カテゴリー「■ Ph. Travel 旅 写真」の75件の記事

2017年7月18日 (火)

西湖・湖畔キャンプ場 July 15-16, 2017

Camp_saiko2017_001

世間的には 海の日の連休だったのですが、
そこはあえて、海では無く 少し標高があって快適そうな
富士五湖の湖畔へと、キャンプに行ってきました。

そんな訳で、仕事が終わった連休の前夜に
ざっくりとキャンプ道具をルーフボックスに押し込み、
当日は早起きをして朝明けに染まる東京を出発です。

Camp_saiko2017_002

Camp_saiko2017_003

いつもながら、旅に出る朝の凛とした空気感が良いです。

首都高を抜け中央高速へ向かいますが、
朝の6時ぐらいで、すでに 中央道は 相模湖まで渋滞。
まぁ 前に乗っていた旧車のアルファなら
もっと早起きか前乗りをして、是が非でも
高速道での渋滞を避けたいところですが、
Jeepパトリオットに乗り換えてからは、その辺はルーズ。
クーラーの効いた車内で、変わりゆく景色と
あのクルマかっこいいなぁと、通り過ぎる
渋滞の中の他車を見ていれば その内 空き初め
いつのまにやら、流れ初め ペースも回復し
やっと高速道路の本領発揮と車速が上がっていきます。
そして、連休で大賑わいで混雑したサービスエリア。
これもこれで お祭り騒ぎの感じが風情があります。

そんなルーチンをこなして 高速を降りれば
もぅ富士山周辺、この辺りは まだ渋滞は無し。
なにげに、この辺りは 今年だけでも3回目…
結構、裏道もナビ無しで解って来たし、
吉田うどんを初め、色々お店もまわったので
お気に入りの店も何件か出来てきました。

そして、どうせのなで、行った事が無いところに
キャンプをしに行きたいなぁと思い、
最初は 精進湖でのキャンプを予定していたのですが
今週はカヌーの国民体育大会関東ブロック大会が
あるらしいので、今後の参考に偵察のみしてきました。

Camp_saiko2017_004

手前に大室山が重なって見える「子持ち富士」が絶景です。
撮影スポットとしてカメラマンにも有名なところです。
ここでキャンプして、精進湖パノラマ台1325mへ
軽トレッキングするのも良さそうです。

一応、会場の脇を挟むように両側の
開いた部分でキャンプは出来るようですが
カヌー大会のある日は避けた方が無難そうですね。
まぁ、そんなカヌー大会を観戦しながらというなら
それは それで ありという感じですけどね(笑)

そして、最終的には やっぱり行き慣れた 西湖へ。

Camp_saiko2017_005

Camp_saiko2017_006

西湖は日帰り温泉の いずみの湯 周辺のキャンプ場、
自由キャンプ場などは競争率が高いですが
他にも色々とロケーションが良いキャンプ場があるので
予約無しでも なんとかなるところが お気入りです。

つい この前 泊まった 津原キャンプ場も良かったですし、
西湖の湖畔周辺はキャンプ場が大小色々点在するのですが、
今回は河口湖から上がってきて すぐのところになる
西湖・湖畔キャンプ場でキャンプをする事にしました。

西湖・湖畔キャンプ場
http://www.saikohan.com/


道路に面した、受付のある管理鎌。
そしてその周辺のバンガローなども良い雰囲気で
さらに西湖の湖畔にもフリーサイトが広がり
西湖の中でも 色々な表情を持つ広めの敷地と
各種 設備が整ったキャンプ場という感じです。

Camp_saiko2017_007

Camp_saiko2017_008

Camp_saiko2017_009

Camp_saiko2017_010

Camp_saiko2017_011

Camp_saiko2017_012

Camp_saiko2017_013

今回はロケーション重視で 西湖の湖畔側。
先日 GWに泊まった、ふもとっぱらキャンプ場
ほどではないですが、結構な密集度で埋まっています。
さすがに連休なので 水場に近いバンガロー裏の
手前側は湖畔サイトも ギッシリだったので
ほぼほぼ 隣のボート屋さん?の敷地との
境界線に近い、キャンプ場の奥の方に陣取りました。
奥の方は途中何ヵ所か小川あとみたいな深い溝があり
ローダウンなクルマだと厳しいような道ですね。
まぁ降水あとなどで 小川になっていたとしても
SUVでは無くても普通車なら大丈夫そうですが…
エアロパーツが付いているような車だと、
入口付近あたりで手を打ったほうが安心そうです。

そんな訳で、さっそく イイ場所が見つかったら
荷物を下ろして テント&タープ張りの開始です。

前回のキャンプから、また大幅に戦力を上げた
新しく導入したアイテムたちがイイ仕事をしてくれました。

まずは やっぱり 村の鍛冶屋 鍛造ペグのエリッゼステークと
St.Marteloアルティメットハンマー
がイイですね。
事前情報で 湖畔サイトは 付属のペグだと歯が立たない
と事前情報を得ていたのですが、さすがに まったく問題無し。
軽いアクションでカーン・カーンとペグがグイグイ刺さっていきます。
そしてハンドメイドの収納ケース兼エプロンもイイ感じ。
ほんと炎天下の中、 楽に スピーディーに設営できました。

Camp_saiko2017_014

Camp_saiko2017_015

そして、あわせて村の鍛冶屋さんから購入してた
エリッゼ(ELLISSE) 2WAY LOW / HIGH アルミ
伸縮式ロールテーブル LH-2017 も イイ塩梅。
ロールトップでコンパクトに畳めて運べて、
フルアジャスタブルに脚の長さを変えれるので
スタイルに合わせたり、不整地や斜面にも有効です。

エリッゼ(ELLISSE) 2WAY LOW / HIGH アルミ
伸縮式ロールテーブル LH-2017
Amazon : http://amzn.to/2u4nzOj

そして、大型シェルターの NEMO HEXALITE 6P
追加した HOLDON マルチクリップ HDN0216もイイ感じ。
けっこう強風が吹く時もありましたがイイ仕事をしていました。

Camp_saiko2017_016

Camp_saiko2017_017

そして、陽も暮れてきたので、焚き火遊び。
今回はBBQ用のグリルの他に、専用の焚き火台も導入。
UJack(ユージャック) メッシュファイアスタンド。
4本のステンレスのパイプの脚を広げて
付属の金網メッシュを固定するだけ…
これが巷の評判通りで最高に便利。
組み立てもカンタンで軽量&省スペース。
シンプルな構造ですが下に灰が落ちる事も無く
下から空気を取り込むため 燃焼が良くて
ほとんど燃えつくしてしまうため 掃除も簡単。
使用後はメッシュの網を外して灰を捨てれば、
とくに水洗いも不要で後は網を新聞紙にでも包み
付属のケースに脚部分と共に収納するだけです。

UJack(ユージャック) メッシュファイアスタンド
Amazon : http://amzn.to/2vx2HNw


そして、やっぱり、前回 紹介したLEDランタンの
N9(NNiNE) LUMENA が最高でした。
最高1,300lmを誇る明るさはサイトでも問題無し。
逆に明るすぎるぐらいで、Maxの1300lmよりも
モード2の650lmかモード3の910lmで運用。
それでも下記のように充分な明るさで、
快適にBBQの食事も焚き火遊びも出来ました。

メッシュ付きタープ、ニーモバグアウトの
入口 外のポールにランタンフックを使って
サイト全体を照らすように配置。

点灯していた時間は3~4時間でしょうか・・・
それで翌日バッテリー残量をチェックしたら
4段階のバッテリーゲージは4つすべて点灯で
消耗無しの満タン表示でした(笑)
実際には消費しているはずですが
インジケーターが動く25%も消費していない感じ。
この使い方なら2~3泊は問題無さそうで
モード1の260ルーメンで約100時間という
大容量10,000mAhのバッテリー容量は
伊達じゃないスペックといえそうですね。

Camp_saiko2017_018

Camp_saiko2017_019

Camp_saiko2017_020

Camp_saiko2017_021

Camp_saiko2017_022

そんな訳で、やっぱり 西湖はイイですね。
エンジン・モーター付きの舟を禁止しているのも
ありますが、朝も心地良い目覚め…

すっかり夏日で、寝袋もいらない位でしたし、
湖風があるためか蚊などは少なかった感じでした。
水辺の爽やかさと 海辺とは違う波の少ない穏やかさ。
やはり湖畔でのキャンプは最高ですね。
でも、もっと夏本番になると、さすがに暑そう…
来月は もっと標高の高いところに行きたいですね(笑)

Camp_saiko2017_023

Camp_saiko2017_024

そんな訳で、また とても楽しい休日を過ごせました。
西湖・湖畔キャンプ場。なかなかイイですね
色々なロケーションを楽しみたいところです。

秋か来年…また遊びに行きたいと思いました。



 
 

P.S.

Muranokajiya_21 

Muranokajiya_22

イイ活躍をしてくれた
村の鍛冶屋 の 鍛造ペグ エリッゼステークと
St.Marteloアルティメットハンマー。
その傷跡もイイ雰囲気がありますね。
これからもイイ思い出を刻んでくれそうです。






続きを読む "西湖・湖畔キャンプ場 July 15-16, 2017"

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

SR meeting 2017 #2 前乗りキャンプツーリング編 "くのわき親水公園キャンプ場"

Srmt_02_01

さて、そんな訳で 前回からの続きです。
先日の2017.5.21に行われたSRミーティングに
前乗りでキャンプ泊をして参加してきました。

一応、今回、宿泊したキャンプ場は
前もって予約は入れてはいたのですが、
予定より色々遅れてしまい、なんとか ぎりぎり
日没前までにチェックイン出来ました。

くのわき親水公園キャンプ場
https://goo.gl/maps/GuyRUV24cUS2

口コミ情報 - HATINOSU
http://www.hatinosu.net/camp/archives/1664/


ここまでの道中の絶景具合も良いですし、
場所は、翌日の会場であるデイトナ本社へ
高速の一区間もないぐらい近い場所。
ほんと良い場所が見つかりました。

キャンプ場周辺 3D表示
https://goo.gl/maps/iLUAx2v83ot


それにしても、大井川 イイですね!

その昔、仕事で もっと上流の寸又峡で
開催された カヌーのイベントの
ロゴやらTシャツなど色々作った際に、
招待というか お手伝いすることになって
連れて行ってもらった時以来なので・・・・
なんとも 懐かしい感じです、 ただ、
その時は車で助手席だったんですが、
今回みたいに、やはり自分で運転してくると、
その独特の地形を堪能することができて新鮮です。

他にも色々と川はあると思うのですが、
この大井川は「鵜山の七曲り」と呼ばれる
大蛇行の川で、右へ左へ大きく曲がりくねり、
独特で広い河川敷は敷石で白く光り
その入り組んだ山々が、曲がり箇所事に
重なり合い、その景観は枯山水のように
陸に浮かぶ、小島のように見えていました。
そして南アルプス南部を源にする川の流れと
その風情は他で見る事の出来ない絶景で、
途中、撮影する暇がなかったんですが(笑)
山と河川の際の部分の道や、
その蛇行する峰を越えるよう進む
適度なワインディングと、静岡らしい茶畑が
微かに爽やかな香りを放ち 気分最高でした。

Srmt_02_02

Srmt_02_03

Srmt_02_04

で、キャンプ場なんですが、そんな 大井川に
囲まれているんで、少し その道中に苦労します(笑)
ここ渡ってイイの?ここ下ってイイの?
なんていうか、ちょっとしたダンジョン、迷宮感(笑)
対岸にキャンプ場が見えて来ても、
行けるのは、高い位置に張られた吊り橋だけとか(笑)
まぁ そのあたりもアクティビティーで楽しいんですけどね。

そして、細い道を抜けて、やさしい門番のいる(笑)
ゲートをくぐれば、料金先払い各種説明を受け無事入場です。
中は、広大なスペース。区画サイトとフリーサイトがありますが
今回はフリーサイト。けっこう予約で一杯だぁと聞いていましたが、
先日の富士山周辺のキャンプ場なんかに比べれば ゆったり・・・
スペースを存分に使ってテント&タープを張ることが出来ました。

トイレは今時なウォシュレット付きで とてもキレイ。
そして完全個室の3分の100円のコインシャワーもあり、
一時停止も出来るので男性ならワンコインでいけそう。
もっと、ゆっくり汗を流したい方は近くにある
川根温泉の割引チケットも頂けます。
そして管理棟に一応ビールの自販機もあり。
サイトは芝生で、荷物を少なく薄いマットで済ませたい
ツーリングキャンパーには嬉しく、気持ち良い仕様。
ただ、水はけをよくするためか、芝生の5cmぐらい下に
石を敷いているようで、ペグ打ちに気を使います。
うまく避ければDACのようなアルミペグでもいけますが、
大型のタープなどを張りたい人はスチール系の
しっかりとしたペグを持ち込んだ方が安心ですね。
そして直火は禁止。焚火台など必要。
基本フリーサイトは照明もありますが、夜間には
ヘッドライトなどもあった方が快適な感じです。

そして、食材などの買い出しは
途中、道の駅 川根温泉 もあったりしますが、
高速を降りた付近の、新金谷駅周辺などの
ザ・ビッグ金谷店などでしておいた方が安心です。

 
今回持ち込んだ装備は、自分は基本的に
トレッキング装備に ちょっと贅沢装備をプラス。
ライムグリーンがキレイなNEMOのテントに
軽量タープ&ヘリノックスチェアでセットアップです。

山岳テント: NEMO TANI 2P
Sea to summit Escapist 15D Tarp
Helinox CHAIR ONE & CHAIR ELITE

 
 

そして、今回、バディをしてくれたキタヤくんは
コスパに優れたBUNDOK(バンドック)の
ツーリング テント BDK-17 を導入して参戦。

BUNDOK ツーリング テント BDK-17
Amazon: http://amzn.to/2qhGZiJ


これが、素晴らしいコスパで、
さすがに高評価を得ているテントです。
これからキャンプツーリングを始めたいなぁって
方には とてもお勧めな逸品ですね。


そんな訳で、二人ともベースキャンプが完成したら、
後はリラックスタイム。シャワーで汗を流して、
完全に暗くなる前に薪なども拾っておいて、
炭火を起こして夕食BBQの準備です。

Sho's Pocket TAKIBI GRILL 【B-6くん】 Stainless
Primus EtaExpress プリムス イータエクスプレス
VERNE Trekking Pad ベルン トレッキングパッド

今回は、コンパクトなB6くんと炭も持参してきたので
大井川を上る前に買い出ししておいた食材でBBQ。
二人とも、そんな量はいらないなぁって方なので
ちょい質はイイ感じのお肉やら、色々吟味。
しっかし、外で炭火で食べる、焼き肉って、なんで
あんなに美味しいんでしょうか?ホント格別。
炭火効果もあるとは思うんですが、炎、煙、音、匂い、
そして非日常感と、五感を刺激する体全体で味わう感じです。
まぁ焚き火しながらのビールなんかも最高ですしね(笑)

Srmt_02_05

Srmt_02_06

Srmt_02_07

そんな訳で、炭火でBBQとなると、集中力が勝負(笑)
美味しい焼き加減やら、先の読めない火力で
あっという間に、炭へと変える火柱が出たりの
息をつかせないスリリングさと、その緩急(笑)
まぁ・そんなこんなで 楽しく 美味しく 食材を頂き、
シメで、トレッキングやツーリングキャンプで定番な
マルタイの棒ラーメンを食べて完食です。
そして、残った火種で 焚き火を楽しんだり、
星座を今時風にアプリで楽しんだりとキャンプを満喫。

周りの楽しそうな賑やかな雑踏の中、疲れもあって
互いに自分のテントに戻り、明け方までグッスリ熟睡です。

Srmt_02_08

Srmt_02_09

Srmt_02_10

Srmt_02_11

Srmt_02_12

Srmt_02_14

Srmt_02_13

日の光りと、鳥のさえずりで起きる 朝。 これぞキャンプ。
ディキャンプだったり、ちょこちょこっと遊ぶ感じでは
味わえない、夜や朝の表情が楽しめるんですよね。

で、昨夜、遊んだ焚き火台の炭を片付けて
さっそく朝食の準備、残った食材やら使って
簡単にポトフ風にスープと、パンを炙って頂きます。
これが珈琲と合わせて、ほんと 旨いんですよねー。

そんな訳で、立つ鳥 跡を濁さず
テントやタープをまとめ、荷物をシートに括り付け
旅人は 次の目的地を 目指します(笑)


バイク&キャンプの男二人旅もイイもんですね。

なんだか、若き日のチェ・ゲバラらが南米を旅した映画
モーターサイクル・ダイアリーズを思い出しますね

そして、バイク2台で、山道をテントを括り付けて
走っていた感じは、つい最近も見直していた映画
彼のオートバイ、彼女の島 の感じも…

まぁ そんな 自分たちにも酔いながら(笑)
これぞバイク遊びという キャンプツーリングを堪能です。

キャンプ場を出た後は、また来た道の大井川沿いを下って
バイパスや幹線道路を行くルートもあったのですが、
ここまで来たら、やっぱり この静岡の自然を楽しみます。

なにげに、ここから、目的地のSRミーティングの会場まで
山道の63号を使って一本道で行くことができます。

Srmt_02_001

Srmt_02_002

Srmt_02_003

少し、開けたところで休憩。

また、この道が、とても良かった…
ほとんどトンネルや橋が無かったというのもありますが
峠を越えると言うよりも、複雑に入りこんだ地形を
なぞるように 流れるように 進んでいく道で、
いわゆる個々の村などを繋ぐ沢に沿って作られた、
遥か昔から使われていた生活道路だと思うのですが、
林道では無く、ちゃんと舗装されているんですが、
雪の影響が少ないのか、轍や水たまりも ほとんど無く
適度な狭さはあるんですが、終始気持ち良く走れました。

県道63号線 経由
https://goo.gl/maps/WDiBey7Wi752


少し広めの2車線のワインディングロードから、
自然豊かな 舗装版の林道のようになったり、
スターウォーズの1シーンみたいに木々の間を縫うように
走り抜けたり、急に、花畑や、茶畑が現れたり、
集落地を抜けては、また山中へと 進んで行きます。
その変化も楽しく、景色は天気も良く絶景。

そして、日曜の晴天の この日でもすれ違った
対向車は、地元の方と思われる車 ほんの数台。
荷物満載で適度に楽しみながらの走行でも
後ろから 追いつかれた車両もなければ、
前に追いついたのは赤いTDM850かドカティかの?
アップスタイルのツアラーバイクと
たぶん、同じ方向を目指して、途中休憩していた
SRのカップルらしき2台を見た程度(笑)

そんな訳で、へたなアトラクションよりも面白くて、
まさにSRに合っている道だったような気がします。

ここまでの高速道を考えればオフ車だとキツイし、
いくら走りが楽しめると言っても舗装路ですし。

逆に、ツアラーやスーパーバイクで、ここまで来ても
この狭い道では、その性能を使いきれないし
リスクだけ高まるだけでストレスもたまる感じです。

そして、クルマだとしたら… この狭い道は
よく登山道までの道にありそうな車幅ですが
例えジムニーだとしてもストレスがたまりそうですし、
もちろん、もっと でかいRVやワンボックス車でも
こんな細道の山道を長々と走りたくないような…

そして、もし徒歩だとしたら、もっと、
標高が高くて見晴らし良いルートが良さそうですし(笑)

そう考えると、まさしく バイクで走りたいルート。
SRで楽しむにはベストな道だったのかもしれませんね。

Srmt_02_004

そんな訳で、このまま山岳地帯を抜けきれば
いよいよ 今回の旅路の目的地、
SRミーティング2017会場 デイトナテストコースへとります。

その模様は 次回に続く予定です。










続きを読む "SR meeting 2017 #2 前乗りキャンプツーリング編 "くのわき親水公園キャンプ場""

| | コメント (3)

2017年5月24日 (水)

SR meeting 2017 #1 合流 前乗り編

Srmt_01_01

Srmt_01_02

Srmt_01_03

Srmt_01_04

Srmt_01_05

2017年5/20の初夏を思わせる晴天の中、
静岡にあるデイトナ本社で行われる
SRミーティング 2017 へと前乗りで参加してきました。

SR meeting 2017
http://sr-meeting.com/
■開催日時
    2017年5月21日(日) AM10:00~PM3:00(雨天決行)
■開催場所
    (株)デイトナテストコース
    〒437-0226 静岡県周智郡森町一宮4805
■主催
    SR meeting 2017実行委員会
    (TEL.03-3380-1061 造形社内)


この楽しい一時を 提供して頂いた
実行委員会のみなさまに感謝いたします。

 

そんな訳で、自分が住む東京からは
片道250km、往復500km、日帰りで行けない事は無い
微妙な遠距離ですが、どうせなので、前乗りで
前泊して キャンプツーリングを楽しむことにしました。

まずは、前日の20日に葛西の自宅をスタート。
東名高速の海老名SAで待ち合わせ、
1~2時間は掛かるかなぁと思ったのですが
1時間も掛からず到着。一番乗りです(笑)
そんな訳で、いつも通りなスローなスタートで
途中、仙台から自走で向かっていると言う
強者SR乗りと足柄SAで合流するなど
変態、いや 編隊走行を楽しみ・・・・

しばし、新東名を並走した後に、
静岡は清水市内のホテルに泊まると言う
本隊から離脱し、我々、キャンプ組み2名の
調査兵団は さらに静岡の奥地へと進みます(笑)

Srmt_01_06

ラストダンスを待たずに パーティ抜け出す二人
恋の物語 お前と裏切りの夏~♪ (笑)


まぁイイ歳した野郎2人ですが、青春真っ盛り(笑)
旅に出る前から、道具揃えたりワクワク・ソワソワ。
とりあえず、そんな荷物満載の2人になってから
さらに快速にペースアップ。イイ感じに疾走し、
今夜のキャンプ地予定に近くの
新東名の島田金谷ICで高速を降ります。

今回は、IT装備を充実させていた
キタヤ兵長に、ナビ&ルート案内は頼りっ放し、
今までも何度となく旅をともにしてきましたが、
その先行する姿は、後ろから見ていても
相変わらずの軽快な走りで安心感があります…

で、ここまで来れば、大井川を北上するだけですが、
ここで上に行ってしまうと、お店も減少するので
いったん、太平洋側の大井川の下流、金谷へ向かいます。
この周辺のお勧めされていたスーパーで買い出しと、
ちょっと、ゆっくりしていたので 予定より遅くなりましたが
一度、行って見たかった 石畳茶屋へと向かいます。

Srmt_01_07

Srmt_01_08

Srmt_01_09

Srmt_01_10

Srmt_01_11

Srmt_01_12

Srmt_01_13

静岡を旅するといえば、東海道ですよね・・・・
今では車や新幹線で移動となりますが、
その昔は徒歩で旅をしていたと思うと 凄い事です。
そして今もなお、その面影を残す旧東海道。
その石畳みに悠久の時を想います。

石畳茶屋
https://goo.gl/maps/9PYZ72Hy1Ek

meguri石畳茶屋
http://ishidatami.info/

ここで、軽く、ランチ予定でしたが、すでに終了(汗)
どうせなので、気さくでカワイイ店員さんお薦めの
旬では…無い方のケーキ&日本茶をカフェで頂き(笑)
メインの夕飯のBQQに備えることにします。

そして、いよいよ近くのザ・ビッグ金谷店で夕飯用の
BBQ用の肉などの食材を買い出しをして、
一路、キャンプ地に向かい、大井川に沿って
山方面へと登って行くことになります。
これが、ホント、イイ道。 土曜の この時間でも空いていて
ほど良いワインディングに、大きく広大な
大井川が時には隣り、時には見下ろすように走り、
SLが走ると言う大井川鉄道と共に、川根温泉、
寸又峡 方面へと、上流に向かって進んで行きます。
荷物も満載なので ほどほどのペースで・右・左。
川沿いの道から森林を抜け、さらに川沿いへ…
単気筒のリズムにも合う極上の下道です。

Srmt_01_14

Srmt_01_15

Srmt_01_16

Srmt_01_17

そして、本日の目的地に 無事、日没前に到着。
一応、予約していたので安心ですが、
なんとか予定していた時間までにチェックイン出来ました。

くのわき親水公園キャンプ場
https://goo.gl/maps/GuyRUV24cUS2

口コミ情報 - HATINOSU
http://www.hatinosu.net/camp/archives/1664/


ここまでの道中の絶景具合も良いですし、塩郷 方面の
77号からだとスリリングな狭いダムの上も通過(笑)
https://goo.gl/maps/77pCE5gsdVG2
また、グーグルナビが むちゃなルートを示したかと
笑いネタにしようと思ったら、キャンプ場の方いわく
その道で正解のようで(汗)なんとも秘境感も満載です。
ただ帰りに使った473号からだと、比較的、
普通の山道でアクセスできるんですけどね(笑)

広大な大井川とイイ薫りを放つ段々畑の茶畑。
フラットで広い芝生サイトと綺麗で清潔な水回りで
最近回った中でも、かなり設備の良いキャンプ場です。
(今月だけでも キャンプ場3カ所3泊め・笑)

Srmt_01_18

そんな訳で、長くなりましたので、この辺りで次回に続きます…
キャンプ編、そして、イベント本編って感じですかね
撮りすぎた写真と合わせ、一応、以降に続く予定です…







続きを読む "SR meeting 2017 #1 合流 前乗り編"

| | コメント (0)

2017年3月26日 (日)

秩父 長瀞アルプス~宝登山 トレッキング

Hodosan_nagatoro_00

さて、そんな訳で、先週になるんですが
暖かくなってきたし、せっかくの休みなので
埼玉は秩父にある 長瀞アルプス~宝登山へ
晴天の中、春を感じつつ 山歩きをしてきました。

宝登山 wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/宝登山

宝登山ロープウェイ | 宝登山頂 花の見どころ
http://hodosan-ropeway.co.jp/tourism/

長瀞アルプス 神まわりハイキング | 長瀞町観光協会公式サイト
https://www.nagatoro.gr.jp/長瀞アルプス(神まわりコース)/

 

渋滞が始まる前に都内を出たいので
いつもどおり まだまだ暗い早朝に出発。

そしてスタート地点でもある 秩父鉄道秩父本線(秩父線)の
野上駅に向かいます。ここの駅前の駐車場は
一応、月決めとなっていますが、休日は登山客や
観光客向けに、1日貸しをしているようで
張り紙がある場所に車を駐車して
駅員さんに駐車場代を払います。1日310円。

長瀞アルプスを登りで楽しみたいので
野上駅に車を置けると楽ですね。
10台ぐらいしか置けないのですが、満車の場合は
長瀞駅にいけば1日500円程度で、
たくさん駐車場があるので ひとまず安心。
ローカルな単線の秩父鉄道を楽しむのも悪くないです。

歩いたのは、いわゆる  神回りコース
萬福寺 裏から登山道に入り長瀞アルプスと言われる
尾根道を歩いて 野上峠 経由で宝登山を目指します。

Hodosan_nagatoro_01

Hodosan_nagatoro_02

Hodosan_nagatoro_03

Hodosan_nagatoro_04

Hodosan_nagatoro_05

Hodosan_nagatoro_06

Hodosan_nagatoro_07

ほどよく、アップダウンの地形を楽しみながら
ゆっくりで2時間半ぐらいで宝登山の頂上へ到着です。
宝登山(ほどさん)は標高497.1m。
長瀞駅 方面からは ロープウェイもあるのですが
宝登山頂付近は開けていて、広々。
ゴツゴツとした山峰が美しい両神山と
石灰岩の採掘で形が変わってしまった武甲山が見渡せ
景観も良く、標高が低いながらも上質な達成感を味わえます。

Hodosan_nagatoro_08

Hodosan_nagatoro_09

Hodosan_nagatoro_10

Hodosan_nagatoro_11

Hodosan_nagatoro_12

Hodosan_nagatoro_13

そして、宝登山頂からロープウェイ側に下れば、
まだ残っている薄黄色い 蝋梅の花から、
淡い薄いピンクと、濃いピンクが混ざり合う
満開の梅の花を目と香りで味わうことができました。
薄っすらと薫る ほんのり甘く酸味を感じる梅の香りは
桜の それとは違う 趣きと風情があります。

そして、下りも、ロープウェイを使わず、
せっかくなので登山道を徒歩で下山。
関係者用に九折の車道もあるのですが、
その真ん中を直線的に結ぶように
登山道が通っていて、ロープウェイでは5分ですが
1時間くらいかけて下山することになります。

そして麓にある、宝登山神社に到着。

Hodosan_nagatoro_14

Hodosan_nagatoro_15

Hodosan_nagatoro_16

秩父 長瀞 宝登山神社
http://www.hodosan-jinja.or.jp/

手入れが行き渡った綺麗な境内は見所も多く
長い歴史と伝統を感じることできます。

そして、長瀞駅までの道は お店なども多く
観光地独特の趣きを味わうことが出来ます。

ちょっと日光や清里とかの感じに似てるような・・・

長瀞駅を越えて商店街を抜ければ
長瀞ライン下りで同じみな岩畳となります。

Hodosan_nagatoro_17

Hodosan_nagatoro_18

Hodosan_nagatoro_19

いつも、見ている、ほとんど海というほど大きい
河口の荒川と違い、上流の荒川は神秘的な趣です。

岩畳と呼ばれる美しい岩肌と
澄んだ透明度のある河川のコントラストは
非日常感を味わう共に パワー感を感じます。

そして、まだ時間も体力もあるので
長瀞駅からスタート地点への
野上駅へも 徒歩で移動しました。

これが山道とも負けず劣らずの趣きがあり、
単線の秩父鉄道の線路と、その左右に広がる畑、
そして未舗装の あぜ道と、平屋が織りなす風景は
まるで タイムスリップしたかのような
昔ながらの日本の風景を味わうことができました。

Hodosan_nagatoro_20

Hodosan_nagatoro_21

Hodosan_nagatoro_22

そして、極め付けは、遠くから汽笛を鳴らし
黒煙を上げて走ってきた、SL、蒸気機関車!
本物のもつ、迫力とメカニカルな動きが感動的。。。

SLパレオエクスプレス | 秩父鉄道
http://www.chichibu-railway.co.jp/slpaleo/


The Galaxy Express 999. Will take you on a journey♪
気分は銀河鉄道999!?大迫力とパワー感を放ち
真っ黒なSLは目の前を通り過ぎて行きました・・・・。
夢か幻か・・・ほんとタイムスリップ。時間旅行(笑)

なんとも もりだくさんな 1日です。

Hodosan_nagatoro_23

そして、なにげに、メインの 宝登山の頂上より
ピーク感を感じたのが、長瀞駅前にある
そば処たじま の 天ぷら蕎麦(笑)
山菜、野菜、海老。 大満足です(笑)

そば処たじま - 長瀞/そば [食べログ]
https://tabelog.com/saitama/A1107/A110704/11009602/

いやぁ。秩父、長瀞、イイところですね。
天然氷の かき氷も有名ですし、
都心からも近いし、また違う季節を味わいに
また訪れたいと思いました。



続きを読む "秩父 長瀞アルプス~宝登山 トレッキング"

| | コメント (0)

2016年10月21日 (金)

東京都檜原都民の森 三頭山周遊コース トレッキング

Mitousan_01

Mitousan_02

Mitousan_03

Mitousan_04

Mitousan_05

そんな訳で 久々に土日が快晴だったので、
急でしたが、東京は西の外れ 檜原村にある
三頭山へとトレッキングに行ってきました。
遠く山深い標高が高いところへ行くのも楽しいですが
お手軽で近場の里山感覚も楽しいもんです。

三頭山 (東京都) wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%A0%AD%E5%B1%B1_(%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD)

東京都檜原都民の森(三頭山)
http://www.hinohara-mori.jp/


綺麗な朝焼けの中、前日の残業の疲れを
感じながらも 眠い目をこすりながら出発。
東西に長い東京都の東の外れの葛西から
ジェットコースターのような早朝の首都高を抜ければ
先週のSRでのツーリングに引き続き
2週連続の 中央フリーウェイ♪ そして八王子で
降りて少し下道を進めば、そこは自然豊かな
峠道へ突入です。景色も良く空気も澄み、
朝早くから渓流釣りや山菜取りらしき人々と
ロードバイクや、オートバイを楽しむ人もちらほら
その景色は同じ東京都は思えない光景です。

この辺りにも 数十年前の、乗り物に乗りはじめたころ、
とにかく乗りたくて、何度となく訪れていましたが、
そのころに比べると道が綺麗に整備された印象。
今回通った五日市から檜原村へ続く檜原街道は
wiggle東京ヒルクライムシリーズも行われるだけあって
少し減速処理されたボコボコがあるコーナーもありますが
トンネルも多い奥多摩よりは走り易いかもしれません・・・
そんな訳で、早朝の空いた峠道を楽しみつつ
今回の目的地でもあり 三頭山への
登山口でもある 檜原都民の森へ到着。

無料の駐車場は8時かららしいですが、
その前から開いていて、ちょうど8時の時点で
1~2割ほど駐車場は埋まっていました。
あとは奥多摩へ続く、奥多摩周遊道路の
ゲートを開くのをまつバイク乗り達もちらほら、
バス停の人々や、警備員やら、朝から活気があります。
すでにお店も開いていますし、トイレもキレイ。
駐車場でトッレッキング用のブーツに履き替え
途中コンビニで仕入れた朝食をとりつつ出発に備えます。
そして、入口にある売店の横に水汲み場もあるので
そこで給水をして、いざ三頭山周遊コースへ出発。

Mitousan_06

Mitousan_07

Mitousan_08

Mitousan_09

一応、大きく外周を回る 三頭山周遊コースは
東京都檜原都民の森のコース紹介では
一番の健脚向きとありますが、全体で4〜5時間なので
最近のトッレッキングと比べてと まぁまぁ余裕。
その分、ゆっくり色々と景色なども堪能できます。

東京都檜原都民の森 三頭山周遊コース
http://www.hinohara-mori.jp/content/course.html


まずは園内を進みますが、施設や遊歩道は
とても整備されていてウッドチップが敷かれた、
森林セラピーロードは、とても歩きやすく、
この感触が独特で、気持ちイイ経験です。
さすが、林業と、その木工が盛んな檜原村。
その廃材の有効利用だと思うんですが、
山、森林、自然との共存という感じが強く、
ただ、自然のまま、ある意味 荒れ放題、
また逆に、舗装路や石畳などとは違う、
イイ感じのバランス加減と、融合感です。
メンテや管理もそこそこ大変だとは思うのですが、
本格的なトレッキングまで用意しなくても
ゆっくり散策するのにもイイ感じです。
ぜひ みなさんも体験して頂きたい(笑)

そして、ルート通りに進むと 三頭大滝があり
その先から、自然の粗さが残る登山道へとなります。
ここからは、しっかり登山の装備で入山してくださいと
記されていますし、それまでの整備された柵もなくなり、
より自然のままとなり 滑落の危険性も出てきます。

そんな訳で、宇多田ヒカルさんのCM気分で、
場所は違うんですが #うぉぉぉぉ などと呟きつつ
綺麗な小川&沢を渡り、地形に沿い後尾根道へ進み
大沢山のピークに出た後は稜線沿いに進めば
ショートカットした場合に合流する避難小屋へと出ます。

Mitousan_10

Mitousan_11

Mitousan_12

Mitousan_13

ここまで1時間30分ちょっとですかね・・・
他の山へ繋がる別れ道も出てきますが、
標識もしっかりしていますし、解り易いです。
避難小屋は、思ったより綺麗で、トイレもあり、
地図上には水源マークもありますが発見できず・・・
どこか ひっそり湧き出ているのでしょうか?・・・

三頭山 (ヤマタイム地図 YAMAKEI)
http://www.yamakei-online.com/yk_map/index.php?latlon=35.7391666667,139.013888889&zoom=15


そして、さらに奥に登山道を進み、最後と思われる
登り坂を登りきれば、いよいよメインイベントの
漢字の山の字のように三つのピークがあるという
三頭山の最初の一つ西峰へ登頂できます。

ちなみに三頭山のピークの構成は
西峰(1,527m)・中央峰(1,531m)・東峰(1,528m)
一番高い中央峰でも標高的に森林限界は越えず、
頂上部でも木が生い茂っているのですが、
この三つのピークのうちで、一番 見晴らしが良いのは
広めの広場もある西峰ではないでしょうか

Mitousan_14

Mitousan_15

Mitousan_16

Mitousan_17

Mitousan_18

Mitousan_19

Mitousan_20

木々の間からは、奥多摩方面に東京都 最高峰の雲取山、
そして、反対側には、大きくそびえる富士山が望めます。
この日は、天気が良くて絶景!最高でした。
360度、広く見渡せる景観ではありませんが、
木々の間から見える景色も 額縁効果でイイ感で、
何とも言えないご褒美感と共にランチタイムです。
爽やかな青空と共に、おにぎりを炙って頂きました。

気分的には、中央峰で昼食を取りたかったのですが、
西峰で正解ですね。。。西峰から一度下ってから
また登るように東峰へ進むと、東峰と繋がり並ぶように
中央峰があり、ピーク周辺は開けてはいるのですが、
西峰に比べ狭めで、先客がいると窮屈な感じで、
東峰も同じく休憩できるような場所は少し狭めという感じ。
なぜか、登山道に最高峰である中央峰への標識もなく、
ネットで調べても、中央峰の情報が少なく
中央峰にどうやって行くのか少し迷ってしまいましたが
西峰からは、東峰へ向かえばセットで出迎えてくれます。

そして、そのまま、三頭山から山峰に沿うように
ブナの路を 鞘口峠を目指して下っていきます。
山頂から少しせりだすように組まれた展望台、
そして更に山道を見晴らし小屋へと進みます。
この時の見晴らし小屋は木々が生い茂っていて
名前ほど見晴らしがよくない状況でした。
そして、大きな別れ道、鞘口峠へ到着。
そして分岐点を森林館方面へ少し下れば、
また大きな山小屋のような建物が現れます。
ここは地図に書かれてないような?下の写真ですが
デッキ部分と建物の屋上にも行ける凝った建物です。
名前は解りませんが大きな山小屋でした・・・

Mitousan_21

Mitousan_22

Mitousan_23

Mitousan_24

・・・・そして、遠くに響くバイクの排気音を聞きながら
森の中を どんどん下っていきます。
ここまでくれば、あとは整備された遊歩道。
そして、無事下山。 麓に見える大きな建物の
木材工芸センターと森林館がイイ感じです。
フリースペースで休憩できるところもあるし、
高速のSAみたいに、お茶や冷たい水も頂けます。
安価な木材費だけで体験できる木工も良さそうで
今度は、こちらも目的に遊びに来てもイイかな?
そんな訳で、東京都檜原都民の森ななかか良かったです。

駐車場に戻ったのはPM1~2時ぐらいですかね
それぐらいだと、ほぼ満車。数台少し開きがあるかな位。
駐車場周辺は、バス待ちの登山者や観光客の方々に、
バイクのツーリングや峠を攻め込んでいる方々・・・
そして、自転車乗りロードバイクも多数いました。
売店近くにハンガータイプの駐輪場を用意していて
スタンド無しでサドルを引っ掛けておける嬉しい配慮。
けっこう女性でも あの峠を登ってきている方がいて
改めてロードバイクの魅了とブームを再認識です。
そんな訳で少し休んだら、少し車で下ったところにある
数馬の湯へ移動して、温泉に入って帰ることにします。

数馬の湯 東京都西多摩郡檜原村の温泉
http://spa-kazuma.com/


少し昭和の風情がのこるタイル張りのお風呂は
こじんまりながらも色々と楽しめ、ゆっくりできました。
掃除もいきわたっているし、柔らかめの湯質もイイ感じ
すっかりトレッキングの疲れを癒してくれました。
そして、軽く 舞茸の天ぷらと蕎麦を頂き、撤収。

帰りは、時間的にも余裕があるので、
東京の西側を楽しみつつ下道で帰宅しました。
渋滞もあったので3時間ちょっとですかね。
アウトレットとかで時間をつぶして帰れば
渋滞を回避できて、もっと楽だったかもしれませんが・・・
結構、近場で日帰りの山遊びでしたが、
なかなか良かったです。檜原と言えばMTBでも
有名なポイントなので・・・今度はMTB持参か・・
三頭山も別のルートを探索など、また訪れたいと思いました。
なかなか東京の山もイイもんですね。再認識でした。

Mitousan_25





続きを読む "東京都檜原都民の森 三頭山周遊コース トレッキング"

| | コメント (0)

2016年8月15日 (月)

2016夏 大菩薩嶺トレッキング

Daibosatsu_00

新しく追加された休日「山の日」!ということで
山梨県甲州市と北都留郡丹波山村に跨る
標高2,057mの大菩薩嶺へトレッキングへ行ってきました。

大菩薩嶺 wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%8F%A9%E8%96%A9%E5%B6%BA


大菩薩観光協会
http://www.daibosatsukankokyoukai.net/tozan-map.html


当初の予定では、もっと山深く険しい山へ
テン泊しつつ縦走する予定でしたが、
間際でいわゆる熱中症になってしまい・・・
体調を崩してしまったので、こちらの近場で
少し優しく気持ちよい山歩きへ変更。
日帰り可能のルートですが登山口近くで
駐車場横のロッヂ長兵衛さんにテント泊。
これが大正解で心も体もリラックスできました。

ロッヂ長兵衛
http://www.choubei.info/


自宅から此処までのルートは今回は下道。
少し体調を見つつお昼からのスロースタートだったので
すでに中央道は大渋滞。それを回避するように
奥多摩を越えて甲州入りをしてみました。

その昔、原チャリ・ぺスパで奥多摩を越えて
甲州まで行った時は スマホやナビも無いころで
かなりの旅で峠でのガス欠の恐怖に怯えつつ
長く辛かった思い出がありましたが・・・・
あの頃とくらべて、道も整備されトンネルも出来て
あっというまに、道の駅たばやま に到着。
ここで前泊し朝一で上日川峠を目指しました。

道の駅たばやま から更に奥に進む
青梅街道(大菩薩ライン)はとても整備されていて
バイクツーリングにも楽しい峠道。
そこから看板に従って裂石温泉側から左折し、
みそぎ沢に沿ってとても細い一車両分の山道に
入るのですが この道はけっこう険しい(笑)
まぁ最近はこの手の道に慣れてきましたが
落石注意の看板とともに登山口へと向かう
山道らしく気持ちを盛り上げてくれます。
電車やバスで向かう登山も楽しそうですが
この途中のドライブも楽しいんですよね。

そんな訳で朝6時くらいに登山口に到着。
今晩はここでテント泊キャンプ予定なので
朝食をとりロッヂ長兵衛にて手続きをし
先にテントを張ってから入山です。

Daibosatsu_01

Daibosatsu_02

Daibosatsu_03

Daibosatsu_04

Daibosatsu_05

Daibosatsu_06

ルートは、ロッヂ長兵衛さんのある上日川峠から
福ちゃん荘 経由 大菩薩峠の介山荘へ
そして大菩薩峠から、気持ち良い稜線を歩き
ピークである 嶺(れい)、大菩薩嶺を目指します。
メインは、やはり見晴らしの良い稜線歩き。
大菩薩嶺の頂上は見晴らしがよくないので
唐松尾根の分岐にある雷岩の上で昼食としました。

木々の間を歩く、山中の森歩きも気持ちよく
マイナスイオンが心地良さに渓流の音。
どんどん表情を変えてゆき、木々が減り始めると
見晴らしの良さと山峰を渡る雲を堪能。
この日は残念ながら曇り空で富士山は見えませんでしたが
本来なら雲海の向こうに見える富士山を想像しつつ、
日常とは別世界の山歩きができました。

Daibosatsu_07

Daibosatsu_08

Daibosatsu_09

Daibosatsu_10

Daibosatsu_11

Daibosatsu_12

Daibosatsu_13

Daibosatsu_14

Daibosatsu_15

Daibosatsu_16

Daibosatsu_17

Daibosatsu_18

Daibosatsu_19

Daibosatsu_20

さすが、百名山というところでしょうか・・・
いやぁー、いい山でした。また行きたいと思います。
残された自然と人の手の入った整備された部分。
景色の変化と、距離感。バランス感がよい感じです。

下山途中出会った、野生の鹿さん。
こちらを、じーっと凝視。 愛くるしい表情です。
木々の向こうに開けた草原に明るく陽が差し込み、
均等に黄色い花が咲く鮮やかな緑の絨毯のような
その山中の陽だまりの中に数頭の鹿の群れが見えました。
そこから はぐれて来た やんちゃさんですかね。
ポケモンとは違う野生動物との遭遇に興奮(笑)
また、この地は・・・熊 注意の場所でもあるので、
気を引き締めないといけませんが、こんな出会いが
こんな経験が、また いい思い出を作ってくれました。

そんなわけで引き続き、後半は
下山後の上日川峠、ロッヂ長兵衛での
キャンプに続きます。






続きを読む "2016夏 大菩薩嶺トレッキング"

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

2015SW青森帰省#7 平泉 ・ 中尊寺 金色堂 September 25-26, 帰路編

Towadako_19

Towadako_20

そんな訳で、前回に引き続き、2015SW青森帰省編。
十和田湖でキャンプ、そして奥入瀬渓流を探索した後は、
青森を後にし、最後の目的地、岩手県の平泉を目指します。
平泉は縦に長い岩手県の南、宮城県の県境にほど近く
東北道で言えば 青森―東京 間の走行距離780kmの
1/3にあたる青森から260kmほどの位置にあります。
ここまで行けば、翌日は残り2/3ほどの距離で
520kmほど走行すれば帰れることになり・・・
気分的には かなりラクになります。それでも結構ありますが(笑)
そんな訳で、十和田湖のキャンプ場を朝一に出て
峠道を越えて、一路、高速道路へ乗り、平泉へ
ここまで晴天だった天候が今日より雨予報に変わります。
途中のSAでの休憩時に、今晩の温泉宿をスマホで予約。
後は ゆっくり観光しチェックインすればOKです。
そんなこんなで・・・・・無事、平泉に到着。

世界遺産・平泉 |  平泉観光協会
http://hiraizumi.or.jp/

平泉は、平安時代末期の奥州藤原氏が栄えた時代の
寺院や遺跡群が多く残り、2011年に東北地方で初めて
「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」
として、世界遺産の文化遺産に登録された場所です。
そして、その考古学的遺跡群の中核をなすとも言えるのが、
中尊寺であり金色堂な訳ですが・・・現代に残る
その建造物や当時の仏像などは芸術作品としても
加工技術を伝える凝りに凝った装飾の工芸品としても、
その丁寧な仕事が伝わる一級品の美しさがあります。

平泉 wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%B3%89#.E4.B8.AD.E5.B0.8A.E5.AF.BA

中尊寺金色堂 wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B0%8A%E5%AF%BA%E9%87%91%E8%89%B2%E5%A0%82

平泉周辺の独特な雰囲気は 凛としていて
子供の時に訪れた記憶が蘇ります。
中尊寺と金色堂は小高い山の上にあって
麓の駐車場に車を停めて、
木々に囲まれた参道を登って行きます。

Hiraizumi_01

Hiraizumi_02

Hiraizumi_03

Hiraizumi_04

Hiraizumi_05

Hiraizumi_06

Hiraizumi_07

Hiraizumi_08

Hiraizumi_09

金色堂 | 関山 中尊寺
http://www.chusonji.or.jp/


なんだかんだで しっかり堪能しました。。。。
金色堂や讃衡蔵の文化財も美術館のようです。
金色堂は内外共に総金箔貼りで、扉、壁、軒から
縁や床面に至るまで漆塗りで仕上げた上に
金箔を貼り込んで仕上げらえているのですが・・・
残念ながら内部撮影不可、なので少し遠くから撮影(笑)
現在のコンクリート囲みガラス張りの覆堂に移される前の
旧覆堂の雰囲気もなかなか良かったです。
覆堂は、おおいどう、または金色堂を刀に例えて
収まる堂なので、さやどう、とも言われています。

なんでも、その昔は そのまま野外にあったそうですが・・・
そのイメージを見たい場合は、近くにあるテーマパーク
「えさし藤原の郷」に再現されて展示されています。。。

えさし藤原の郷
http://www.fujiwaranosato.com/


えさし藤原の郷は、平泉から ほど近い場所にあり
広大なスペースに平安時代が再現されていて、
テーマパークとしての観光は もちろん、
大河ドラマや映画、CMなどのロケ地としても有名です。
江戸村ならぬ平安村というところでしょうか??(笑)
機会があったら ゆっくり観たいところです・・・


そんな訳で、無事 観光を済ませ、
最終日は 温泉に入って久々のフカフカ布団で熟睡です
まぁキャンプ、テントでも ぐっすり寝ていたんですが(笑)
翌日は、いよいよ旅の締めくくりのロングラン。
朝、平泉から、自宅のある東京を目指します。
昨夜から続いていた雨の高速道路、
連休明けの交通安全週間でもあったようで、
ゼロクラウンの覆面パトカーに警告されたりもしつつ
快速に巡航し、無事、昼ごろには自宅に着きました。
Jeep パトリオット・・・・ 何気に長距離も快適でした。
240km/hまで刻まれたスピードメーターは
丁度真上の120あたりでも半分な訳で・・
この手のクルマとしては高速も安定し快適。
東京↔青森の往復に加え、峠道を含む山岳部や
キャンプ所周辺のオフ走行 約1800km走破。
ルーフボックス装着と荷物も多く積んでいて
思っていたより燃費は伸びませんでしたが、
ブラックスーツに、磨き込んだ車体と革靴の正装で
親の送迎も含む結婚式でのホテルに横付けから・・
土臭い トレッキングスタイルに キャンプ場まで
個性がありつつも 本気過ぎない さじ加減が丁度良く
オンオフと そつなく こなしてくれました。
最近、同じJeepのレネゲードが話題ですが、
パトリオットも まだまだ元気に走ってくれそうです。

Tokyo_highway

Jeep_aomori

そんな訳で、これにて 何回かに別けてアップしてきた
2015シルバーウィーク青森帰省編。無事完結です。
長くなりましたが・・・ ご清聴 ありがとうございました。





続きを読む "2015SW青森帰省#7 平泉 ・ 中尊寺 金色堂 September 25-26, 帰路編"

| | コメント (0)

2015年10月13日 (火)

2015SW青森帰省#6 十和田湖 奥入瀬渓流 September 24-25, キャンプ編

Towadako_01

Towadako_02

そんな訳で、前回に引き続き、2015SW青森帰省編。
朝の岩木山登山に引き続き、下山後は次の目的地
青森県と秋田県の間に位置する十和田湖に移動です。
十和田湖は その昔、子供の時に来た印象が良くて、
今回も ぜひとも訪れたかった場所の一つでした。

十和田湖国立公園協会
http://towadako.or.jp/

十和田湖へは岩木山から弘前経由で一般道で移動。
これが、十和田湖というのが噴火で形成されたという
二重カルデラ湖。つまり湖は太古の噴火口な訳で、
大まかに湖の回りはクラウン状に山で囲まれた
山岳の中心部に位置し、どのアクセスも峠を越える
カーブが続くワインディングの山道となります。
それが、いつも走り慣れている関東周辺の峠道と比べ
少し車幅が狭く、遅い車をパスするのもコツがいる感じ。。
そして ほどよく荒れているというか、自然感も強いです。
先日からの八甲田山~岩木山~等の移動も含め
そこそこ距離がある峠道が続いたため少し疲労しました。
今回は高速メインであった800km近かった長距離運転や、
その後の正装に着替えて結婚式での撮影の緊張感、
そして徒歩での八甲田山、岩木山の登山に比べても、
この峠道でのハンドルの左右の切り替えしが、
腕がだるくなって・・・一番 疲労したかもしれません(笑)
まぁ・車の運転やワインディングは嫌いでは無いので
心地良い疲労感ではありましたが・・その感じは・・・
その昔、バイクに乗りたてのころ、信州方面を色々
一人で下道を3泊ほどかけて回ったことがありましたが、
その時も一日中、右左とコーナーを繰り返す峠道続きで
スキーかスノーボード後のように内腿がパンパンに
筋肉痛になった感触を思い出しました(苦笑)
そんな訳で、まだかな?まだかな?と思いながら
峠道を疾走、無事、十和田湖へ抜けることができました。
その甲斐もあって、見渡せた十和田湖の綺麗なこと、、
そして奥入瀬渓流も物語の中ような神秘性と絶景でした。

Towadako_03

Towadako_04

Towadako_05

Towadako_06_2

Towadako_07

奥入瀬渓流~子ノ口
http://towadako.or.jp/sansaku-map/oirase-nenokuchi/


奥入瀬渓流では、車を停めて渓流沿いの遊歩道を散策。
大小、様々な滝があり、自然豊かな渓流は癒されます。
雰囲気は、先日ハイクした奥日光にも似ていますが、
「瀑布街道」とも呼ばれる奥入瀬は十和田湖への
魚の遡上を阻止してきた魚止めの滝でもある
銚子大滝をはじめ 大自然の静と動を体感できます。
子供のころ見た銚子大滝は美化されていたのか
大きくなって他県で色々な滝を見過ぎたのか、、、
少し小さく感じましたが(笑) その美しさは健在で
写真だけでは伝えきれない見応えがあります。

十和田湖 wikipedia.

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E5%92%8C%E7%94%B0%E6%B9%96


そして、国立公園でもある十和田湖です。
上空から見ると、趣のある「E」の字のような形状で、
中山、御倉と2つの大きな半島があるのが特徴的です。
今回は下の写真の奥の、岩肌が美しい 御倉山がある
御倉半島付け根に位置して湖に面している
十和田市営宇樽部キャンプ場に泊まりました。

Towadako_08

Towadako_09

十和田市営宇樽部キャンプ場
http://www.aptinet.jp/Detail_display_00000616.html


キャンプ場には湖沿いの103号通りから、
看板の出ている未舗装の脇道に入っていきます。
少し林道を程よく進めば管理棟が見えてくるので
そこで停車しチェックインとなります。
キャンプ場内には戸建てのコテージが数件と
区画かされたオートサイト部などがありますが、
どうせなので湖面よりの景色の良いフリーサイトに
お隣さんと距離を保って広々と設営です。

Towadako_10

Towadako_11

Towadako_12

Towadako_13

Towadako_14

Towadako_15

Towadako_16

場内をオフ走行を楽しみながら ぐるりと一周。
色々悩みましたが、やっぱり十和田湖。湖脇に設営。
湖からは少し砂浜があって一段高い場所です。
湖越しに対岸と周りを囲む山々が見えます。
今回持参したメッシュタープの ニーモ バグアウト
湖面側を解放して、その景色と空気感を楽しみます。
最高に良い天気の この日は、少し夏日ぎみで
湖面を渡ってくる風が心地良かったなぁー。
そして、先日までの山岳、広々とした芝生の上も
良かったですが、緑が気持ち良い森林の中も
なんだか落ち着きイイですね。 どうせだったら
バグアウトの使用方法の一つ、木々の間に結んで
張る設営も試してみれば良かったかな??・・・
まぁ、それにしても、このタープはサイズ感が絶妙で
狭い場所でもカンタンに張れて便利で快適。
メッシュの中でBBQをしたので匂いが付いたのと
木々の下で樹液的なものが付きベタベタしましたが
持ち帰ってから、洗って干しておいたら問題無しでした。
メッシュ部は別として正方形のウイングタープゆえに
物干し竿に掛けておいても違和感ないですし(笑)

そんな訳で、ここ宇樽部キャンプ場ですが
ロケーションの良さから繁忙期は賑わっていそうですが
この日は、贅沢に ゆっくり広々使える感じで、
ホンダの原付、カブでキャンプを楽しんでる方から
関東ナンバーで来ているツーリングライダーの方々や、
カヌーを車のルーフに積んで遊びに来ている人など
十人十色でキャンピングを楽しんでいるようでした。
そして、湖面に面した平地部はスペースの関係か、
ツーリング用か山岳用の小型テントの方が殆どで、
森の中の木々を切り開いた所、コテージの間に、何組か
大型のコールマンなどのファミリーテントの方がいる感じで、
それぞれイイ感じの距離感が保たれ快適な感じ。
そして、トイレもキレイで、管理棟横にある建物には
24時間使えるランドリーとコインシャワーがあり、
その場内の雰囲気は上質な避暑地のキャンプ場風でした。
受付のスタッフも管理棟もオシャレな感じでしたし・・

そんな訳で、オシャレな雰囲気と共に、快適で、
かなりオススメなキャンプ場ではあるのですが、
残念な点をあげるとすれば、湖面近くだと
かなりの朝早くから ボートのエンジン音がして、
その音で起きてしまったこと。漁船か?釣り人のエレキか?
テント内に居たので詳細は不明ですが
何艇か湖面をエンジン音を唸らせ疾走していました。
十和田湖は、湖であるのに漁港が2つありますし、
その辺りは しょうがない事だとは思いますが、
以前泊まった富士五湖の西湖ではエンジン付きの舟は
禁止されていて、爽やかな朝を迎えられたので残念です。
ボートの人も早朝はキャンプ地付近をは避けてくれるか
少し徐行ぎみに走行してくれると良いのですが・・・
と まぁ 気になるようでしたら 湖面から離れて
内地側の森の中に設営すれば良い訳ですし
それを差し引いても充分に良い一時を送れました。
また、十和田湖は ゆっくりキャンプをしたいところです
一日二日居ても飽きない魅力がありますし・・・

Towadako_17

Towadako_18

やっぱりキャンプって楽しいですね。クセになります。
子供の頃の思い出、自分の親とアウトドアといえば、
山菜取りに連れて行ってくれたことぐらいしか無くて、
キャンプやBBQって、面倒で嫌なようでしたが・・・
会社の人や、知り合いに誘われ、その楽しさに
開眼してからは、すっかり お気入りです。
普段ディスクワークでPCの前でカチャカチャやってると
本能的に、なにか 欲するのかもしれませんね。
綺麗な景色を見て 美しいと思う その心は
精神的にも とても 良い事らしいですし・・・
まぁ景色だけではなく 絵画でも 写真でも
何かしら感じ 心地良い肯定的な感情は 心のビタミンです。

そんな訳で、朝一で撤収し、次の目的地を目指します。
ここからはノープラン。晴天続きで 予定していた
ミッションは 予備日を残し すべて達成できました。
青森を出て、東京に向けて南下する予定ですが、
秋田の田沢湖でキャンプや、岩手の三陸海岸も魅力的。
ただ 今日からは西から近づいていた雨雲に突入です。
岩手の龍泉洞も好きな所だし 色々悩みましたが・・
数年前に 東北地方では初の世界文化遺産となった
平泉に決定。 ここも子供の頃訪れた思い出の場所。
雨なのでキャンプは止めて スマホで温泉宿を予約。
・・・実家で3泊、その後転々とキャンプを3日間、
約一週間 駆け足で遊び回った青森を後にします。

帰省編、最終日の その模様は次回にアップ予定です。

 

続きを読む "2015SW青森帰省#6 十和田湖 奥入瀬渓流 September 24-25, キャンプ編"

| | コメント (0)

2015年10月 9日 (金)

2015SW青森帰省#5 岩木山 September 24, 登頂編

Aomori_iwaki01

そんな訳で、前回に引き続き、2015SW青森帰省編。
前回の八甲田山・大岳 周回の登山に引き続き
青森にある もう一つの日本百名山 岩木山へ登山です。
キャンプ地から 朝8時からゲートがオープンする
津軽岩木スカイラインで8合目まで車で上がり
そこから徒歩で岩場・稜線つまみ食いトレッキングです(笑)

上の写真、ここから見る岩木山の山頂はフラットな
台形に見えていますが、実はその奥に ちゃんと
尖った頂上 ピークが存在しています。→写真
下記のリンク先を見ると解り易いですが・・・

津軽岩木スカイラインとは
http://www.iwaki-skyline.jp/about.html


岩木山は富士山のような円錐形の美しい山ですが
弘前側から見ると「山」の字を表したような
3つのピークがあって 左から鳥海山(1502m)、 
中央の最高峰 岩木山(1625m)、巌鬼山(1457m)となります。
なのでキャンプ場から見えていたのは鳥海山の頂上で
近すぎるためか奥に存在するピークは見えていない・・
そして、まずは鳥海山の頂上手前の8合目まで
下の車窓でいう左側から今回は車で登ることにします。

Aomori_iwaki22

Aomori_iwaki02

そんな訳で、無事 津軽岩木スカイラインの最終地点
8合目駐車場に到着です。朝一なのでガラガラ。
前泊した岩木山の麓のキャンプ場、
岩木青少年スポーツセンターからは
津軽岩木スカイラインへの登り口がすぐなので便利。
本当は もっと早い時間から登りたかったのですが
かっちり8時まで麓のゲートが締っていて駄目でした(汗)
なので・・8合目で朝食予定でしたが、
いったんキャンプ地まで戻って朝食とって待機(笑)
そして開門と共に全長9.8km 時間にして約30分、
69あるという九十九折のカーブを上がります。
駐車場は広く、トイレ・休憩所も 新しく綺麗です。

ここでも充分、見晴らしも良く絶景なのですが・・・
目指すは 青森県 最高峰 岩木山(1625m)の頂上です。
ちなみに、ここから更に リフトを使って
ほぼ鳥海山(1502m)頂上付近の9合目まで
体力を使わずに行くことも可能ですが・・・
日本アルプス中央部や富士山では約2500mと言われる
森林限界は東北、北に行くほど高度が下がる傾向があり、
青森の八甲田山や岩木山の森林限界は約1500mと言われ、
その辺りを考慮した通り、この8合目から9合目にかけての
山域は、ちょうど森林の木々の変化が楽しめ、
あの森林限界を越えて 高度をグングン稼いでいく
高山系トレッキング特有の気持ち良さが味わえます。
この区間のマップ上の参考タイムは登り40分。
足慣らしにもリフトでなく トレッキングが良さそうです。

Aomori_iwaki03

Aomori_iwaki04

Aomori_iwaki05

そんな訳で、岩木山山頂駅と言われる
リフト乗り場横に登山口の入口があります。
しばらく巻き道ぎみに8合目を見下ろすように進むと
いよいよ木々が生い茂る森林の中へ、
まだ背丈以上の高さの木々に囲まれ見晴らしも悪く
風が遮られるため、8合目では肌寒かったのですが
汗ばみ暑くなってしまいます。アウターやシェルで調整。
そして、ほぼマップ上のタイム通り登り切れば
森林限界を越え、一気に視界が開けた9合目
鳥海噴火口。リフトで登って来た人との合流地点です。
ブォー、、ここは鳥海山と岩木山を繋ぐ稜線上、
遮るものがない高度感のある眺望の良さと風の強さ。
一気に緊張感が高まります。そして一山越えれば、
大きな御倉岩。無人の鳳凰ヒュッテがあります。
ここから急斜度の岩場を越えれば少し平地部があり
そして、第一おみ坂、第二おみ坂、と更に奥に
斜度のある岩場を どんどん高度を稼いでいけば頂上。
そして、その奥に岩木山神社 奥宮が待っています。

Aomori_iwaki06

Aomori_iwaki07

Aomori_iwaki08

Aomori_iwaki09

Aomori_iwaki10

Aomori_iwaki11

Aomori_iwaki12

Aomori_iwaki13

ゆっくり、景色を楽しみながら、岩場を登ります。
先日の八甲田山が ほとんどスニーカーで行けそうな
散歩道のようなルートでしたが、岩木山の頂上付近は
観光客も多いながらも、程よく 自然の荒さが残る
いわゆるトレッキング気分を味わえるルートです。
斜度もあり浮石もある岩場ですが登り下りと解れていたり
危険個所は張り縄や階段を設けたり親切で安心です。
そして、無事、頂上部へ・・・・ ついに あの岩木山を登頂!
何気に青森産まれの青森育ちながらも・・・今回初めて(笑)
まぁ すでに東京に居る時間の方が長いぐらいですが
なんとなくソウルフルな感動が混みあがります。

北は遠く北海道の松前崎、津軽半島の権現崎と十三湖、
なだらかな弧を描く日本海 七里長浜、そして鯵ヶ沢から大戸瀬。
そして、先日までいた八甲田の山々に、弘前市、青森市と
大きな街並みに、林檎園や田園が広がる広大な津軽平野、
独立峰らしく、ぐるりと360度、青森県を一望です。

Aomori_iwaki14

Aomori_iwaki15

Aomori_iwaki16

Aomori_iwaki17

Aomori_iwaki18

頂上部はゴツゴツとした岩場ですが、開けています。
これぞ頂上という達成感と見晴らしの良い高度感。
岩木山山頂を示す 青森らしい三角形のモニュメントと
その奥には 岩木山神社 奥宮 赤い鳥居。
それと、、なんと・・バイオ式のトイレもありました。
男女別れていて自転車のペダルを回すタイプ。
すごいですね。自然を守りつつ大事に使いたいです。

そして、一通り頂上感を堪能したら、天空でブランチ。
さすがの吹きさらし強風なのでベルン トレッキングパッド
風防代わりに使ってイータエクスプレスで高速湯沸し(笑)
宇宙に近い広い空と、眼下に広がる青森の全貌を肴に
芳ばしい温かい珈琲と パンを炙って食べました。
青森県内で最高峰の岩木山。地上に足が付いた状態では
間違いなく 青森中の誰よりも高い所でのカフェタイムです(笑)

そして自然が作った空中庭園を満喫した後は下山。
眼下には奥歯のような噴火口に、9合目 鳥海山
そしてリフト下に連なるように8合目駐車場。
その下に津軽岩木スカイラインのワインディングが
白く段々と続き、森の中に薄く左側に伸びて行きます。
その先には昨夜泊まった広大なキャンプ場。

Aomori_iwaki19

Aomori_iwaki20

Aomori_iwaki21

休憩時間を除けば、往復で2時間ちょっとの空中散歩。
もののガイドブックには 岩場と稜線歩きのつまみ食い
そんなキャッチコピーが使われていましたが、
まさに、そんなショートケーキの苺をつまんだような
岩木山のトレッキングでしたが 充分に楽しめました。
一合目から登ってもマップタイムは4時間ちょっと・・・
なんでも、旧暦8月1日の 山頂からご来光
「お山参詣」は何とも神秘的とか・・・
また機会があったらアタックしてみたいところです。

そして下山後は、麓で美味しいランチを食し
青森の次なる目的地、十和田湖へ移動です。
その美しく神秘的な奥入瀬渓流と十和田湖キャンプ。
その模様は次回にアップ予定です。






続きを読む "2015SW青森帰省#5 岩木山 September 24, 登頂編"

| | コメント (0)

2015年10月 7日 (水)

2015SW青森帰省#4 岩木山 September 23, キャンプ編

Jeeppatriot_camp01

そんな訳で、前回に引き続き、2015SW青森帰省編。
前回の八甲田山・酸ヶ湯キャンプ場から
次の目的地でもある青森にある もう一つの日本百名山
岩木山へ移動してトレッキング&キャンプです。

岩木山 http://www.iwakisan.com/

当初の予定では朝一で移動して、そのまま
2日連続でトレッキングをする予定でしたが、
酸ヶ湯キャンプ場でテントやタープの結露を
乾かしていたら撤収が遅くなってしまったので・・・

Aomori_01

Aomori_02

・・・スケジュールを変更し、少し ゆっくりと買い出しや、
石垣の修理で移動中という珍しい状況の弘前城
道の駅にあった田んぼアートを観光したり、
抜群な糖度を誇る「嶽きみ」というトウモロコシを使った
ソフトクリームや みそラーメンを食したりしつつ、
移動日&休息日として、そのまま岩木山の麓にある
キャンプ場に宿泊し翌日、朝一で岩木山へ登ることにしました。

岩木青少年スポーツセンター(青森県)
http://www.hatinosu.net/camp/archives/962/
https://www.facebook.com/pages/%E5%B2%A9%E6%9C%A8%E9%9D%92%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/282055008479992

ここも、ぜひとも利用して見たかったキャンプ場で、
とにかく広大で 綺麗に手入れされた芝生スペースに、
目の前には津軽富士とも言われる岩木山が聳えます。
そして嶽温泉と同じ湯質と言われる、白濁とした
かけ流しの温泉は何度も入浴OK。。。
3つあるサイトは、それぞれ全て炊事場、トイレがあって
設備は古いですが掃除が行きわたっている感じでした。

そんな訳でスペース的にも 繁盛期でも
いっぱいになる事は無さそうですが、
この日も ほぼ貸切状態、、遠くに見えるお隣さんは
遥か彼方で、先日の 少し宴会が煩かったサイトとは
別世界の静けさです。これぞ大自然・・・
まるでゴルフ場のようなサイトが3つ、芝生は綺麗に刈られ
ペグも打ちやすく、天然のじゅうたんでフカフカ。
車両乗り入れOKとのことで、久々に愛車
Jeepパトリオットの4WDロックを入れて大海原のような
草原のアップダウンを楽しみながらポイント探し、そして
炊事場、トイレ、地面が平らな所を探し停泊です。

Jeeppatriot_camp02

Jeeppatriot_camp03

Jeeppatriot_camp04

この日は、管理棟近くにMTBを積んだ車の方と、
細い舗装路近くにR1かな?リッターレーサーレプリカの
ツーリングキャンパーが来てテントを張っていました。
私有地だからいいのかな?途中ノーヘルでお風呂に
行っている所をすれ違いましたが気持ち良さそうでした。
TWとかオフ車だったら牧場走行みたいで良さそう~。
広い敷地のためか管理の方もクルマで移動していました。
壮大な草原を走ってくる軽トラック・・・シュールです(笑)
そして、広大なキャンプ場は日が落ちていきます。

Jeeppatriot_camp05

Jeeppatriot_camp06

Jeeppatriot_camp07

Jeeppatriot_camp08

Jeeppatriot_camp09

Jeeppatriot_camp10

Jeeppatriot_camp11

Jeeppatriot_camp12

さすがに夜間は冷え込みますが、標高もそんなに
高くはないので、焚き火の温もりが心地良い
過ごしやすい環境、まさに最高のロケーションでした。
このワクワク感。非日常空間がたまりません。

ニーモのバグアウトに、ブラックダイヤモンドの
コンパクトなランタン、モジがイイ感じ。
そして焚き火台は 酸ヶ湯キャンプ場でも使った
尾上製作所フォールディングBBQコンロ F-2527
明るいうち拾っておいた小枝が良く燃えます。
BBQを楽しんだ後は、焚き火で鮭とばを炙りながら
お酒をチビチビ・・・ゆっくり夜が更けていきます・・・

そして、岩木山トレッキングに向けて朝日とともに起床。
大自然のマイナスイオンを感じる爽やかな朝です。

Jeeppatriot_camp13

Jeeppatriot_camp14

Jeeppatriot_camp15

そんな訳で、朝食を済ませ、テント&タープを撤収し、
目指すは岩木山・頂上です。
朝8時からゲートがオープンする
津軽岩木スカイラインで8合目まで車で上がり
そこから頂上へ絶景・高度感のあるトレッキング。
その模様は次回にアップ予定です。


 
 

続きを読む "2015SW青森帰省#4 岩木山 September 23, キャンプ編"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧