« タイヤ交換 SCHWALBE BIG APPLE 29(28)×2.35 / MTB : cannondale caffeine 29'ER | トップページ | K&H F.R.P LABORATORY 訪問 »

2016年9月29日 (木)

Snow peak Little Lamp Nocturne / スノーピーク リトルランプ ノクターン GL-140

Snowpeak_nocturne01

専用のケースも美しい このアイテムは・・・
先日、再入荷の連絡があり無事入手できた
スノーピークの小型のガスランタン、
GL-140 リトルランプ ノクターンです。

Snow peak Little Lamp Nocturne
スノーピーク リトルランプ ノクターン GL-140
https://store.snowpeak.co.jp/page/478


このランタンは発売から大人気で、とにかく入手困難。
一時期、今も?定価の2~3倍近いプレミア価格で
取り引きされている、知る人ぞ知る 幻の逸品(笑)
そんな訳で、こんなアイテムが大好きな自分としては
人々を魅了する その灯りの感じや質感に興味津々。

ネットストアはもちろん、色々なショップに行った際も
穴場で在庫が無いかな?ひょっこり再入荷してないか
出掛けるたびに趣味のようにチェックしていたのですが
その成果もあってか、無事 シーズン中に
定価購入、ポイント消化で購入出来ました(笑)
そんな訳で、早速 手元に届いた、幻の逸品、
スノーピーク ノクターンを紹介してみます。

Snowpeak_nocturne02

Snowpeak_nocturne03

Snowpeak_nocturne04

Snowpeak_nocturne05

Snowpeak_nocturne06

サイズは、名前通り、ほんと小型。リトルランプです。
本体の大きさはノブ部分の突起を含まずで
約 40φ×105mm ほどと 手の中に納まるくらい。
専用のケースもジャストサイズで、中面の天地に
本体が動かないように緩衝材が付いています。
折り畳み式のガス栓が、少し出し入れに
引っ掛かる時がありますが、それ以外は、
丁寧で完成されたパッケージを感じます。

そして各部の作りもしっかりして、削り出しと思われる
綺麗にアルマイト処理されたアルミブロック部分や
真鍮らしきジェット類の各金属パーツの加工精度、
そして滑らかでガス漏れも無さそうな綺麗なノブと
パッキン類がもたらす、その質感はすこぶる高いです。
そして、それらを際立たせる、端正なデザインは
さすがスノーピークという仕上がりを見せていて
ただの道具以上の所有欲を満たしてくれます。

Snowpeak_nocturne07

Snowpeak_nocturne08

そして、別売りのガス缶へセットアップしてみました。
本来は純正品である同社の販売する
スノーピーク製ガスカートリッジが推奨ですが、
あいにく持ち合わせていないので、とりあえず
soto製のパワーガス250トリプルミックスを使用。
メーカーの推奨する使い方では無いので
御注意ください。参考にされる方は自己責任で・・・・

そして、セットアップ後、いよいよ 着火です。
このワクワクがたまりませんね・・・
本体下部の横に出た長めのワイヤー状の元栓を開き、
綺麗なガラス製のホヤと合わせて回転する
ツバ部分の火力調整を回しガスを放出させ、
そのツバ部分の下にある切り込み部分から
ガラスパイプ内側に炎を送り着火させます。ボッ!
点火したら、あとは炎を適正サイズに調整。
到底 デジタルでは表現できないような、
ロウソクのような温かい灯りがともります。
ちなみに、以前 紹介したSOTO 新富士バーナー
スライドガストーチでは、着火不可です。
直進性の強いバーナーの火では、
ホヤの中に火が届かない感じでした。

Snowpeak_nocturne09

Snowpeak_nocturne10

Snowpeak_nocturne11

Snowpeak_nocturne12

揺れる 街のキャンドゥル ラィ~ト~
聖なる夜にぃ口笛ぇ吹いて♪


なんとなく ロウソクっぽい灯り、
そして なんとなく気分はクリスマスに(笑)

いいですね。。。美しく優しい灯りです。
その灯りを演出する、ノクターンの造形も
素晴らしく、非日常感を感じさせてくれます。
予想通り絶対的な明るさはありませんが、
小さな焚き火というべきか、微かに聞こえる
呼吸する燃焼音、ゆっくりと時間を忘れ
その揺らぎを見つめていたくなります。
そんなランタンの灯りってLEDには無い、
アナログゆえの味わいは今の時代は
逆に贅沢と言えるかもしれません。
実用的なランタンというよりも、卓上で愛でる・・・
ちょっとした盆栽のような 佗・寂を感じます。

そして、このノクターンが人気の理由の一つに、
味わい深いアナログ製品特有の手間が少なく、
シンプルな運用のラクさと手軽さがあります。
通常のガスランタンのようなマントルが無いため、
面倒な空焼きのような儀式や、メンテも不要。
消耗品も少なくランニングコストも抑えられます。

構造とサイズからして絶対的な光量は落ちますが、
シンプルな構成ゆえの、そのロウソクのような灯りは、
LED全盛の、今どきの光り事情に、情緒的な
アナログゆえの癒しを与えてくれるには充分です。

ただ、これだけ、人気なら、来期はもう少し大きく
明るいルミエールぐらいのサイズも出して
シリーズ展開しても良いかもしれませんね。

Snowpeak_nocturne20

Snowpeak_nocturne21

Snowpeak_nocturne22

そして、このノクターンですが、シンプルな形状で、
ホヤの下から空気を取り入れる部分が大きく、
野外では、風に弱いという情報があったので
普段、トレッキングやキャンプで使っている
プリムス イータエクスプレスの風防部分を
試しに流用して組み合わせてみました。

ちょうどホヤの下の空気を取り入れ口の部分を
風防としてカバー出来そうなのと、内側のメッキ部分が
リフレクターの効果もしてくれそうで、絶妙にマッチ。
その造形も、コールマンのルミエールランタンのような
クラシカルでノスタルジックなデザインではなく、
少しモダンでメカニカルな印象もあるノクターンだと
なんとなくスチームパンクみたいな雰囲気も出て、
燃焼器、ニキシー管のようなカッコ良さを感じます。
これは、これでイイ感じなので、今度フィールドで
風に悩まされるような時に試してみようと思います。

そして、このガス缶に取付できる風防は
風よけのウインドシールドでありながら、
アルミの熱伝導によって、ガス缶を温める効果があり
高度のあるところや、寒冷地でも安定して
ガスを気化させる機能も合わせ持っています。

プリムス イータエクスプレスの風防部分の単品、
PRIMUS CANISTER STOVE WINDSCREEN
または、スウェーデンOPTIMUS (オプティマス) の
ウインドシールド風防などは、色々なガス器具に
組合せて使えるので、一つ持っておいても
良いかもしれません。  ただ、どちらも・・・
国内未発売で平行輸入のアイテムとなりますので、
ご使用の際は、自己責任で 扱いに ご注意ください。

Snowpeak_nocturne13

Snowpeak_nocturne14

Snowpeak_nocturne15

そして、今回、組み合わせていた白いOD缶は、
SOTO 新富士バーナーが、以前 限定で
被災者支援として販売していたSOD-725T
パワーガス250トリプルミックス(白缶)
自分が購入した頃はショップで山積みでしたが
すでに絶版のためプレミアが付いているようですが・・
中身はプロパン、イソブタン、ノルマルブタンと
3種のガス混合のトリプルミックスパワーガスで
雪の降る寒冷地でも、威力を発揮する実力。
そして、ラベル部分がプリントでは無くシールなので
簡単に剥がすことが出来ます。。。真っ白。。。。
このシンプル感が ノクターンともよく合います。

でも、サイズ的には小さい110の方が良いかな?
こちらはカラフルなプリムスのガス缶しか
持っていないのでカバーを被せてみました。
黒いタイプはガス缶を衝撃や冷えから守る
モンベルのカートリッジチューブプロテクター110
底が無いチューブと底があるソックがあるのですが、
共に表面には保水しない素材を使用しているため、
寒冷地や、雪の上などに直接置いても凍りつかず、
ガスの消費量を抑える効果もある優れもの。
コールマンのルミエールランタンのような
アンティーク風なデザインだと、革製、レザーや
木製のガスカバーが似合いそうですが、
モダンなノクターンだと、この手の機能系の
ガスカバーも似合ってくれそうです。

そして、本体重量は、カタログスペック102gですが
ケース込みの実測で126~7gを指すので 126.5gぐらい。
サイズも近い、LEDランタンのブラックダイヤモンド
オービットがカタログスペック132g(電池込み)なので、
山好きの方には優雅な一時のために(小ネタのために?)
山岳テン泊に持って行っても良いかもしれませんね・・・
安全面や実用性では、LEDのランタンには敵いませんが、
1時間あたりのガス消費量はわずか7グラム。
110ガス缶で15時間、250ガス缶で35時間という
カタログスペックなので、結構 楽しめそうです。
まぁ、かなり趣味性の高い嗜好品とも言えそうですが(笑)

Snowpeak_nocturne19

Snowpeak_nocturne16

Snowpeak_nocturne17

Snowpeak_nocturne18

シンプルなデザインと、そのディテール、
そして質感の高さは、一時期集めていた
ミルスペックやスペシャルなハンディライト、
ビレットな懐中電灯にも 引けの取らない・・・美しさ・・・

その繊細で、アコースティックな輝きは
山遊びや アウトドアライフの お供に
末永く 寄り添って 色々な思い出を灯してくれそうです。




 

 




 
※モンベルの カートリッジ プロテクターは各ガス缶のサイズ用と
 底が無いチューブと、底があるソックがあります。

 

Nocturne2016年限定版

関連記事 : Snow peak Little Lamp Nocturne 2016 EDITION
http://tact.air-nifty.com/thp/2016/12/nocturne2016lim.html


ノクターン2016年限定版 登場
   

 

|

« タイヤ交換 SCHWALBE BIG APPLE 29(28)×2.35 / MTB : cannondale caffeine 29'ER | トップページ | K&H F.R.P LABORATORY 訪問 »

■ アウトドア. outdoor ITEM」カテゴリの記事

■ モノ. FlashLight 懐中電灯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイヤ交換 SCHWALBE BIG APPLE 29(28)×2.35 / MTB : cannondale caffeine 29'ER | トップページ | K&H F.R.P LABORATORY 訪問 »