« HAPPY NEW YEAR 2017 | トップページ | HUAWEI Mate 9 LEICA DUAL CAMERA : カメラ性能 »

2017年1月 2日 (月)

JEEP PATRIOT LIMITED / Make it Real / 車検 / Fit Plus 5mm wheel spacer

Jeep_book01

Jeep_book02

そんな訳で、新年早々ですが去年のネタです(笑)
スマホ ネタは少しおいておいて車ネタ。

すでに募集が終わっているのですが
Jeepの75周年で写真を募集していたので
以前、ブログにアップしていた写真を
そのままアップしたら・・・ とても豪華な写真集になって
わざわざ送ってきてくれました。

MAKE IT REAL | Jeep®
http://jeep-real.jp/

しっかし、みなさん写真が上手ですねー
大きく扱われている写真はどれもイイ感じ。
また機会があったら、今度はもっと気合の入った
写真をフルサイズで送ってみようと思います(笑)

で、そのまま昨年末の12月は
愛車Jeepパトリオットの車検でした。
2年ごとの祭事。何気にバイクのSRと交互に車検です。
パトリオットは一時期ラインナップにあった
簡素版の2.0リッターエンジンで2駆モデルだと
税金関係が 少しだけ安くあがるのですが、
自分の2.4リッターで、四駆のパトリオットだと
車重1550kgと ぎりぎり1.5トンを超えて
微妙に高くつくんですよね。。。(苦笑)
まぁ それでも大排気量の他のモデルと比べれば
随分とサイフにも優しい方とは言えますが。。。

車検・法定12ヶ月点検
http://fivestartoto.com/service/maintenance/

で、バッテリー等は先に自分で変えていたとして、
今回もディーラーで車検をお願いしましたが、
エンジンオイルやブレーキフルード、冷却水など
液物の交換以外で、今回交換したのは
エアコンフィルターとラジエターキャップのみという
好調ぐあいというか、スーパースポーツ系に比べたら
なんとも減らない、ランニングコストの良さです。
基本的に週末ドライバーですが毎週乗っていますし
前回の車検からでも青森基点で東北地方を
キャンプしながら回ったり、トレッキングのために
高速や山道を走って登山口へ行ったりしていますが
とりあえずブレーキ関係パッドも そのままでOK。
足回りもとくにへたりなし。と なんとも丈夫な感じです。
輸入車とうことで、へんなランプが点いたりとか(笑)
ちょっとした不具合は覚悟していたんですが
結果的に数年乗っても、車検や点検以外は
お世話にならない状態ですから たいしたものです。
で、オイル関連の交換と整備&チェックしてもらい
消耗品交換、税金やら必須な諸費用も込みで
結果的に20万もいかなかったという、何にかと
高いと思われがちな外車系ディーラーでの車検ですが
国産系とも あまり変わらないランニングコストかも。

Jeep_engine01

Jeep_engine02

で、今回のメインディッシュ(笑)
ラジエターキャップ。自分で変えても良かったんですけどね。
純正品の樹脂製のブラックなラジエターキャップ。
他車で よく見る錆びやすい金属製よりカッコイイですね。
これがイイので、そのまま純正部品で交換をお願いしました。

そして、なにかと純正志向のディーラーゆえに
カスタム、改造車の整備はお断りと掲げられていますが、
自分でちょこちょこっと 変更した部分は
今回の車検時に、すべて そのままでOKでした。

このブログで、その詳細は以前アップしていますが・・・

ポジション、バックランプ、ライセンスランプ、
ボディ横のマーカーランプ等のLEDバルブ化は
球切れもなく すべて そのままで車検OK。

自分で取り付けたLEDバータイプのディライト。
取り付け状態やオンオフスイッチともども
アクセサリーランプ扱いで車検対応通り問題無し。

フロントナンバーのRの付いたフレームや
ワイパーやラジオアンテナなどの小物も、
とくに問題なく こっちらもそのままでOK。

そして、見た目で 一番目立つ部分。
2009年(平成21年)以降に登録された
乗用車を対象とした外部突起物規制 に
適合した製品「Eマーク」表示で 車検時も安心な
ECE R26 外部突起規制をクリアした
INNOのルーフボックスも、そのままでOK。

Jeep_daylight

基本、普段乗っている状態、そのままでOKでした。

まぁ もともと、そんな奇をてらったことは
していないのですが、昔の感覚からすると
細かな部分でも仕様変更していると
何かと車検が通るか心配になるもんです(笑)

で、実は 結構前となってしまうのですが
タイミングを逃してアップしていなかったのですが
リアだけ、純正ホイールのまま、5mmだけ
オフセットカラーを使って外に出していました(笑)
この部分も そのままで 車検OKでした。
フロントは素のままでスペーサー不使用。

SUV。とくにアメ車って なぜかリアだけ
フェンダーの中に奥まって見えるんですよね、、、
フロントは少しフェンダーに揃いぎみで良いですが
ツライチまでいかなくても、もう少し
リアタイヤも外に出た方が見た目のバランスは
良い感じがします。まぁ見た目なんですが・・・
しかも、興味のない人には まったく
違いが判らないレベルだとは思うのですが
自分的には、結構 満足な感じです。

SPACER Fit & SPACER Fit+
http://daiwaautomobiles.com/products/widetreadspacer/

Fit Plus 5mm wheel spacer
→Amazon
http://amzn.to/2hH1Tlh

何気にJeepのディーラー系ショップで
扱っているクライスラー・ジープ・ダッジ車専用の
アルミ、ジュラルミン製スペーサーです。
汎用品と違って他PCDの穴も少なく
さすがハブ径もぴったりと 少し安心な仕様です。

Jeep_wheel03

Jeep_wheel01

Jeep_wheel02

取り付けたのは結構前なんですが、
パトリオットの車載されている純正工具、
バタフライジャッキで充分作業できる範囲。
パンクでのスペアタイヤ交換レベルです。
今回の車検も、そのままで とくに問題無でしたし、
ハブのツバへの掛かりも残っていますし
ネジの長さも十分な感じではないでしょうか・・・

なにげに自分の年式のパトリオットのホイールは
ガンメタ塗装にアルミ面のヘラライン切削と
仕上げも良く、コストや手間もかかっていて、
ディスクローターの見え具合も絶妙な
5本スポークのアルミホイールはお気に入りで
社外品のホイールでも 気に入ったデザインが
あまり見当たらなっかたとうのもあるのですが
この仕様で様子を見ていました。

Jeep_fitplus_005

Jeep_fitplus_001

Jeep_fitplus_002

Jeep_fitplus_003

Jeep_fitplus_004

まぁ 5mm・・・ですからね。だけど5mmされど5㎜(笑)
指1本弱ぐらい リアだけ外に出た訳ですが
え?あまり解らない?・・・ですよね(笑)
自分的には 結構 狙い通りではあるんですけどね。
なぜ?素では少しリアだけ奥気味なんでしょうか?
これぐらいか、あと5mmぐらい外に出て
フロント側と揃う感じなんですが
どうしてもリアを内側に入れるセッティングなら
それが気にならないデザインにしても良い気がします。
まぁJeepだと、もとからリフトアップや
太めでデカいホイールに変えられることを
考慮しているのかもしれませんが(笑)

もともと長めのストロークを稼ぐために
ハウスの隙間も多めでツライチとは無縁な感じですし、
自分の好きな旧車やら見ていると
しっかりホイールハウスに納まっている感じも
ナローな感じでカッコイよく見えるんですよね。
実際、オールドミニに乗っていたときは
フロントはオーバーフェンダーを外していたし、
古めのランクルやゲレンデなんかも
ナローな感じが オシャレな感じでイイ感じ。

車検が安く上がったらタイヤ&ホイールでも
変えようかなぁと 一時期は思っていましたが
あらためて見ると 当分このままで良いかなぁと
最近は 普通な感じが気にっています。

そんな訳で、車検にて消耗品の交換と
各部調整が効いたのか、なんだか
走りも軽く、さらに調子が良くなった気もする
パトリオットですが、引き続き今年も
色々な処へ連れて行ってくれそうです。

Jeep_towada






 



Jeep Patriot - Trail Rated Compact SUV

http://www.jeep.com/en/2016/patriot/



 




 

|

« HAPPY NEW YEAR 2017 | トップページ | HUAWEI Mate 9 LEICA DUAL CAMERA : カメラ性能 »

■ クルマ Jeep PATRIOT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HAPPY NEW YEAR 2017 | トップページ | HUAWEI Mate 9 LEICA DUAL CAMERA : カメラ性能 »