« 西湖・湖畔キャンプ場 July 15-16, 2017 | トップページ

2017年7月28日 (金)

インサレーション スリーピング マット : NEMO Equipment ORA 20S

Nemo_ora20s_01

じゃーん。またしても我が家にNの紋章が追加。
この絶妙なサイズに納まる円柱状のアイテムの正体は…

 

NEMO Equipment/ニーモ・イクイップメント
ORA 20S(オーラ 20S) 2016 spec

本体重量:520g
本体サイズ:約122 × 51cm 厚さ:2.5cm
収納サイズ:φ18×13cm

オーラは丈夫でかつ軽量なパッドが欲しいという相反する要求に高いレベルで応えるスリーピングパッドです。フォームには超軽量スリーピングパッド「ゾア」と同様の2アクシスコアリング、表面素材には耐久性、断熱性に優れる75D PUポリエステルを採用。ゾアよりも密度の高いフォームを使用することにより強度・断熱性・快適性を高めています。初めてスリーピングパッドを購入するユーザーから冬場の使用を考慮に入れたコアユーザーまで幅広いニーズに応えます。

素材:75Dポリエステル
付属品:専用スタッフサック、コンプレッションストラップ、リペアパッチ

http://www.iwatani-primus.co.jp/products/Nemo/ora-20s.html

 

そう、キャンプのテント泊などに使う
軽量コンパクトなスリーピングマットです。

昨年の旧モデルがセールと通知が来たのと
ちょうど欲しかったし、これも何かの縁、
旧型ゆえのニーモ・グリーンってことで…
ついついDMに乗せられ 購入してしまいました(笑)

Nemo_ora20s_02

この手の空気を入れて使うインサレーションマットは
車内泊用などでキャプテンスタッグ製など
今までも使っていたのですが、パンクさせたり、
少し放置すると自然に膨らむ構造部分のスポンジ層が
剥離して一部分だけコブ状に膨らんだりと
その耐久性だったり、その構造ゆえに、膨らましたり、
空気を抜いての収納が面倒だったりしたので、
結局、使わなくなって、広げるのも畳むのもラクな
安価な銀マットを重ねって使っていたりしていたのですが…

 

で、そんな 車中泊やオートキャンプとは別に、
さらに道具をコンパクトに軽量するのが必要な
トレッキングやツーリングキャンプの時には
この手のスリーピング マット として王道であって
マスターピースとも言える、軽量EVAフォームの
サーマレスト Z Lite Sol を使っていたのですが、
それが最高で…そのクッション性と断熱性、
そして設営の簡単さと品質の良さ…
ほぼほぼ満足で、これが至高と思っていましたが、
先日のツーリングキャンプで括り付ける際に
その固定するロープによって 跡が付いてしまいました…

どうしても、バイクに荷物をロープでの固定というのは
テントやタープ張りのガイラインにも言えますが
どんなにカッチリとめても緩んでくるもので…
荷物を留めるロープや固定具の緩みや伸び、
そして固定する荷物自体とシートの変形や歪み
その収差やストレスを適度に逃がし補正してくれる
専用のゴム製の伸縮のあるコードを使っているのですが
そのテンションがどうしてもフォームに掛かっていました。

まぁ高品位なEVAフォームといえども、
使っていれば へたってきて、跡も付くとは思うのですが
その重量は別としても、容量をコンパクト化でき
カッチリ固定しても問題ないインサレーション式のマットを
追加して、試してみることにしました。

Nemo_ora20s_03

Nemo_ora20s_04

Nemo_ora20s_05

収納時のサイズ感は、こんな感じです。
カタログスペックでφ18×13cmなので
ナルゲンの広口1Lより一回り太く少し短い感じ。
重さは520gで缶ビールのロングの500ぐらいですね。
これで空気を入れると寝床になるんだからスゴイです。

まぁ同じニーモであっても、このORAシリーズより
軽量コンパクトになるTENSORシリーズもあるんですが
そちらは極薄の20D生地で ある意味 わりきった仕様。
ほぼ同じサイズのTENSOR20Sが、NEMO史上もっとも軽い
缶コーヒー並みの240gっていうのも驚異的ですが…
それに比べ520gの、このORAは表面30Dで底面は75Dと
逆にメーカーでも強度と耐久性を謳ったラインで
ちょっとした小石の突き上げや雑な扱いにも安心で、
心配していたパンクの面でもアドバンテージがありますし
このサイズ感と重量を考えてもバランスはイイ感じです。

ちなみに、上記で比較としても登場している
Z折りで 広げた時に ほぼ同じサイズになる感じの
サーマレスト Z Lite Sol のスモールが290gというのも
あらためて考えると さすがのスペックです。

そして、本題に戻って、NEMO ORA 20S 開封します。
縦に3つ折りで そのままグルグル巻かれています。

Nemo_ora20s_06

Nemo_ora20s_07

Nemo_ora20s_08

Nemo_ora20s_09

それにしても、さすが ニーモ!
細部まで凝っていて エアバルブなんかも このカッコよさ!
赤いキャップにNEMOのNの紋章。イイですねぇ…
そして、これまたカッコイイ専用スタッフサックの
内ポケットにリペアパッチが収納されているのも流石で、
全体をまとめるロゴ入りコンプレッションストラップは
タイトな専用スタッフサックに入れるのがラクになります。

そんな訳でコンプレッションストラップを外したら
エアバルブを緩めて空気を入れます。

バルブを緩めると、ある程度膨らむ感じは弱く
広げてもほぼそのままで 潰れたままだったため
マット状に膨らませるためには、しっかり 最初から空気を
ビーチボールのように吹き込んであげる必要がありました。
とくにワンウエイバルブなどの構造は無いようですが、
15度ぐらいに軽く捻ればノッチ感とともに
バルブの伸縮が可能になり、引くように伸ばせば
バルブは解放で空気を入れたり抜くことが出来きて、
逆に押し込むと、その状態で空気の出入りは無くなり
さらに先ほどと逆に捻ればノッチ感と共にロックできます。


マットのサイズは約122cm。いわゆる腰までのサイズ。
寝るときに足部分はバックパックの上なんかで充分で、
ほぼ同じサイズの Z Lite Sol のスモールで
すでに何泊もしてきて、とくに不満無しなので不安無しです。
そのサイズゆえに軽量ですし、持ち運びにも有利です。
何を優先し、何に妥協するかもありますが…
このサイズゆえに空気入れもラクという利点もあります。

Nemo_ora20s_10

Nemo_ora20s_11

Nemo_ora20s_14

Nemo_ora20s_12

Nemo_ora20s_13

ちょっとサーマレストの方が大きいでしょうか…
どちらも色々な長さのサイズが用意されていて
用途によって選ぶことが出来るのですが
トレッキングやツーリングキャンプ用なら
この手の一番短いタイプを選ぶ人が多いようです。

カタログスペックですがORA 20Sの方が 厚さ2.5cmで
Zライト ソルが2cmなので、その分厚く感じます。
実際に寝た感じは?と言いますと…
ORA 20Sの方は空気量でクッションの硬さが
色々調整はできるのですが、少しパンパン気味に
空気を入れても、ちょっとヒザや肘などを当てた時は
床を感じる底付き感は多少ありますね。
そして2アクシスコアリングなど色々工夫もありますが
インサレーションマットゆえのゴム風船的な
動きに合わせ空気の移動みたいなところも感じます。

ただ、フラットに寝てしまえば、その浮力は心地よく
エア感ならではのクッション性の柔らかさを感じます。
そして裏面の滑り止め加工もイイですね、効果的。
この快適性を、このサイズのパッケージングで
携帯できるのだから 少しでも荷物をコンパクトにしたい
そんなユーザーには、魅力的な選択肢と言えそうです。

そして、あらためてサーマレストのZライト ソルに
直接Tシャツで寝てみたらアルミ面側のポカポカにビックリ。
そして裏面のレモンイエロー側との違いにもビックリ。
アルミ蒸着って やっぱり反射熱スゴイですね。
熱抵抗値(R値)2.6も伊達じゃない実力です。
そしてEVAフォームの、いわゆる普通のマットレス感も
薄いながらも 点で支えられ普通の布団に近い自然さ。
それに広げるのも畳むのもカンタン。トラブルフリー。
収納サイズでは 叶いませんが軽量EVAフォームは
やっぱり、間違いない選択肢の一つと言えそうです。

そんな訳で、それぞれを比較してみると
色々と そのキャラクターが際立ちますが、
どちらの利点も 非常に高いレベルで成立していて、
イイ道具のもつ心地良さを感じることができます。
その特性や弱点を補って使い分ければ
また、色々な旅の相棒になってくれそうです。
当然、2枚重ねっていう選択肢もありますしね(笑)

Nemo_ora20s_15

Nemo_ora20s_16

いやぁ…すっかり ニーモ・グリーンが増えてきました。
色的にはリラックス効果のある癒しのグリーンのはずですが、
なんともワクワクさせてくれる楽しい道具たちです。

今度は、どこに 何を持って行こうかなぁー
楽しみと悩みが増えてイイ感じです

 


  

 

 

Nemo Ora Sleeping Pad Series

 

 

Therm-a-Rest® Closed-Cell Mattresses (z lite sol)

 

 

 



 


 
 

|

« 西湖・湖畔キャンプ場 July 15-16, 2017 | トップページ

■ アウトドア. outdoor ITEM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西湖・湖畔キャンプ場 July 15-16, 2017 | トップページ