« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月の4件の記事

2016年8月18日 (木)

SOTO 新富士バーナー スライドガストーチ ST-480

Soto_st480_01

アウトドアの大定番。一家に一本いや二本。
ぜひ常備して間違いない・・・お薦めな逸品です。

SOTO スライドガストーチ ST-480
http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-480/


ちなみに写真の状態は、すでに使い込んでいて、
後から黄色の2mm径ダイニーマの細挽き
アクセリーコードを首から下げれるように付けています。
アウトドア用途ゆえに、落としたり無くさないように
本体にストラップホールがあるのも便利ですし、
安全装置や各操作性の節度感もバッチリ。
いざという時にすぐ点かなくなってしまう
百均系のライターとは安心度が違います。

そして、圧倒的に違うのが、そのパワー感。
同社でも見た目そっくりの形状で少し安価で
普通の炎が出るガスライター仕様の
スライドガスマッチ ST-407LVというのも存在しますが、
こちらは火力の強い高温で着火できるガストーチで
炎温度1,300℃を誇る強力耐風バーナーです。

バーナーゆえに普通のライターや着火マンとは違い
下側に向けても、真っ直ぐにレーザー光線のように
青白い高温の炎を長時間出すことが出来て、
BBQ時の炭起こしにも炙り続けることが出来て便利。
また、この縮めたコンパクトな状態はもちろん、
着火口をスライドして伸ばした状態でも使えます。
そしてプリムスのガスバナーなどで圧電点火装置が
付いてるバーナーでも、風防を付けていると
操作しづらかったり、再点火は熱かったりするので、
ささっと使える、このトーチが大活躍です。

そして、使い捨てではなく、充填式なのも便利。
カタログスペックでは55gの重量ですが、
今回はガスを使いきったので実測値 50g。
このガス切れで点かない状態から、
さっそくガスを充填してみます。

Soto_st480_02

Soto_st480_03

Soto_st480_04

Soto_st480_05

Soto_st480_06

燃料のガスは、取説(PDF)によるとガスライター用のガスと、
コスパの高いいわゆる細長いカセットボンベ、
ガスコロン用のガスのCB缶が使えるとあります。
仕様的にコンビニでも買えるCB缶から、アダプター無しで
直接注入可能なので 非常時にも重宝しそうです。

まぁ、ガスライター用のガス、カセットボンベ用のガスと
一口に言っても、ブタン、イソブタン、プロパンガス、
その混合と 中身のガスによって色々あります。
基本、安価なガスやレギュラーガスというのはブタンで、
百均でもLPG表記のガス缶を売っているところもあるようですが、
より標高の高い所で使う方や、気温の低い寒冷地用は、
そのようなプロパン混合のパワーガス系を注入したいところです。
そうでなくても新品時より着火が悪くなる場合は
着火装置の不備よりガスが合わない事がほとんどみたい・・。
山用途でショップでも扱いが多くパワーガス系で入手しやすい
半円型のOD缶からガスを注入できるようなアダプターも
一応メーカーで用意してあるので、こちらもあると便利。
充てん用アダプター フィルアダプター SOD-450
この辺りを抑えておけば、ストックしてあるガス類を
臨機応変に無駄なく運用できそうです。

そんな訳で、エアガンのガスマガジンみたいに
逆さにして底にある口にガス缶のノズルを差し込み
生ガスを送り込みます。するとガスというのは気体ではなく
液体で缶に入っていて、ブシューブシューと送り込むと
本体横の小窓から見える透明のタンク部分に
液体のままドボボボッと流れ込むのが見えます。
ウインドミルのターボライターとかも一時期、結構
集めていたので、ガスライターのガス詰めも経験ありますが
どれぐらい入っているのか解らなく不安でしたが、
SOTOの このタイプは、そのままガスの残量や
チャージ具合が目視で解るのが便利です。
使い捨てでチャージが出来ない中途半端な量の
ガスライターを山や旅に持って行くのは不安ですし、
肝心な時に燃料切れする恐れがあります。
しかし充填式なら行く前にチャージしておけば一安心です。
一応、満タン近くいれて重量を計ってみたら53gでした。
もう少し入るのか、ガスの違いか、経験上
とりあえず これ位、ガスが入っていれば十分なはず・・・

Soto_st480_07

Soto_st480_08

Soto_st480_09

ブォーーーー! この火力。パワー感・最高です。
蒼い炎は、小さいけど気分はジェダイの騎士(笑)

まぁ普通のライターとしても使えなくは無いですが、
その高温ゆえに、コード類の切断の熱処理にも
綺麗でにできますし、花火、線香、とにかく着火率バッチリ。
メーカーによると 極細集中炎で ハンダ付け、
収縮チューブの過熱にも便利とありますし、
良い道具の証、使った時の気持ち良さがあります。
それゆえに、実用面以外で迷彩やカラーバリエーション、
コラボモデルもあったりと人気アイテムのようで、
一時期、ジッポーなどライターを集めていましたが、
その時の収集癖が騒ぎはじめ、意味も無く
こちらも何個か色違いで欲しくなりそうです(苦笑)

また、色々ガスを試せるのも利点ですが、
やはり着火性やパワーを考えるとLPG系、
プロパンミックス等のパワーガス系が良さそう。
夏場、室内では問題無さそうでしたが
この辺りはケチらずに良いガスを使いたいところです。

Soto_st480_10

Soto_st480_11

ガス台、固形燃料、炭、焚き火、蚊取り線香、何かと
アウトドアでは火の扱いが多くなります。

LEDの進化によって高性能な懐中電灯の登場や
ランタンはすこぶる便利になりましたが、
着火、ライター類に関しては、それほど進化していないような・・・
ジッポーのようなモノは別としても、ライターの進化は
防風性や燃費効率などは、日々進化しているとは思うのですが
基本的な燃料も変わらず、その機構なども10年以上そのまま。
いまだに、火打石 マグネシウムファイヤースターターや
防水マッチなども頼りになるというのは何となく嬉しくなります。
そう考えると今後、生きているうちに、新しい画期的な
着火装置や器具がリリースさせるか楽しみになってきます。
レーザーが今より安全に使えて小型化する可能性もありますが
2020年。いや ロボットと共存してそうな もっと未来でも、
今と変わらず使い捨てライターやジッポーを
使っている可能性が高そうです(笑)
とりあえずスターウォーズ劇中のBB-8にも
ターボライターが付いていましたしね・・・・


 

続きを読む "SOTO 新富士バーナー スライドガストーチ ST-480"

| | コメント (0)

2016年8月16日 (火)

2016夏 大菩薩嶺キャンプ ロッヂ長兵衛テント泊

Choubei_camp01

Choubei_camp02

さて、我々探検隊はジャングルの中で一晩過ごすことにした。
・・・って、なんちゃって(笑) Nemoの独特なグリーンが
迷彩風に木々の緑に溶け込んでサバイバル感がありますが、
実際は駐車場の真横 ロッヂ長兵衛 前のキャンプ指定地です。
スペース的には少し狭いですが、しっかりとした平地部があり
快適にテント泊のキャンプ遊びができました。

ロッヂ長兵衛
http://www.choubei.info/


大菩薩峠八合目 標高1600mに位置する
ロッヂ長兵衛の目の前にある小高い山林の一部が
平地に整備されていてテント場となります。
雰囲気は登山地にある山小屋のテン場風ですが
水場やトイレも近くて、駐車場も隣りと好立地。
少し高台にあるのもプライバシーが保たれイイ感じです。
すぐ横まで車で来れるので、山岳の登山泊とは違い
テーブルやチェアに、食材もクーラーボックスで
たんまり持ち込みBBQ。全身で体を動かした
大菩薩嶺へのトレッキングの後、美味しく頂きました。
目の前のロッヂ長兵衛 でビール等も買えますし、
良心的な金額設定もあって、初心者にもお薦めな場所です。

Choubei_camp03

Choubei_camp04

Choubei_camp05

Choubei_camp06

Choubei_camp07

Choubei_camp08

Choubei_camp09

Choubei_camp10

すっかり、このスタイルの経験値があがりました。
小型で軽い山岳テントのニーモ・タニ2Pと
マニアックなメッシュスクリーンタープの
ニーモ・バグアウト9×9の組み合わせ。
ちょっと狭めの木々の間のテン場にもベストマッチです。
荷上げもラクだし、設置もラクで、撤収もラク。
それでいて綺麗に張れると嬉しくて、組み合わせや
設置レイアウトを決めるのも楽しいんですよね。
軽い機材は移動の際のクルマへの負担も少ないですし。
自分の使い方に合っていると実感です。

で、暗くなる前、少し早目から 炭を起こしBBQ遊び。
アルコールも飲みつつ、暗くなってからは
これぞキャンプ。大人の火遊び。焚き火を楽しみます。

そして、真夏ともいえる、この時期ですが、
さすがの標高の高さと、周りの木々の爽やかさで
一日中 快適に過ごすことができました。
虫も思ったより少なく、蚊取り線香がイイ仕事をしていました。
夜間は結露防止と換気でテントのベンチレーションは開けて、
ダウンのシェラフは最初上半身を開けて就寝しましたが、
明方は肌寒く感じシェラフを深く被っていました。
寝ていて熱中症になる下界の熱帯夜が嘘のよう・・・

そして陽が上がると共に、登山口のテント場らしく
早朝から登山者たちで賑わいはじめていました。
山に泊まる。朝・晩の空気感。この感じが格別です。
すこし ゆっくりと珈琲と朝食を楽しんでから、名残惜しく下山です。

Choubei_camp11

Choubei_camp12

Choubei_camp13

帰りは、来た道の青梅街道側からとは逆の、
甲州街道 側、景徳院へと下る峠道で下山します。
こちらの方がバスも通る、少し広めの舗装道。
所々に設けられた 対向車が来たときに使う
すれ違い用スペースが精神的に助かります。

基本一車線の狭い山道を対向車に気を付け
九十九折リの峠道をエンジンブレーキを使いながら
どんどん高度を下げて行きます。

そして、繋がる回線。文明社会に復帰(笑)
山を下りた後は、そのまま富士五胡を目指し、
山中湖温泉紅富士の湯で午前中ゆっくり汗を流し、
同じく山中湖に行くと必ず立ち寄るお気に入りの
お食事処幸房で、ほうとう と おじや を頂き、
御殿場アウトレットを ゆっくり探索したあとは
東名高速を ちょい飛ばしぎみて帰ってきました。

Choubei_camp14

短くも この非日常感が明日への活力になります。
そこそこ快適な クーラーの効いた部屋でカタカタと
旅の画像整理をしながら、なぜか少し不自由な
山での生活や 旅の余韻にひたります。
あぁ楽しかったなぁー。次はどこに行こうかな?
人間とは わがままな生き物ですね・・・平和な時代に感謝です。





続きを読む "2016夏 大菩薩嶺キャンプ ロッヂ長兵衛テント泊 "

| | コメント (0)

2016年8月15日 (月)

2016夏 大菩薩嶺トレッキング

Daibosatsu_00

新しく追加された休日「山の日」!ということで
山梨県甲州市と北都留郡丹波山村に跨る
標高2,057mの大菩薩嶺へトレッキングへ行ってきました。

大菩薩嶺 wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%8F%A9%E8%96%A9%E5%B6%BA


大菩薩観光協会
http://www.daibosatsukankokyoukai.net/tozan-map.html


当初の予定では、もっと山深く険しい山へ
テン泊しつつ縦走する予定でしたが、
間際でいわゆる熱中症になってしまい・・・
体調を崩してしまったので、こちらの近場で
少し優しく気持ちよい山歩きへ変更。
日帰り可能のルートですが登山口近くで
駐車場横のロッヂ長兵衛さんにテント泊。
これが大正解で心も体もリラックスできました。

ロッヂ長兵衛
http://www.choubei.info/


自宅から此処までのルートは今回は下道。
少し体調を見つつお昼からのスロースタートだったので
すでに中央道は大渋滞。それを回避するように
奥多摩を越えて甲州入りをしてみました。

その昔、原チャリ・ぺスパで奥多摩を越えて
甲州まで行った時は スマホやナビも無いころで
かなりの旅で峠でのガス欠の恐怖に怯えつつ
長く辛かった思い出がありましたが・・・・
あの頃とくらべて、道も整備されトンネルも出来て
あっというまに、道の駅たばやま に到着。
ここで前泊し朝一で上日川峠を目指しました。

道の駅たばやま から更に奥に進む
青梅街道(大菩薩ライン)はとても整備されていて
バイクツーリングにも楽しい峠道。
そこから看板に従って裂石温泉側から左折し、
みそぎ沢に沿ってとても細い一車両分の山道に
入るのですが この道はけっこう険しい(笑)
まぁ最近はこの手の道に慣れてきましたが
落石注意の看板とともに登山口へと向かう
山道らしく気持ちを盛り上げてくれます。
電車やバスで向かう登山も楽しそうですが
この途中のドライブも楽しいんですよね。

そんな訳で朝6時くらいに登山口に到着。
今晩はここでテント泊キャンプ予定なので
朝食をとりロッヂ長兵衛にて手続きをし
先にテントを張ってから入山です。

Daibosatsu_01

Daibosatsu_02

Daibosatsu_03

Daibosatsu_04

Daibosatsu_05

Daibosatsu_06

ルートは、ロッヂ長兵衛さんのある上日川峠から
福ちゃん荘 経由 大菩薩峠の介山荘へ
そして大菩薩峠から、気持ち良い稜線を歩き
ピークである 嶺(れい)、大菩薩嶺を目指します。
メインは、やはり見晴らしの良い稜線歩き。
大菩薩嶺の頂上は見晴らしがよくないので
唐松尾根の分岐にある雷岩の上で昼食としました。

木々の間を歩く、山中の森歩きも気持ちよく
マイナスイオンが心地良さに渓流の音。
どんどん表情を変えてゆき、木々が減り始めると
見晴らしの良さと山峰を渡る雲を堪能。
この日は残念ながら曇り空で富士山は見えませんでしたが
本来なら雲海の向こうに見える富士山を想像しつつ、
日常とは別世界の山歩きができました。

Daibosatsu_07

Daibosatsu_08

Daibosatsu_09

Daibosatsu_10

Daibosatsu_11

Daibosatsu_12

Daibosatsu_13

Daibosatsu_14

Daibosatsu_15

Daibosatsu_16

Daibosatsu_17

Daibosatsu_18

Daibosatsu_19

Daibosatsu_20

さすが、百名山というところでしょうか・・・
いやぁー、いい山でした。また行きたいと思います。
残された自然と人の手の入った整備された部分。
景色の変化と、距離感。バランス感がよい感じです。

下山途中出会った、野生の鹿さん。
こちらを、じーっと凝視。 愛くるしい表情です。
木々の向こうに開けた草原に明るく陽が差し込み、
均等に黄色い花が咲く鮮やかな緑の絨毯のような
その山中の陽だまりの中に数頭の鹿の群れが見えました。
そこから はぐれて来た やんちゃさんですかね。
ポケモンとは違う野生動物との遭遇に興奮(笑)
また、この地は・・・熊 注意の場所でもあるので、
気を引き締めないといけませんが、こんな出会いが
こんな経験が、また いい思い出を作ってくれました。

そんなわけで引き続き、後半は
下山後の上日川峠、ロッヂ長兵衛での
キャンプに続きます。






続きを読む "2016夏 大菩薩嶺トレッキング"

| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

THE NORTH FACE purple label Light Weight Tellus / 2016SS

Tnf_lw_tellus_01

そんな訳で、タイトルにあるバックパックを購入。
バックパックといってもトレッキング・山用では無く
普段使いであったり、ちょっとしてた
ポタリング時などに使える、とにかく軽量で
少し容量のあるバックパックが欲しく購入しました。
で、選んだのは このバックパックです。

THE NORTH FACE purple label  Light Weight Tellus
https://www.nanamica.com/shopping/products/detail.php?product_id=1476

number : NN7619N
color : LH(Light Gray), N(Navy), K(Black)
fabric : CORDURAR Ripstop Nylon (Nylon100%)
country of orign : Vietnam

サイズ. 縦:48cm 横:27.5cm 奥行:17cm ストラップにて調節可
重さ:460グラム

<引用>
CORDURARナイロンリップを使ったライトウエイトテルス。THE NORTH FACEではスタンダードアイテムのトップローディングタイプのバックパックをベースにアップデイトしました。生地やパーツを厳選して、軽量に仕上げました。

ノースフェイスと言えば、山用にはもちろん
バックパッカーなどと呼ばれる旅行者なんかにも
人気のバックパックのブランドで、とにかく、
全世界的に有名なブランドではないでしょうか。
その中でも色々なサイズやバリエーションがあり
歴史的にも熟成を感じるTellusシリーズを
代官山にあるナナミカがブラッシュアップして
パープルレーベルと呼ばれる特別なラインで
リリースされたのが、この Light Weight Tellus です。

ノースフェイスは、各国でライセンス生産されていて
アイガーの北壁の同じブランドロゴで展開しながらも、
そのクオリティだったり雰囲気もかなり違っていて、
eYe COMME des GARCONS JUNYA WATANABE、
またSupreme等のファッションブランドBigネームとの
コラボだったり、本来の山用というところから、
登山用品店やスポーツ用品店等で見かける
モデルとは違う、多方面の展開もしています。

その中でも、紫のタグで差別化される
パープルレーベルと呼ばれるラインは、
そのプロデュースを行うナナミカの各店と、
原宿等にある一部ノースフェイス直営店。
そして、ビームス、ジャーナルスタンダード、
フリークスストア、チャオパニックなどのいわゆる
セレクトショップのみで扱われるシリーズで、
それゆえに、本来の山用のヘビーさを抑え
よりストリートや日常使いにシフトさせつつも、
ゴアテックスを初めとする本格的な技術と
洗練されたデザインで人気のシリーズです。

自分もゴアテックスのステンカラーコートや
各ジャケット類、他にもシャツやバッグなど、
お気に入りで色々持っているのですが、
ただカッコよくデザインが良い、ではなく、
また、ただ機能的だという訳でも無く、
その両方が高次元でバランスしていて
素材や細部に宿るディテールなど
とにかく満足度のたかいレーベルです。

そんな訳で、ナナミカに直接注文し
手元に届いたので開封です。色は、Blackを選択。

Tnf_lw_tellus_02

Tnf_lw_tellus_03

Tnf_lw_tellus_04

Tnf_lw_tellus_05

Tnf_lw_tellus_06

Tnf_lw_tellus_07

Tnf_lw_tellus_08

Tnf_lw_tellus_09

Tnf_lw_tellus_11

ナナミカらしい、くじらのイラストもイイ感じの
外箱が気分を盛り上げてくれます。

そして、ネーミング通り とにかく軽いバックパック。
その質感が良い生地は、薄手でありながらも、
通常ナイロンの7倍の強度を持つという
CORDURAナイロンリップ 素材を採用。
細かな格子状の柄と独特の光沢感と共に
シックなカラーリングが街中に馴染みます。
そして、各ディーテルは、ノースフェィスでは
定番アイテムであるトップローディングタイプの
バックパックTellusシリーズをベースに
より現代的なプロダクトにアップデイトされ
絶妙なサイズ感は男女兼用で使えそうです。

そして、品質の高さから伝わるように
各ハーネス、バックル類も節度感がよく、
ファスナーも、へたに止水ファスナーではなく
滑りも良く開け閉めもスムーズなタイプで、
軽量ながらも、耐久性も高そう。

そして、背負い心地も良好で、
フィッティングが良いショルダーハーネスに
ちゃんとチェストハーネスや、細身ながらも
ウエストベルトを備える本格派。
実は、ここが急いで購入したポイントの一つで、
今期の秋冬モデル2016AWからは
次期モデルとして切り替わると思われる
Flight Day Pack では省略されています。
それゆに、自分は駆け込み需要で、この
Light Weight Tellusを購入したのですが・・・

そして、Tellusシリーズで熟成された
それぞれの使い易いディテールたち。
バックパック好きにはお馴染みの雨蓋方式。
その雨蓋は裏側と中から別々の収納スペースがあり、
中側には鍵や小物を留めるキーハーネス付き。
そして、上面から25リットル近い長めの
メイン収納部は、正面から2重底のファスナーで
ちょっとした出し入りれ用にアクセス可能です。
そして、両脇に備えたポケットはペットボトルや
水筒を指すにも便利で、トレッキングポールや
カメラ用の三脚など長モノの収納にも便利。
そして長モノ固定や、荷物の量によって
重量配分やサイズ調整に便利な
アジャストベルトも左右、そして上下に備えています。

実際には、少し薄いながらもパット類も備えていて
折り畳めるバッカブル仕様ではないのですが、
くるりと小さくまとめてみて、重量を計ってみました。
ここまで、カッチリ細部に拘り作り込んで
使い勝手も考慮した仕様が満載で、
カタログスペック通り、460g !という軽量さ、、、
最近、一つのカテゴリーとして認識される
ウルトラライト、UL系バックパックとしても
ガレージブランド等の軽量モデルに匹敵しそうです。
軽さは正義。そんな一つの目標をもって
ある意味、耐久性や使い勝手を落としてでも
グラム単位で軽量化を突き詰める世界もありますが、
この手のメジャーメーカー品の攣るしの状態で、
この数字は、かなりの高スペックと言えそうです。

Tnf_lw_tellus_10

Tnf_lw_tellus_12

普段使用で、少し軟派(笑)ともいえる
オシャレ リュック的なイメージながらも、
その硬派なスペックや実力は 結構な潜在能力です。

たかが重さ。しかし、どんな世界でも
その基本状態の重量から数gでも落とすためには、
かなりの労力や工夫、コストが必要なのを
解っている人には、この魅力が伝わるはずです。

そして、どうしても、軽量なリュックだと、
選択肢も少なく、容量が少なく小型なものが多く
茄子型ともいえる、下加重のポッテリとしたい
イメージのシルエットのものが多いですが、
このノースフェイス ライトウエイトテルスは、
女性はもちろん、大柄な男性にもマッチする、
細身で、ある程度の全長があるスタイルは、
すでに絶版となり、一部でプレミアで取り引きされる
パタゴニアのライトウェイト トラベルパックや
ブラックダイヤモンドのRPMなどにも通じる
機能美とマニアックさも感じます。

Tnf_lw_tellus_14

Tnf_lw_tellus_15

そんな訳で、お散歩&ポタリングのお供から、
ちょっとした山歩きにも 持ち出したくなってしまいました(笑)

このLight Weight Tellusの後継機と思われる
Flight Day Pack では省略されてしまった
トップ部分にあるループ部分に
バンジーコードを追加してみたり。
少しファニーな表情に一役かっていた
メインファスナー部分の白いファスナーループは
グローブしたままでも操作しやすいように
少し長めのアクセサリーコードへ変更。

そして同じくFlight Day Pack では省略されてしまった
左右のショルダーハーネスを繋げる
フレキブルにアジャスト可能なチェストハーネスと、
腰に固定できる細身のウエストベルト。
普段使いでは、そこまで必要としない装備ですが
やはり、使いこなすと快適で便利な装備です。

Tnf_lw_tellus_17

Tnf_lw_tellus_18

そして、背面からの背負ったイメージ。
強度や使い勝手を活かしたまま
生地の材質や各パーツ類を厳選して、
軽量化された、その機能美を感じるスタイルは
大人の男性にも似合う数少ない
ライトウェイト バックパックではないでしょうか・・・・

細部に便利で本格的なディテールを残しつつも、
本格的すぎないデザイン処理は
アウトドア ファッション以外にも違和感のない
シックなカラーリングとシンプルなスタイルで
さすが、パープルレーベルといった逸品です。

ただ、その軽さと薄いマテリアルゆえに
中が空荷だと小さくペタリと潰れてしまうという
ちょっと贅沢な悩みもあるのですが、
どうしても縦長のイメージを保ちたいなら
メイン荷室の背面側にフレーム代わりに
クルマ用の日よけ、周りがワイヤーでメッシュ生地。
それを捻って入れると空荷でも自立します。
ちなみに、撮影用に入れてみましたが、
これが中々便利、軽量だし背負っても違和感なし。
実際に荷物が多い時は不要ですし、
もし、本当にトレッキングにも使うなら
他のULバックパックでも推奨している
マット類を背面パットやフレーム代わりにすると
良いかもしれません。

Tnf_lw_tellus_16

そんな訳で、ハードでヘビービューティーな
ミルスペックな バリスティックナイロンや、
しっかり生地の表面にポリウレタン防水加工をした
コーデュラ500のような強靭なBagもイイですが・・・

こんな、薄手で軽量なBag類も
TPOに合わせて、色々活用できてイイですね。
とくに、このノースフェイス以外でも
パタゴニアのライトウェイト・トラベル・シーズは
色々なバリエーションもあってお気に入り。
旅行や、ちょっとしたショッピングバッグ。
夏時期なんかは丸洗いも簡単で
汗をかいたら洗濯!清潔感も魅力です。
洗濯方法は各モデルの指示に従ってもらい
自己責任でお願いしますが・・・
自分なんか、ウエアみたいにバンバン洗って
まさに一心同体 ボディバッグです。
そんな訳で、引き続き 両手がフリーになるバッグに
色々と詰めこんでオンからオフと色々
アクティブにチャレンジしていきたいところです。

 

 

続きを読む "THE NORTH FACE purple label Light Weight Tellus / 2016SS"

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »