« HUAWEI Mate 9 LEICA DUAL CAMERA : カメラ性能#1 | トップページ | HUAWEI Mate 9 (MHA-L29) set up#1 »

2017年1月20日 (金)

HUAWEI Mate 9 LEICA DUAL CAMERA : カメラ性能#2

Mate9_leica01

そんな訳で、購入以来、実用的な部分以外でも
色々と楽しんでいる HUAWEI Mate 9 のお話しです。

なんだかんだで、ちょっとした箱いっぱいぐらい
ケーブルやらケースなども色々入手したし、、、
設定の部分でも備考録を兼ねてアップして
おきたいところなんですが・・・・
とりあえず、前回のカメラ性能の部分で
もう少し追記も兼ねて書いてみたいと思います。

まずは、やっぱり Mate9 のアイデンティティの
2つのレンズを使った2眼ネタです。

2眼って目新しいし 面白そうだけど
こんなアダプター使えないよね???
スマホでの撮影好きの方の間では
使ったことがある人も多いと思われる
ワイドコンバーター、いわゆるワイコンを
2眼レンズのmate9で試してみます。

au クリップレンズ ブラック
http://auonlineshop.kddi.com/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=5719&dispNo=001001008


組み合わせてみたのは、auのポイント消化で
購入してみた、高品位なクリップレンズです(笑)

Mate9_leica02

Mate9_leica03

Mate9_leica04

Mate9_leica05

しっかりとしたアルミボディとクリアなレンズの
ワイド、マクロ、魚眼レンズがセットになったもので
これをスマホのレンズの上に重ね付けして
撮影すると、色々とノーマルのレンズでは
カバーできないような写真が撮れる訳ですが、
セルフィー、自撮り用のインカメラは
単眼なので、普通に使えるのですが、
mate9のアウトカメラの場合は
2眼となるので、どうなるでしょうか・・・

2眼といえば、昔のカメラであったような
片方が自分で見るファインダーの役割で
もぅ片方が実際の撮影用とか
ある意味センサー代わりに使うタイプや・・・

人間の目に近い、立体視のために
左右に並べてステレオタイプで撮影し
あとで立体映像として楽しめるタイプや・・

iPhone7plusなどでお馴染みの
単純に広角と望遠を2種類を用意して
交換レンズのように切り替えて使うなど・・・・

色々とあるんですが、このmate9は
基本、片方がカラーで、もう片方がモノクロで、
ときには切換え、ときには合成して
よりディテールアップとして使うという
ちょっと特殊な2眼レンズ&センサーの
ハイブリット仕様なんですが、
実際にレンズの部分を指で塞いでみると
解るのですが、縦に並んだレンズで
上がカラーで、下がモノクロとなっています。

Mate9_leica06

Mate9_leica07

実際に、その片目を塞いだ状態でも
撮影可能で、レンズの前に指があるよな
警告が出るのですが、そのまま
シャッターを切って撮影が可能でした。

カラー撮影時には、下を塞ぐと
画像がファインダー、画面に映らず
モノクロの場合は ちゃんと その逆となります。

モノクロ撮影の場合は仕様通りそのまま
単眼で撮影可能なのですが、
合成が必要なカラー写真を片目で撮ると
どうなるかな?と 興味津々だったのですが
結構、普通にカラーで撮れてしまいます。
とくに暗くなる訳でもなく、いたって普通。
等倍鑑賞などで見れば差が出ますが
普通のスナップでは問題無さそう・・・・

そんな訳で、 クリップレンズ を付けて
撮影した写真を何点かリサイズしてアップしてみます。

Img_20170115_143804

Img_20170115_143730

Img_20170118_221650

こんな感じで、丸く魚眼で撮影が可能。
モノクロで撮影した感じなんて
oasisのアルバム ジャケットみたい(笑)
Don't Believe the Truth ♪
あとは意外にマクロレンズが面白くて
オメガのプラ風防にある 極小の
Ωシークレットマークを撮ってみました。
レンズによる光学系でマクロで撮れるので
ディテール感も 結構出ている感じです。
あとは 自分は持っていませんが、
長い筒のような望遠なんかも
山に持っていったりすると面白そうですね。

まぁ この手のアイテムって撮った結果よりも
カチャカチャと レンズを取り替えたり、
そんな過程やギミックが トイカメラみたいで
楽しかったりするのもあるんですが(笑)

Mate9_leica08

Mate9_leica09

Mate9_leica10

Mate9_leica11

まぁ、iPhoneのように、専用のパーツが色々と
出ている訳ではありませんが、とりあえず
従来からの単眼用のクリップレンズやアダプターも
それぞれのレンズに合わせれば使えるようです。
そして、こんな感じでケースも色々試しています。
世界中で売られているモデルなので
海外製品も含め、色々とケース類もあるので
今後インプレも兼ねて少し紹介するかも・・・

そして、最後に mate9 のカメラ機能の
基本操作を少し追記。

普通、mate9でカメラ撮影したい場合は、
本体起動後、カメラ アプリのアイコンをタッチでして
カメラ アプリを立ち上げて、撮影となるのですが、
ロック画面から、指紋認証やPIN入力しなくても
画面 右下にあるカメラマークを上にフリックして
カメラ アプリを起動して、すぐに撮影する事が出来ます。
この方法でカメラ機能を起動した場合は、
そのままギャラリ―にアセス出来ないようになっていて
一応、プライバシ-は守られるようになっています。

あとは、カメラマークではなく、下側からフリックすれば
下側から5個のアイコンが出てくる小技も。
左から、録音、電卓、ライト、タイマー、QRコードスキャナー。
それぞれ、ログインしなくても使えるので、
机に置いて、そのまま使うことが出来て便利。
mate9は Android7nougatで、PCのようにユーザー設定で
ゲストユーザーの設定などで、複数のユーザーで
それぞれログインをして使う機能もあるのですが、
ロック画面からの起動は便利かもしれません。

Mate9_leica12

Mate9_leica13

Mate9_leica14

あとは、これも ライカのカメラ風だなぁと思った機能で、
ウルトラスナップショット」という機能があります。

どんな機能かというと、端末ロックの状態で
音量ダウンキーをダブルクリックすると、
そのままシャッターが切られ写真が撮れてしまいます。

カシャって シャッター音もするし、その後に
撮影された画像が画面に出るので、
隠し撮り用??という感じでは無いんですが、
まさに、ライカなんかで言う ノーファインダー撮影。
レンジファインダー、広角、パンフォーカス。
そんなカメラ愛用者なら何度か試した方も多いはず。
ファインダーなんか見なくてイイんです、
そのまま画面も見ずに 心眼で撮影(笑)
より自然な表情が撮れる、意図しない構図が撮れる。
そんな理由でノーファインダー撮影する方もいますが、
フィルム機なんかでは、電源を入れ起動する必要もないため
チャンスに強いという特性、アドバンテージがあり、
ノーファインダー撮影を積極的に多用するカメラマンもいます。
この mate9 の ウルトラスナップショットは
まさに、そんな感じで、ポケットから出しながら
ダブルクリックで、カシャっと 瞬撮で撮影です。
そのまま腰位置、どうせ真っ黒な画面も見ない。
ロック解除=すでに撮影が終わっている。
ふいに訪れた決定的瞬間も逃さないかも・・

例えば、のら猫さんにも、すーっと近づいて、瞬撮。
その後は逃げられてしまうと思いますけどね(笑)
ちょっと 驚かせて スイマセンって感じですが(汗)

また、早撃ちガンマンじゃないですが、
ウルトラスナップショットで撮影した時に、
上に一瞬、起動から撮影までの時間が
出るのもイイ演出ですね、劇速ダブルクリック。
限界にチャレンジしたくなります(笑)
コンマ何秒の世界。1.2とか、この前は0.9秒。
つまりロック状態から1秒以下で撮影完了です。
なにかの瞬間にも、撮影者の反射神経、
後は手が動けば間に合う機能と言えます。

当然、画面で構図を確認しながら、ゆっくりと
露出や設定、ピントなんかを考えながら
丁寧に撮影するのとは違いますが、
この「ウルトラスナップショット」という機能も
まさに ライカ監修を感じさせる機能と言えそうです。

ただ、デフォルトではオンのはずですが、
誤動作が気になるようでしたら、
カメラを立ち上げて、右をフリックをした
機能設定の中にウルトラスナップショットの
項目がありオンオフなど設定が出来ます。

そして、このカメラ機能の 設定ですが
カメラのモードで内容が変わるようで、
PROモードやワイドアパーチャの状態で
設定を開いた場合にウルトラスナップショットが
設定の項目に出てきませんでした。
また逆にPROモードにしてから、
設定を開かなければ、RAWでの保存や
水準器の表示が出てこないなどあるので、
カメラで、あれ?あの機能が選べない?
なんて時は、カメラのメイン画面で
モードを変えて、設定を再度、
開いてみることをお勧めします。

 

そんな訳で、少し、mate9のカメラ機能で
気になっていたことを追記してみましたが、
最後に、少し、作例がわりに また何点か
mate9で撮ったスナップショットを載せておきます。

Img_20170115_144204

Img_20170115_144716

Img_20170115_145011

Img_20170115_163659

Img_20170115_160942

Img_20170111_212840

Img_20170106_223421

いやぁー 楽しいですね。なんか色々撮りたくなる。
どうせなら色々工夫して試して撮りたくなる。
そんな魅力を感じさせて、ひさびさに
なんだかワクワクさせてくれるガジェットですね。

 




Amazon

Huawei 5.9型 Mate9 SIMフリースマートフォン シャンパンゴールド/51090YMH 【日本正規代理店品】 MATE9/GOLD
http://amzn.to/2kvRzvZ


SanDisk Ultra 200GB MicroSDXC Micro SDカード
http://amzn.to/2jo3LwQ


【3本セット】ABOAT USB Type-Cケーブル
http://amzn.to/2kvNYhr


Type c 卓上ホルダー【Qosea】充電クレードル
http://amzn.to/2k27pyx



 

  
 

---



---

 


 

|

« HUAWEI Mate 9 LEICA DUAL CAMERA : カメラ性能#1 | トップページ | HUAWEI Mate 9 (MHA-L29) set up#1 »

■ Ph. Camera 機材」カテゴリの記事

■ モノ. Digital ガジェット」カテゴリの記事

コメント

Tact*さんが掲載されている写真や記事に刺激を受け、この度Mate9購入しました。

今、スマホカバーで悩んでいます。
Amazonで評価の高い、Spigen ラギッド・アーマーを購入しました。製品の作りは優れていて、持ちやすく製品のガード自体は安心感があるものの、当然、厚みや重量がかなり増し、Mate9製品本来の良さがかなり削がれてしまいます。

Tact*さんがお使いのカバーは、Amazonのリンクが張られている「Easyacc Huawei Mate9 ケース」でしょうか?ストラップホールが無いようですが、自分で空けられたのですか?

お使いのストラップも使いやすそうで、落下防止にもかなり有効そうで、是非ご紹介いただきたくお願いします。

投稿: 翔太郎 | 2017年2月27日 (月) 23時04分

>翔太郎さん

どーもです♪
コメントありがとうございます。
そして、Mate9購入 おめでとうございます!
Mate9は・・・ほんと名機ですよね
仲間が増えてうれしいです(笑)

で・・・たしかに カバーは悩みますよね
結局、自分も今現在 数えてみたら
付属品を含めて6個になってしまいました(笑)

http://tact.air-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2017/02/27/mate9_case_01.jpg
http://tact.air-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2017/02/27/mate9_case_02.jpg

そして、ご指摘通り 自分がメインで使っているのは
透明なTPUの Easyacc Huawei Mate9 ケースです。
Spigen ラギッド・アーマーは持っていないのですが
Beyeah mate9 カバーが近いかなぁと思うのですが
サイズ感、重さは ほぼ いっしょだと思います・・・
TPU系は透明2個、ラギット系の黒と3つありますが
重ねてみると 目視では ほぼ同じで 感覚的な部分で
透明なので視覚的に圧迫感が無く軽く感じるのと
ラギッド系にあるようなサイド面のエッジ、角が無く、
滑らかなラウンドのため握った時に少し薄く感じます。
そして、個人的に手触りも好きなので透明TPUの
Easyaccを使っている感じですね・・・。

そして、更に ご指摘通り、穴は開いていないので
自分で穴を開けて使っています。スルドイですね(笑)
精密ドライバーみたいにグリグリ回して使う
ピンバイス、ハンドドリルがあればカンタンです。
http://amzn.to/2lNVxAU
今なら百円ショップや プラモ屋さんでも売ってますし、
細い方から順番に穴を開けて広げて行けばOKです。
基本スピーカー穴も使うので開ける穴は1つで良くて
TPU素材だと ゴムっぽい感じなので 自己伸縮して
コードを通しずらいのですが、針金をU字状にして
間にコードを通して差し込んで引き抜けば通ります。
今のところ購入したケースは全て穴加工しましたが
どれも裂けたりせずに問題無く使えています。

後はストラップ用の細引きを通しておいて、
2mmのダイニーマコードとコードストッパーを
使ったストラップを自作して使っています。
このあたりのコード類はトレッキング系で使うので
色々な色や太さのコードをストックしているので
いつも自分の使う長さに切って炙って自作してます。
興味があるようなら下記のような所で購入可能です。
http://magicwand.jp/rope
http://magicwand.jp/plastic-parts
自分のは まさに ここなどでも扱っている
ダイニーマ・リフレクティブ・ガイライン って
マニアックなコードなんですが、その辺りはお好みで(笑)

でも、穴あけが面倒なら、TopACE なら
サイド面ですが最初からストラップ穴があります。
http://amzn.to/2lMnmLD
こちらも持っていますがサイズも同じような感じで、
じゃっかん、気持ちばかり こちらの方が薄い感じでしょうか。
後は背面レンズ周りの処理が違うのですが
このあたりに不満が無ければTopACEも良さそうです。

後は、Mate9 本来の良さ と言えば、
Amazonや楽天では扱っているところが無いのですが
Benksのカバーはホント薄くて付けている感じがしません。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/it-donya/mate9-10vb-q61223.html
ほとんど Mate9のサイズそのままで 軽くて
擦り傷防止ぐらいでガード能力は低いのですが
同じ方法で穴開けしてストラップも付けて たまに使っています。
ボタンが剥き出しなのと液晶面への高さもないので
ほんと防御力はないですが、純正以上の軽さと一体感で
Benksのカバーは、潔さを感じます。

そんな訳で、ちょっと 長くなって
参考にならない所もありそうですが
引き続き 色々調べていただいて、
お気に入りのカバーと出会って頂ければと思います~!
 


投稿: tact* | 2017年2月28日 (火) 01時00分

>Tact*さん

早速、詳細に説明、解説いただき、大変参考になります。
ありがとうございました。

投稿: 翔太郎 | 2017年2月28日 (火) 05時01分

>翔太郎さん

どーもです
せっかくですので
お気に入りのカバーと出会えるとイイですね
健闘を祈ります ('ー'*)ゞ
 

投稿: tact* | 2017年2月28日 (火) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HUAWEI Mate 9 LEICA DUAL CAMERA : カメラ性能#1 | トップページ | HUAWEI Mate 9 (MHA-L29) set up#1 »