« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の3件の記事

2020年5月30日 (土)

NEEWER レンズマウント変換アダプタ : Canon FD/FLレンズ × Sony α Eマウント

Neewer_fd_sonye_00

Neewer_fd_sonye_01

そんな訳で、ミラーレス一眼カメラといえば
レンズマウント変換アダプタ(笑)

メーカーごとに独自規格で展開している
レンズマウントを変換&適正位置にして
違うメーカーや規格のレンズを
使えるようにしてくれるアダプターです。

今となっては すっかり市民権を得ている
そんなレンズマウントアダプタですが…
Sony α7II用にも色々購入。

とりあえず 最初は
M4/3マウントで変換して使っていた
Canon FD/FLマウントのレンズを
使いまわせるアダプタです。

NEEWER レンズマウントアダプタ
Canon FD/FLレンズ ~ Sony α Eマウント
https://amzn.to/2TU22ED


オールドレンズに属する
Canon FD/FLマウントですが
マニュアルフォーカスで絞りも独立
特に電子接点も持たないので
レンズマウントアダプタも安価でコスパが良いですね。
そして、この金額でもカッチとした
心地よい精度と節度感です。

Neewer_fd_sonye_02

Neewer_fd_sonye_03

Neewer_fd_sonye_04

Canon FD/FLレンズ用のマウントアダプタ を
今回の NEEWER Sony α Eマウントと、
以前から使っていた Panasonic Lumix m4/3マウント用
マウントアダプタと併用することで
別のメーカー規格のマウントのレンズながら
共有して使いまわすことが出来ます。

m4/3 マイクロフォーサーズの方が
マウントサイズの違いから
画角が倍になってしまいますが
それも それで結構楽しく活用出来て便利です。

もちろん フルサイズのSony α Eマウントでは
フィルム時代そのままの適正な画角で活用できます。

Neewer_fd_sonye_05

Neewer_fd_sonye_06

Neewer_fd_sonye_07

Neewer_fd_sonye_08

Neewer_fd_sonye_09

マニュアルのオールドレンズはシンプルで丈夫ですし
その構造ゆえに、マニュアルでの撮影は
逆に今時な電子制御なレンズより解りやすかったり…
今とは違うシンプルなコーティングがもたらす独自の風合いは、
オールドレンズならでは良さがありますね。

自分がミラーレスカメラも購入して
アダプタ遊びを始めた時は
FDマウントなんて人気が無くて
かなり相場も安かったのですが…
今となっては 各社ミラーレスカメラも増えて
需要も高まり 相場も上がってきてますね…
今持っているレンズは大事に使っていきたいところです。


そして レンズマウントアダプタは今さらに進化…

Sony α Eマウントに、Canon EOS用のEFレンズを使えるようにする
SIGMA Mount Converter MC-11 はAFも使えますし…
USB接続でファームのバージョンアップも可能。

同じCanon EOS用のEFレンズを
m4/3 マイクロフォーサーズに使えるようにする
Commlite CM-AEF-MFT Booster 0.71x
AFが使えるのはもちろん 画角を0.71倍として
フルサイズレンズをm4/3では倍になる画角を
APSでの利用程度に補正し、光の集積によって
開放F値を一段明るくしてくれるアダプターも秀逸

そして、マニュアルフォーカスのオールドレンズを
後付けでオートフォーカスにしてしまう
TECHART テックアート LM-EA7
そのアイディアにビックリ…。

メーカーのレンズやカメラの性能も日進月歩ですが
サードパーティのアダプターやパーツの進化や
そのアイディアや品質の向上も素晴らしく、
引続き どんなアイテムが出てくるのか楽しみです。


続きを読む "NEEWER レンズマウント変換アダプタ : Canon FD/FLレンズ × Sony α Eマウント"

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

クラフトビール BLUE MOON

Blue_moon_beer_01

全米No1クラフトビール BLUE MOON。

https://bluemoonbrewing.jp/
Amazon https://amzn.to/3elKVUc

ホントはキャンプで ぷはーっと飲みたかったんですけどね。
去年のくれから いつも行っていたキャンプ場 周辺で
色々あったりで なかなか行けなかったり…
そして 今年は今年で コロナ ウイルスの影響で
なかなかキャンプに行けないでいるうちに
賞味期限も近いづいてきたので 家呑みで 気分転換。

ブルームーン。個人的に好きな白ビールです。
白ビールって言っても 白いとか透明とかじゃなくて
色は普通の黄金色のビールの色で
小麦を多くの割合で使用して醸造したビールです。

Blue_moon_beer_02

Blue_moon_beer_03

米国のミラークアーズ社産のベルギースタイルビール。

拘りのクラフトビールといっても アメリカでは
球場とかでも買えるポピュラーなビールらしいのですが…

香り高いベルギービールにインスピレーションを得て、
伝統的な酸味の強いキュラソーオレンジの代わりに
バレンシアオレンジの皮を使い、微かな甘さのある、
独自のビールと仕上がった飲み口は滑らかでクリーミー。


ほんのり感じるシトラスの香りとフルーティーでスパイシーさは
オレンジを添えて飲むのがお勧めらしいです。

Blue_moon_beer_04

Blue_moon_beer_05

ボトルのデザインも爽やかで 心地良いデザインですが
普通の王冠の見た目ながらに、栓抜き不要で
捻れると開けれるボトルもキャンプ向き(笑)
普通に栓抜きで開けることも出来るのですが
瓶の口部分にスクリュー状に溝がある仕組みで
手で捻って開けることも出来るハイブリット仕様です。
ちょっとしたネタにもなって面白いですね。

そしてラベルの横にも描いてある注ぎ方に従い…
ボトルを横にしてゆっくり前後に転がしてから
ボトルを立てて栓をひねって開け
グラスに注げばアロマも心地よい
クリーミーな泡を楽しめます。

Blue_moon_beer_07

Blue_moon_beer_06

Blue_moon_beer_08

結構、ビールが苦手っていう女性にも好評ですし
たまには いつもと違うビールを味あうのもイイですね。

爽やかでスッキリとした後味は、これからの時期、
キャンプ BBQしながら飲んだら最高ですね。

早く終息してほしいなぁ。
冬の間に購入したキャンプギアもまだ試せていないんですよね…
まぁ 焦っても しょうがないので、
色々計画を練りつつ 来たるべき日に備えていきたいですね

 

 

続きを読む "クラフトビール BLUE MOON"

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

小さな薄い財布:SYRINX HITOE FOLD


Syrinx_hitoe_fold_01

Syrinx_hitoe_fold_02

そんな訳で、以前、入手した 厚い革の薄い財布…
長財布の SYRINX HITOE L-zip L(単 長財布2)、
二つ折り財布 SYRINX HITOE L-zip S (単 短財布2)に続いて

2020年2月8日のクラウドファンディングの公開と同時に
CAMPFIRE のプロジェクトで支援して以来
到着を待ちに待っていた SYRINXの新作財布
SYRINX HITOE FOLD が届いたので紹介します。
選んだ色は、今までと同じNero… 独特な黒さを持つblackです。

SYRINX 公式サイト
小さな薄い財布 SYRINX HITOE FOLD
https://syrinx.audio/products/hitoe_fold?ref=kkmevrpyaq

製品仕様
外形寸法 :約W.91 x H.93 x D.13mm(紙幣10枚・カード6枚収納時)
製品重量 :約50g
素材   :牛革(イタリア Tempesti社 Elbamatt)
生産   :Made in Tokyo, JAPAN
付属品  :イタリア植物タンニン鞣し革協会品質証明書
      化粧箱、取扱説明書、緊急連絡先カード

 

SYRINXの新作は、いつもチェックしているのですが
今回のFOLDに関してはモニター販売の時から
競争率が高く、今回のリリースに関しても
わずか数分で 各色 完売という注目の商品です。

完全新作の、しかも財布というプロダクトで
これだけの人気を集めるというのは
今までの製品が いかに優れていて
その魅力に憑りつかれたファンが多いという
SYRINXのブランド力の高さではないでしょうか。

実際、自分も…立て続けに、購入していて
ちょっとしたコレクターみたいになっていますが、
自分の周りにも その魅力を力説していて
リアルな周りにもユーザーが増えています…
ちょっとした 営業マンみたいですね(笑)

まぁ 実際に使って見ると 今までの どの製品も
他にない革新的なアイディアと、それを実現する
クオリティと精度の高い質感は満足度が高く
人に薦めたくなる魅力にあふれています。

今回の小さな薄い財布 SYRINX HITOE FOLDも
その期待を裏切らない、細部に拘ったディテールと、
他のシリーズと共有の イタリンアンレザー
Tempesti Elbamatt(エルバマット)の質感が最高です。

Syrinx_hitoe_fold_03

Syrinx_hitoe_fold_04

Syrinx_hitoe_fold_05

Syrinx_hitoe_fold_07

Syrinx_hitoe_fold_08

Syrinx_hitoe_fold_09

テンペスティー社のエルバマット・レザーは
手間の掛かる 革の芯まで染られたレザーで、
厚い一枚革の裏面までむらなく綺麗に色が発色。
そして断面のコバは その素材を活かす磨き処理。
その特性もあって、引っかき傷も白くなる事なく目立たなく
少しの傷は揉め込めば 馴染んで綺麗になって
使い込むほどに光沢と深みを増す…魅力的なレザーです。

その特性上、表面に白いカビのようなブルームが
出ることがありますが、軽くブラッシングすると復活。
そして その工程や、エイジングも楽しみの一つですね。

そして、約9cm角の小さなサイズに
パッケージングされたデザインと設計の巧には
まさに…財布というカテゴリーの中で異彩を放ち
少しクセのある使い心地は…
使いこなす喜びもみたしてくれます。

まず…どうやって開くのか?
最初に閉じられた財布を渡されたら
箱根寄木細工みたいに きっと困惑しますね(笑)
正解はボディを くの字に折り曲げ
カード部分に引っ掛けた部分を外して開きます。
そしてファスナーも無い小銭部分もあるので
向きに注意しないと小銭をこぼしてしまいます。

こう書くと複雑でトラップだらけで面倒に感じそうですが、
これが慣れると すべての作業が一貫していて
ファスナーの無い小銭部分は逆に
ファスナーの開閉が不要でスムーズに会計でき、
そして金具を使わずレザーだけで出来ているため
全体のコンパクト化と軽量化を達成しています。

そして、SYRINXのウォレットでお馴染みの
浅い小銭入れ部分は、使い勝手が最高。
浅いゆえに、残金も把握しやすく出しやすい、
一見少なく見える容量も、999円分(15枚)入れても余裕です。

無駄のないミニマルな形状はスタイリッシュ。
ブランドロゴもカード下の内側に最小限ですが
厚いレザーと精度の高い仕上げの美しさで
小さな財布にあるような安っぽさが無く、
一目で解るブランドロゴや独特な柄などが無くても
確かな品として、その存在感も全体で主張してくれます。

人によっては 毎日使う、財布ですが、
耐久性もあって人生そう何度も買うものでもないので
どうせ買うなら こんな凝った財布を選んでみるのも悪くないです。
とても人気で、今注文しても届くのは来年になるみたいですが
そんなスパンで 考えてみるのも良いかもしれませんね。


そして、財布は長持ちで そう何度も買うものでもない…
と言いつつ、ここ最近、何種類も購入している
同じSYRINXの他のウォレットと比較してみます(笑)。

使う用途的に かぶる 2つ折りの 短財布
SYRINX HITOE L-zip Sと比較。
ならべて見ると このFOLDの方が一回り小さいですね。
そしてファスナーのないスタイルは 少しドレッシーです。

使い勝手的には、仕様心地も良いYKK最高峰の
EXCELLAのジッパーは開閉もスムーズなので
L-zip Sの方が小銭やカードが出しやすいです。
ただし、完全に開くことができないためお札の収納がやや面倒。
FOLDの方が開いてしまえば普通の財布風なので
お札の収納は挟むだけで簡単ですね。
まるでマネークリップみたいな使いやすさです。
ただし そのミニマルな設計ゆえに、使った後は
しっかり角を引っ掛けて固定しないと小銭がこぼれます。
閉じてしまえば、どちらも小銭はこぼれませんが
サッとファスナーを閉じるだけのL-zip Sの方が
コインを使うことが多い方には良いかもしれませんね。
まぁどちらにしても あえて比較すればという感じで
その独特な使い心地は、使いこなす心地よさもあります。

Syrinx_hitoe_fold_10

Syrinx_hitoe_fold_11

Syrinx_hitoe_fold_12

L-zip Sは、長財布の L-zip Lとも相性が良いですし、
よりコンパクトでスタイリッシュなFOLDも、魅力的です。
単純にデザインの好みで選んでも良いかもしれませんね。

個人的には L-zip Sの使い勝手に感動したので
L-zip Sは、よりカジュアルな、バリスティックナイロン製や
防水生地や止水ファスナーを使ったモデルがあったら
アウトドア用に買い増ししたくなるかもしれません(笑)

そして、FOLDは、その端正なデザインが秀逸。
シリーズで長財布も出たら欲しくなるかもしれませんね(笑)

まぁレザー製品はメンテや休めると長持ちしますので
引続き 用途やTPOに合わせ どちらも使っていく予定です。


以下、いつもの感じで使われるシーンのイメージなど…

Syrinx_hitoe_fold_13

Syrinx_hitoe_fold_14

Syrinx_hitoe_fold_15

Syrinx_hitoe_fold_16

Syrinx_hitoe_fold_17

Syrinx_hitoe_fold_18

Syrinx_hitoe_fold_19

Syrinx_hitoe_fold_20

オンオフ選ばないシンプルなデザイン。
そしてクオリティの高い丁寧な造りの質感と
アイディアに満ちた実質剛健な使い勝手は
既存のブランドや形式にとらわれない
一つの選択肢として間違い無さそうです。



続きを読む "小さな薄い財布:SYRINX HITOE FOLD"

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »