« HUAWEI Mate 9 (MHA-L29) CASE & COVER / ケース&カバー | トップページ | 秩父 長瀞アルプス~宝登山 トレッキング »

2017年3月15日 (水)

HUAWEI Mate 9 (MHA-L29) ソフトウェアアップデート MHA-L29C635B170

Mate9_b107_01

そんな訳で、本国仕様などでは すでに行われていた
待望のMate9のソフトウェアアップデートが
ついに、日本でも公式リリースとなった通知があったので
早速、自分のMate9もアップデートしてみました。

HUAWEI SIMロックフリースマートフォン
「HUAWEI Mate 9」 ソフトウェアアップデート開始のお知らせ
http://consumer.huawei.com/jp/press/news/hw-484859.htm


えーっと、なんでも HUAWEI からのホワイトデーの
プレゼントらしいですが・・・ありがたく頂くことにします(笑)
ファイルサイズは少し大きめで約660MB。
2017年3月14日(火) 16:00以降~順次 各端末に通知され
約1ヶ月で全てのユーザーがアップデート可能となる
予定らしいですが・・・ どのような順番か解りませんが、
自分の端末には リリース初日に通知がありました。

運がいいのか、悪いのか・・・・
1stアップデート。まだWeb上に情報も無い状況で、
初期ロッドにありがちなバグなども懸念しましたが、
逸る気持ちを抑えられずに 一歩先の世界へLet's Goです(笑)

設定>システム更新 で バージョンチェックできますが、
工場出荷状態が~B130でアップデート後はB170となります。

アップデート前:MHA-L29C635B130

アップデート後:MHA-L29C635B170

内容はソフトウェアアップデートで、
OSのAndroidは7.0 Nougatのままで
Emotion UI EMUIも5.0のままでした。


以下、自分のツイートを引用。。。。

 

 

 

まぁこんな感じで、まず、アップデートの通知が来て
アップデートのdataをダウンロードすることになります。
約660MBということですが、speedtest で40Mbpsほどの
速さの回線状態で4~50分ほどかかりました。
50%以上のバッテリー残が推奨ですが、
充電しながらのスリープ状態でもOKでした。

そして、ダウンロード後に、そのまま更新するか
いったん、dataは保存で保留しておくことも出来ます。
そして、あらためて 覚悟を決めて更新を選ぶと
再起動しアップデートが開始されることになります。

まずは、いつもの再起動画面、そしてEMUIが表示され
周りのサークルがタイマーのように進んでいき
アップデートの進行状態が%でも表示されます。
だんだんとEMUIのロゴの廻りの円が刻んでいきます。
そして、それが終了すると、いつもの花火のような
アニメーションと共に、東京事変の孔雀みたいな
赤い いつものHUAWEIのロゴが表示されるのですが
ここで少し待たされます・・・まさか フリーズ?文鎮??
少しハラハラ・みぞみぞ ちょっと心配になったころに
再起動後に出てくるPINコードの入力画面となります。(ホッ)
このアップデート再起動には5分以上かかった感じです。

これだけのデータ量で、核心的な部分も
多岐にわたって変更されたはずですが・・・

再起動後に表示された状態は いつも通りで、
壁紙やNovaに変更しているホーム画面も
すべて そのまま とくに再設定が必要なものが無し。
拍子抜けなぐらい、いたって普通の日常そのもの・・・
確かに 運よく通知が来て長時間に渡って
ダウンロードし、喜び勇んでインストールしましたが、
目が覚めたら今まで通り?試しに もう一度 再起動?
「よそう。また夢になるといけねえ」(芝浜・笑)
とりあえず、普通に使えるかメイン部分を確認しつつ
いつもどおりのホーム画面に、ウィジェット類も
正常に配置され問題無いのを確認してから、
設定画面でシステムのバージョンを確認すると、
たしかに~B130から~B170になってます。
そして念願のアイコンによるステータスバーの通知。

Mate9_b107_02

Mate9_b107_03

Mate9_b107_04

Mate9_b107_05

Mate9_b107_06

アップデート後はデフォルトで、
通知方法がアイコンになっていました。
やっぱり 普通の一般的な この方法がイイですね
何でもないようなことが幸せだったと思う瞬間です(笑)
ちなみに アイコン表示が無い方は設定の
下記から 、アイコン、件数、なし、から選べます。
設定>通知とステータスバー>通知方法

これで 一々 ステータスバーを開かなくても
現在来ていて未開封の通知の種類が解ります。
基本的に自分は通知を見たら開く方でしたが
やはり個別なアイコン表示だと便利なことを実感しました。
この部分を不便そうだとネックにしている人も
これで解決し、まだまだ現行機トップレベルの性能と共に
再度、選択肢の候補となってくるのではないでしょうか?

そして アイコンは時系列で順番に表示され、
各内容に件数表示などは無いですが
G-mailは、一度目は1つの封筒風アイコン、
2通目のメールを受信した場合は、
そのアイコンが重なったようなアイコンへ変化します。
またG-mailはアカウントが2つなどの場合は、
別々のアイコンで表示されるようです(訂正)
連続した場合は1つのアイコンにまとめられるようでした。
後日、別アカウントで連続で受けった場合に
ちゃんとアイコンが2つに別れていました。

そして 表示できるアイコンの数は最大5個のようです。
それ以上になると「…」と表示され、もっとあります訴求。
そしてステータスバーを降ろしてタイトルを見ても
実際に各項目をタップして処理をしなければ、
また通知エリアを閉じるとアイコンは残ったままとなります。
消したい場合は各通知項目横にスライドして消すか
通知内のゴミ箱ボタンで 一括 通知 削除可能です。

 

それから 前からか?この更新での
タイミングで機能追加になったのか
解らないのですが、今 気が付いたので
ついでに追記で ステータスバー関係のネタ。

Bluetoothをオンにした場合に出る
ステータスバーのBluetooth「B」マーク横に
縦の電池アイコンが出るようになって
iPhoneみたいに接続したイヤホンやヘッドセットの
機器のバッテリー残量が表示されるようになっています。

Mate9_b107_10

Mate9_bluetooth_s

上記のGIFアニメの画面のように、Bマーク 、そして
シンプルな単色の電池のビジュアルで容量を表現し
バッテリーが減ってくると赤くなって警告と
小さいながらも機能的で 解りやすいです。
ペアリングするBluetooth機器も
対応している必要があるのですが
これは やっぱり表示してくれると便利です。


ちなみに、Mate9は、先に本体側の通知エリアや
ウィジェットでBluetoothをオフにすると、
通知エリアとウィジェットの状況が一致せず
何度かゾンビのようにBluetoothがオンになることがありますが、
先に 接続側のイヤホンやヘッドセットの機器を
オフにすると、Mate9側で 接続解除を認識し、
しっかりと安定した状態でBluetoothをオフが出来るようです。


 

そして、Mate9は約6インチと かなり大きな画面ですが
表示モード、中や小だと、ステータスバーは狭いですよね。
そのせいもあって、アイコンもかなり小さいです。
ただ、それゆえに デザイン性は良いと思います。
こんなに数pxと小さくても有名アプリはそのものだし
電車や天気マークなどアプリごとのデザインも良いです。
解像度としては一般的な1920×1080のフルHDで、
dpi的に不利でも これだけ再現できるのだから
4Kなどのスマートフォンの必要性が疑問になってきますね・・・
まぁ現状レベルで言えば必要最低限をクリアし
コスパ、バランスとも優れた端末と言えそうです。


それから、個人的に 楽しみにしていたのが
デジタルズームが6.0×から10.0×に進化。
デジタルズームなので画質は荒れてしまうのですが
マクロ撮影なんか、かなり楽しくなりますね
下のジュウタンかタオルみたいな生地は
ツルッとしたハンカチですからね(笑)
ちょっとしたキズミかルーペみたいに使えます。

Mate9_b107_07

Mate9_b107_08

そして、地味に 嬉しかったのが、
Wi-fIの5GHzの11acのリンク速度がアップ。
今まで なぜか200Mbpsで頭打ちだったのが
ためしに先日導入した、WiMAX2+ルターの
WX03と直接Wi-fIで繋げてみたら、
とりあえず351Mbpsなどと速度アップを記録。
これで 5GHzのポテンシャルが引き出せます。

あとは スクロールスクリーンショット も
安定したような気もするんですが、
ちょっと未確認。一応、自分が試した中では
Chromeの長いページも自動で
最後までスクロールしてスクリーンショット可能でした。

その他、メーカーで公表していた更新内容は・・・
①システムの最適化、安定性の向上
②アプリケーション汎用性の向上  など

・・・という事でしたが
今のところは、まだ良く解らず(笑)
引き続き気になったことがありましたら
アップしようかと思うのですが、
とりあえず、上記の内容だけでも
アップデートをして損が無い内容と言えそうです。
そして、あっけないほどの不具合無しです。
もし、このままの安定度なら おそるべし
HUAWEI の技術力とも言えそうです・・・

一応、アップデート時には、もしもの備えとして
メーカーではバックアップを推奨しているので、
PCを持っている方は Hi Suiteという
Huawei純正の管理ソフトがかなり優秀なので
この機会にバックアップしておいた方が良いかもしれません。

アプリ(HiSuite)による復元

http://www.support-huawei.com/product_in_use/initial_setting/hisuite.html

実は、自分は一度、Mate9を保証期間中に
新品の機種に交換してもらっているのですが
その場合でも、旧端末でHi Suiteでバックアップをとって
新たな別の機種に復元が出来て、ほぼほぼ設定やアプリが
そのまま引継ぎが出来てしまって、とてもラクでした。
データ量によって時間はかかりますが、そのまま まとめて
バックアップできるのは とても便利で驚いたものです。
Googleのクラウドも良いですが オフラインでまとめて
バックアップできる Hi Suiteは Huaweiユーザーなら
この機会に活用して見ても良いかもしれません。

Mate9_b107_09

そんな訳で、ますます便利で快適になってしまった
Mate9。ほんとサイコーですね。大満足。
引き続き 色々な思い出を演出していってくれそうです。

あとは オマケとして、やっぱり
Mate9と言えばカメラ性能ということで
続きを読むに、いつもの感じで Mate9で撮った
スナップショットを少しアップしておきます。

 



 


そんな訳で、後は、いつもの通り、
Mate9で撮影した写真を、リサイズしてUp・・・


Img_20170304_100106

Img_20170304_100245

Img_20170305_152350

Img_20170305_153303

Img_20170305_162334

Img_20170305_163012

Img_20170219_160012

Img_20170219_161419

Img_20170224_153757

Img_20170224_153042

Img_20170305_123537

いやぁ・やっぱり ちょっとした日常も楽しくなりますね。

すっかりコンデジ系は 使わなくなりました・・
まぁ1インチセンサーで光学系望遠のスペックの良い
新しいヤツが欲しいことは欲しいのですが・・・

やっぱり軽快で 構えなくてもいいMate9は
ちょこっと撮って すぐ共有できるし
思い出が イイ感じにぼやけて 美化されて
今まで以上に深まって行きます(笑)

今度は 何を食べて  どこに行こうかな。















|

« HUAWEI Mate 9 (MHA-L29) CASE & COVER / ケース&カバー | トップページ | 秩父 長瀞アルプス~宝登山 トレッキング »

■ モノ. Digital ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HUAWEI Mate 9 (MHA-L29) CASE & COVER / ケース&カバー | トップページ | 秩父 長瀞アルプス~宝登山 トレッキング »