« waka Unique Design Reversible Tulip Flower Lens Hood / リバーシブル汎用花形レンズフード | トップページ | 日光霧降 ニュー霧降キャンプ場 »

2018年3月18日 (日)

NEEWER クイックシュー&クイックリリースプレート アルカスイス互換 DC-38Q & PU-50Ⅲ set

Arcaswisstype_06

そんな訳で、引き続き 最近購入した
カメラ関係の備品を少し紹介します。

先日、購入して 活躍中の
Peak Design の Captureシステムですが、
とても便利で、使いやすくて良いのですが
カメラ本体側に付けるプレートの脱着が
コインや工具を必要とするため少し面倒…

まぁバッテリー交換など各操作は
取り付けたままで出来るので
基本プレートは付けたままで良いのですが
ちょっとした撮影で使いたい
ミニ三脚やゴリラポットやクランプみたいな
いわゆる1/4インチ穴の三脚を使うときに不便。

一応、アルカスイス互換と、
マンフロットRC2 200PL互換の両方に対応した
デュアルプレート購入したので
それらに対応した三脚には問題ないのですが
どうせなので、1/4インチ穴に簡単に付けれる
持ち運びにも便利な小型のアルカスイス互換の
クイックプレートを購入してみました。

Arcaswisstype_01

Arcaswisstype_02

アルカスイス互換のアダプターは
ほんと、たくさんの種類があって迷ってしまいますが…
色々比較し 今回 購入してみたのは…

NEEWER
クイックシュー&クイックリリースプレート
アルカスイス互換
DC-38Q PU-50Ⅲ set
http://amzn.to/2pnCIGS

DC-38Qクランプ
材質: アルミニウム
長さ:75mm 幅:38mm 高さ:15mm
重さ:63g(実測)
http://amzn.to/2ppkgP0

PU-50Ⅲプレート

http://amzn.to/2tVSUER

それぞれ単品でも用意されていて
クランプ側しか使わない予定ですが
今回は どうせなので set品を入手(笑)

アルカスイス互換のクイックシューは
基本的にシンプルなタイプが多いですが
このNEEWER DC-38Qは その中でも
ボディ幅に収まるコンパクトさが魅力です。

そして、同じアルカスイス互換の
今回 一番の目的である
Peak Design の Captureシステムの
カメラ側プレートにもクイックに取り付け可能。

Arcaswisstype_03

Arcaswisstype_04

Arcaswisstype_05

DC-38Qクランプ…なかなかイイですね。
汎用的な三脚の1/4インチのネジに
工具無しでカンタンに取り付け出来るので、
荷物を減らしつつも道具を揃えたい
コンデジなど他の機材と三脚を共有したい時や
そこまで本格的な三脚を持参しないような
キャンプやトレッキング時にも重宝しそうです。

Arcaswisstype_07

Arcaswisstype_08

Arcaswisstype_09

三脚側につけておけばクイックで
プレートを付けたカメラを付けれますし、
不要な場合は 三脚側から外して
Peak Design の Captureプレートを付けた
カメラ本体側に付けていても
そこまで邪魔にならないサイズ感。

上記のように ミラーレス一眼
Panasonic LUMIX DMC-GX8 とも
サイズ的に相性が良い感じです。

そして、そんな小さなサイズながらも
各パーツの精度が高く ガタが少ない
CNCアルミ削り出しのボディは
スムーズな動きと共に安心感があります。

小型のアルカスイス互換クランプは
Peak Design Capture ユーザーなら
一つ持って置いて損はない
お薦めなアイテムと言えそうです。

 

 

 


Neewer

Photographic Equipment and Accessories for Professionals
http://neewer.com/

Amazon: http://amzn.to/2FJEhdg


 



|

« waka Unique Design Reversible Tulip Flower Lens Hood / リバーシブル汎用花形レンズフード | トップページ | 日光霧降 ニュー霧降キャンプ場 »

■ Ph. Camera カメラ総合」カテゴリの記事

■ Ph. Camera 機材」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
いつも拝見させていただいています。
記事で写っている三脚は何処のものですか。
三脚は種類が多く、なかなか購入に至らないので
参考にさせていただければ幸いです。

投稿: ポポ | 2018年3月21日 (水) 15時06分

>ポポさんへ

どーもです。
コメントありがとうございます。
質問の三脚の件、かなり前ですが
下記のページに少し詳しく書いていたんですが
あらためて調べてみたら
三脚&雲台とも絶版のようでした(汗)
//
三脚:Velbon ULTRA MAXi mini. MODIFY
http://tact.air-nifty.com/thp/2009/11/ultra_maxi_mini.html
//
上記の感じで脚のベースがベルボンで
雲台がマンフロットというカスタムです・・・

今だと下記の三脚辺りが後継だと思います…
http://amzn.to/2DIZz53

ただ、この仕様の三脚は特殊で
小さいのに 硬性が高くゴツイ。
さらに雲台が交換できる!という
ちょっとマニアックな三脚です。

車でいうならジムニーという感じでしょうか(笑)

このサイズでデカいカメラ載せれたり
長く重い望遠レンズを使えたり、
ビデオ用の油圧雲台も使えて便利ですが…
その代わり最高に伸ばしても
小さくて膝丈ぐらいの高さなので
いわゆる集合写真などの用途には不向きです(汗)

ポポさんの用途やカメラ機材が解りませんが、
オールマイティで使い勝手がイイのは
トラベル三脚っていうカテゴリーだと思います。
//
トラベル三脚 特集
https://www.yodobashi.com/store/300082/
//

ブランド的には
マンフロット(伊) 、ジッツオ(仏)か…
日本の ベルボン、スリック あたりは人気で
歴史もあってアフターも困りませんが
新興のバンガードとかもコスパが良いです。

あとは材質がアルミだとコスパが良く
ハイエンドはカーボンやマグネシウムで軽量化。

脚の工程方法はレバー式だと締め忘れを防げたり
捻るタイプだとコンパクトにできるなど
それぞれ長所短所がありますし

そして精度や構造が良いものは節度も良く
使っていてイライラも少なく快適です。


そんな訳で 種類が多くて
さらに悩むことになりそうですが…

三脚ってカメラ以上に長く使えますし
1台で終わらないと思うので(笑)
もし、お悩みなら ちょっとイイ
トラベル三脚クラスが
良い指標になるのではないでしょうか?…

っていうか今メインが190CXPRO4なんですが
個人的に 少しコンパクトで軽い
befree 気になるんですよね...
困ったもんですね ┐(´д`)┌(汗)

投稿: tact* | 2018年3月21日 (水) 18時10分

不躾な質問にご丁寧に対応いただきありがとうございます。
早速、ULTRA 353 mini購入させていただきました。

投稿: ポポ | 2018年3月21日 (水) 18時49分

>ポポさんへ

おぉー早いですね!
ご購入おめでとうございます。

ULTRA 353 miniも名機だと思います
ぜひ ご活用下さい
ヽ(´▽`)/
 

投稿: tact* | 2018年3月21日 (水) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« waka Unique Design Reversible Tulip Flower Lens Hood / リバーシブル汎用花形レンズフード | トップページ | 日光霧降 ニュー霧降キャンプ場 »