カテゴリー「■ モノ. Digital ガジェット」の67件の記事

2020年10月27日 (火)

FOSSIL Gen2.Gen3,Gen5 ...and Gen4 / Wear OS by Google スマートウォッチ

Fossil_gen4_01

Fossil_gen4_02

Fossil_gen4_03

そんな訳で、フォッシルのスマートウォッチを買い増し。
これで4本目。実質5本目?(笑)

今回入手したのは
前に紹介したGen5の THE CARLYLE HR
一世代前Gen4の、ちょっと古い機種。

FOSSIL Q Explorist HR FTW4011J
https://www.fossil.com/ja-jp/スマートウォッチ/詳細/ジェネレーション4/
Amazon https://amzn.to/3dVr5jk

すっかり、現行の第5世代も発売されてから結構経っているのに
今でも前の機種も正規品で新品を売っているんだぁ…と思いましたが
いわゆる今になっての蔵出しリファービッシュ品っていう感じですね。
初期不良で返品された製品を、メーカーで修理・調整して再出荷したもの…
自分的には、初期不良も対策されて、磨き直しされているなら問題無し。
開封して手にした感じも新品の感触そのものでした。

さすがに現行のサクサク動くGen5に比べると
古さを感じますが…まだまだGen4も現役。
便利な通知機能や、連携機能を楽しめます。
この手のガジェットらしく、一通りのアップデートが終わって
キャッシュやアタリが出るまで 少し遅さや違和感がありますが
設定も決まり、バックラウンドの処理が終わり安定してくると
充分 実用性もアップし、バッテリーの持ちも安定してきます。

詳しい仕様や、スペックは、
すでに至るところで紹介されいるので省略させて頂き…

各世代を持っている個人的な目線で、気になる部分などを
備忘録変わり少々紹介してみたいと思います。



Gen2、ジェネレーション2…いわゆる第2世代、
そして一番気に入っていた3世代は、壊れてしまって
当時 新発売だった5世代に保証で交換してもらいましたが、
結局 後日 3世代を買い直して手元に揃っていたのですが、
この度、先日のAmazonプライムセールで
大幅に値引きされていた4世代の正規品の新品を見つけて
悩んだあげく結局、この4世代も購入。
これで、ある意味ロイヤルストレートフラッシュな感じ(笑)

ウォッチフェイスは色々気分で変えますが
お気に入りの「Marine Commander」がメインで統一。
一度購入すると別のウォッチでも使えます。

向かって右から 新しい世代順に
Gen5. THE CARLYLE HR FTW4024
Gen4. Q Explorist HR FTW4011J
Gen3. Q Explorist FTW4000
Gen2. Q Marshal FTW2107

Fossil_gen4_09

Fossil_gen4_10

今回 入手したGen4以外ベルトを変えていますが
ラグ幅は、すべて22mmで同じで
色々揃えた純正社外品のベルトが使いまわせます。

Gen4とGen5は心拍数などを図れるセンサーを備えていますが
Gen2とGen3は背面にセンサーもないので
直接 肌に触れる必要が無く昔ながらのNATOストラップでもOK。
これが充電時に少しストラップを緩めて充電器を挟むようにすれば
磁力だけでなくしっかり固定されるのでイイ感じです。
腕から外すと自動で画面ロックする機能をオンにしても
NATOストラップ越しでも ちゃんと機能してくれます。
着信のバイブレーションも違和感なしでした。


そして、同じ22mmでも純正メタルバンドは
Gen3とGen4の互換性は無し。。。
見た目 非常に似ているのですが、ケースの形状が微妙に違って
ピッタリ付きません、そして、駒自体も少し幅が違い使えません。

写真では伝わらないと思うのですが、
質感も重量もGen3の純正ベルトの方が上。
ずっしり重いGen3の純正ベルトは精度も高いビレットな駒で
ガタも少なく動きも滑らかで、重いながらも独特のフィット感は
IWCのインヂュニアや、パネライのメタルバンドの着け心地に似ています。

Gen4は見た目に反して、軽量で、ちょっとガタも多め、
すこし古めのROLEXやオメガのメタルバンドの着け心地に似ています…
それもそのはず、よく見ると目立たない駒の間の内側の断面を見ると
うっすらとスリットが、いわゆる巻きブレス的な中は中空仕上げ。
それはそれで、ほとんどパーティションラインが無い仕上げは
すごいと思うのですが…重量感も無く、チャラチャラと鳴る音も
ちょっとビンテージ感というか ちょっとだけ安っぽい感じがします。

基本 どちらも品質は高めで…比べればというレベルなんですが
Gen3は予備のベルトも持っているのでGen4に使えないのは残念です。
まぁ ちょっとエンドピースを削ったりすれば着くとは思いますけどね(笑)

Fossil_gen4_04

Fossil_gen4_05
そして、現行品のGen5のメタルバンドは
スモーク仕様でヘアーラインとポリッシュの組合せというのもあり、
Gen4とGen3とは、まったく違った風情。
小径で軽量のボディと相まって好き嫌いが別れそうです。
Gen5なら その後に追加されたダイバー風の
GARRETT HRも面白いかもしれないですね。

バックルはフラットで使いやすいワンプッシュ式。
普段使いで外れた事もないですし節度感も良好です。
今時なゴツさは無くシンプルな3つ折り仕様です。

Fossil_gen4_06

Fossil_gen4_07

Fossil_gen4_08

そして、フォッシルお得意の工具不要で交換できる
イージークリックに対応で、レザーベルトにも簡単に交換可能。
これが すごいイイんですよね…
簡単にクイックリリースで交換できるのも利点ですが
交換時にバネ棒が飛んで紛失することも無く優秀。
今までNATOストラップ方式が一番交換がラクだと思っていましたが
このイージークリックなら、レザーベルトを黒系 茶系と
革靴やブーツに合わせて交換するのも苦じゃないですね(笑)

そして、スマートウォッチと言えば、充電が必須。
Gen4とGen5は心拍数などを図れるセンサーを備えていて
背面のセンター部がポッコリ出ていて同じ規格。
Gen2とGen3は背面にセンサーが無くフラットで同じ規格。
特に、この古い規格の方はバッテリーチャージャーの
表裏が解りにくいので、裏面に夜光シールなんかを貼っておくと
暗めのベットサイドでも解りやすくお薦めです。

Fossil_gen4_11

スマートウォッチは使ってみるとホント便利で
手放せなくなるんですが…バッテリー面などで まだまだ発展途上。
省エネモードなんかで使えば 駆動時間も長くなると思うのですが
せっかくのフルカラー液晶や各種センサー類も便利に使いたい。
そうなるとキャンプや旅に持ち出すとなると …2台持ちがすごい便利です(笑)
クイックチャージと言えども、充電中に使えないのは不便ですし、
簡単にバッテリー交換出来ない構造ゆえに、本体ごと予備に交換がスムーズです。
同じ規格なら充電アダプターも使いまわせて、持ち歩くのも1本でイイですし
充電を忘れた朝や、何か起動していてバッテリーを使い切った時も
あわてず、予備のウォッチを使えば安心です。
まぁ さすがに4本も 揃える必要は無いですけどね(汗)

 

そして、前は、キャンプの時や、自転車乗る時などは
G-shockやPRO TREKを使っていたのですが
やっぱりスマートウォッチがイイなぁ と思い
保護用のカバーを買ってみました(笑)

Miimall Fossil Gen5 Carlyle HR 専用ケース
Fossil Gen5 Carlyle HR バンパー
https://amzn.to/2Huy9Ie

スマートフォンのケースみたいに素材はTPU製。
タッチパネル面ごと上から被せるカバーです。

Fossil_gen5_01_20201025205001

Fossil_gen5_02_20201025205001

Fossil_gen5_03_20201025205001

Fossil_gen5_04_20201025205001

画面保護部分は透明度も気泡も目立たなく良好。
タッチ操作でタップやフリックも違和感が無い感じです。
付け外しも、結構カンタンで、金額も安価なので
ガチガチぶつけるような人には 保険で良いかもしれませんね。

ちょっと素材感がチープカシオ的でもあるんですが
別途 ツヤツヤ感を抑えたマットなケースとか
昔のセイコーダイバーのオプションみたいに
バンパーらしさを前面に押し出したものがあってもイイかもしれません。

バンド交換はもちろん、スマートウォッチなら文字盤も変更できるし
さらにケースも着せ替えできたら、かなり遊べそうですね(笑)

Fossil_wearos

何気に一番のお気に入りはGen3です。
ケースやベルトの質感も歴代で一番良く、デザインも好み。
画面サイズも大き目で使いやすいですし
明るさを自動設定にしても、Gen4,Gen5と比べて明るいのも
視認性が良く使っていて心地よいです。
使っていて動作にもストレスが無いですし
バッテリーもちも…未だに一日使って30~40%残っていたりするので
使い勝手も良く 持ち出す頻度も高いですね。
そして、あまり話題にしなかったGen2も、
いまだ普通にバッテリーも十分持ちますし
通知機能やBluetoothによる連携もバッチリ。
少し動作はモッサリしますが、こちらもローテーションで使っています。
基本、ロック解除すれば、とくにスマホ側で操作しなくても
ペアリングが復帰し、すぐに使えるので
その日の気分やTPOに合わせて使っています。

物心ついて最初に欲しくて欲しくて小学生の頃
お年玉を貯めて購入したSEIKOのデジボーグから
今まで色々な腕時計を買ってきましたが…
ストップウォッチやアラーム、ワールドタイムはもちろん
計算機やアドレス帳…GPS 高度計に、活動計から
地図、インターネットに動画も見れてしまう時代になるとは
時代の進化のスピードに驚くばかりです。
今後もワクワクするような腕時計の進化に期待します。

そんな訳で、ちょっと コレクターみたいになってしまいましたが…(汗)
スマートウォッチも なかなか便利で楽しいです。

話題の… SONYの wena 3 も楽しみですね(笑)

 

続きを読む "FOSSIL Gen2.Gen3,Gen5 ...and Gen4 / Wear OS by Google スマートウォッチ"

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

Really Right Stuff(リアリーライトスタッフ)BA7R2-LSet SONYα7II用Lプレートセット

Rrs_ba7r2lset_01

Rrs_ba7r2lset_02

そんな訳で SONYα7II用Lプレートセットです。
SONYα7ってフルサイズのミラーレスカメラなのに
すごい軽くてコンパクトで凄いですよねー
だけど、それが 必ずしもプラスに働かないのが
道具や機材として操作性や機能性の難しいとこと。
カタログスペックの数字に表れない重要な部分。

SONYα7やα9ユーザーあるあるネタである
小指あまりを解消と共に今時なデジタル撮影に合わせ
周辺機器の拡張性をアップさせるL字型プレートで
一気に解消してみようと思います。

組み合わせるのは RRS(リアリーライトスタッフ)の
Sony a7R IIシリーズ専用設計の逸品。
(同じボディ底面を持つα7II/7RII/7SII共用)

Really Right Stuff(リアリーライトスタッフ)
https://www.reallyrightstuff.com/

Sony a7R II L-Set / SKU: BA7R2-L Set
https://www.reallyrightstuff.com/ba7rii-ls

RRSはアメリカのカリフォルニアにオフィスを構え、
創設者Bryan Geyer(ブライアン・ガイヤー)が、
流通しているカメラプレートの品質に満足できず、
手間やコストへの妥協を排し 高品質な製品を求めて
自作のプレートを作り、販売したことから始まったブランド。

色々なカメラに使いまわせる汎用品ではなく、
一眼レフカメラの機種ごとに「Really Right(ぴったり)」な
専用プレートを製造し、その精度と使い易さは
他に比類がないものとなっています。

その各所にちりばめられたアイディアと、
仕上げの良さやバランスの取れたデザインの良さは
数々のファンを増やし、日本では
銀一が日本国内への販売・サポートをしています。

リアリーライトスタッフ | 銀一株式会社
https://www.ginichi.co.jp/brand/reallyrightstuff/

BA7R2-LSet SONYα7II/7RII/7SII用Lプレートセット(分離式)
https://www.ginichi.com/shop/products/detail.php?product_id=96727

詳しい取り付け方などは、BA7R2-L Set 公式動画
公開されているマニュアルを参照して頂くとして、
その精度やアイディアを楽しみながら組み込んでいきます。

Rrs_ba7r2lset_03

Rrs_ba7r2lset_04

Rrs_ba7r2lset_05

Rrs_ba7r2lset_06

特に迷うことなく付属の工具で組付け完了。
いやぁ…カッコイイですね。
艶消し加工されたα7IIのボディと、アルミビレットで
しっかり表面が磨かれブラックアルマイトの質も素晴らしい
硬質なRRSのプレート部分のコントラストが美しいです。

グリップ部分の繋がりも綺麗ですし
一体感と カスタムを主張する後付け感が
高いレベルでバランスしていますね。

たしかに ちょっと高額ではあるんですが…

SONY純正パーツでも GP-X1EM っていう
指の収まりとホールド性をアップが目的な
オプションも用意されているんですが…
バッテリー交換の際や三脚取り付け時に
外す必要があったりで使い勝手が悪そうだったり…

縦横マウントに対応するL字プレートでも
もっと安価な製品があったりもするのですが、
本体のバッテリー蓋をマウント側に移設するという
凝った仕様で実現しているRRSと比べると
グリップの延長部分がそのまま外に膨らみを持たせて
バッテリー蓋の開閉を逃がしている製品は
カメラを握った時の指の納まりが違います。

Rrs_ba7r2lset_07

Rrs_ba7r2lset_08

Rrs_ba7r2lset_09

そして、別パーツのL型プレート部分は
オフセットして固定も可能。
移設には工具が要りますが、
その工具もプレート内に収納可能で、
強力な磁石でカッチンと心地よくセットできます。
そのどちらのポジションでも光軸上に三脚穴が来るのも
さすがRRSという設計の心地よさと
L型プレートを付けたままでも貫通した穴から
ベースプレートごと外すことも出来ます。


L型プレートをボディにフィットした状態でも
USBやHDMIの各接続は可能ですが
マイクとイヤホン側の端子を使う場合は
蓋が開けずらいのでオフセットさせた方がラクで
そしてその状態でマイクなどは接続した方が
接続部分のバンパー保護となって良さそうです。

Rrs_ba7r2lset_10

Rrs_ba7r2lset_11

Rrs_ba7r2lset_18

Rrs_ba7r2lset_12

Rrs_ba7r2lset_17

Rrs_ba7r2lset_14 

そして縦構図 横構図ともスムーズに変更可能な
アルカスイス互換のアクセサリーレールは
対応する三脚へクイックに固定出来るとともに
精度と良さと、硬性の高さを優先した設計で
安心して各セッティングをすることが出来ます。

本体を通してのUSB接続や、バッテリー交換は
何の不自由も無いですし、ガッチリとした硬性の高さ
公差の良い専用設計の縦軸横軸の安定度はさすがRRS。

そして ストラップを取り付けていない時の
ピークデザインのアンカー リンクスの納まりも良いですね(笑)


確かに重量が増えてしまいますが、
何を優先し 何に妥協するかを考えれば
フルサイズのレンズ交換式のカメラを
運用するような人にとっては、このRRSのLプレートセットは
かなり魅力的な選択肢になるのではないでしょうか…

Rrs_ba7r2lset_13

Rrs_ba7r2lset_19

Rrs_ba7r2lset_15

Rrs_ba7r2lset_16

 

 

続きを読む "Really Right Stuff(リアリーライトスタッフ)BA7R2-LSet SONYα7II用Lプレートセット"

| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

SONY α7 II(LCE-7M2K) FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS(SEL2870) デジタル一眼カメラ ズームレンズキット

Sony_ilce7m2_001

Sony_ilce7m2_002

Sony_ilce7m2_003

そんな訳で、ソニーの35mmフルサイズミラーレス
デジタル一眼カメラ「α7 II」のユーズドを入手しました。
組み合わせているレンズはズームレンズキットの
FE 28-70mm F3.5-5.6 OSSです。

SONY α7 II(LCE-7M2K)
https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-7M2/
Amazon→https://amzn.to/2JL15ZL

FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS(SEL2870)
https://www.sony.jp/ichigan/products/SEL2870/?s_pid=jp_/ichigan/products/ILCE-7M2/_index_miscinfo_b_note
Amazon→https://amzn.to/2JK57Sc


ソニーの35mmフルサイズミラーレスは
α7、α9シリーズと…古いモデルも併売していて
かなりのバリエーションがあるのですが
このα7 IIも今だに新品で入手できる現行機。
そして、なんでもこのα7 IIは…
今、中古市場で一番人気とか…。

デジタル一眼カメラ α商品一覧
https://www.sony.jp/ichigan/lineup/

どうしても、新品の方で人気ナンバー1な
今となってはBasicシリーズの直系の
後継機にあたる α7 IIIのスペックを見てしまうと
見劣りしてしまう部分も多いのですが…

α7 II とα7 III 比較して劣る部分
・4K動画 不対応
・裏面照射型CMOSセンサーではない(感度)
・連射性能秒間10コマに対して5コマ
・サイレントシャッター不採用
・バッテリー容量が小さい
・USB給電で撮影できない
・カードスロット1つ(III は2つ)
・ファインダーのドット数
・液晶パネル タッチスクリーンではない

上記以外にも、マウントの強化がされていたり
マルチセレクターの導入や
PCでのリモート撮影の機能制限など
細かくアップデートされた内容を調べていくと
その価格差の価値はあると思うのですが…

この旧型となるα7IIでも まだまだ十分通用する
瞳認証などに代表させる高性能なAF性能と、
レンズに依存しない5軸ボディ内手ブレ補正搭載の
フルサイズセンサー採用のデジタル一眼が
半額近い価格で購入出来てしまうのは魅力的です。

Pansonicが世界初のミラーレス一眼G1を
2008年に発売し、その数か月後に
フルHD動画が撮れるミラーレス一眼として
センセーショナルにGH1をリリースした時に
その発売を待って 発売と同時に購入した時は…
ミラーレスって何?と ほとんど知名度も無く
小馬鹿にする人も多かったのですが
その技術革新に興奮した自分は
ミラーレスこそ、今後の主流になる。
そして その可能性を信じていたのですが…
ついに各メーカーがミラーレスを販売し、
このα7シリーズのフルサイズの登場により
プロのカメラマンまでもミラーレスに移行しつつあるのは
感慨深いものがあります。


基本、使い勝手がよい お気に入りのm4/3のGX8
引き続きメインで使っていくつもりですが
このα7 IIは、そのフルサイズゆえの解像度と
ノイズの少なさを活かしてスチール専用で使っていく予定。
ちょっとイイ レンズを追加するイメージでボディ追加です。

Sony_ilce7m2_004

Sony_ilce7m2_009

Sony_ilce7m2_010

それにしても、コンパクトで…軽い。
今メインで使っているm4/3のGX8より軽いぐらい…
まぁGX8は 金属ボディで組み合わせているレンズも重いですが、、
それにしても フルサイズでこのサイズは驚異的ですね。
以前、仕事で使用していたCanonの5Dや6D等の
フルサイズ一眼レフと比べるまでも無いですが
逆に小さすぎて使いづらいくらいです(笑)

クリアで大きく実用性の高いファインダーと
ボディ内手ブレ補正は アダプターを介しての
フルサイズ センサーゆえの適性画角で撮れるのは
オールドレンズとも相性が良いですし、
進化し続けるMC-11などのマウントコンバーターで
オールドレンズ以外の現行の他社製AFレンズでも
精度の高いAFで撮影が出来てしまうのは
スチールカメラ専用と考えてもコスパが高いです。

個人的に4Kでの動画撮影ができないのは残念ですが、
ソニーの35mmフルサイズミラーレスは
α7シリーズはもちろん上位で最新のα9シリーズでも
4Kでの撮影は30Pとまりなので…
NHKが公言していた次世代の4K60Pの基準には及ばずで
後継機のα7 IIIであっても、フラッグシップのα9 IIでも
ちょっと 長く使うというには不安がのこる感じです。

ただ、他社でいってもCanonのフルサイズミラーレスは、
今現在のR、RPに関してはボディ内手振れ補正なしですし。
今年の夏にリリースする予定のR5は 8K対応であったり
ボディ内手振れ補正らしいですが…かなりの高額となりそう。
そして、Nikon Z7、Z6も まだまだ高額ですし
Lumix フルサイズ Sシリーズも30万以上…

そう考えると、この 「α7 II」は…設計の古さもありますが
汎用性と拡張性の高いフルサイズのミラーレスとして
コスパの良さが際立って…人気のあるのも納得です。

動画に関しては… 実際に現時点では
先日の仕事で同行したカメラマンの方が使っていた
Blackmagic Designの、BPCC 4Kと、BPCC 6K
撮影進行の状況と、上がってきた動画を見ていて
BPCC 4Kのセンサーサイズ MFT いわゆる
m4/3で十分かなぁと再度認識したところもあったり、
どうせコストをかけるならSHOGUNのような
外部モニター兼レコーダーの導入や
写真と動画は別の機材で適材適所が良さそうと
あらためて思ったのが「α7 II」購入の理由です。

…と まぁ、色々と理屈を並べてみましたが
やっぱり、単純に 楽しそうってことです。
待っていても どんどん良い機種は出てきますし
カメラは活用してこそですからね。


そんな訳で、ワクワクしながら セットアップです。

とりあえず、付属のセットレンズ
FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS(SEL2870)に
保護も兼ねて前玉にフィルターをセット。
ただのクリアでも良いのですが色が締まるUVをセレクト。
MADE IN JAPANの品質で、ハードケースも好みです。

MARUMI UVフィルター 55mm MC-UV 55mm 紫外線吸収用
https://amzn.to/3e1G5f8

Sony_ilce7m2_005

Sony_ilce7m2_006

そして…サイズも小さく容量も少ないバッテリーは
持ち運びもラクなUSB充電対応の充電器と
NP-FW50 互換 Powerextraの2本セットでバックアップ。
ボディを介さずにスペアのバッテリーを効率よく充電できるのと
容量チェックが表示される液晶画面も便利です。

Powerextra Dual Channel Charger for Sony NP-FW50
https://amzn.to/2Re906f


そして、背面に大きく備える液晶画面は
ゴリラガラス採用 のガラスフィルムを貼ってガード。
これが角がラウンド処理されていて透明度も高く
ガラスゆえの質感が高級感があってお薦め。
この金額で2枚組み、コスパも最高です。

Aohroar ガラスフィルム ~ ゴリラガラス採用 (アメリカ製)
https://amzn.to/39OpQz0

Sony_ilce7m2_013

Sony_ilce7m2_014

Sony_ilce7m2_015

そして、デジカメの必需品の記録メディア。
SONYといえども…今はメモリースティックだけではなく
ちゃんと汎用的なSDカードに対応です。
そして今回はSanDiskではなく、最近 巷で
ハイスピードで評判が高いLexarにしてみました。
あまり金額も変わらないので 先を見据えてUHS-IIをセレクト。
新時代のSDカードの規格SDXCのUHS-IIの
フルスペックは引き出せませんが…ちゃんと認識してくれました。

Original Lexar 1667x V60 250MB/s Flash Memory sd cards 64gb
https://amzn.to/3aMbYX7


そしてホットシューも、今時のSONYは
一般的な形状になっていて 汎用的なX接点で
古いフィルム時代のストロボも使う事が出来ます。
ただ、TTLオートストロボは、それぞれのメーカーで接点が違うので
自分の持っているm4/3規格のストロボは使えません…
まぁ今時はCanonのストロボが使えるアダプターがあったりするので
ボディやマウントを越えてCanon規格で揃えるのも良さそうですし
今時なビデオライトも良さそう…引続き色々調べてみようと思います。

ちなみに…中古で購入などの場合はホットシューのカバーが
紛失していたりしますが…予備を含めて3個入りの
VKO ホットシューカバーは質感もフィットも良好ですね。

VKO ホットシューカバー SONYソニーマルチインターフェースシュー用
https://amzn.to/34gfV42

Sony_ilce7m2_007

Sony_ilce7m2_008

そんな訳で、 限られた予算で
フルサイズを楽しめる「α7 II」なかなか良いです。

一眼カメラは どうしてもボディだけではダメで
レンズも単焦点やら色々必要になるし、
三脚や、動画で言えばマイクやら
どんどん 世界が広がって… たいへ…いや 楽しいですね(笑)

ちょっと 状況が状況なので あまり出掛けて
撮影って感じでは無いですが…この機会に色々研究して
機材の操作の勉強やら、色々準備するのも良い機会と
前向きに希望をもっていきたいところです。

Sony_ilce7m2_011

Sony_ilce7m2_012

 

続きを読む "SONY α7 II(LCE-7M2K) FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS(SEL2870) デジタル一眼カメラ ズームレンズキット"

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

厚い革の薄い財布:SYRINX HITOE L-zip L(単 長財布2)

Hitoe_long_001

そんな訳で、以前、入手した 厚い革の薄い財布
SYRINX HITOE L-zip S (単 短財布2)に続いて…

2019年11月のクラウドファンディングの公開時に
Makuakeのプロジェクトで支援して以来
到着を待ちに待っていた SYRINXの長財布
単(ひとえ) HITOE 2 L-zip が届いたので紹介します。
選んだ色は、短財布と同じNero… 独特な黒さを持つblackです。

SYRINX
厚い革の【薄い財布】

HITOE 長財布2 L-zip
(現在はシンプルに HITOE L-zip Lと名称変更)
https://syrinx.audio/products/hitoe-lzip-long?ref=kkmevrpyaqe

Amazon Shop :https://amzn.to/2NF0uLw


昨今の電子マネー化によるキャッシュレスの流れと
よりシンプルに、ポケットに収めてもスタイルに響かない
ミニマムで 最小限の財布を探していたのですが…
各社、色々なアイディアや特色を施した個性的な
小型、薄型な財布の中から、比較検討した結果、
このSYRINX HITOE 2 L-zipを選んでみました。
もともとSYRINXのロングウォレット 自体は存在していて
各所での評判が良く、購入手前まで来ていた
ちょうど欲しいと思ったタイミングで 、従来の商品から
フィードバックを得て バージョン2に進化するということで、
そのリリースを待っての購入となりました。
そして、届いて、その質感、デザイン性の良さと
各所に工夫された 尖がった機能性に満足で
納品まで2か月待った甲斐はありそうです(笑)
予定では2月発送予定でしたが1か月早まった感じですね。

外形寸法 :約W.180 x H.99 x D.7mm(中央)20mm(マチ最大)
製品重量 :約115g
素材 :牛革(イタリア Tempesti社 Elbamatt)
生産国 :日本
ファスナー:YKK EXCELLA ダブル
付属品 :イタリア植物タンニン鞣し革協会品質証明書

そして、以前 紹介した、2つ折りの短財布と同じですが…
ただ、スペックや数字ばかりを追って、薄く質感の無い財布は
持っていても満足度も低いですし、各所のディテールは、
しっかりと保ちつつ、この厚い革に拘った
質感のある イタリア Tempesti社 Elbamattのレザーは
革の表面から裏面までしっかり染めてあり、
断面もしっかりと色がのっていて コバ(切り目)の仕上げは、
塗装や薬品仕上げではなく、手間のかかる磨き仕上げ。

そして、特徴的な 両方から開けれるダブル仕様のファスナーは
YKKの最上級ファスナー「EXCELLA」を採用。
EXCELLAは、寸法精度が極めて高く、
噛み合わせに遊びが少ないファスナーで
下位グレードには無い、しっかりとした硬性の高さと、
綺麗に面取りされた歯が並ぶファスナーは 見た目も
耐久性も その開け閉めの節度感や動きも最高です。

Hitoe_long_002

Hitoe_long_003

ディテールも、二つ折りの短財布 HITOE L-zip S と同じ…
ミニマムなスタイルに、ブランドを主張するロゴが控えめなのも上品。
内側の、浅い小銭入れのところに型押しで入るのと
前出のYKK EXCELLAのジッパー引手部分に小さく入るのみ。
そのYKKへの別注の引手部分はデザインのアクセントになるとともに
今回バージョンアップした部分でポケットに引っかかりにくく、
スライダーに不要な力が加わらず、耐久性を高めた機能パーツです。

Hitoe_long_004

Hitoe_long_005

そして、二つ折りの短財布 HITOE L-zip Sと
長財布のHITOE L-zip L を比較してみます。
大きさ、短辺側はほぼ同じサイズとデザインで
そのまま長方形にお札を折らなくて納めるように
長くしたようようなデザインです。
まさに、ショートのSと ロングのL という感じですね。

Sの方は手元に届いて以来、かなりのお気に入りで
ほぼ この財布のみを使っていましたので
イイ感じにエイジングがされ、程よい光沢が出てきています。

そして、新しく届いた Lは、最初届いた時には
表面や内部に白い粉状の「ブルーム」が付いた状態で、
軽くブラッシングして、表面を整えた状態です。

この財布に使われているエルバマットレザーや、
ホワイトハウスコックス等のブライドルレザーではお馴染みの
革に染み込ませたワックスやロウが表面に染み出た
白い粉状の「ブルーム」が…またイイ風情なんですよね。
なんでも 一部のユーザーからはカビが付いていると
クレームが届いたようですが(苦笑)
カビとは違って、ブラッシングすれば すぐ取れますし
ワイルドに そのまま使ってエイジングする人もいます。
ただやっぱりスーツなどを汚したくない人は、
先にしっかり落とした方が良いですけど…
このあたりの儀式やメンテナンスも楽しみの一つです。

Hitoe_long_006

Hitoe_long_007

Hitoe_long_008

二つ折りの財布より 大きなサイズ感は
お札を折らなくて済む、長財布としての利点と
お札の出し入れのしやすさをもたらします。
表裏、両方に紙幣を入れるスペースがあるので
領収書を貰う人や、チケットを挟むのにも便利。

そして、SYRINX のアイデンティが活きる
浅く一列に並ぶコイン収納部も秀逸。
独特のクセと使いこなすスキルが必要ですが
慣れれば その使いやすさと、その構造からくる
カードと重ならない、シンプルで薄いスタイルは最高です。
両側から開くことが出来るジッパーに合わせ
カード収納部は2か所。ショートのSと比べて2倍の容量。
この2つの構造が、今回のリニューアルポイントで、
前はコイン収納部が少し深く、片方は鍵入れに使える
ユーティリティスペースだったのですが、
コイン収納部を浅くし、カードスペースを増やし、
小銭の使い勝手を向上させています。
カードはどちらも、とくに収納の工夫も必要なく
Suica(スイカ)や PASMO(パスモ)などの交通系ICカードは
そのまま取り出さずに タッチ&ゴーが可能でした。

Hitoe_long_009

Hitoe_long_010

そして、このL、ロングは、スマートフォンも収納可能です。
一応、自分の使っている大型のmate9もケース付きで
ギリギリ収納可能でした。iPhoneのplus系も丁度くらいですね。
財布としては 面白いアイディアでアプローチです。

ちょっとした外出や、手ぶらでバッグを持たずに出かけたい方は、
この薄いロングウォレットに、最小限の現金とカード類、
そしてスマートフォンを挟んで、ポケットに刺すスタイルも良いかもしれませんね。

Hitoe_long_011

Hitoe_long_012

Hitoe_long_013

Hitoe_long_014

Hitoe_long_015

Hitoe_long_016

使ってみての感想は、やはり、Sの方と同じく好印象。

このサイズ感と厚さを保ちながら、しっかりと最小限以上の収納と
考えられた使い勝手には、なかなか使っていて心地よいです。

シンプルでいて、目立つブランドロゴが無くても、
見る人が見ればすぐわかる、丁寧でいて、手間の掛かった製法と、
質感の高いレザーは、使えば使うほど深まる色艶が特徴な
独自の風合いを持つTempesti Elbamatt(エルバマット) 。
9世紀初頭からイタリア・トスカーナ地方に伝わる「ヴァケッタ製法」で、
その伝統を今なお守り続けるテンペスティー社のスペシャルなレザーで
自然の樹木のタンニンでなめし、じっくりとオイルを染み込ませた
エイジングが楽しくなる、ロングライフな逸品です。

自分は、二つ折りのSの方をメインでポケットに入れて使い、
Lのロングウォレットの方をバッグに入れて使おうと思っています。

スマホとPC、サイドアームとアサルトライフル、
ガンダムとホワイトベースという感じでしょうか(笑)

シンプルでいて、飽きの来ないデザインと、
独特な機能性と、使いこなす喜び。

たかが財布、されど、財布…生活に欠かせないアイテムながら
その人の拘りが反映されやすい、アイテムと言えそうですね。

 

 

続きを読む "厚い革の薄い財布:SYRINX HITOE L-zip L(単 長財布2)"

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

FOSSIL THE CARLYLE HR generation 5 FTW4024P / Wear OS by Google スマートウォッチ

Fossil_gen5_01

Fossil_gen5_02

Fossil_gen5_03

さて…そんな訳で、現時点で Google Android系
Wear OSを採用する スマートウォッチの中で
最高スペックともいえる、数か月前にリリースされた
フォッシルの最新版…Gen5…第5世代
タッチスクリーンスマートウォッチです。

FOSSIL THE CARLYLE HR
スモークステンレススチール
ジェネレーション5スマートウォッチ
FTW4024P
http://vst.to/gcmH3Gl
Amazon https://amzn.to/2ShVhMW

今まで使っていた…Gen3…第3世代の
FOSSIL Q EXPLORIST FTW4000
お気に入りで そのまま使う予定で
買い替えの予定も無かったのですが…
いきなり再起動を繰り返す状態に(汗)

そんな訳で、スマートウォッチの快適さに
慣れてしまって…今さら普通の時計では
不便をしていたため、修理に出したのですが、
これが保証期間のホントのギリギリ2年以内!
そして、お店に持っていったら窓口の販売店では
修理が無償とのことだったのですが、
実際にメーカーから来た返答は、新品へ機種交換。
しかも現行機種の最新版の中から選んでくださいとのこと(汗)
ちょっと返答までに時間がかかったのですが
何とも 太っ腹で、気前の良い対応ですね(笑)

ほんとはデザイン的には今まで使っていた
ゴツさがあるステンレス無垢ボディの
同じGen3のEXPLORISTが良かったのですが
Gen4からも大きく進化したという
最新版のGen5へ機種変更です。

フォッシルのスマートウォッチといえば、
数々のブランドの中身、OEMメーカーですし…
googleが買収したというのも実力の証ですね。
ただ、Apple watchや、HUAWEIやSAMSUNGなど
独自のOS採用で、もっとバッテリーが長持ちや
優れたスペックのモデルもありますが…
Android直系のWear OS採用の最新版で
各googleサービスとの連携の強さと
AndroidはもちろんiOSなど幅広く使える機能性、
そして時計メーカーとしてのケースやバンド、
ハード面のノウハウや汎用性の高さ、
丸形液晶採用という、デザインの優位性は最高ですね。

ただ、日本では現行Gen5で、通常のシルバー色の
ボディとバンドのモデルが無いんですよね。。。
スモークステンレスとブラックカラーのみ。
しかもメタルバンド仕様はスモークのみ。
実は、今までメイン機はGen3のステンレスモデルで
予備としてブラックカラーのGen2を併用していたので
今まで購入経験のない、スモークカラーを選んでみました。

そして本来ならGen3と比較したいのですが、
交換となってしまってGen3が手元にないので
Gen2と、Gen5の比較をしてみたいと思います。

Fossil_gen5_04

Fossil_gen5_05

ちなみ、上の画像で左側がGen2。さすがに古さがあって
液晶が完全な真円では無くセンサー部分の逃げがあるのは
ちょっと残念なとこですが、意外とレスポンスもそこそこで
Gen3と併用していた時も違和感を感じることなく使用できて、
充電器も同じ規格で共有できたので便利に使っていました。

しかし、今回のGen5は、Gen4から採用になった
心拍センサーを裏面に搭載するため、真ん中に窪みのある
充電アダプターに変更になっているめ互換性はありません。

そして、軽量化のためか、ケースが小型に変更され
液晶部分も実際には小さくなっています。
ただしバンド幅は22mmのままなので、
前にフォッシル用に買いそろえたバンド類はすべて使えます。
ただし、純正のメタルバンドはラグ形状がちがうため
クリアランスが足りずGen3のバンドを流用出来ませんでした。

Fossil_gen5_06

Fossil_gen5_16

Fossil_gen5_07

そんな訳で、今まで使っていたNatoベルト風の
ナイロンベルト仕様もイイ感じだったのですが
せっかくなので、興味のあったステンメッシュのバンドを
追加購入してみました。

EONPOW 時計バンド ベルトステンレスミラネーゼ メッシュウォッチバンド
https://amzn.to/35LM6rV

Apple watchにあるような磁力で着くタイプ
同タイプのステンメッシュのバンドと悩んだのですが…
合わせて お気に入りなアナログな
SUUNTOのクリップ コンパスもベルトに付けたかったので
磁力で留めるタイプのバンドは避けることにしました。

Fossil_gen5_08

Fossil_gen5_09

Fossil_gen5_10

Fossil_gen5_11

SUUNTOのクリップ コンパスも、この手の小型な方位磁石を
色々購入してみましたが、その品質動き、耐久性は別格。
すっかりお気に入りで色々買い増ししていましたが、
今回もついでに新規に現行モデルを追加購入してみました。

スント(SUUNTO) クリップ コンパス
CLIPPER L/B NH SS004102011
https://amzn.to/36RUiqK

現行品は旧モデルと比べてシンプルな
モノクロカラーのシックなモデルで、中の指針は蓄光。
型は同じかな?と思いきや、今までの20mm幅から
22mm幅に変更になったようで取り付けがピッタリ。
取り付けた後の違和感も無しです。
ただクリップの端が尖っていて当たると痛いのは同じで
今まで通り角をニッパーでカットし丸めておきます。
これで手首に当たっても痛くありません。

Fossil_gen5_12

Fossil_gen5_13

そして、また自宅用と、普段持ち歩き用と複数欲しいので
充電用のアダプターも買い増ししておきます。

Kartice for Fossil Gen 5 Gen 4 充電器 予備用 USB充電ケーブル
https://amzn.to/2POmlSt

白い純正ケーブルに対して、社外品の黒を選んでみました。
2本セットでお得でしたが、磁力が少し弱いですね(汗)
でも充電もちゃんとされますし、しっかり実用品で
コスパも素晴らしく、一応お薦め品といえます。

こんな感じで、少し自分好みにモディファイしつつ
引続き、スマートウォッチライフを堪能していきます。

とりあえず、新品の最新型ということで
バッテリーの持ちもよくなっていますし、
1GBと増えたRAMや高速なプロセッサーで
googlemapなどの起動もサクサクになっていて、
アプリやデータの保存領域も8GBストレージ。
そして防水にNFCや通話ができるスピーカーの搭載など
機能も盛りだくさんで まだまだ 遊んでいけそうなんですが、
とりあえず、通知機能の便利さを知ってしまうと
仕事や遊びも、連れ出すのは、結局スマートウォッチとなってます。

たまに、機械式やお気に入りの古い時計も持ち出してみるのですが、
やっぱり、男のアクセやステータス性という部分や趣味の部分は別として、
今時のスマートウォッチの進化は、充分実用性も出てきて
一度その便利さに慣れると 必需品となっていく気がします。

そして、せっかくの人生ですから その進化の過程に付き合い
味わっていくのも悪くないですね。スマートウォッチ今後も楽しみです(笑)

Fossil_gen5_14

Fossil_gen5_15

 

続きを読む "FOSSIL THE CARLYLE HR generation 5 FTW4024P / Wear OS by Google スマートウォッチ"

| | コメント (2)

2019年11月24日 (日)

厚い革の薄い財布:SYRINX HITOE 単 短財布2 L-zip

Hitoeshortwallet2_01

そんな訳で、夏ごろ?クラウドファンディングの
Makuakeのプロジェクトで支援して以来
到着を待ちに待っていた SYRINXの2つ折り短財布
単(ひとえ) HITOE 2 L-zip Sが届いたので紹介します。
選んだ色は、Nero… 独特な黒さを持つblackです。

厚い革の【薄い財布】
HITOE L-zip S(HITOE 短財布2 L-zip)
https://syrinx.audio/products/hitoe-lzip-short?ref=kkmevrpyaqe

Amazon : https://amzn.to/34rQony

昨今の電子マネー化によるキャッシュレスの流れと
よりシンプルに、ポケットに収めてもスタイルに響かない
ミニマムで 最小限の財布を探していたのですが…
各社、色々なアイディアや特色を施した個性的な
小型、薄型な財布の中から、比較検討した結果、
このSYRINX HITOE 2 L-zip Sを選んでみました。
もともとSYRINXの2つ折り短財布 自体は存在していて
各所での評判が良く、購入手前まで来ていた
ちょうど欲しいと思ったタイミングで 、従来の商品から
フィードバックを得て バージョン2に進化するということで、
そのリリースを待っての購入となりました。
そして、届いて、その質感、デザイン性の良さと
各所に工夫された 尖がった機能性に満足で
納品まで3か月待った甲斐はありそうです(笑)

外形寸法 :約W.109 x H.104 x D.7mm(中央)20mm(マチ最大)
製品重量 :約80g
素材   :牛革(イタリア Tempesti社 Elbamatt)
生産国  :日本
ファスナー:YKK EXCELLA ダブル
付属品  :イタリア植物タンニン鞣し革協会品質証明書

ただ、スペックや数字ばかりを追って、薄く質感の無い財布は
持っていても満足度も低いですし、各所のディテールは、
しっかりと保ちつつ、この厚い革に拘った
質感のある イタリア Tempesti社 Elbamattのレザーは
革の表面から裏面までしっかり染めてあり、
断面もしっかりと色がのっていて コバ(切り目)の仕上げは、
塗装や薬品仕上げではなく、手間のかかる磨き仕上げ。

そして、特徴的な 両方から開けれるダブル仕様のファスナーは
YKKの最上級ファスナー「EXCELLA」を採用。
EXCELLAは、寸法精度が極めて高く、
噛み合わせに遊びが少ないファスナーで
下位グレードには無い、しっかりとした硬性の高さと、
綺麗に面取りされた歯が並ぶファスナーは 見た目も
耐久性も その開け閉めの節度感や動きも最高です。

Hitoeshortwallet2_02

Hitoeshortwallet2_03

Hitoeshortwallet2_04

Hitoeshortwallet2_05

Hitoeshortwallet2_06

Hitoeshortwallet2_07

まさに、ディテールに神が宿る…というデザイン。
ミニマムなスタイルに、ブランドを主張するロゴが控えめなのも上品。
内側の、浅い小銭入れのところに型押しで入るのと
前出のYKK EXCELLAのジッパー引手部分に小さく入るのみ。
そのYKKへの別注の引手部分はデザインのアクセントになるとともに
今回バージョンアップした部分でポケットに引っかかりにくく、
スライダーに不要な力が加わらず、耐久性を高めた機能パーツです。

Hitoeshortwallet2_08

サイズは、ギリギリ タイトに作られた印象は無く
しっかりとした使いやすさを持たせたサイズ感で、
最近ヘビーローテーションで使用していた
Whitehouse Cox UNITED ARROWS別注 S1927 Simple Wallet
比較してみて、長辺はほぼ同じくらいで、そのまま正方形にしたサイズ感。
実質 少し大きくなるわけですが、SYRINX HITOEは、
別に持っていたコインも納めることが可能です。

これが、よく考えられていて、浅く奥行きが無く、
小銭がポケットの中で一列に、見えるように並ぶのが特徴。
一目で、各コインが見渡せるため、無駄なく使えるのと
タイトながらも 無造作に入れても、問題無い使い勝手です。

Hitoeshortwallet2_09

Hitoeshortwallet2_10

Hitoeshortwallet2_11

合わせて、小銭にと共に 取り出すことが出来る
お札も 折り目も付かないようにゆるく内側に沿わせて収納。
少しアタリが出るまで 慣れが必要ですが使い勝手は充分です。

そしてダブルファスナーを逆から開ければ、小銭部分は固定され、
カード側にアクセスが可能で、約8枚が収納できる容量。
カードのみ使う場合は、こちら側のみのアクセスで良いですし、
Suica(スイカ)や PASMO(パスモ)などの交通系ICカードは
そのまま取り出さずに タッチ&ゴーが可能です。

Hitoeshortwallet2_12

Hitoeshortwallet2_13

Hitoeshortwallet2_14

このサイズ感と厚さを保ちながら、しっかりと最小限以上の収納と
考えられた使い勝手には、なかなか使っていて心地よいです。

シンプルでいて、目立つブランドロゴが無くても、
見る人が見ればすぐわかる、丁寧でいて、手間の掛かった製法と、
質感の高いレザーは、使えば使うほど深まる色艶が特徴な
独自の風合いを持つTempesti Elbamatt(エルバマット) は
9世紀初頭からイタリア・トスカーナ地方に伝わる「ヴァケッタ製法」で、
その伝統を今なお守り続けるテンペスティー社のスペシャルなレザーで
自然の樹木のタンニンでなめし、じっくりとオイルを染み込ませた
エイジングが楽しくなる、ロングライフな逸品です。

Hitoeshortwallet2_15

Hitoeshortwallet2_16

Hitoeshortwallet2_17

Hitoeshortwallet2_18

Hitoeshortwallet2_19

Hitoeshortwallet2_20

シンプルでいて、飽きの来ないデザインと、
独特な機能性と、使いこなす喜び。

たかが財布、されど、財布…生活に欠かせないアイテムながら
その人の拘りが反映されやすい、アイテムと言えそうです。

Hitoeshortwallet2_21

Hitoeshortwallet2_22

オンオフ共に選ばない、デザイン性とサイズ感。
ジーンズのポケットから、ジャケットの内ポケットと、
今後メインのウォレットとして活躍してくれそうです。

そんな訳で、すっかり お気に入りで、
同じ SYRINXの長財布のバージョン2
HITOE長財布2 L-zipも 注文済みです…楽しみですね(笑)

厚い革の【薄い財布】 HITOE 長財布2 L-zip
https://syrinx.audio/products/hitoe-lzip-long?ref=kkmevrpyaqe

 

続きを読む "厚い革の薄い財布:SYRINX HITOE 単 短財布2 L-zip"

| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

手回し充電ラジオ: MUJI 無印良品 MJ-RR1

Muji_radio_16

Muji_radio_00

そんな訳で、シンプルでプレーンな
手回しで充電可能なFMラジオです。

MUJI 無印良品 手回し充電ラジオ 型番:MJ‐RR1
https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738884804

LOHACO by ASKUL 無印良品 手回し充電ラジオ 型番:MJ-RR1

まぁ、災害時とか、停電の時とか、何が重要かっていうと
水や灯りも必要ですが…やっぱり情報じゃないでしょうか?
意外と、災害時などには 電話やインターネットって
すぐに回線がパンクしたり、基地局がダウンしたり
頼りにならないところがあるんですが…
やっぱりテレビやラジオの電波ってものは
公共で広範囲ゆえに一方通行ではありますが頼りになります。


もちらん、ラジオは 他にもいろいろ持っていますし、
以前にもソーラー式やら手回しダイナモ式やら購入しましたが…
それから随分経ったので… この機会に ちょっとカッコよくて
信頼できるものを買い増ししたくなりました(笑)
まぁ今どきならバッテリーの性能も良くなっていますし
USB出力でスマホを充電できるのも嬉しい機能です。

そんな訳で…カッコよさでは まちがいない“無印良品”です…

Muji_radio_01

Muji_radio_02

Muji_radio_03

うーん。余計なロゴなど無くてシンプルで
スマートなシルエットは デザイン家電という感じで
安っぽさも無く なかなかカッコ良いデザインですね。
この辺りは さすが 無印良品という雰囲気。

細長いボディ上面に液晶画面やらスイッチ類が配置され
タンブラーのように縦て使うのが正解のようです。
昔ながらのロッドアンテナは…自分の家では
とくに取り出さなくてもFMラジオは受信して聞くことが出来ました。
専用のケースなどあるとイイんですけどね…
同封されるのは取説のみで 本体だけでした。

基本的に ラジオ機能は 直感的に操作可能で
電源オンオフと、チューニングと音量
手回しによって蓄電される本体内蔵バッテリーと
背面から入れる乾電池の切り替えスイッチです。

Muji_radio_04

Muji_radio_05

そう、最初 自分も このラジオを選択肢から外そうと思ったのが、
FMラジオしか受信せず、AM波は受信できません。という一文です。

えー!災害時にオシャレなFMしか聞けないの?
AMでニュースとか聞きたいよ…と思っていたのですが
いや それがFMだけど…AM番組が聞けるんですよ。
まぁまだ完全に整備されている訳ではありませんが…
このラジオは、ワイドFM(FM補完放送)対応。
知ってます?AM放送区域で、FM放送の周波数を使って
AM放送をしていて、災害や電波障害に強いFM波で
AM放送の難聴地域でもAM番組を聞くことが出来るんです。

総務省|放送政策の推進|ワイドFM
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/housou_suishin/fm-seibi.html

そんな訳で、今となっては災害時を考えると
AM対応に拘らず ワイドFM対応…良い感じですね。

ちょっと その辺りの表記が ちょっと複雑ですが…

このワイドFMを受信して聴取するには、
従来のFM放送用の周波数(76.1~89.9MHz)に加えて
新たにFM放送用として使用可能とした
周波数(90.0MHz~94.9MHz)に対応したラジオが必要です。
お手持ちのラジオの対応周波数帯域をご確認下さい。
今後ラジオを購入する際にはチェックしてみると良さそうです。

 

そして、目玉機能の 手回し充電!
結構しっかりとしたハンドルを起こしてグルグル♪
マニュアルによると…回転方向はどちらでもOKで
ただし、どちらか一方向に1秒間に2回のペース。
15分回すと内蔵バッテリーの30%ほど充電可能で
ラジオを約2時間聞ける状態になるとのこと。
結構なケイデンスで軽快にグルグル~
なんだか今どきのクイックチャージに慣れた人には
とても面倒で長く感じる単純作業な感じですが
珈琲豆のハンドミルに慣れている自分には問題無し(笑)
いや、毎日となるとイヤですが…非常時に
たった15分の手回しで約2時間ラジオ聞けるなら大万歳です。
ちなみに90分回し続けると90%ほどの充電が可能で
ラジオを約6時間 聞くことができるそうです。

Muji_radio_06

Muji_radio_07

Muji_radio_08

Muji_radio_09

Muji_radio_10

そして、手回し充電による電力チャージはUSB出力可能です。
USB口はスライドタイプの蓋になっていてケーブルは別売り。
USB出力はDC5V 500mA。15分回してスマホ2%(笑)
非力ではありますが…あると無いとでは大違い。
まぁ緊急用ではありますが人力で充電できる機材として
暗闇でも しっかりUSBで出力してくれるのは心強いです。

暇な時に回しておいて充電しておくことも可能ですが
内蔵充電池はニッケル水素電池の3.6V 400mAh。
モバイルバッテリーとしては容量は少なめですが
エネループ等と同じニッケル水素電池は
継ぎ足しや 繰り返し充電に強く安心度があります。


そして、基本は、この手回し充電での使用より
非常時ではない限りは 電池での使用ですよね(笑)
内蔵バッテリーと電池は、完全に独立しているようで、
この電池を手回しで充電することは出来ませんし、
この電池を使ってUSB出力しスマホを充電することも出来ません。
そのあたりは ちょっと残念な仕様の部分ですが
それゆえに構造もシンプルで耐久性もあるのではないでしょうか。

Muji_radio_11

Muji_radio_12

使用する電池は、いわゆる少し小さい方の 単四型を3本。
このバッテリーケースの蓋を外した部分に
時計合わせのボタンとリセットボタンが配置されています。

まぁ 体力自慢の方なら、手回しで発電 充電し、
ランタンを灯したり、キャンプにも良いかもしれませんね(笑)
まわりに煩くないように…Bluetoothは付いていませんが
イヤホンジャックは省略されずに付いています(笑)

Muji_radio_13

Muji_radio_14

Muji_radio_15

音質も そんな良いわけではありませんが
いわゆる トランジスターラジオ的な味わいで
ランタンを灯しながらFMラジオから流れてくる音に
耳を傾けるのも良いかもしれませんね。

自分で 発電した 音色なら
なおさら情緒的に聴こえてきそうです(笑)






続きを読む "手回し充電ラジオ: MUJI 無印良品 MJ-RR1"

| | コメント (0)

2018年11月 7日 (水)

FOSSIL Q EXPLORIST generation 3 FTW4000 + Wear OS by Google アプリケーション

Fossil_q_explorist_3_17

そんな訳で 引き続き スマートウォッチ
フォッシルのQ EXPLORIST FTW4000 です。

FOSSIL Q EXPLORIST ステンレススチール
ジェネレーション3 FTW4000
http://vst.to/E8L6Nhk
Amazon https://amzn.to/2Qba4oa


旧モデルとなる3rdジェネレーションですが
現在、レザーベルトのモデルなんかかなりの底値で
この機会に購入している方も多いみたいなので
もう少し このネタで引っ張てみます(笑)

基本 そのまま使っていても全く問題ないのですが…
見た目部分のバンド部分や中身のアプリなど
色々と楽しんでいますが自分なりの仕様が固まってきたので
備忘録がわりに、自分が気に入って使っている
アプリを少々紹介してみようと思います。

Wear OS 用アプリ
https://play.google.com/store/apps/category/ANDROID_WEAR?hl=ja


まずはスマートウォッチといえば多彩なウォッチフェイス。
デフォルトでも色々なフェイスが用意されていますが、
それこそ星の数ほどウォッチフェイスが存在していて
アプリとして単独でインストールをして機能するものから
Facerや WatchMakerのように、アプリ内で追加できるものなど
オリジナルから ブランド時計のオマージュ フェイスから
色々あって 単純に腕時計としても かなり遊べて 楽しいんですが
やはりスマートウォッチとなると ただデザイン面だけではなく
各情報を表示してくれたり、普段使うアプリを起動する
ショートカットを設定できる機能面でも使い勝手の良い
Marine Commander」に落ち着きました。

Marine Commander Watch face
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.bosenko.watchface.marinecommander

絶妙なバランスのデザインも好みなんですが
色の設定なども自由に設定できたり
クロノグラフ風に文字盤に納まる4つの項目も
好きに設定できて小さなサイズながらも絶妙に視認性も良く
それぞれにタップによる起動アプリが別途設定できたりして
試用のあと有料版(\270)を購入してメインで使用中です。
有料版を購入してもDEMOモードの文字が消えるだけで
機能的には特に変わらないようなんですけどね(笑)

ちなみにアナログのクロノグラフ風デザインの短所
インダイヤルに文字かかると読みずらいのですが
画面中央をタップすると針が半透明になって
各ダイヤルの情報が見やすくなるのもイイんですよね。
 

----

そして、四眼の各項目は
下記の表示とアプリへのショートカットを設定。

まずは一番上の方位磁石はデフォルトのままで使用中。
このEXPLORISTはコンパスが搭載されていないので
ダミーになってしまうのですが動きが楽しいです(笑)
そしてタップで起動するアプリは無関係なものも
ショートカット的に設定できるので手元でスマホの
ミュージックやムービープレイヤーを操作できる
純正のメディアコントロールを設定しています。
これが これだけでも使い勝手が最高に良くて
スマホ側でGoogle Playミュージックが起動されると
自動でウォッチ側にもコントローラが表示され
曲のタイトルやジャケット表示はもちろん
ボリュームの調整や曲送りも出来ていしまいます。
これがBluetoothイヤホンとの相性も良く
毎朝の満員電車の中でも手元で操作でき重宝しています。

Fossil_q_explorist_3_25

Google Playミュージック
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.music&hl=ja


ちなみに… よく相談を受けることで iPhoneを使っている人に
今度Androidにしたいんだけど 音楽 iTunesで聞いているけど
Androidにした場合どうなるの?って聞かれて困っていましたが
今なら、Google Playミュージックと答えるかもしれません。
ちょっとスマートウォッチでは無くスマホ側の話になりますが
色々多機能でカッコ良いプレイヤーも多いのですが
やはりGoogle純正というのは おススメしやすいですね。
そして広告のイメージなのか、知らない人には
定額制の毎月コストがかかる有料アプリのイメージがあるようですが
設定でローカルの保存ファイルだけの設定も出来ますし
無料のままでもクラウドで共有も出来てしまいます。
昔ながらの使い方となればSDカードに曲を入れるだけ。
単順にプレイヤーとしてだけも使うことが出来ます。
そしてWear OSとの相性もバッチリです。
曲の追加もiTunesからそのままドラッグでOKですし、
microSDカード対応のAndroid機種なら
200GBでも今なら五千円程度ですからね(笑)
ひと昔前のiPodの曲を全部入れることも可能です…

microSDXC 200GB SanDisk サンディスク UHS-1
https://amzn.to/2PgieQb

 

そして右側は天気関係。真ん中にお天気アイコンを表示させ
気温と風速を表示。周りには日の出と日の入りを表示。
タップしたときはGoogle純正の天気情報を起動にしています。
ちょっと情報が多いですが慣れれば老眼が進んだ自分でも
各情報をそのまま読めてキャンプの時など便利です(笑)
 

そして下の6時位置の項目は色々悩んだ挙句カレンダーを表示。
OSの言語で表示され漢字表示なのが ちょっと残念。
そしてタップして起動するのはappfourのカレンダーを設定

Calendar for Wear OS (Android Wear)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appfour.wearcalendar


Wear OSのカレンダーではKodeglam Mobile
カレンダーの方が人気のようですが
個人的にはappfourの方がGoogleカレンダーと相性もよく、
一か月表示でも各イベントの頭文字が表示されるので
appfourのカレンダーの有料版を購入して使用しています。
たった2~3文字でも識別はしやすく、3階層で拡大され、
一日単位での表示などに拡大すれば各イベントは
タイトルも内容もしっかりと読むことが出来て
時間やMapへのリンクも確認することが出来ます。

Fossil_q_explorist_3_18

カレンダーのデザインは白ベースや黒ベースなど
各項目の色分けなども任意に設定可能です。
Googleアカウントを2つ登録しているのが影響したのか
最初、休日の設定などがダブって2重表記されていましたが
スマホ側のWear OSの予定リストの設定で
シンクするカレンダーを個別に設定できるので
そちらで必要なカレンダーだけを同期すればOKです。
細かい入力はウォッチ側でしなくても
スマホやPCでGoogleカレンダーに入力すれば
同期され通知もちろん、変更や修正も可能です。



そして9時位置、左側には時刻のデジタル表示と
バッテリーの容量を表示。ウォッチのバッテリー残量は
上からスワイプして引き出せる領域にも表示されますが
常時表示でノンアクションで一目で確認できるのは便利です。
ちなみにスマホ本体側のバッテリー量も同時表示できて
周りにはバー表示がされ残量によって色が変わります。
そしてタップ時に起動できるアプリは
ウォッチ内のアプリ一覧を表示させる
Launcher for Wear OS (Android Wear)を設定。
基本は本体のハードキーの竜頭をワンプッシュで
アプリ一覧を表示させることが出来るのですが
劣化も考え あまりハードキーに頼りたくないので
軽いタップで表示されるために別途ランチャーアプリを入れて
そのアプリに紐づけて表示させています。

Launcher for Wear OS (Android Wear)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appfour.wearlauncher


純正のランチャーと同じく 1行ごとのアプリ表示も出来ますが
アイコンだけの表示で並べることが出来るのも便利。
竜頭の回転にもスクロールが連動し 使い勝手も良好です。

Fossil_q_explorist_3_22

基本、このあたりが日常的に使っている機能で
とにかく かなり便利に楽しむことが出来ます。

----

そして、このFOSSIL Q EXPLORIST generation 3 FTW4000は
ホームボタンを兼用する竜頭のボタン以外にも
上下にハードキーのボタンを備えています。

中心の一番大きな竜頭ボタンは機能は変更できず…
ワンプッシュでホームまたは各アプリ一覧表示。
竜頭の回転でスクロールも対応しています。
1~2秒押しで音声認識のOK Googleが起動。
更に結構な長押ししていると再起動です。

そして上下の各ボタンは個別に自由に設定可能。
設定>カスタマイズ>ハードウェア ボタンのカスタマイズ

自分は上のボタンは「ライト」を設定。
これはウォッチの標準の機能の一つで、
起動すると画面が真っ白になり光量が最大になり、
画面全体が懐中電灯代わりになるという仕様。
そんなに遠くまで照らせるものではありませんが
鍵穴や手元を照らすのにスゴイ便利で
手探りでも起動できるため なかなか良い機能です。

そして下側のボタンには Google Mapsを設定。
Google Maps自体はすごい便利で、
スマホのように現在地も表示出来ますし
ウォッチからも行き先を検索しナビも可能。
結構 表示も早くて 拡大縮小も簡単で
音声による検索やガイダンスは実用的で
このサイズでこの動きは、人に見せるとビックリします(笑)

基本、ウォッチ単体ではなくスマホ側の情報を表示なので
その両方がシンクロした状態で起動され
どちらの画面を見ても良いですし、
都会で電車移動が多い人なんかも
スマホ片手にウロウロ歩くよりもスマートに
ナビを使えるのではないでしょうか。

Fossil_q_explorist_3_19

Fossil_q_explorist_3_20

とくにスマートウォッチといえば…iPhoneでしか使えない
Apple Watchが有名ですが、Google Mapsの提供が
サポート終了したため急にApple Watchでは
Google Mapsが使えなくなってしまいました。
やはり 基本、マップ、G-mail、カレンダーなどの
Googleの各サービスが安心して使えるという部分は
Wear OS by Google のアドバンテージと言えそうです。
そして Wear OSはAndroidだけではなくiOSでも使えますからね…

そして、まだまだ 発展途上ともいえる
スマートウォッチというカテゴリーですが
現状の立ち位置的には、スマホの上部やロック画面にくる
通知機構が、そのままワイヤレスに手元で
確認でき利用できるというのが 真骨頂と言えそうです。

メールやラインなどのSNSの通知などは、
そのままスマホ側にも表示される設定なら
スマートウォッチにも転送され読んだり返信が可能です。
その機能に関しても、最近のスマホ側の通知センターで
出来る内容とほぼ同じ機能と言えます。
そして、天気情報なども同様。
ヤフー天気などで雨雲のアラートを設定していれば
このようにウォッチ側にも通知され雨雲の状況もチェックできます。

Fossil_q_explorist_3_21

ただ、全体的にアプリが機能する訳ではなく
基本一度アーカイブしてしまうと再度見ることはできません。
その辺りはLINEやMessengerに、G-mailも同じで、
基本かなりの長文でなければ手元で読むことができて
返信もすることが可能ですが、受け身であって
こちらから起動してメッセージを送る事は出来ないのです。
なので積極的に手元ですべてを操作するというよりも
やはり通知であって、間に合わせ的な返答は可能というレベルです。

ただ、それだけでも すごい便利なんです。
自分は普段マナーモードにしているというのあるのですが
テーブルに置いていたりポケットに入れていたりすると
気が付かない事が多かったのですが
スマートウォッチを付けるようになって改善されました。

そして、大型化していくスマホは便利な反面、
出し入れが億劫になってきて、頻度の増えた通知も
DMなのか急ぎの対応が必要なのかも
すばやく手元でチェックできるようになったのはラクです。

 

FOSSIL Q EXPLORIST generation 3 FTW4000 は
設定で手首を傾けると自動で画面がオンになる機能と共に、
スナップをきかせると、画面に触れなくても
通知センターを開いてスクロールさせることもできます。
設定>操作>手首の動き
これが慣れると小気味よくて…手首をクイックイッと
スナップをきかせてアクセルを煽るように捻ると
次っ次っと通知を片手で読むことが出来て便利。
また逆側にスナップさせると戻っていきます。
そして同様に腕をサッサッと自動巻きの時計を
ワインディングするように上下に振ると
竜頭ボタンを押さなくてもホーム画面に戻るのも便利です。
この機能をオンにしておけば 片手で通知をチェック出来ますし
手袋などしていても動作するので覚えておきたいアクションです。
わざわざスマホを出さなくても走りながらチェック…
ながらスマホではありませんが安全には気を付けてください(笑)

Fossil_q_explorist_3_23

Fossil_q_explorist_3_24

まぁ このてのガジェットというのは
フル機能を熟知したり 色々使いやすいように設定したり
使い熟せれば かなり便利に使うことも出来るのですが…

とりあえず、基本的な Google Mapsや各SNSなどの
主要アプリの通知機能やアシスト機能だけでも便利で
さらにウォッチフェイスなどの 遊びの部分も楽しく、
バッテリーも普通に使っていて1日は持ちますし、
ちょっと この手のアイテムに興味のある方は
もぅ入手して試してみてもイイ完成度にはなってきている気がします。

子供のころからSF好きだった自分みたいな人には
まるでスパイ映画みたいに腕時計型の端末で
こんなことも あんなことも出来てしまうとは…
まさに夢が一つ叶ったと言ってもイイかもしれませんね(笑)

電話機能やOKグーグルを使って 腕時計に向かって
話しかけるのは…人前ではまだ恥ずかしいですが(笑)

 

続きを読む "FOSSIL Q EXPLORIST generation 3 FTW4000 + Wear OS by Google アプリケーション"

| | コメント (0)

2018年10月15日 (月)

FOSSIL Q EXPLORIST generation 3 FTW4000 + Natoストラップ & ナイロンベルト

Fossil_q_explorist_3_01

そんな訳でスマートウォッチ
フォッシルのQ EXPLORIST FTW4000 です。

FOSSIL Q EXPLORIST ステンレススチール
ジェネレーション3 FTW4000
http://vst.to/E8L6Nhk
Amazon https://amzn.to/2Qba4oa



そのまま使っていても全く問題ないのですが…
付属の ずっしり重いメタルバンドから、重量も軽量化され
見た目も軽快になるナイロン製バンドへ交換してみました。
そして個人的にはバンド部分に昔からお気に入りで使用中の
SUUNTOのクリップ コンパスを付けたいという理由もあります(笑)

スント(SUUNTO) クリップ コンパス CLIPPER
https://amzn.to/2CJsv0J

 
 

まずは、すでに何本か持っていて、他の時計でも使用中の
最近は100円ショップにもあったりするNatoストラップへ交換です。
NatoストラップはNatoベルトやG10ストラップ、G10ベルトとも言われ
本来は軍用で上着の上からも着けれるように長めのベルトと
それを折り返すように留める仕様が機能美にあふれ
ファッションアイテムとしても人気の腕時計用ベルトです。

Natoストラップ 汎用 Amazon
https://amzn.to/2IZhqsw


フォッシルのスマートウォッチは通常の時計と同じ外観をしていて、
そのままラグ部分は通常の時計のベルトが流用できるため
ストックしている通常タイプの22mmのバネ棒に交換します。
そして、あとは下からスルリと1本仕様のNatoストラップを
通してあげればセットアップ完了。
一度この仕様にしておけば交換が簡単なのも魅力です。

Fossil_q_explorist_3_02

Fossil_q_explorist_3_04

Fossil_q_explorist_3_03

FOSSIL Q EXPLORIST はベルト幅22mmと太めですが
ロレックスやオメガの手巻きスピードマスターでお馴染みの
20mm幅でも隙間が出来ますが相性は悪くないですね。
その方が007のボンド風にも見えますしね(笑)

 

ただ、やはりスマートウォッチは日々充電が必要なのと
この3rdジェネレーションでは問題は無いですが
ボディ背面に心拍センサーを持つものも多いので
通常のNatoストラップでは少々使い勝手が悪いですね。。。

そこで背面は通さずに、上下で分割されている
通常の時計バンド風のナイロンストラップを購入してみました。

OLLREAR ファブリック 時計ベルト
https://amzn.to/2OtT9kI

色々あったのですが 豊富なカラーバリエーションと
各18mm, 20mm, 22mm, 24mmと対応する豊富な品揃え
そして抜群のコスパの良さが魅力です。
この金額で通常タイプのバネ棒と専用工具が付属していました。
ただ、最初からバネ棒を通す部分に横穴が開いていて
クイックリリースタイプのバネ棒に対応するようになっているので
ここは別途、クイックリリースタイプのバネ棒も購入しました。
というか…このクイックリリース仕様にしたかったのです。

四本 スライド式バネ棒 クイックリリーススプリングバー
https://amzn.to/2LbzjWi

カンフー映画に出てきそうなトンファーのような形状で(笑)
横にクイックレバーの突起があるのが特徴で
工具無しでベルトをクイック交換可能になります。

Fossil_q_explorist_3_05

Fossil_q_explorist_3_06

Fossil_q_explorist_3_07

Fossil_q_explorist_3_08

Fossil_q_explorist_3_09

うーん。イイですね。他のフォッシル純正のベルトも
すべてクイックリリース仕様なのでTPOに合わせ交換がラクです。
Apple WATCHもベルト交換しやすい工夫がされていますが、
やはり、この昔ながらのリジットラグにバネ棒というスタイルは
単純にカッコイイと思うのと信頼感があります。
そして、このクイックリリースというレーシーな響き(笑)
伝統的なクラシカルな外観に最先端なテクノロジー。
まさに「羊の皮を被った狼」的な風情がたまりませんね…

そして ベルト自体の質感もイイ感じですね。
Nato系と比べ厚みもありますがステッチもシンプルで
目的だったクリップコンパスも取り付け可能でした。
ただ穴の部分は使っているとホツレてくるので
すこしライターや線香で炙ってあげるとイイですね。

そして分割式ゆえに 通常のNatoベルトでは出来ない
2色使い2トーンで組合せで取り付け可能。
これが今どきのアウトドアウェアなどで別注で多い
OD系クレイジーカラー風でイイ感じでお気に入りです(笑)

 

そして、この仕様が とても良かったので
スマートウォッチ用に購入した22mm以外に…
追加で 機械式時計用に20mmも購入してしまいました(笑)

Fossil_q_explorist_3_10

Fossil_q_explorist_3_11

Fossil_q_explorist_3_12

Fossil_q_explorist_3_13

実際のNatoストラップの様な 長く折り返して留めたり
その機能性や武骨なイメージは薄くなりますが
ナイロンベルトの持つ軽快感や機能性はそのまま。

しかも背面がスケルトン仕様の時計とは相性もイイですね。
そして贅沢に2色のベルトを組み合わせた
クレイジーパターン風もイイ感じでお気に入りです。
なんとなくビームス別注アークテリクス風かも(笑)

 

で…通常は単品販売されていないはずなので
参考出品となりますが… ナイロンベルト繋がりで…
BRIEFINGの時計ベルト。MADE IN USA仕様で
プラスチックパーツ部分も I.T.W. Nexus製とミル仕様です。

Fossil_q_explorist_3_14

Fossil_q_explorist_3_15

これは以前ファミリーセールで単品入手したもので
たぶん別注TIMEXにセットされていたものかと思うのですが
分割式のストラップゆえにスマートウォッチとの相性も良く
このカジュアルな感じも悪くなくカッコイイのですが・・・
昔使っていたG-shockの540仕様でもそうだったのですが
ベルクロ部分が外す時にベリベリ煩いのが苦手(笑)
とくに隙あれば充電しておきたいスマートウォッチで
静かな場所で取り外す方が多い方は不向きという感じです。

BRIEFING自体は 使い勝手も良く デザインも好きで
大好きなブランドですが…この時計用ベルトに関しては
そのままレアなコレクションとなりそうです(笑)

BRIEFING(ブリーフィング)
https://www.briefing-usa.com/

 

そんな訳で…スマートウォッチ。
かなり お気に入りで 購入以来 毎日スタメンで活躍中(笑)
実用性もかなり良くて 玩具としてもまだまだ楽しめそうです。

Fossil_q_explorist_3_16







続きを読む "FOSSIL Q EXPLORIST generation 3 FTW4000 + Natoストラップ & ナイロンベルト"

| | コメント (0)

2018年9月30日 (日)

FOSSIL Q EXPLORIST generation 3 FTW4000 + 液晶保護フィルム, 充電ドック, 交換用ストラップ, FACER

Fossil_q_explorist_201

そんな訳でスマートウォッチ
フォッシルのQ EXPLORIST FTW4000 です。

FOSSIL Q EXPLORIST ステンレススチール
ジェネレーション3 FTW4000
http://vst.to/E8L6Nhk
Amazon https://amzn.to/2Qba4oa



そのまま使っていても全く問題ないのですが…
色々試したアイテムやアプリなどを少々紹介します。

まずは、最近のガジェットでは定番の
タッチパネル液晶画面の保護。ガラスフィルムです。
まぁそのままでも十分傷には強いのは解るのですが
スマホやデジカメもガラスフィルム仕様がお気に入りなので
スマートウォッチにも付けてみましたが、
これが貼るのも簡単ですし透明感や指滑りも良好。
もちろんプロテクター保護フィルムとしての効果も期待できます。

Fossil_q_explorist_202

Fossil_q_explorist_203

Sukix Fossil Q Explorist ガラスフィルム Gen 3
2.5D 強化ガラス 保護 フィルム 0.26mm
保護ガラス ガラス 9H 液晶保護フィルム プロテクター
https://amzn.to/2IokaiV

FTW4000は液晶面が完全なるフラットなので
端の部分のラウンドも無いため浮きも無く綺麗に貼れます。
サイド部分からのスワイプにも違和感が無いですし
少しでも長く綺麗に使いたい方にはお勧めと言えそうです。

 

そして、スマートウォッチ というえば充電(笑)
付属品の白く携帯性も良い「FTW0002」も良いのですが
Samsung Gear S3用 ワイヤレス チャージャー も
FOSSIL Q Marshallに使えるという情報を得たので
コスパの良い同規格品を試しに購入してみました。

Fossil_q_explorist_204

Fossil_q_explorist_205

Samsung Gear S3, Frontier, Classic用 ワイヤレス チャージャー
AFUNTA サムスン Galaxy スマート腕時計 用 充電ドック
https://amzn.to/2NQB4gb

接続するUSB端子ACアダプターが1A以下のものを使用で
竜頭の部分を下側において、背面に当たるようで
慎重に本体をドックに置くなど流用ゆえにコツがいるのですが
しっかり100%まで充電されることを確認したので
再度 同様のものを購入してみたのですが、
そちらは磁力も弱く うまく充電するのに気を遣う感じでした。
個人的には お気に入りで基本このドックを使っているのですが
どうしても カッチリ感や信頼度を求めるなら やはり純正品か
OEMな完全な互換製品のチャージャーを使った方が良さそうです。

[フォッシル]FOSSIL
ワイヤレス充電器 FTW0002
https://amzn.to/2xLhgRt

[マイケル・コース アクセス]MICHAEL KORS ACCESS
ワイヤレス充電器 MKT0001
https://amzn.to/2xL4eTJ

[スカーゲン]SKAGEN TOUCHSCREEN SMARTWATCH
ワイヤレス充電器 SKT0001
https://amzn.to/2NQXBcU

 

そして、フォッシルといえば時計メーカーゆえに
その豊富な 腕時計用替えバンド ストラップ。
純正品を数種に22mm社外品を数種購入。

FOSSILメンズ 22mm ストラップ
https://www.fossil.com/jp/ja/watches-by-mm/mens-22-mm-straps.html

Fossil_q_explorist_206

Fossil_q_explorist_207

ブラックシリコン22mmウォッチストラップ S221304P
https://www.fossil.com/jp/ja/products/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%B322mm%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97-sku-s221304p.html

レザー ウォッチストラップ – ダークブラウン S221242P
https://www.fossil.com/jp/ja/products/%E3%83%AC%E3%82%B6%E3%83%BC-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3-sku-s221242p.html

いわゆる普通の腕時計のラグ部分ゆえに
普通に市販品の22㎜幅ストラップやばね棒を使るのですが
フォッシルといえばクイックリリースのバネ棒採用ゆえに
工具も不要で素早く交換できるので TPOや
その気分で交換できるのが便利です。 


そして、ベルトも変えればそれに合わせて
ウォッチフェイスも変更したくなりますね(笑)。
Wear OS採用のスマートウォッチ だと色々な方法がありますが
一番人気はアプリ「FACER」を使う方法でしようか?...

Facer文字盤Android Wear
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.jeremysteckling.facerrel&hl=ja

とくに難しい所も無く、アプリをインストールして
手順に従ってダウンロードや設定していくだけ。
有料版もありますが、無料版でもこれぐらいは遊べます。

Fossil_q_explorist_208

Fossil_q_explorist_209

Fossil_q_explorist_210

Fossil_q_explorist_211

Fossil_q_explorist_212

Fossil_q_explorist_213

Fossil_q_explorist_214

Fossil_q_explorist_215

Fossil_q_explorist_216

Fossil_q_explorist_217

すべてフォッシル Q EXPLORISTですが こんな感じで七変化(笑)
色々な思考をこらしたオリジナルなものから
オメガやロレックスなどの有名なものを模したものや
CASIO風やミッキーマウスなど ちょっと
オマージュというか それ風なものも多数....
変わったところだとSTACKメーター風なんかもあったり(笑)
普通に機械式の時計なら文字盤の色を
黒から白に変えるのも大変ですが
指先ひとつでドンドン違うダイヤルが変更できます。
時計好きな先人達がみたらきっとビックリするでしょうね。
なんとも すごい時代になったと感慨深くなります。

まぁ時計好きな人だと コレだけでも
かなり楽しめると思うのですが、
スマートウォッチのすごいところは これから...
とにかく その多機能ぶりに購入してから
ほぼ腕に着けていってる時計はコレになりました。
やっぱりスマートウォッチは楽しいですね(笑)

Fossil_q_explorist_218




続きを読む "FOSSIL Q EXPLORIST generation 3 FTW4000 + 液晶保護フィルム, 充電ドック, 交換用ストラップ, FACER"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧