カテゴリー「■ ホーム モノ. 家電」の26件の記事

2016年3月30日 (水)

ASUSU LED Portable Projector P2B 他

Asus_led_01

最近プレゼンやら打合せなど仕事で使っている組合せ。
ASUSUの小型で明るいLEDプロジェクターと
そこそこ使い易い microsoftのSurface Pro 3 です。

ASUSU LED Portable Projector P2B
https://www.asus.com/jp/Projectors/P2B/


ASUSUのP2Bは軽量コンパクトなのはもちろん
このサイズでバッテリー内蔵っていうのが優れもの。
出先のクライアントの会議室でも
電源を借りずにプレできてしまうのは便利。
そして、発熱も少なく撤収もラクなんですよね。

基本的には、いつも持ち歩いている訳でも無く、
クライアントによってはプロジェクターや大型ディスプレイが
会議室や打合せ場所に設置されていることも多いですが、
なんだかんだで・・自前が使い易くて安定しています。

Asus_led_02

Asus_led_03

Asus_led_04

Asus_led_05

使い方もカンタンで、HDMIケーブルを差し込めば
すぐにミラーリング。台形補正もオートで精度も良く
マニュアルのピント合わせもカンタンです。

本体に比べ少し大き目なACアダプターや、
レーザーポインターもついたカード型のリモコンに、
各ケーブル類を納めて付属の専用ケースに入れれば
厚さは少しありますがほぼサーフェスと同じぐらい。
これなら都心の電車移動の際も苦になりません。

まぁMHLにも対応しているので、スマホを繋いで
キャンプ場で映画鑑賞っていうのも出来なくはないですが(笑)

Asus_led_07

Asus_led_06

Asus_led_08

そして、付属されていなかったHDMIケーブルと、
サーフェスはHDMI端子がなく、いわゆるMacBook等と同じ、
USBとMini DisplayPort(Thunderbolt 2)しかないので
hdmi変換アダプターの組み合わせで接続。
この組み合わせがあれば、汎用性が高くなります。

そして角度合わせに便利な小型の黒いテーブル三脚は、
マンフロットの絶版「345」。後継は「209,492LONG」。
ASUSU P2Bは2段階に調整できる内蔵のスタンドが
便利で、神経質にスクリーンにピッタリ納めようとしたり
ギリギリのサイズまで大きく投影なんてしなければ
別途の三脚なしで そのまま机に載せて使用可能です。

そして、今も現役で自宅で使っている
同じLEDプロジェクターのTAXAN KG-PL021Xと比較。

Asus_led_09

Asus_led_10

Asus_led_11

バッテリーが内蔵されていないなどハンデはありますが、
厚さは別として ほぼ同じサイズで 充分コンパクト。
購入したのはLEDが目新しかった6年近く前になりますが
輝度も 350ルーメン vs 300ルーメンとイイ勝負です。

LEDプロジェクター TAXAN KG-PL021X
http://tact.air-nifty.com/thp/2010/12/taxan_kg-pl021x.html


たしかに比べれば少し暗いかなぁと思いますが
部屋を暗くしての映画鑑賞にも充分耐えれる実力です。
そして、その実力を しっかり引き出してくれる
プロジェクター用のスクリーンも追加購入してみました。
前に使っていたスクリーンはボロくなったので破棄(苦笑)

Asus_led_12

EPSONモバイルスクリーンELPSC21B80インチワイド Xタイプ

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B007ZY3UXS/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B007ZY3UXS&linkCode=as2&tag=alfatact-22


80インチワイドの大画面で黒枠付き。
これが、非常に優れもので コスパも最高。
専用のケースも付属して持ち運びも出来て、
組み立てもカンタン。伸縮式のスタンドは
縮めてテーブルやボードの上に置くのはもちろん
300~800mmと 最大に脚を伸ばした状態では
自立式で床置きでも目線の位置まで調整可能です。
なんでも EPSONのプロジェクターとのセット品だったようで
市場に出回っているバラ売り品は在庫限りだと思いますので
この出来の良さで、この金額で入手できるのは
今がチャンスかもしれません・・・かなりオススメです。
やっぱり、壁やロールカーテンとは違う画質です。

そして、出先で使っているPCの microsoftのSurface Pro 3。
CPUはCore i5(4300U) RAM8GB、そして256GBのSSD。
ノート用のi7って4コアじゃないんですよね・・・。
それならコスパ的にもi5で充分と言うか・・・。
とりあえず軽いしバッテリーも持つので快適。
メインで使っているディスクトップPCには及びませんが、
仕事をするのに欠かせないMicrosoft Office系アプリに、
AdobeのPhotoShopに Illustratorも 2160 x 1440 (3:2)の
ディスプレイのおかげで そこそこ出先での作業もこなせます。

Ms_surface_01_

Ms_surface_02

Ms_surface_03

そしてタッチパネルは、ぺったり机に置いて囲むように
数人で見る時に便利。webページの閲覧も安定しています。

なんだかんだ言っても、やっぱりWin機は汎用性が高いです。
webページの閲覧や 写真を見る程度ならタブレットでも
充分なのですが、実際に精度の求められる作業もする
状況だと、まだまだPCでなければ対応できないし、
案件によっては圧縮方式が決まっていたり、
winでしか動かないツールを強要されたりするので
現状は他のOSで作業しても、一度win機を通す
必要があるので、他に選択肢がない環境なんですが・・

まぁサーフェスは見た目にもインパクトがあるので
興味がある人も多く、出先で話のネタになることもあったり、
すっきりとしたデザインは 質感や見た目も良いです。

そして、仕事で荷物が多い時に使っているバッグは、
お気に入りの BRIEFING C-3 LINER 。Black。
スクエアなビジネスバッグのスタイルでありながら
通常の手持ち、ショルダー、バックパックで背負える
3WAY仕様で、都内の徒歩&電車移動も快適です。

BRIEFING C-3 LINER
http://www.briefing-usa.com/onlinestore/item_detail.html?item_id=389

Ms_surface_04

そして、バッグは毎日使うと痛むので、その日の気分や
TPO、着ている服や靴に合わせて変えているのですが
中の荷物を移すのが面倒だったり、忘れ物防止も兼ねて
日々持ち歩いているモノはインナーバッグにまとめています。
使っているのは、山屋な方には馴染があるというか、
今は無きというか、実質剛健なMountainDAXの製品。

Mt.Dax [マウンテンダックス] パックインオーガナイザー4型

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003OQ45LM/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B003OQ45LM&linkCode=as2&tag=alfatact-22


A4サイズ弱のサイズ感は絶妙で、どのバッグとも相性が良く、
小分けになった各ポケットは紛失しそうな小物の収納や、
ペン差し、予備の名刺や、薬やマスクなど納めています。
たぶん・・・どこも在庫限りだと思うので・・・興味のある方は
早めにGetしてみてください。コスパも最高です。

Ms_surface_05

Ms_surface_06

それと、サーフェスなど いわゆるUltrabookは
USBの数も少なく、有線LANの端子も無かったりします。
ワイヤレスが今時なのかもしれませんが
出先で電波状況が悪かったり、特殊な場所ですが
諸事情でWi-fi禁止の場所もあったりします。
そんな場合に便利なのが Gigabit対応の
LANアダプターを搭載した3ポートUSB3.0ハブです。

HooToo HT-UE01 3-port USB 3.0 Hub
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00H5IQQYE/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00H5IQQYE&linkCode=as2&tag=alfatact-22

数少ないUSB端子の増設は不可欠ですし
そうせなら、こんなハブを1つ持っておくと便利です。
数ギガを越える動画ファイルのやりとりや
一時的な共有サーバーへのアクセス・・・
まだまだ有線も必要なんですよね。

断捨離が進む 最近のガジェット類ですが
結局、荷物が増えてしまうのは困りもです(苦笑)

そんな訳で、最近あまり更新していなかったので
お薦めなガジェットやらをまとめてアップしてみました。
やっぱり色々調べつつの道具選びって楽しいですね。




続きを読む "ASUSU LED Portable Projector P2B 他"

| | コメント (2)

2016年1月29日 (金)

card shaver : Panasonic AITE ES518P

Card_shaver01

Card_shaver02

Card_shaver03

パナソニック・イーエス・ゴーイチハチ・ピー。
一見、何だか解らないアイテムですが・・・
その正体は ポケットサイズのトラベルシェーバーです。

カードシェーバー AITE(アイト) ES518P
http://panasonic.jp/shaver/p-db/ES518P.html
91×55×13mm / 95g (乾電池除く)

Amazon : http://amzn.to/2ksjrnx


基本的に髭剃りはシンプルな、カミソリ派なんですが
旅行等の外泊用に使っている電気シェーバーが
壊れてしまったので、今回 買い替えをしました。

いかにもな、電気シェーバーのデザインではなく、
ほぼフラットでスクエアなシンプルなデザイン。
ひんやり冷たいメタル製のシルバー調ボディは
なんとなくジッポーライター的でもありますし、
真ん中にある、カウボーイとフェラーリのような
跳ね馬が刻印されたゴールドのメダリオンは・・・
Coltガバメントのグリップを彷彿させなくもないです(笑)

Card_shaver04

Card_shaver05

Card_shaver06

そんな男心誘うハードボイルド要素もありつつ
作りの良さは、さすが Made in Japan 日本製。
精度の良さそうな外刃のメッシュ部分は
肌触りも良く、切れ味も満足のいくもの
一枚刃の細めのアングルは、一度で剃れる範囲は
狭いですが、逆にシャープに小回りが効いて
モミアゲのラインや、眉の間もカットしやすいです。
そして、ちゃんと補修品が用意されているのも
さすがメーカー品という安心感です。

カードシェーバー AITE(アイト) ES518P 別売オプション
V-12 外刃(カセット式) ES9933 / V-12 内刃 ES9932
http://panasonic.jp/shaver/p-db/ES518P_option.html

Amazon : http://amzn.to/2kTsbDG
 

今までは、ブラウン575、モバイルシェーブM-90の前型を
使っていたのですが、切れ味には不満が無いものの
収納時にカバー部分を回転させて閉じる仕組みが
どうしても隙間が出来てしまって、シェーバーをしまう
ポーチの中でも、髭の粉がポロポロ出るのが不満でしたが、
このPanasonicのES518に関しては、今の所、
フタがパチンとハマり密着度もよく、こぼれないのが良いです。
また、ジッポー方式でカンタンにケースを抜いて
バッテリー交換が出来るのも良くて、使う電池も
汎用性の高い 単4型電池×2本仕様。
コンビニ、百均電池から、充電式のエネループでも
問題無しで、旅行先での入手や予備にも困りません。

そして、量販店で良く見る 同じPanasonicの
小型トラベルシェーバーのES-RS10は
サンヨー時代のSV-M701の時は
ちゃんとハードケースが付いていて良かったのですが
現在は歯の部分のみ透明なプラカバーを被せる仕様で
収納時の収まりを比較しても ES518は良好です。

Card_shaver07

Card_shaver08

Card_shaver09

Card_shaver10

サイズは見事に、カードサイズ。
厚さも薄くて、ちょっとした名刺ケースぐらいです。
すっぽり手の中に納まって、ポケットにも収納可能。
そのサイズ感は 旅行や、出先での携帯はもちろん。
キャンプやトレッキングにも持って行ける範囲で、 そして、
いわゆる シェーバーらしくない スッキリとしたデザインは、
鞄の中でも目立たなく、机の引き出しの中でも違和感なし。
もしものために 車に積んでおいても良いし、
お気に入りの逸品となりました。さすがロングセラーです。

ただ、量販店で あまり置いていないんですよね。。
ES-RS10は、どこでも置いているんですが、
なんだか生産終了の噂も あるみたいですが・・・
このクラスでも Made in Japan 日本製クオリティで
少し拘った製品も 作り続けてもらいたいものです。

 

 

続きを読む "card shaver : Panasonic AITE ES518P"

| | コメント (0)

2016年1月28日 (木)

車載用空気清浄機NAGOMI & SHARP KC-D70

Air_purifie_01

頂いたものなんですが・・・
車載用 空気清浄機 NAGOMI です。

Three-up 車載用 空気清浄機 NAGOMI
http://www.three-up.co.jp/products/airRevitalizer/KS-1440.html


空気清浄機といっても、
メッシュの細かいフィルターで除去するとか
特殊なイオンが出るとかではなくて、
専用の液剤を入れた水をスクリューで掻き混ぜる
マジックボールとかaroboみたいなタイプです。

小さめのマグカップほどの大きさでUSB電源で動くので、
車載やPC周りのディスク上に丁度良い感じです。

Air_purifie_02

Air_purifie_03

Air_purifie_04

水を規定値まで入れて、好みの香りの
付属の専用ソリューションを2~3滴入れてスイッチON。
ブォーンって感じで上蓋に付いたスクリューが回り
小さな洗濯機みたいに中で渦巻きながら水を拡散。
水で空気を洗うという構造らしいです。

それと ブォーンっいうのはイメージで実際は ほぼ無音
音も静かで、振動も皆無。底面の滑り止めが
効果的に効いているのかもしれませんね。
色々なタイプがありますが、自分のは
木目調の本体にLED照明はホワイト1色。
照明はスイッチ切換えでオンオフできます。

Air_purifie_05

Air_purifie_06

Air_purifie_07

空気清浄機、そして外箱にも記載されている
除菌、消臭、に関しては、よく解りませんが・・・(笑)
アロマに関しては、ほどよい香りが楽しめています。
他の方のインプレを読んでいたら、
専用のソリューションではなくて、
普通のエッセンシャルオイルを使っている方もいて
それは、それで香りが広がっているようなので
本来の使い方とはそれてしまいそうですが
シンプルなアロマディフューザーとしても良さそうです。
加熱式や超音波式と違って霧状にでる訳でもなく
構造的に詰まり等の心配も無さそうなので
自分好みのオイルなんかブレンドしても良いかも・・・
天然由来のものとか気にする人でも使えそうな感じ。
個人的には、いわゆる車の強い芳香剤って苦手で、
薄っすら広がる感じや、すぐに交換できてしまうので
香りもBGMでも選ぶ感じで、ちょっとロングドライブや
デートの時にでも楽しむとイイかもしれませんね(笑)

それと、いつも この時期は、車に乗っていると
乾燥が気になるのですが、今年は気にならないような・・
目に見えて、水量が減る訳ではないですし、
ウインドウの内側が曇ってしまうのは本末転倒ですが、
ほどよく、傍で 水がグルグル回っているわけですから
ほんのり加湿してくれているのもしれません。

Jeep_towada

Jeep_ginza

そんな訳で、PM2.5や そろそろ花粉の季節でもありますし、
せっかくなので 少し飽きるまで使ってみようと思います。
今時のクルマはエアコンのフィルターの差も大きいですが・・
なんとなく本革シートの匂いも気にならなくなったし
ほどよい照明の感じがイイ感じなんですよね(笑)



で・・・、家では、本格的な 空気清浄機を使用中。
買う時に 色々比較しつつ 悩んだのですが
やっぱり SHARP KC-D70 イイですね。。。
これまた、熱や超音波式ではないメンテも楽な
高性能な加湿フィルターを使った加湿機能付き。

SHARP KC-D70 / KC-E70
http://www.sharp.co.jp/support/air_purifier/lineup/kce70_d70_spec.html

KCシリーズは年式別に~D・Eと変わり 現行はF
そしてサイズが対応する部屋サイズに合わせ40、50、70。
一応、少し加湿量や静音性があっがっていますが
まぁ・ほとんど ここ数年スペック変わっていないので
古い型が残っていれば  お得で コスパが高いです。
KC-F50が、最安値でも3万以上しているのに対して、
KC-E50やKC-D50は1万円台ですからね・・・

10年交換不要と言われる寿命のフィルターと、
ほとんどカルキが溜らないクリーンな加湿器で
1日使っても弱なら2円とかぐらいなエコな消費電力。
消臭機能も、へたな消臭剤をおくより効果的です。

チリがまったり、少しホコリがたった時とかには
すぐに反応してくれて、まるで怒ったかのように
アイコンのモノアイ部分が 緑色の平常時から、
オレンジ、赤の攻撃色に変わり、ブォーン(笑)
スターウォーズの R2-D2のように、24時間体制で
部屋の空気と湿度を監視してくれています(笑)
これが空気清浄機という高い基本性能の他に、
家にロボットくんが居るようで 生活に変化が出来、
寂しさが軽減し 独り暮らしの方にも良いかもしれませんね(笑)

Air_purifie_08

Air_purifie_09

 

Muji_aroma

そして、寝床の近くには無印良品のアロマディフューザー。
リラックスできる香りと 適度なミストの加湿
一日の疲れを癒してくれます。
鼻のムズムズも和らぎ 心地良く眠れそうです。





続きを読む "車載用空気清浄機NAGOMI & SHARP KC-D70"

| | コメント (0)

2014年4月15日 (火)

コードレス送風機:マキタ充電式ブロワー Makita UB182DZ

Blower_makita_ub182_01

じゃーん。ちょっと迫力のあるこのマシンは、以前から欲しかった・・・・
前回のマキタのコードレス掃除機CL182FDZWと合わせて購入した・・・・
充電式ブロワーUB182DZ
と、別売りオプション品のアンカーノズルの組み合わせです。
その組み合わせた姿はアンバランスに長く伸びたノズルが・・ドラグノフ・ライフルを彷彿させたりしますが(笑)なかなか使い勝手は良好です。

で・バッテリーや充電器は、同じマキタのコードレス掃除機充電式ラジオ「MR100」と共用で、この組み合わせ。

マキタ 充電式ブロワー本体:UB182DZ
マキタ純正18Vリチウムイオンバッテリー3.0Ah:BL1830
マキタ純正18Vリチウムイオンバッテリー1.5Ah:BL1815
マキタ急速充電器(7.2V~18V):DC18RC
マキタ純正アンカーノズル:192236-6

参考>
Makita  充電式ブロワー UB182DZ / UB182DRF
https://www.makita.co.jp/product/li_ion/ub182drf/ub182drf.html
Makita Li-ion バッテリーシリーズ
https://www.makita.co.jp/product/li_ion/index2.html
Makita 最適充電システム
https://www.makita.co.jp/product/li_ion/index1.html


掃除機と同じくバッテリーは実際に使う時は1つですが・・・パワーは同じ18Vで・・重いけど大容量の3.0Ah:BL1830と、容量は半分になるけど軽い1.5Ah:BL1815の2種類を共有。この2つを予備または用途に合わせ使っていく予定ですが・・・、自分の使い方だと、このブロワーに大容量のBL1830を付けてガレージに置きっぱなし、掃除機には軽いBL1815の組み合わせが定位置になりそうです。18Vのマキタ掃除機だと、ホコリや抜け毛程度だと「弱」でも充分な感じで・・時折り「強」を使いながらも結構バッテリーが使えてしまうので1.5Ahでも充分そうです。

で、マキタの流儀通り・・・この充電式ブロワーも、バリエーションが豊富で、、18V仕様の本体だけのUB182DZと、バッテリーや充電器がセットになったUB182DRFがあり・・・さらに14.4V仕様のUB142DRFとUB142DZ。そしてコード式のMUB400等や、18Vバッテリーを2つ使えるハイパワーな32V仕様のMUB360DRD / MUB360DWBX、さらに電動ではなく4ストロークエンジンを使ったEUB4250など・・たかが送風されど送風というところで、用途に合わせ選べる豊富なラインナップとなっています。

Blower_makita_ub182_02

Blower_makita_ub182_03

Blower_makita_ub182_12

そして、このマキタの充電式ブロワーといえば・・・スイッチオンで ブォーと勢いよく風がでる送風機。冷風だけなのでドライヤーとは違いますが、その風量は、最大風速80m/sと強烈で段違い!メインのターゲットでもある職人さんが現場での作業で吹き飛ばしに使うのはモチロン、、、撮影等で モデルさんの髪をなびかせたりするのに・・ヘアメイクさんの方々にも絶大の信頼で大人気のアイテムです(笑)
パワーはもちろん そのコントロール性は・3段階のダイヤル式の風量調節用ツマミがついていてストッパーが動くようになっており、その位置までトリガー式の無段変速スイッチは アクセル閉開のようにリニアに風量を調整できて、握りこめば、そよ風のような風量から、大きな音になりますが・・嵐のような大風量まで作業に応じて風量調節可能です。
さらに細口になる オプションのアンカーノズル「192236-6」を使えば、細かい場所にも対応可能!
これに気を良くし・・・エアーブロワー付属の極細ストローをテープで加工して同方法で付けてみましたが・・これはダメでした(笑) 風力が弱すぎでした・・・失敗例として 一応掲載(苦笑)

あとは・・・空気の出入口を逆にして使うたことになりますが・・標準付属品のダストバッグを使用すれば・・送風とは逆の・・いわゆる掃除機・・集じん可能です。個人的には使わなそうですが・・

Blower_makita_ub182_04

Blower_makita_ub182_05

Blower_makita_ub182_06

自分は、よく缶入りのエアーブロワー、エアーダスターを掃除に使うのですが・・・その使う量を大幅に減らしてくれそうです。実際、PCの内部など冷却ファンによって吸い込まれて蓄積したホコリなど除去するのに、ショップなででも使われていますし、その吹き飛ばし・・空気で洗う感覚は、パソコンのキーボードの隙間だったり、リモコンのスイッチ周りや、カメラやレンズ、コーヒーの粉が付着するエスプレッソマシンの掃除などに大活躍です。

50センチ先にあるiPhoneを風圧で倒せる
「マキタブロワ」でPCを掃除してみた(gigazine)
http://gigazine.net/news/20120309-makita-blower/


ガス式のエアーブロワーだと寒い時期など連続で使うと温度が下がりパワーが低下してしまいますが、電動ならその心配は無用で安定して吹き飛ばしてくれますし、さらに充電式のコードレスなら、コンプレッサーとは違い、ガレージ玄関前の落ち葉掃除から・・リビングやベランダのサッシ周りなど、外~1階~2階と広範囲にワイヤレスで活躍してくれます。

Blower_makita_ub182_07

Blower_makita_ub182_08

Blower_makita_ub182_09

Blower_makita_ub182_10

Blower_makita_ub182_11

ササッと強風で吹き飛ばしてくれる能力は・・洗車好きの方々にも人気のようで、エンジンルームの掃除から ブレーキダストが多くホイールが黒ずみやすい輸入車の足廻りや・・繊細で複雑な自転車のディスクブレーキのキャリパー掃除・・・一家に一台はあるかと思う 空冷エンジンのフィン掃除などに(笑)ホコリ飛ばしから 洗車後の水滴飛ばしまで幅広く活躍してくれそうです。

このマキタの充電ウエポンを使っての大掃除なら・・・
楽しく出来そうですね。ブォーン!キュイーン♪

 

続きを読む "コードレス送風機:マキタ充電式ブロワー Makita UB182DZ"

| | コメント (6)

2014年4月 8日 (火)

コードレス掃除機:マキタ充電式クリーナ Makita CL182FDZW

Makita_cl182fd_01

前から、買おう買おうと思っていたコードレス掃除機をついに購入!
さすが、巷の評判通り・・・素晴らしい逸品。
まさにプロ仕様の実力をもつ・・・マキタの充電式クリーナーです。

でー・今回仕入れた掃除機本体と・以前から持っていたバッテリーや充電器などで・この組み合わせを構築。

マキタ コードレス掃除機本体:CL182FDZW
マキタ純正18Vリチウムイオンバッテリー3.0Ah:BL1830
マキタ純正18Vリチウムイオンバッテリー1.5Ah:BL1815
マキタ急速充電器(7.2V~18V):DC18RC


参考>
Makita  充電式クリーナ CL182FDRFW / C8182FDZW
https://www.makita.co.jp/product/li_ion/cl182fdrfw/cl182fdrfw.html
Makita Li-ion バッテリーシリーズ
https://www.makita.co.jp/product/li_ion/index2.html
Makita 最適充電システム
https://www.makita.co.jp/product/li_ion/index1.html

バッテリーは実際に使う時は1つですが・・・パワーは同じ18Vで・・重いけど大容量の3.0Ah:BL1830と、容量は半分になるけど軽い1.5Ah:BL1815の2種類を用意。この2つを予備またはレンズ交換式カメラのごとく用途に合わせ使っていく予定です。
そして このバッテリーが・・前に紹介した、マキタの充電式ラジオ「MR100」や他の電動工具と共通で充電器を使いまわすことが出来るのも魅力。だいたいにして・・本体よりバッテリーの方が高かったりする訳ですから・・・。そして・その高価で高性能なバッテリーが、一昔前のコードレス・ハンディクリナーを知る人には・・信じられないほどの・使い勝手の良さと耐久性そしてパワーをもたらしている訳です。そして・そのバッテリーを使いまわせるマキタの製品群が・・・また魅力的といえます。

Makita_cl182fd_02

そして・自分はすべて単品のバラで購入したのですが・・・コードレス掃除機本体は「CL182FDZW」っていう英数字の組み合わせで長い名前がついてますが・・、本体と3.0Ahバッテリーと急速充電器がセットになった買ったらすぐ使える「CL182FDRFW」ってモデルもあります。・・・そしてマキタの充電式掃除機のラインアップは とにかく豊富で、使えるバッテリー、ごみ捨ての集塵方式が紙パックorカプセル式、スイッチの方式がワンタッチかスライドスイッチまたはトリガ式スイッチ などの組み合わせで・・色々複雑なんですが・・・とりあえず・この組み合わせが・・一番・ハイスペックで高額となりますが、自分としては・・・妥協無き・・お薦めな仕様と言えそうです。。。当然それぞれの利点がある訳で・・。10Vシリーズのセットのコスパも素晴らしいですが・・・。

とりあえず・・・安価な、バッテリーのタイプがニッカド電池のものも存在しているのですが、パワーも無く、充電方法に気を使うため・・自分的には選択肢には無く、放電も少なく継ぎ足し充電が可能なリチウムイオン電池のモデルとなり・・・。そのなかでも一番ハイパワーだけど高価で重量も重いのが18Vのモデル。そして電動工具のバリエーションも多くマキタで主流となるのは14.4V。そして・・よりコスパに優れた10.8Vモデルや7.2Vが存在し・・さらに別注?通販生活オリジナル仕様品があったりと多岐に渡ります・・・その中でも一番ハイパワーな18V仕様で・・容量は減りますがBL1830より200g軽い450gで充電時間たった15分で連続使用時間は強で10分となるBL1815のバッテリーを組み合わせた状態が・・・とても心地良い使い勝手で、ちょこちょこと使うサイドアーム的なハンディクリナーとしては最高レベルの働きをしてくれます。もともとモーター周りの重量物が持ち手部分近くにありマスの集中化したボディに軽量でハイパワーなバッテリーの組み合わせは、手首だけで動かせる旋回性の高さと、ゴミを吸い上げるパワーの立ち上がりの良さで、日常のちょっとした・・食べこぼしのパン屑やホコリや抜け毛の除去に、コード式では面倒な階段やトイレに洗面所に玄関など、・・・その使い勝手の良さは・・クイックルワイパー以上というか・・とにかくお手軽で便利で・ほぼ毎日活躍中です(笑)...とうぜん・基本仕様のBL1830バッテリーなら大きく重くなりますが、倍の20分はパワーが持続してくれる訳でTPOに合わせ活躍してくれそうです。・・・とりあえず色々と理屈はありますが・・・使った感想は一言「最高」。こんなことなら・もっと早く買っておけば良かったとういう感じです。

Makita_cl182fd_05

Makita_cl182fd_06

Makita_cl182fd_07

そして、数ある充電式クリーナの中で紙パック式が選べるというのは利点で、その利便性を重視する方は、それだけでもマキタを選ぶ理由になりそうです。抗菌仕様の紙フィルター分のランニングコストは掛かりますが清潔に保てるしフィルター掃除からも解放されメンテもラクです。また使い捨てにならず繰り返し使える白い布製フィルター?ダストバッグも標準で付属しますし、ランニングコストを下げて頻繁にゴミを捨てておきたいというならCL180FDZW等のカプセル式の本体を選ぶのも手です。
そしてシンプルで軽いパイプとヘッドですが、すべて外した状態でも吸い込み口が斜めになっているため コンパクトでハイパワーなハンディクリナーとして活躍できるのはもちろん、シンプルでブラシ等を持たないヘッドは・・少しヤンチャな使い方をして破損した場合もアッシーはもちろんワイパー部やローラー部などの小物パーツも購入できるのがプロ機材としての一面も持つマキタの魅力です。メーカー修理はもちろん。腕に自信がある方ならDIYでパッキン類はもちろんスイッチにモーターまでパーツとして入手可能です。また、このスペックで吸引力が物足りないという方は、一度各ジョイント部分などの気密性を確認した方が良いかもしれません。2次エアの吸い込みは仕事量を大きく落としそうです。

Makita 本体部品 消耗品
http://makitashop.jp/?mode=cate&cbid=11793&csid=0

Makita_cl182fd_03

Makita_cl182fd_08

そして、個人的に利用頻度が高い。すでに絶版ですが・・こちらで前に紹介した・・・布団用の掃除機ノズルの逸品「ATOPIT」もバッチリ使用可能。これで・カンタンに布団に掃除機を掛けられ・・ぐっすり安眠、快適に過ごせそうです

Makita_cl182fd_09

Makita_cl182fd_11

Makita_cl182fd_04

そして 本体手元に今流行なLEDライトが付いているのも便利。ちょっと薄暗い場所や、クローゼットや押し入れの中、そして、車の中を掃除する時にも充分な明るさで照らしてくれます。ただ・このLEDライトのみの点灯ができなく、また消すことも出来ない仕様で・・・非常時に懐中電灯として使う用途には不向きです(笑)
そして、その白色LEDとスイッチの間にバッテリーが低下したら点滅して知らせてくれる小さめの赤色LEDランプがあります。点灯後もバイクのリザーブタンクのように 少し掃除できますので、そのまま早めにキリが良いところまですまし 速やかに充電するか、予備のバッテリーがある場合は交換となります。

あとは・・・収納時ですが、そんなに重くない本体なので本体付属のストラップでフック等に下げておくことも可能ですし、クイックルワイパー等が置けるスペースがあれば立てかけておけそうですが、某ショップで専用の立てかけスタンドとして、ギタースタンドを用意しているところがあったのでマネして立ててみました(笑)なんだか・・たんなる掃除機が・・物々しく・・まるでサイコガンのような武器に見えてカッコイイかもしれません(笑)

Makita_cl182fd_10

まぁ・ちょっとイイ、高性能なコードレス掃除機を買おうと思い調べると・・このマキタか、ダイソンの比較になると思うですが、だいたい比較自体がナンセンスで、まるで同じワンボックスカーでもハイエースとエスティマを比較しているようなものと書いていた方がいましたが・・まさに・そのような気がします。

重くて複雑なダイソンのハンディクリーナーはモータ-ヘッドの採用などで毛足の長いじゅうたん等の掃除ではアドバンテージはありますが・・逆にシンプルな構造のマキタのヘッドはパーツ単体も安いですし丸洗いも出来そうな構造で・・少しラフな扱いも問題無しで 実際 業務用として 18Vのハイパワーで現場でクギやネジなんかも吸い上げるハイパワーで、米粒はもちろん、ちょっとした砂利や猫砂なんかも躊躇なく吸い上げてくれます。

また業務用電動工具として圧倒的なシェアをもつマキタを象徴するバッテリーと充電器も素晴らしく・・採用される急速充電器は・・・ トリクル充電、オートメンテナンス機能や少々煩いですがバッテリーを労わる冷却ファンを備えた本格的なもので、かたやフル充電まで3時間以上も掛かるダイソンに比べ、マキタは22分の急速充電で、強で20分、弱で40分の稼働時間を実現しています。もちろんリチウムイオン電池なら、継ぎ足し充電や途中で充電をやめて使ってもイイですし、これが数字以上に急速充電で ホント あっというまで今でいうスマホのような使い方が出来ます。また最新のモデルでは使っているとガタつきでバッテリーの接触が悪くなるためネジで固定式となり簡単にバッテリー交換できなくなったダイソンに比べ、プロ機材ならではのワンタッチで節度感良くバッテリーが素早く脱着できるマキタなら、予備のバッテリーを用意すれば更にストレスなく継続的に使うことが出来ます。

ちなみに・・・マキタは充電が早いが、充電器の冷却ファンがうるさいという方がいますが・・・急速充電の性能より静寂性を優先した方なら、急速充電器の DC18RC ではなく 急速充電機能を省いた安価でシンプルな DC18SD を選ぶのも手です。充電時の音も静かで それでも充分な速さです。

参考 :マキタ 充電器 出力電圧 直流7.2-18V
DC18RC 出力電流 直流9A 定価:16,000円
→冷却急速充電 BL1815:約15分、BL1830:約22分[3.0Ah]
DC18SD 出力電流 直流2.6A 定価:7,500円
→ファン無し充電 BL1815:約30分、BL1830:約60分[3.0Ah]

そして・・よくダイソンの利点として、デザインの良さを上げることも多いですが・・・個人的にマキタのシンプルで品の良いデザインはダイソンに負けていない気がします。って・かなりマキタ贔屓なコメントになりましたが・・・とりあえず・・すっかりマキタファンということで ご了承ください。ダイソンファンの方にはスイマセン(笑) そんな訳で・・大満足なC8182FDZWでした。 そして引き続き・・・次回は・・・合わせて購入した、同じマキタの充電式ブロワ・・・UB182DZの予定です。これが・また便利なんですよね・・・(笑)。



続きを読む "コードレス掃除機:マキタ充電式クリーナ Makita CL182FDZW"

| | コメント (8)

2013年9月 9日 (月)

Jielde ジェルデ シグナルランプ × E14 LEDバルブ

Jielde_led_01

お気に入りの・・以前にP.F.S. で購入し 紹介した・・・
一部に圧倒的なコアなファンを持つ・・
バウハウス。工業系。アトリエランプな・・・・
フランスのジェルデ シグナル デスクランプです。

Jielde Signal Desk Lamp : thp_blog
http://tact.air-nifty.com/thp/2010/02/jielde-signal-d.html


今回はこちらに使われている純正品の40W白熱電球を・・・今流行な・・電気代も安く球切れの心配も少ない・・LEDを採用した電球に交換してみました。
ただLEDの電球というと・・すでに色々なメーカーが製造し色々なお店で発売されていてますが・・・この JIELDE 333 SIGNAL DESK LAMP に使われる電球は・・国内ではほとんど使われていない口金E14という規格でして、LED電球どころか、通常の40W白熱電球でさえも品揃えが豊富な大型電気店か、海外製の照明を扱うようなインテリア店などでないと手に入りづらい品物。。。今までも電気屋さんやIKEAなどの電気コーナーに行った際は・・かならず口金E14の電球をチェックしていましたし・・Netでも色々と探していたのですが中々見つからず、E12にアダプターを付けるか、海外通販で入手しようかなぁ・・と思っていたところ、ジェルデ販売店のP.F.S. さんで口金E14のLED電球を扱い始めたので・・・先日、恵比寿にあるPFS PARTS CENTERへ立ち寄った際に購入してみました。

Jielde_led_02

Jielde_led_03

Jielde_led_04

Jielde_led_05

Jielde_led_06

Jielde_led_07

Jielde_led_08

PACIFIC FURNITURE SERVICE
http://pfservice.co.jp/

JIELDE 333 SIGNAL DESK LAMP
http://www.pfsonline.jp/shopdetail/003001000001/

LED BULB for JIELDE SIGNAL LAMP
商品コード : SZ0001
http://www.pfsonline.jp/shopdetail/004003000011/
Size:φ50 H95 , Spec:口金E14 3W 250lm


こんな感じで、ロットによって少し形状が違うようですが、白い発光部の下に金属のスリットを多数持つヒートシンクが物々しいLEDバルブです。PFS PARTS CENTERの店頭で実際にジェルデに取り付けられ展示されていましたが・・購入時に付いていた・まん丸な40W白熱電球より明らかに大きいサイズはジェルデのシェードの中に納まるか心配でしたが、通常の電球交換のように すんなり交換でき 心配していたクリアランスも良好。真横から見てもシェードからはみ出ず・・ジェルデの美しいデザインを崩しません。
そして・さっそく点灯してみましたが・・点くまでに ほんの少しのタイムラグを感じるもの、点いてしまうと・・もともと・そんなに明るくも無い40W白熱電球と比べても遜色のないか・それ以上の明るさでチラつきも無く、色味的にもLED特有の寒々しい青味のある白ではなく 黄色味がかったアーバンな電球色風で・・・よほど詳しい人か、覗きこまないと解らないほどで・・そのままジェルデの雰囲気を損なわず使用することが出来そうです。

Jielde × RHODIA

Jielde × BRIEFING, Polaroid SX-70

Jielde × MyRoom

Jielde × FireKing

1950年にデザインされ、その完成度の高さで今まで大幅な変更をされることなくロングセラーを続けている機能的でクラシカルな雰囲気をもつジェルデのデザインに、最新技術ともいえるエコロジーで便利なLED電球の組み合わせ・・・・。個人的に大満足でした。これからも、その温かい灯りと・・・インテリア性の高い美しいジェルデのデザインは、生活の中に潤いと癒しを与えてくれそうです。

PFS PARTS CENTER
http://pfservice.co.jp/shopfactory/

あとは・・・PFS PARTS CENTERの前で・・・愛車Jeepパトリオットとパチリ。アメリカンな感じがイイ感じです(笑)

PFS PARTS CENTER × Jeep パトリオット

PFS PARTS CENTER × Jeep PATRIOT

~Photo EXIF : Panasonic LUMIX DMC-GF1 +  G LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
~Photo EXIF : Canon PowerShot S110 ]

 

続きを読む "Jielde ジェルデ シグナルランプ × E14 LEDバルブ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

Makita MR100 充電式ラジオ

Makita_mr100_01

このゴツくて・・・軍用の無線機や G-SHOCKを彷彿させるアイテムは・・・
日本を代表する電動工具メーカーのマキタが作った
超タフな充電式ラジオ「MR100」のホワイトバージョンです。

Makita MR100W (MR100) 充電式ラジオ
http://www.makita.co.jp/product/li_ion/mr100/mr100.html
Amazon: マキタ 充電式ラジオ MR100W 白 本体のみ

マキタがこんなものを出しているんだぁーと驚く人もいる反面、
発売されて以来、現場からの熱い支持を受ける・・知る人は知る
ファンも多い・・・隠れたロングセラーでもあるようです。
最初はiPod用のドックが付いてAM/FMラジオが聞ける・・少し音が良く
お手軽な一体型のアクティブスピーカーかコンポを欲しいなぁと思い
色々なメーカーのインプレや機能を比較していたんですが・・・
BluetoothのVer.やiPod・iPhoneのリモコン機能等を考察していたら、
Androidからもコントロール出来る機種も出始めてるとか・・
すぐ旧態化し・・また整備・統一化せれていない規格に
少し嫌気がさし・・・気が付いたら・・今まで調べていたものとは
対局の・・シンプルな現場ラジオを買ってしまいました(笑)

Makita_mr100_02

Makita_mr100_03

Makita_mr100_04

まずは・・下記・GQ JAPANの記事にもありますが、MR100の魅力の一つ。
異端的なデザインです。ヘビービューティーなデザインは他にもありますが
このMR100はホンモノ。まずは現場ありきの・・機能美がベースにあります。

GQ JAPAN http://gqjapan.jp/2012/01/19/makita/


無論、一般家庭の室内で使うには・・オーバースペックですが、
そのデザイン性と耐久性を意識した各部の作り込みからくる
品質性の高さには・・・独特な高級感のようなものも感じます。
細部・・ネジとかも仕上げの良いキャップネジが使われていてイイんです。
そして実際の使用感・操作感・・作業現場での使用を考慮している
各部のスイッチやダイヤル類は、しっかりとした節度感や
そのクリック感の解りやすさが気持ちよく・・・丈夫さも折り紙つき
日々の使用にもストレスを感じません。 まさに民生機を超えたプロ機材。
素材を始め・・マキタが電動工具で培ってきたノウハウが活きています。
各部分に配された防水処理されたJIS防水保護等級4相当の防水機能と
金属グルリとエラストマー製のバンパーで守られた丈夫なボディは・・
個人的に・・・趣味でもあるバイクや自転車いじりの際に
ホコリや湿気が気になるガレージ等でも安心して使用できそうです。
他、詳しいスペック等は・・下記のスタパ齋藤さんの記事を参考に、、

やじうまロングレビュー マキタ「MR100」
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/column/2007/03/01/529.html


上記の記事の時のMR100には搭載されていなかったのか・・
自分が使ってみて気に入った機能を・・・少し追記。
まずは・・イヤホンは繋ぐことが出来ないのですが・・・
前面Ф3.5mmジャックを使ってiPodやウォークマン等を繋ぎ
外部スピーカーとして使うことが出来ます。
またこのINPUTは・・もう一つ防水保護された電池室内部にもあります。
BANDボタンによる切り替えで外部入力1・2・・AM・FMと切り替わります。
2系統を切り替えて使い分けたり 室内でiPod等のDAPを繋ぐ場合は前面に、
埃が気になるような場所で使う場合は内部に収納してしまうと安心です。
またFMラジオですが・・電波状況が悪く・・少し雑音が入る場合、
BANDボタンを長押しすることによりステレオからモノラルに切り替わり
感度がアップします。FMでモノラルになりますが少しの雑音なら消え去り
受信も安定するらしく、受信優先の場合は有効で役に立ちます。
充分、機能的にラジオ、アクティブスピーカーとして活用できそうです。

Makita_mr100_05

Makita_mr100_06

Makita_mr100_07

Makita_mr100_08

また、このMR100は付属のACアダプターで使用できますが・・別売り
リチウムイオンバッテリー3.0Ah BL1830と急速充電器DC18RCを合わせ、
カタログ上は22分の充電で約16時間使える計算となります。
基本、室内はACアダプターで問題ありませんが・・・
自然放電が少なく継ぎ足し充電もOKなリチウムイオンバッテリーは
非常時や、アウトドアなど積極的に色々活用していけそうです。

そして・・各所の紹介記事やインプレでも出ていますが・・
音が・・・結構イイんです。 もちろん好みもありますし・・
本格的なオーディオ機器とは違うんですが・・。部屋全体に広がる感じと、
耳障りな高音のキンキンした感じが無く。 歪み音割れも感じず
少し低音の効いた・・聴き心地の良い柔らかい音が出ます。
ボリュームを落として・・普段使いのBGMとしても・・良い感じです。
また本来の使用想定の・・・ボリュームを上げての使用でも
ドリルなどの電気工具を使った現場でも音の聞こえが良いとか・・・(驚)。
スピーカーとしては5W×2のスペックなんですが、硬性の高いボディと
しっかりした重量。そしてエラストマー製のバンパーが
インシュレーターの役割をしているのかもしれませんね。

そんな訳で・・音質・・ダイヤル等の操作感・・・
機能を絞った解りやすい機能。 そして・・この個性的で魅力的なデザイン。
道具としての使った時の気持ち良さと・・所有欲を見たす・・
オトコ仕様・現場ラジオ・・・Makita MR100。なかなか良いです。
そんな贔屓目で見ると・・・なんとなくMakitaのロゴが・・マーシャルに・・
青いELの液晶画面もMcIntoshのアンプに見えてくるような(ウソ・笑)
まぁMr.BIGのギタリスト ポール・ギルバート
マキタのドリルを選んだように・・野太い魅力があると思います。
やっぱ、コイツは単純にカッコイイぜ!(笑)

Makita_mr100_09

Makita_mr100_10

Makita_mr100_11

Makita_mr100_12

~Photo EXIF : Panasonic LUMIX DMC-GF1 +  G LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

 

続きを読む "Makita MR100 充電式ラジオ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

house use products LED NITE-LITE

Led_nitelite01

Led_nitelite02

Led_nitelite03

Led_nitelite04

Led_nitelite05

Led_nitelite06

Led_nitelite07

Led_nitelite08

POWERのアイコンがポップな・・
LEDを使った電池式の補助ライトです。
先日ヴィレッジヴァンガードで見かけ衝動買い(笑)

house use products LED NITE-LITE [POWER/RED]
http://www.idealtime.jp/item/419.html
Amazon: LED センサーライト LED NITE LITE

背面に一応オンオフのスイッチもあるんですが
基本電源は入れっぱなしで使用。・・・ほんのわずかな振動で
自動的に点灯し・・約8秒間照らした後に・・スゥーと
ゆっくりと消灯していきます。この少し暗くなった時に
少しコンって足踏みをしたり、壁を軽くノックすれば
振動でまた明るさが復帰し・また8秒間照らします。
サイズ的に目覚まし時計のような出で立ちで
作りも簡素で軽く・・・画鋲なんかを使って壁掛けも可能。
対人センサータイプのように高価&複雑でもないですし
磁石を使ったスイッチ式とも違い設置場所を選びません。
これが・・けっこうスグレモノで・・・お気に入り。
自分なんか部屋を出てトイレに行くときの廊下と
階段の部分を照らせるように設置してみたんですが
LED・4灯で明るさも充分で・・点く消えるのタイミングも絶妙。
わざわざ電気を付けることが無くなりました。
急な停電や夜間に何かあった時でも誘導灯になってくれるし、
この僅かな光でも安心するんですよね・・・
一人暮らしの人なんかにもすごくイイんじゃないでしょうか。
たぶん節電にもなっていると思うし・・・防犯にもなるかも
玄関の内側用に・・もう一個買おうかなぁーと思っています。
次はWATCH/非常口のアイコンのタイプにしようかなぁー

~Photo EXIF : Panasonic LUMIX DMC-GF1 +  G LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

[動画] エスプレッソマシン DeLonghi ECM300J-E

  

このDeLonghi ECM300J-E を購入し早3日目。少しずつ形になってきました。
まだ安定せずエスプレッソも抽出し過ぎたり・・・フォームミルクも中途半端ですが・・、
やっぱり自分で淹れるコーヒーは・・・楽しいし・・美味しいですね。
今後は色々な豆を試したり、ラテアートにも挑戦していこうかと思っています。
ちなみに・・・この動画はPanasonic LUMIX DMC-GH1のボディにアダプターを使い
Canon NewFD50mm/F1.4のレンズの組み合わせにて撮影。撮りっ放しのNo編集です。

Movie EXIF : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + Canon NewFD50mm/F1.4  ] 

 

続きを読む "[動画] エスプレッソマシン DeLonghi ECM300J-E"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

エスプレッソマシン DeLonghi ECM300J-E

Delonghi_ecm300je_01

Delonghi_ecm300je_02

Delonghi_ecm300je_03

Delonghi_ecm300je_04

Delonghi_ecm300je_10

Delonghi_ecm300je_05

Delonghi_ecm300je_06

Delonghi_ecm300je_07

Delonghi_ecm300je_08

最近、外で飲むコーヒーが・・めっきり・ドリップ系アメリカン・コーヒーが減少し・・・
いわゆるスターバックスやタリーズでお馴染みのシアトル系が多くなって
家でも・・・あの香ばしくコーヒーの旨味が強いエスプレッソやカフェラテが
飲みたいなぁと思い・・・ このたび思い切って家庭用のマシンを購入してみました。

Delonghi ECM300J-E
http://www.delonghi.co.jp/products/ECM300J-E
Amazon: Delonghi エスプレッソ・カプチーノメーカー ECM300J-E

最近は・・家で・・ゆっくりコーヒーを飲むときはフレンチプレス派だったんですが
この前・・割ってしまったので(汗)・・・この機会に どうせならと色々研究・・・
やっぱりチッポリーニ世代のsaecoカラーのキャノンデール乗りとしては・・・
エスプレッソメーカーも・・・saecoとオソロで決める予定だったんですが・・
日本サエコが解散したとかの情報で・・・家庭用機器に・・暗雲を感じ・・・
結局・・・高圧力で動作する機器で・・・水漏れや・・各修理や対応を考えると・・・
補修部品も入手し易く現行品で量販店で買えるものが良いなぁとなり・・
このイタリアは・・・デロンギ社の・・・ECM300J-Eを選んでみました。
アイボリー色のスチール製金属ボディはベスパに通じるところもあったり・・
造形的に・・自宅のインテリアとのマッチングも悪くなく・・お気に入り。
金額的にも・・・今の実販売価格を考えると・・充分魅力的ですね。

で・・家庭用の機器となると・・・どうしても・・どれもパワーや仕様などで
業務用のマシンと比べると・・見劣りしクセがある構造が多いのですが・・
とりあえず・・あのスタバでも直販や・・現時点では推奨器と扱っていて
店頭で定期的に行われるスクールでも・・このマシンが使用されているのが
決定打になりました。最悪・・上手く使えなかった場合は・・・
スクールに行ってみようかなぁーっていうのもあります(苦笑)

デロンギエスプレッソ・カプチーノメーカーECM300J-E
http://store.starbucks.co.jp/coffee/brewing/4988371022059/
スターバックス コーヒーセミナー エスプレッソ編
http://www.starbucks.co.jp/seminar/espresso.html

一応・・・家電量販店のデロンギコーナーで店員さんに淹れてもらった
クレマが出たエスプレッソや・・クリーミーなカプチーノも美味しかったし・・・
マシン的には・・・そこそこの・・・スペックがあるはずですので・・
最初は色々試し・・簡単に美味しく淹れられるカフェポッドに頼らず
挽き豆を使ってのダンピングで・・・クレマが泡立つエスプレッソと
スチームを使ってのキメの細かいミルクフォーム作り・・・
そして見ても楽しく美しいラテアート作りと色々楽しんで行きたいと思います。
あとは・・・エスプレッソ用の道具なんかも・・インプレを兼ねて・・
少しづつアップして行こうかなぁと思っていますが・・・どうなることやら・・・
とりあえず・・・新しいことを始めるというのは・・・ワクワクしますね。

Delonghi_ecm300je_09

~Photo EXIF : Panasonic LUMIX DMC-GF1 +  G LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

続きを読む "エスプレッソマシン DeLonghi ECM300J-E"

| | コメント (0) | トラックバック (0)