。
細かくデザインや色も変更できるのとクロノグラフ風に
文字盤の中にランチャーが配置できるのもGood♪
バッテリーの容量とかカレンダーとか天気とか
お気に入りにのアプリへのショートカットも設定可能。
これぞスマートウォッチという使い勝手の良さです。

Fossil_q_explorist_04

Fossil_q_explorist_08

それにしても 迫力もある今時なデカフェイスで
スイス製の機械式腕時計と比べても
男のアクセとして遜色のない存在感がありますね(笑)

そして実用性だけじゃやなくてオモチャとしても最高。
色々なアプリを入れたり、追加でストラップを購入したり
購入以来かなり楽しませてもらってます(笑)

日々進化していくスペックやバッテリーなど
デジタルものの宿命で一生モノとは言えませんが
その進化の過程に立ち会えるのは心地よいですね。

そんな訳で、結構 備品も色々購入しているので
引き続き その辺りの紹介もしていく予定です。




続きを読む "FOSSIL Q EXPLORIST generation 3 FTW4000 / Wear OS by Google スマートウォッチ"

| | コメント (0)

2018年4月 8日 (日)

Aglaia LED 卓上デスクライト LT-T12

Aglaia_led_00

そんな訳で、最近 視力も落ちてきて
ちょっとした読書や手作業の時に
手元を照らすライトが欲しいなぁと調べていたら
イイ感じのデスクライトがあったので購入してみました。

Aglaia LED Desk Lamp 7W,
Eye-care Dimmable Table Lamp
with USB Charging Port, 3-Level Dimmer
with Touch Sensitive Control and Flexible Neck (Black)
http://www.aglaiahome.com/product/70456


Aglaia LED デスクライト 卓上スタンド
USB充電式 三段階調光 三色調整
タッチセンサー 折りたたみ式
https://amzn.to/2GHSNyQ


どこまで名前か解らないけど なんだか長い名前(笑)

他にもOEMな感じでデザインや仕様が同じな
AUKEY LED スタンドライトLT-ST5 などありますが
中でも一番コスパが良い Aglaia を購入。

Aglaia_led_01

Aglaia_led_02

Aglaia_led_03

すでに他にも色々デスクライトも持ってるし
ランタンなんかも けっこう持っているんですが、
軽量コンパクトで 持ち運びも出来て、
周りに必要以上に灯りを漏らさずに
手元だけを明るく照らしてくれるのが丁度良いです。

今回デスクライトで、欲しかった機能である
白色5200k、昼白色4100k、電球色2900kの
TPOで使い分けが出来るカラーモード調整に
明るさを段階的に変更できる 3段階調光も便利。
そして、オマケ機能という程度ですが
バッテリーも内蔵していてコードレスでも利用可能。

Aglaia_led_04

Aglaia_led_05

Aglaia_led_06

金額の割には質感や動きの節度感もイイんですよね。
軽いタッチで操作できるアクションは
持ち歩く際には誤動作が心配ですが
卓上で使うには、軽い操作で済むため本体が動かずに
片手でオンオフや調光、色変更まで出来て便利。

そして基本的には有線で給電しながらの使用となりますが
給電しながらの使用でも とくに熱を持つわけでもなく
USBでの給電となるのも便利で一般的な各種アダプターで
作業場から寝室、出張先と場所を選ばずに使えるのと
モバイルバッテリーも併用すれば野外でも長時間利用可能。

この手のデスクライトが1つあれば、
色々使えて便利なんですよねー ということで
ついつい同じにモノを2つ買ってしまいました(笑)
(この商品の特別キャンペーン 1点買うと、50% OFF を活用)!

Aglaia_led_07

Aglaia_led_08

たかがライト、されどライト。

全体をほんのりと照らすランタンとも違う、
また大きく光量のある本格的なデスクライトとも違う
軽量コンパクトなLEDデスクライト。
そんなライトも使い勝手がイイんですよね。
なにげに購入以来 大活躍中です。




続きを読む "Aglaia LED 卓上デスクライト LT-T12"

| | コメント (0)

2018年1月23日 (火)

ドライブレコーダー : Anker Roav DashCam C2

Anker_roav_c2_01

さて、そんな訳で 遅ればせながら ドラレコ デビューです。
前々から、もしものために 付けておきたいなぁと思い
色々調べていたのですが、あまりに機種が多く、
機能の違いなども多種多様で 迷ってしまっていて
決定打の無いまま買わずじまいだったのですが
今回は重い腰を上げ 無事なんとか購入です。

ドライブレコーダー : Anker Roav DashCam C2
https://www.anker.com/jp/products/variant/Roav-DashCam-C2/R2210311
Amazon : http://amzn.to/2mUBWjA


選んだのはAnkerの新製品。Roav DashCam C2。
知ってますか? Ankerというメーカー。
Google出身の数名によって2011年に設立され
スマホやらガジェットに詳しい人には有名な、
モバイルバッテリーとか各種USBアダプターなど
その品質の良さからファンも多いメーカ―です。
今回、あのAnkerからドラレコを出したから
ドラレコ デビューしたっていう指名買いの方もいるぐらいです。

Anker (エレクトロニクス) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Anker_(エレクトロニクス)

普通ドラレコとなると、有名なのはユピテルやコムテック、
セルスターなどのカー用品でお馴染みのメーカーや、
あとはカーナビメーカーのケンウッドやパナソニック、
マニアックなところでPAPAGO、Driveman辺りも候補でしたが…
やっぱり機能が良いものは それなりに高いし、
どのあたりで妥協するかもネックだったのですが、
このAnker Roav DashCam C2に関しては
まさに今時な必要にして充分な各種機能と
そのコスパの良さと信頼性の高さが魅力だと思います。

Anker_roav_c2_02

Anker_roav_c2_03

Anker_roav_c2_04

Anker_roav_c2_05

Anker_roav_c2_06

マウントは吸盤タイプと両面テープ留めの2種付属。
また単品としても 人気で魅力的な IQ対応の
USBカーチャージャーAnker PowerDrive 2も同封。
長めのMicro USBケーブルも丈夫そうで
なにげに内装剥がしや配線の埋め込みに便利な
トリムリムーバーが付属なのも嬉しいです。

もっと安い怪しいドラレコもあるにはありますが
実売1万円以下に納めつつ、安心の18か月保証や、
スペック的にも、昼夜関係なくクリアなフルHD対応の
周辺まで明るいF2.0の広角単焦点レンズと
SONY製CMOSイメージセンサー採用の画質面や、
Ankerの得意な所でもある品質差が出やすい、
駐車モニター機能用の内蔵バッテリーや
USBカーチャージャーなども やっぱり安心。
また、安価なドラレコだとTVやラジオに
ノイズが出てしまう製品もありますが、この辺も問題無し。
そして、デザインも やっぱりイイんですよね…
まるでコンデジのような風貌はアピールもバッチリで
ヘアライン風のボディ部とレンズのバランスも絶妙です。

ちなみに、映像を記録するmicroSDカードは別売り。
class 10以上の32GB推奨で、64GBも対応。
自分は一応、相性も良さそうな下記を購入。

Samsung microSDカード 32GB EVO Plus Class10
http://amzn.to/2F3Ryc5

とくにフォーマットの必要もなく そのまま認識し、
フルHD(1080p)での録画にもコマ落ちなども無いようでした。
アダプターやケースも付属するしコスパも良好。
16GBなどの容量の少ないSDカードや
アクセススピードが規格に準じないSDカードは
エラーが出るようですので注意が必要です。

 

そんな訳で、さっそく愛車に取り付けます。
車種は、Jeep PATRIOT(ジープ パトリオット)
狭めのフロントウィンドウで バックミラー上部には
前に付けた レーダー探知機 が納まっています。
今回このドラレコを付けたのは 定番位置といえる
バックミラーに重なる前方の助手席側。
このC2は そこそこ大きいサイズのドラレコですが
パトリオットのミラーのサイズと相性がイイ感じ。
この位置で、運転席側からは視界に入りません。
実際、画面を見たり操作する時はミラーを下げるか、
少し回り込むように左側から見ればOK。
慣れてしまえば そんなに操作する事は無いし
撮影される映像も高い位置からの方が良いですね。
そして配線はフロントウインドーガラスに沿うように
付属のトリムリムーバーを使って隙間に這わせます。

Anker_roav_c2_07

Anker_roav_c2_08

Anker_roav_c2_09

そしてAピラーからはダッシュボード下に通し
運転席のハンドル下の足元を通すようにして
前に中で分岐し足元に引き出して置いた
アクセサリー用のシガーソケットの空きポートに
付属のチャージャーとUSBケーブルをセットします。
ほとんど配線が露出しない状態で
スッキリと配線をすることが出来ました。
付属のUSBケーブルの長さは結構余裕があって
買い直したり延長ケーブルを用意しなくても
良いのがイイところですね。

ドラレコ本体は、とりあえず吸盤タイプのマウントを使用。
Jeepパトリオットのフロントガラスの上部には
今時な iPhone X のような 剃りこみというか
切り欠きノッチのような部分があるのですが
そこに うまく 吸盤部分が納まり丁度良い感じ。
このノッチの内側部分は小さい黒い点の集まりで
少し凹凸となっているので 吸盤は無理かと思いましたが
今時の吸盤は進化しているようで吸着も強力。
ピタッとくっ付けた後にレバーを回せば
真空度が上がってカチッとロックされます。

夏の熱い時期などは解りませんが
一通り走った後も 問題無さそうで
とりあえず この仕様で運用してみようと思います。

Anker_roav_c2_10

Anker_roav_c2_11

Anker_roav_c2_12

Anker_roav_c2_13

昔ながらのレンジファインダーカメラのような
直線基調のシンプルなデザインがカッコ良いですね。
レンズ回りの大きさも これぐらい主張というか
アピールがあったほうが駐車時の防犯にも良さそう。

セットアップ自体は、最初に電源を入れた時に
フローで出てくるので、言語に日本語だったり、
日時だったり、順番にセットしていけばOK。
この部分は後から設定で変更も可能で、
設定の項目も少なく整理されていて解り易いです。

ちなみに周波数は50Hzと60HZを切換え可能で
日本国内で 東日本が50Hz、西日本が60Hzらしいです。

電源周波数地域(50Hz地域/60Hz地域)について_SHARP
http://www.sharp.co.jp/support/info/info_hz_1.html


これを設定しないと目に見えないスピードで点滅している
信号機とシンクロしてしまい真っ暗で画像に写りません。
事故時に証拠として使うドラレコとしてはNG。
ちなみに このC2で、50Hzにセットして使用中で
信号機は夜間はバッチリで、昼間は多少
チラつきのフリッカーがありますが、ちゃんと
信号機の状況は確認出来る状態で写っていました。

Anker_roav_c2_14

Anker_roav_c2_15

走行中に液晶画面が点いていると気になるので、
スクリーンのバックライトは30秒でオフに設定。
それでも録画中は画面左横の青いLEDランプが
点滅するのが 個人的に気になったので
目隠しで黒テープをカットして貼っておきました…

後、設定は、操作音などは無しにしたり、
録画中の日付と時刻は表示を選択。
解像度は一番きれいな 1080P 30FPS。
振動や衝撃を感知する 感度は3段階真ん中の中、
これで、一度 段差を越えるときの振動で
イベントファイルとしてロックされていました。
ループ録画の長さは1/3/5/10で5分に設定。
これで走行中に5分ごとに1ファイルとして保存され
ファイルが容量いっぱいになると古いファイルから
段々と自分で削除しなくても自動で上書きされていきますが、
感度設定で感知されたイベントファイルはロックされ
鍵アイコンが付いて上書きされず残るようになっています。
LoopRECフォルダとEmergencyRECフォルダで自動管理。

Anker_roav_c2_16

Anker_roav_c2_17

また、駐車モニターをオンに設定していると
エンジンを切ると自動で駐車モニター状態になり、
Gセンサーが揺れや衝撃を感知すると、
USBからの給電が無くても内蔵バッテリーで
30秒間×最大15回 自動で録画される機能があり、
その感度を高と低から選べるのですが…
高だと乗り降り時のドアの開け閉めで毎回録画され
毎回 乗り降り時にロックファイルが貯まるのですが
低だと、それは録画はされませんが、
ドアパンチ程度だと記録されない可能性があります。
高で毎回ロックされたファイルが貯まるのも面倒ですし
この辺りはカード容量と合わせ色々試したいところです。

ちなみに本体の充電がされていれば
給電が無くても、GoProみたいなアクションカメラのように
単体で撮影が可能で、他にもモバイルバッテリーや
PCやACアダプターに繋げば更に長時間撮影も可能でした。

そして録画された動画を見るためには
本体での再生はもちろん、SDカードを差し替えれば
PCやスマホへの保存や削除、動画再生が可能ですが、
SDカードを取り出さなくても本体の充電用のUSBを
PCに繋いぐと本体がカードリーダー替わりに機能し
そのまま内部のSDカードにアクセス可能でした。
スマホからもUSBホストケーブルなどを使ってアクセスすれば
SDカードが使えない機種でもアクセス可能です。

あとは内蔵バッテリーの充電具合との兼ね合いだったり
USB電源ゆえの外部モバイルバッテリーの併用などで
駐車中の常時録画にも対応が出来そうなので
引き続き色々試そうかなぁと思っています。

Anker_roav_c2_18

Anker_roav_c2_19

そして、せっかくなのでステッカーでアピール(笑)
ちょっと大きいかなぁと思うんですが
これぐらいじゃないと走行中は認識は出来ないでしょうね…
約10cm×5cm(2枚入り) で アルミ地風を選択。
表記もCAUTIONステッカー風で RECってな感じで
とりあえずJeepパトリオットにも違和感無さそう…

ドライブレコーダー ステッカー /メイヴルアットホーム
http://amzn.to/2G7hAMV

 

そんな訳で… 取り付け後、テストを兼ねて
近場の東京~千葉周辺を走った映像を
簡単に編集してYouTubeにアップしてみたので
続きを読む に貼り付けておきます。

ちなみにYouTubeにアップして
容量が圧縮される前の画質は
もっとノイズも少なくてクッキリ綺麗でした。







続きを読む "ドライブレコーダー : Anker Roav DashCam C2"

| | コメント (2)

2017年10月29日 (日)

アルミビレット スマートフォン ホルダー : Lixada GUB / West Biking

Sp_holder_01

Sp_holder_02

Sp_holder_03

そんな訳で バイクや自転車にスマホを付けるのに
ちょっとシンプルでカッコイイ アルミビレットな
スマートフォンホルダーを2種類 入手してみました。

スマートフォンホルダーは今までも
色々なタイプを試してみたのですが、
利便性は良くても、見た目がゴツかったりで
存在感があり 質感がいまいちだったりで、
最近は 必要に迫られて 使うときだけに
クランプで留めるタイプを使っていたのですが
このスマホホルダーは、必要最低限な大きさに
シンプルなデザインで機能美を感じる逸品です。

Sp_holder_04

Sp_holder_05

ともに幅100㎜までの大型スマホにも対応した
そのホルダー部分は、今メインでつかっている
HUAWEI Mate 9 にも問題無く対応しています。

そして、今回は2つのタイプを入手してみましたが
1つはステム部分が太くハンドルパイプ径が太い
ロードバイク、MTB用に対応したクランプのLixada GUBと、
もぅ1つはオートバイの一般的なミリバーに対応したWest Bikingです。

 

Lixada GUB

で、まずはクランプ式のクイックリリースも
メカニカルでカッコイイ、ロードバイク、MTB用に対応した
Lixada GUBのスマートフォンホルダーです。

Lixada GUB 自転車電話ホルダー ユニバーサル
調整可能 携帯電話/GPS/マウントホルダー
http://amzn.to/2gSGzvJ

ステム付近の太いΦ31.8ハンドルバーにピッタリで、
Φ25.4mmハンドルバーにも付属のスペーサで対応可能。

Sp_holder_06

Sp_holder_07

Sp_holder_08

Sp_holder_09

Sp_holder_10

Sp_holder_11

Sp_holder_12

Sp_holder_13

Sp_holder_14

工具も付属されていて、ネジ2本で取り付け可能で
ホルダーとクランプ部分は十字状の溝で固定され
その組み合わせによって縦横に配置できます。

TPU製のスマートフォンケースと相性が良く、
他のケースを使用の場合は爪の部分に
保護ゴムを付けた方が良さそうですが
スマホ自体はローレット加工されたノブを
手で締め付けることで しっかり固定されます。

これが、ほんと 質感や節度感が良く
カメラ機材のような精度と機能美があって
カッコイイんですよね… コスパも最高。

また、スマホを載せていない時でも
そのメカニカルな造形がカッコよく
シンプルでいてスタイリッシュな
スマートフォン ホルダー という感じです。
 

 

West Biking

そして、合わせて購入した、もぅ一つの方は
少しホルダー部分のサイズがLixada GUBより大きく
凝った肉抜きもほどこされた West Bikingの製品。

West Biking スマートフォン用ホルダー
アルミ合金製 自転車携帯ホルダー
http://amzn.to/2lotGee


ハンドルに留めるクランプ部分の径が
メーカー公表値、2.5㎝(0.98")で
上記のLixada GUBより少し細めの
MTBなどのハンドルの細いグリップ部分や
オートバイの一般的なミリバーである
Φ22.2mmに対応したタイプのホルダーです。
(付属の薄いスペーサーを使用)

意外と選択肢が少ないんですが、
まだまだ少数派のオーバーサイズは別として
オートバイの方が、今時なMTBやロードバイクの
一般的なハンドル径より細いのは意外な気もしますが
このΦ22.2mmに対応したスマートフォン ホルダーの
West Biking は 貴重な選択肢になりそうです。

Sp_holder_15

Sp_holder_16

Sp_holder_17

Sp_holder_19

Sp_holder_26

Sp_holder_18

Sp_holder_20

そして、さっそく愛車SRのハンドルへマウント。
凝った造形の組み合わせで、ネジ1本で固定できる
クランプ部分は見た目もスッキリで好印象。
ただ、下からネジを閉める必要があるため
取り付け位置によっては取り付けが面倒ですね。
一度ハンドル自体を留めてるクランプを緩め
向きを変えてから固定して対応しました。

それにしてもイイですね。ピッタリ ローマウント。
狙い通り ほぼほぼ神クリアランスで
ツライチに近い状態でマウントできます。
そして、そのコンパクトなサイズと質感は
プロ機材な撮影機材風でカッコイイですね。

そしてシンプルなパーツ構成ながらも
ホルダーとクランプの接続部分が四角い形状で
90度回転させて、取り付けることによって
スマホを縦横どちらにもマウント可能です。

Sp_holder_21

Sp_holder_22

Sp_holder_23

耐久性の部分などは まだ未知数ですが
これは かなり良さそうなスマートフォン ホルダーです。

他にあるような雲台風に角度調整できたり
位置を微妙に調整できない代わりに
クランプ部分やアーム部分はシンプルで
コンパクトな構成なために破損部分は少なそうです。

そして、やっぱり、このデザイン性の高さですね。
どうしても常時、目に入る部分ですし、
とくに趣味性の高いバイクやMTB系となれば、
生活感のある実用面より、これぐらい
必要最低限のマウントの方が冴えそうですね。

Sp_holder_24

Sp_holder_25

そんな訳で、すっかり お気に入り。
他の自転車。ロードバイクやら全てに付けたいぐらい(笑)

そのメカニカルな造形のホルダー部分は
スマホを付けていない状態でもカッコイイし、
バイクで言うならヨシムラのテンプメーターのような
デジタルメーターをマウントするのに使っても良さそうですね。


 


続きを読む "アルミビレット スマートフォン ホルダー : Lixada GUB / West Biking"

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日)

新世代LEDランタン / N9(NNiNE) LUMENA 7 black : LED lantern

N9_lumena_01

その存在を知ってから 個人的に興味津々で、
やっと、この度、無事入手することが出来た逸品。
手のひらサイズで、ポケットにもすっぽり入りそうな
一辺がカードサイズなみの90mm程度の大きさの
この四角い謎のアイテムの正体は・・・・

LEDランタン「N9(NNiNE) LUMENA
Amazon: http://amzn.to/2tYVDvB


そう・・・キャンプや非常時などに活躍する
充電式のLEDランタンなんです !

LEDのランタンなんて、今までも色々持ってるし
もっと小型のタイプもあるでしょ?と思いそうですが、
このLEDランタンが凄いのは、このサイズにして
キャンプのメインランタンとしても使える
1000ルーメン越えの、1,300lm!(驚)

 
キャンプ場でも、よく見かけ、サイトライトして定番な
人気No1の大光量を誇るガス式ランタンでもある
コールマンの 2500 ノーススター
Max時に 約1,543lmというスペックですから・・・
この小型軽量なLEDランタンの
明るさと、革新的な凄さが解るというもので・・・

ついに、LEDランタンも 此処まできたかと
LED黎明期から色々と投資してきた
自分としては胸が熱くなるアイテムです(笑)

N9_lumena_02

N9_lumena_03

それにしても やっぱり カッコイイですね。
各部の質感や仕上げも美しく端正なデザインです。
この手のアイテムとしては高額な部類ですが
それ相当の質感と品質で満足度の高さがあります。
そして、その存在感といえば、アウトドアチェアとして
高評価を得ている、ヘリノックスに通じる部分も感じます。

実際に購入にあたり、入荷待ちをしている間に、
カラーバリエーションも色々あるので、ホワイトや
カモフラージュ迷彩柄も良いなぁと思ったのですが
撮影ライトとしても違和感の少なそうなBlackを選択しました。
90度可動な 吊り下げ時や床置き時のスタンドに使う
アーム部分のゴールドと、本体のブラックが絶妙です。

すでにマニアックなキャンパーの間で好評を得て、
ファンも多く、リピーターも出始め 話題になっていてますが・・・・
その理由が実際に手にしてみると解る気がします。

 
N9(NNiNE)がメーカー名でしょうか?
そしてLUMENA(ルーメナー)と読みます。
あまり情報が得られなかったのですが
どうやら韓国のメーカーのようですが
KMコーポレーションが代理店をしていて
まだまだ扱い店が限られていますが、
あの東急ハンズでもイチオシで扱っているので
この完成度を考えると今後の展開や
バリエーションも楽しみになります。

KMコーポレーション
https://www.phoneartist.jp/


付属品は、持ち運びに良い専用ケースと、
本体の充電用と、給電にも使える
平コードタイプのUSBコードが1本と
簡易防滴用のシリコン製のカバーに、
精度が高い高品位な樹脂製ハンガーフックが2種、
そして汎用のアルミ製カラビナが2個。

なんとなくガレージメーカー的な風情もありますが
その反面、大手メーカーには無い割り切りと、
ピーキーなスペックとセッティングがワクワクしますね(笑)

N9_lumena_04

N9_lumena_05

N9_lumena_06

N9_lumena_07

N9_lumena_08

本体に内蔵されたバッテリーは大容量10,000mAh。

ランタンはもちろんモバイルバッテリーとしても使えて
付属するUSBケーブルはいわゆる台形端子の
microUSBで、旧来のAndroid端末と共用ですが、
別途ケーブルやアダプターを使えば
iPhone6Sなら4回、HUAWEI Mate9なら2.5回ほど
フル充電できるというカタログ上の計算となります。

ランタンとしては、High Maxの1300lmで約8時間。
Lowの260lmだと約100時間とロングライフです。
前出のガス式ランタン2500ノーススターが
470g缶使用時で約4~8時間というスペックなので
かなりイイ勝負で、高額であるODガス缶と比べ
フル充電の電気代が 約1円で済むという
LEDならではのランニングコストも魅力です。
そして、その驚きの明るさも一瞬しかもたないような
カタログスペックという訳ではなく実用的な
ランタンとしてフルパワーモードでも8時間。。。
すでに使用者の声を聴いても、とにかく感動的で
キャンプや、夜間のBBQでも、これ1台でこなせる
驚きのスペックを誇っているのが驚異的です。

明るさは、電源ボタンを押すたびに明るくなっていき
260~1300lmの4段階と調整が可能で、
2秒ほどの長押しで、LEDの色温度変更が可能。
LEDらしい5700Kの涼しげな青白いクールな昼光色、
3000Kのアコースティック風な温かみのある電球色、
そして、その両方の4500Kの昼白色が選べます。
さらに5秒押しで救急時に使えるSOSモードも搭載。

 

LEDランタンLUMENA(ルーメナー)先行販売
https://www.makuake.com/project/lumena/

すでに、募集は終わっていますが、
先行発売のクラウドファンディング「Makuake」で
扱われていた時は、色温度変更の機能が無くて
昼光色か電球色を選ぶ必要があったのですが・・・
現行の一般リリース版は、色変更が可能に!
この色温度機能は、個人的に好きな機能で
リラックス時には雰囲気が良い電球色にしたり、
テントやタープの幕色に合わせた色を選んだり、
キャンプ以外の使用時でも、撮影灯としての利用や
作業灯として、より自然な白色を見たい時など
色々なシーンに合わせて使うことが出来て便利です。

N9_lumena_09

N9_lumena_10

N9_lumena_11

N9_lumena_12

N9_lumena_13

N9_lumena_14

N9_lumena_15

それにしても、明るいですね。ホント感動的。
写真では露出の設定などで伝わりきれませんが・・
高品位なLED懐中電灯や、バイク&車用ヘッドライト、
数々のLEDを見てきましたが、このサイズにして、
これ一つで、生活が出来てしまいそうな光量です。
そして、ダークスポットやフレアのないフラットな配光。
色温度の変更の感じは、GENTOS SOL-036C辺りと
同じ仕組みの2色のLEDで再現しているようですが、
通常は一番暗くなるはずの、温かみのある
warmな電球色であっても遜色なく明るい。
六畳間の和室なんか、これ一灯で十分なぐらい・・・

もちろんMaxでは直視できない明るさですし、
一番暗いLowでも、いわゆる一般的な旧来の
LEDランタンと同等程度な明るさはあって
小さなテント内でも使いやすい260lm。
メインランタンとしてなければ、モード2の650lm。
モード3の910lm。Maxの1300lmでなくて充分です。

そして、LEDランタンって、燃料系ほどではないですが、
なにげに電池式の場合は、その管理も面倒なんですよね。
使わない時は液漏れも気になりますし、
ランタイムや明るさを考えれば使用する電池も
単三アダプターを使わず単一電池を使いたいですが、
充電池や充電器も嵩張りますし・・・
そして、充電池ではない場合は そのコストも馬鹿にならない。。。
そのあたり高性能なリチウムイオンの
内蔵バッテリーは運用がラクです。
ただ、大容量のバッテリー搭載ゆえに
使い切った場合は満充電には多少時間が掛かります。
カタログではフル充電時間は5時間40分と記載。
まぁ、この辺りは、USBゆえに車内でも充電できますし、
モバイルバッテリーなどとの併用も出来そうです。


1000ルーメン級のメインLEDランタンといえば・・
自分も何度となく買い物カゴに入れて悩んだ(笑)
ジェントス エクスプローラー EX-1000C や、
始めて店頭で見た時、ド肝を抜かれた
ロゴス パワーストックランタン2000
ガソリンランタンそのもののパーツを使った
スチールやガラスの質感もカッコイイ、
コールマン バッテリーロックLEDノスタルジアランタン等、
他にも色々と魅力的なランタンも多いのですが・・・

220gという軽量さと、このコンパクトさからは
信じられないほどの明るさの多機能LEDランタン。。。
大は小を兼ねない、唯一無二の存在として、
この手のアイテムが好きな人には たまらない魅力があります。
その大光量は オートキャンプでの利用はもちろん、
荷物を少しでも小さく軽くパッキングしたい、
バイクツーリングキャンプや、モバイルバッテリーを兼ねる
そのスタミナの多さはトレッキング天泊にも使えそうです。

N9_lumena_16

N9_lumena_17

N9_lumena_18

それにしても、ほんと すごいです。 すごくイイですね。

だんだん、色々なものに慣れてきて
想像も出来て 驚かなくなっていたのですが、
久々に驚かせてくれたガジェットと言えそうです。

従来のランタンのスタイルに囚われない
LEDのもたらす新しいフラットで自由な形状は
使う人のアイディアで色々な使い方が出来る可能性を感じて、
眺めているだけでも楽しくなってきますね。

 

 

N9_lumena_31

N9_lumena_32

 

 



続きを読む "新世代LEDランタン / N9(NNiNE) LUMENA 7 black : LED lantern "

| | コメント (0)

大型スマートフォンケース : BRIEFING PP-6 S PLUS × HUAWEI Mate 9

Briefing_pp6plus_01

Briefing_pp6plus_02

いつのまにやら 今年も暑くなってきました。
夏になって 薄着になって上着を着なくなると
ポケットに入れたスマホも汗が心配になったり
何気にスマホの持ち運びに気を遣うんですよね…

そんな訳で、薄着の軽いウェアで
ぶらーんと 手ぶらで身軽に行きたい時に
何かと便利な ホルスタータイプで
サッと取り出ししやすいケースを入手してみました。

BRIEFING PP-6 S PLUS
Item No.BRF390219
https://www.briefing-usa.com/item/detail/1_1_BRF390219_1/010
Amazon http://amzn.to/2tXOThN


普段使いで、とても快適に使えている
HUAWEI Mate 9 なんですが、大画面ゆえに
汎用のケースを探す場合も選択肢が少ないんですよね…

そんな訳で、今まで使っていた
BRIEFING PP-6 に納まらないので
新規に iPhone6PLUS適応サイズの
PP-6 S PLUS を追加購入してみました。

Briefing_pp6plus_03

Briefing_pp6plus_04

そのサイズ感の違いは こんな感じ。

左のデジカモ柄のPP-6に付いている
樹脂製カラビナ ITW Nexus グリムロック
ノーオリジナルで自分で ちょい加工で取り付け。
右の黒いPP-6 S PLUS はオリジナルそのまま。
PLUSの方もカラビナやクリップ類を追加すれば、
腰や、ちょっとしたところに付けれるようになるので
更に便利に使っていくことが出来そうです。

ちなみに、USA製の旧PP-6から、現行は、
この大型サイズのプラスが付く PP-6 S PLUS と、
小さいサイズの PP-6 S の2サイズ展開のようです。

Briefing_pp6plus_05

Briefing_pp6plus_06

Briefing_pp6plus_07

Briefing_pp6plus_08

Mate9とiPhone6+はサイズがほぼ同じですが、
自分が使っているTPUのケースを付けたままで
一応、そのまま収納することが出来ました。

最初は、結構キツめかなぁ・・・思いましたが
何度か出し入れをしていたら 少し余裕が出来て
使いやすいようになった感じです。
それでも、かなりピッタリ、限界サイズですね。

Briefing_pp6plus_09

Briefing_pp6plus_10

そんな訳で、BRIEFINGの新しいライン「QLシリーズ」
残念ながら、バリスティックナイロン、
USA製では無くなってしまいましたが…
500デニールのコーデュラナイロンの表情も良く、
やっぱりBRIEFINGってデザイン性はもとより
形状も考えられていて 使いやすいんですよね。

求めやすくなった値下げは嬉しいのですが
これで耐久性も今まで通りだと良いですね・・・
その辺りの評価は もう少し使い込んでからとなります。

ちなみに公式のメーカーページではUSA製の
PP-6やPP-4などの旧PPシリーズが
今現在はカタログから消えているようですが・・・・
店頭在庫はまだあるみたいなので、
USA製に 拘りがある方や、探している方は 、
早めにGetしておいた方が良いかもしれませんね。




続きを読む "大型スマートフォンケース : BRIEFING PP-6 S PLUS × HUAWEI Mate 9"

| | コメント (0)

2017年6月15日 (木)

HUAWEI Mate 9 (MHA-L29) 液晶保護 ガラスフィルム

Mate9_glass_01

そんな訳で、表題にある通り、Mate9画面保護用に
ガラスフィルムといわれるものを貼ってみました。

Mate9は発売と同時ぐらいに購入したので
すでに半年近く使っているという感じですが、
普段カバーやらフィルムなどでガードしているので
外してみると なにげに まだ新品のような状態(笑)

今までは購入当初に貼られていた画面保護用の
メーカー製のフィルムがイイ感じだったので
そのまま使っていたのですが、画面中央に
引っ掻き傷のような線が入ってしまったので…
この機会に、前に購入しておいた
ガラスフィルムに交換することにします。

ケース側は味になるということもありますが
画面側というのは機能面に直結で、
気にならないと言えば 気にならない
薄い線が1本なんですが、気になりだすと
画面を見るたび、その傷を見てしまう…
そんな束縛からの解放です(笑)

Mate9_glass_02

Mate9_glass_03

Mate9本体を購入したころに色々備品やら
ケースを購入してた時に合わせて注文していた
ガラスフィルムが2種類 手元にあります。

先に入手したのが上記、左側の
ライトブルーの箱に納まるKlearLook製の
強化ガラス液晶面フィルムです

Klearlook Huawei Mate 9用
強化ガラス液晶面フィルム クリア2枚セット
http://amzn.to/2svb0wd


2枚入りだし、失敗しても大丈夫かな?
それに購入当時のインプレには
ぴったりサイズだと、結構イイ評価。
初めてのガラスタイプ。ワクワクと開封して
試しにガラスフィルムを本体に合わせたら
これが結構サイズが小さくて、周りが
1~2mm空くのが気に入らない…


そして、再度、Amazonで色々探してみて
これは良さそうだなぁと思って買い増ししたのが
上記写真の右側にある黒いパッケージの
Olycism製 GLASS PROTECTORです。

Olycism Huawei Mate 9 液晶保護フィルム
GLASS PROTECTOR  5.9インチ用フィルム
http://amzn.to/2rtDtlM

結果、どちらも大差ない感じだったのですが…(笑)

Mate9_glass_04

どちらも似たような付属品の構成ですが、
なんと、サイズも、重ねたら ほぼいっしょ。
っていうか肉眼レベルでは同じ公差レベル。
メーカーが違っても そんなに大差が無い
という事でしょうか?たかが数ミリ…
その数ミリに期待して 買い直したのですが
ほとんど意味のない状態でした(苦笑)

そして、あえて違いを探すとなれば
写真だと解らないかもしれませんが、
ラウンドエッジ加工と言われる画面端の
断面部分が肩を落とすように滑らかに
ラウンド処理しているのですが、
その部分が、後から買い増しした黒箱の
1枚入りで少し高額となるOlycismの方が
より丸みがあって、少し高品位に見える感じ
です。

Mate9_glass_06

Mate9_glass_07

Mate9_glass_08

それぞれ保護フィルムは剥がさずに、
そのままMate9本体の上に重ねた感じ。
保護フィルムを剥がすための端に付いたシールが
白い方がライトブルー箱のKlearlook製で、
透明に赤字の方が黒箱の
Olycism製品。
ご覧の通り、フチの足りなさも同じ感じです。

サイズがぴったりすぎてTPUケースと
ぶつかってしまう?なんてインプレも見ましたが
サクラなんでしょうか?個体差なんでしょうか?(笑)


結構フチ部分のフィルムが無い隙間部分が
気になるなぁと思っていたのですが…
実は、このサイズ、Mate9に最初から貼られている
保護シールと、ほとんど同じサイズでした!…
純正の保護シールは薄く柔らかいフィルムですが
ガラス製となると、これぐらいの厚さになって
その存在感が気になってくるようです。

とまぁ言っても、やはり ガラスフィルムに興味津々。
せっかくなので、黒箱のOlycismの方を
保護フィルムを剥がして本体に貼って見ました。

Mate9_glass_09

Mate9_glass_10

Mate9_glass_11

これが実際貼って見るとイイ感じ…

実際に貼ってみるまでは、つなぎというか
隙間が開くならフィルムの方が良かったなぁと
想った部分もあったのですが…

このガラスのもつ質感の効果は絶大で
ヒンヤリ冷たく高い平面感ある風情は
厚いトップコートの効果で 張りツヤも良く
まるで鏡のような歪みの少なさは
ワンランク上の高級感を感じさせます。
そしてタッチやフリックの違和感もなく
滑りの良さはガラスそのものの気持ち良さ。
透明のTPUケースとも合わせ ボディ全体が
厚いクリア層に包まれた感じはなかなか良いです。

貼るのも、フィルムよりラクなような。
ガラスなので板状で伸縮は無く、
位置決めも簡単で、そのままペタン。
気泡も ほぼ無しという感じでしょうか
細かい水ぶくれのような気泡はなく
少し空気の入った部分もスゥーと
横に押し出せばすぐに消えます。

そして、このサイズ感。これが、やっぱり
平面ガラスの場合は限度なのかもしれません。
ほんの少し髪の毛 数本分 両端が液晶の
表示部分に被らないのが残念なのですが
これが、あと少しでも左右に外れて
空き部分が ずれると浮いてしまう感じです。
Mate9の液晶画面は端の部分が丸く
角を落とすようにラウンドしているのですが
平面部分としては ここまでかもしれません…

それか、透明ではない、黒フチなどがある
ガラスフィルムタイプだと浮いた部分も
目立たないので、もっとギリギリまで
大きくできるのかもしれませんが…

個人的にはフチが無い方が好みですし
大きく画面端のラウンド部分まで覆って
端が浮いてしまってゴミが入るよりは
これぐらいタイトなサイズが良さそうです。

Mate9_glass_12

Mate9_glass_13

そんな訳で、やはり厚さがあるんですが、
自分が使っているTPUケースよりは飛び出ず、
ケースレスで使っている方や、極薄ケースの方には
ちょっと使いづらいかもしれませんが、
クリア系のTPUケースとは相性が良い感じで
画面外のサイドから滑り込ませるようなスワイプや、
画面端のタッチ感度も悪くなく 好感触です。

そして、やっぱり、ガラスの質感がイイですね。
この透明感はフィルムやTPUでは出せないと思います。

今までのフィルムがある状態でも、写真や動画など
けっこう綺麗だなぁと思っていたのですが
より いっそう深みや抜け感がでて 彩度が増し
明るくなった効果と合わせ 映像が美しく感じます。

やはり素材的にもフィルムでは肉眼では見えない
小傷や拭き傷によって白く濁っていくことも多く
薄いベールが掛かっていたのかもしれません。

そして、やっぱり こんな薄くても
ガラスなんですよね。表面強度や
ハンカチなどで拭いた感じもガラスです。

そんな訳で、ガラスゆえにヒビ割れや
欠けなんかも気になる部分もありますが、
この辺りは、ある意味消耗品でもありますし、
せっかくハイスペックで大画面のMate9を
お使いの方なら、この質感と保護効果と
今時のNetで安価に買える状況を考えれば
かなりコスパは良いような気がします。
ガラスフィルム未経験の方や、気になる方は、
一度、ガラスを試してみてはいかがでしょうか…

Mate9_glass_14

なんとなく、垢抜けた その姿は、
ちょっと惚れ直した感じですかね(笑)

今どきのスマホの画面は強度も強く
別途保護フィルムやら要らないのかもしれませんが、
実際、メーカー出荷時には保護フィルムを
付けた状態で出荷されてきている訳ですし、
車のウインドウやら 高級時計の風防も
なにげに傷が気になるんですよね。

そんな訳で 備えあれば憂いなし
これでも ガリっと傷がついたなら
個人的には 諦めもつくという感じです…
出来る事なら そんなことは無い方が良いですが(笑)

それに、定期的に傷が目立ってきたら
交換するっていうのも気分転換になって
新鮮さも出て、けっこう楽しいんですよね。






続きを読む "HUAWEI Mate 9 (MHA-L29) 液晶保護 ガラスフィルム"

| | コメント (0)

2017年4月 6日 (木)

Mate9 : 東京百景 スナップショット

Mate9_gold

そんな訳で、いつも 長々と長文で書いているので
たまには  極力シンプルに写真のみで・・・(笑)

 
すっかり 東京は春ですね。今年も桜が満開です。

Img_20170406_140238_1

Img_20170406_135849

Img_20170406_135726

Img_20170406_140144

Img_20170406_135614

Img_20170406_135702

いつもなら デジカメを持ちだしたりするんですが
HUAWEI Mate9を入手してから、すっかりスマホばっかり、
だけど、これが 結構 楽しいんですよね。

まぁ やっぱり 光学系がしっかりしたデジカメと比べれば
スマホでは気にならなくても後からPCの画面で見たりすると
物足りなさや ワイドアパーチャ 使いすぎたりして
違和感のある写真も多かったりしますが(笑)

それはそれで そんな オモチャ感覚もありつつ
ちょっとした 散歩も 数段 楽しくなる カメラ遊び。

ついでなので もうちょっと » 続きを読む
東京の風景やら Mate9で撮ったスナップショットを
何点かアップしておきます。





続きを読む "Mate9 : 東京百景 スナップショット"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧