« 鍛造ペグ & ペグハンマー 収納袋 : オリジナル ハンドメイド | トップページ | 大型スマートフォンケース : BRIEFING PP-6 S PLUS × HUAWEI Mate 9 »

2017年7月 3日 (月)

村の鍛冶屋 : 鍛造ペグ エリッゼステーク + ガイロープ ペグマーカー / HOLDON マルチクリップ HDN0216

Pegcord_01

さて、そんな訳で、何回かに別けてアップしていた・・・
村の鍛冶屋 鍛造ペグ エリッゼステーク
三部作の ついに最終章です(苦笑)

最後に画竜点睛、黒いカチオン電着塗装のペグに、
真っ赤で反射材のリフレクターを織り込んだ
ガイロープを付けて、ペグの仕込みは完了です。

黒いペグは渋くてカッコ良いのですが、
やっぱり目立たないので つまずく可能性と、
撤収時に回収し忘れる可能性が高いので
目印を兼ねて、真っ赤なガイロープを結びます。

だったら最初から紛体塗装の真っ赤なペグ
良かったかなぁとも思うのですが、
赤いペグを使っているとペグハンマーに
赤い塗装が付くようで、それが ちょっと苦手・・・
それに、黒に赤の挿し色の組み合わせって、
やっぱり理屈抜きにカッコイイですよね(笑)

そして、どちらにしても、他の方との差別化や
ペグを抜く時や、まとめて数本 持つ時も
指に引っ掛けて持ちやすいし、
何とも言っても愛着も倍増するので
ペグへのロープ追加はお薦めです。

Pegcord_02

Pegcord_03

Pegcord_04

Pegcord_05

Pegcord_06

Pegcord_07

Pegcord_08

今回使用したのは、ShineTripの直径2.5mmのもの

ClimBoy ShineTrip 反射 ガイライン(赤)
サイズ:直径2.5mm 長さ15m
http://amzn.to/2sE9SBI

以外と店頭で反射仕様の赤いガイラインは
見かけることが少なかったのですが
さすがはAmazonというところでしょうか・・・

仕様的には光りを貯め込む蓄光ではなく
ロープの白グレーの部分が反射材となっていて
暗闇で少ない光りでキラキラと光ってくれます。
これがキャンプ場では有効で、
夜間に近くを歩く際にも目印になってくれて
つまずきやガイラインへの引っ掛かりを予防します。

Nemoのテントやタープなんかは、
リフレクター仕様のガイラインが標準ですし、
ちょっとの差だったら、光りもん仕様が間違いなしです。

それにしても太さ 2.5mmは絶妙ですね。
アルミのペグには2mmを使っていますが、
この手の鍛造ペグには、これぐらいの
ボリュームがバランスが良さそうです。

そんな訳で、後は、サイズに合わせて裁断し、
ロープの断面をライターで炙ってホツレ防止。
そして内職気分で、結んでいけば完成です。

ちょっとしたことなんですが、これだけで
使い勝手も向上し、満足度もアップ。
その壮観な景観はカッコイイですね。
これで、ひとまずペグの仕込みは終了です(笑)




そして、ついでに合わせて頼んでいた
HOLDONのマルチクリップも届いたので
こちらも次回に向けて仕込みをしておきます。

HOLDON(ホールドオン) マルチクリップ
MINI(耐荷重45kg) 1.5mm厚対応
ブラック 4個入り HDN0216
http://amzn.to/2ths0Do

このクリップはタープやテントの端に留めて
簡易ハトメとして使いロープで引けるもの。
これが簡単かつ確実に固定することが出来て
非常に評判も良いアイテムで作りも良しです。

HOLDON(ホールドオン)
https://www.holdon-jpn.com/

Holdon_clip_01

Holdon_clip_02

Holdon_clip_03

Holdon_clip_04

今回、このクリップを追加したかったのは
大型シェルターの NEMO HEXALITE 6P
前後にある入口部分の右側の端の部分。

これによって事実上、片側しか固定出来ない
ヘキサライトの入口を、左右どちらでも
固定することが出来るようになります。

これが、実は復刻されたヘキサライトには
最初から左右にガイラインがあるようで、
片側しか固定出来ない 前のモデルであっても、
ガイラインを別途 固定出来るように
ループを縫い付けたりしている方もいるようです。

ちょっと そこまで加工するには勇気もいるので
とりあえず、このワンタッチで追加できる
HOLDONマルチクリップで様子を見てみます。
そして、ちょっとフライの強度的に 不安もあるので
ガイラインは細目の2mmにしておきました・・・
最悪は幕本体が裂ける前に切れてくれれば(笑)
ちなみに、この緑のガイラインはニーモ純正品
自在は樹脂製の蓄光仕様でCheerlyのものです。
英国Clamcleatの蓄光ラインロックと比べると
発光も少なめですしバリも気になるのですが
ロック感も良好?でも個体差がある感じ。
コスパの良さは流石なのでメイン以外の裾留めに
追加で使うには丁度良いかもしれませんね。

ちなみに、ヘキサライトは 名前通り六角形で
基本は六ヶ所で固定されることになるのですが、
実際はメインの四ヶ所だけでも自立して、前後にある
前室のようにポールから先に飛び出した部分は
両側とも巻き上げてタープのようにも使える仕様で、
そこまでペグにテンションをかける必要はないので
追加したガイラインのみを固定に使う場合は
様子をみつつ、使っていこうかと思っています。

あとは、ここにガイラインを追加できると
入口を完全にオープンにしないで、
ハの字のように開いて固定すれば、
スリット状に隙間の開いた入口となって
プライベート保護と防風効果もありつつ
出入りもし易い仕様となってくれます。
これが、前のキャンプこんな感じで、とりあえず
石を使って固定していたら、なにげに
使い勝手が良かったので、この少し開けで
ペグでハの字開けで固定出来るだけでも
個人的には利便性がアップです。

Holdon_clip_05

あとは、他のテントのタニとかにも使っている
3mmの蓄光ガイロープを入口の内側に追加。
これは光りを吸収して光ってくれるロープで
ニーモのテント類は、基本すべて黒系の
ガイロープなので、目印にもなりやすく
暗闇でも開け閉めがしやすくなって便利です。

oxtos 蓄光ロープ3mm
http://amzn.to/2tHZEpc

・・・と まぁ 色々と 下ごしらえをして
次回に備えている時も楽しいんですよね(笑)

そんな訳で、ちょっとしたアレンジで
使い勝手も格段にアップ。
やっぱり キャンプは楽しい遊びです・・・





 

 

西湖・湖畔キャンプ場  July 15-16, 2017

Camp_saiko2017_008

Camp_saiko2017_010

Camp_saiko2017_012

Muranokajiya_21 

Muranokajiya_22

 

 

 

 

 


 


 


 


 

|

« 鍛造ペグ & ペグハンマー 収納袋 : オリジナル ハンドメイド | トップページ | 大型スマートフォンケース : BRIEFING PP-6 S PLUS × HUAWEI Mate 9 »

■ アウトドア. outdoor 総合」カテゴリの記事

■ アウトドア. outdoor ITEM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鍛造ペグ & ペグハンマー 収納袋 : オリジナル ハンドメイド | トップページ | 大型スマートフォンケース : BRIEFING PP-6 S PLUS × HUAWEI Mate 9 »