« 戦場ヶ原ハイキング & 日光湯元キャンプ : August 12-13, 2015. 後編 | トップページ | DAIWA COOL LINE II GU1600 cooler box »

2015年8月22日 (土)

Jeep PATRIOT roofbox 'INNO SHADOW 16 BR1210 BK'

Patriot_roofbox01

そんな訳で、愛車Jeepパトリオットに
ルーフボックスを付けてみました。
なにげに、自分のはLIMITEDグレードのために
本革レザーシート仕様だったり、トランク類も
そこそこ まだ綺麗な真っ黒な内装ゆえに
山遊び行った時なんか気を使うんですよね。
それに前泊入りの車中泊で現地行って
朝一から遊ぶって時も、荷室の空間をつくる
荷物の移動が面倒だったりしましたが・・・・
外付けのルーフボックスで一気に解決です。
泥んこの登山道具や濡れたキャンプ道具も
ルーフボックスなら そのまま載せてOK。
最悪ルーフボックスなら外して丸ごと
水洗いもできてしまいますし、諦めもつくというか、
とにかく荷室スペースも増えて室内広々
キャンプ道具も気兼ねなく買い増し出来そうです(笑

なにげにパトリオットの場合は そのスタイリングのためか
ボックスよりも、オープンなルーフキャリアや
ルーフバスケット派の方が多くて、ボックスに関しては
なかなか事前情報も少なかったのですが・・

jeep patriot × cargo box
http://www.mr-box.com/us/car/jeep/patriot


で・・・・色々悩みつつ比較検討し、
PhotoShopで合成してフィティングを妄想しつつ
実物を見に行ったりして・・最終的に決めたのが
カーメイトがリリースするINNOブランドの
イノー・シャドゥ16ST 型番BR1210です。

INNO SHADOW 16ST BR1210
http://www.innoracks.com/jp/products/roofbox/
全長 2000x全幅 810x全高 340(mm)
装着高さ 315(mm) 内寸長 1830(mm)
容量 360 L 最大積載量 50kg 左右開き
製品重量 19kg

→ 後継品 INNO SHADOW 124/16ST
イノー・シャドゥ124 BRQ124 / イノー・シャドゥ16ST BR1210
http://www.innoracks.com/jp/products/roofbox/#rb02

 

とにかく、オートバックス等の実店舗や
ネットでも実売29800、ニッキュパーで買える
コスパに優れる同じイノーのルーフボックスシリーズ
ROOFBOX 55, ROOFBOX 33 辺りと
かなり悩んだのですが・・・やはり片側
左開きだけっていうのと、取付ステーの
穴を塞ぐのがガムテープだというが気になって保留。
やっぱり左右から両開きがイイですし、
実物を見ると、INNOシリーズ唯一の
傷が目立たないという 一眼カメラのボディのような
シボ加工がされているというマットブラック仕様
(実際は、けっこうツヤがありますが)や
サイズ感、ベーシックでシンプルなデザインが好印象。

そして2009年(平成21年)以降に登録された
乗用車を対象とした外部突起物規制 に
適合した製品「Eマーク」表示で 車検時も安心な
ECE R26 外部突起規制をクリアした
ゴムモール部分など細部の仕上げも凝っていたり
写真で見ていた印象より 実物はカッコ良く、
その風情は、なかなかのお気に入りとなりました。

外部突起物規制適合ルーフボックス
http://www.carmate.co.jp/press/2009/12/post-31.html


INNOを代表するSHADOWシリーズの中核をなす
SHADOW 16 BR1200系。このBR1210の他に
BR1200やBR1250など 同じ形状で表面の仕上げや
サポートブロックの有無などで色々な
バリエーションが この"16"
に存在していたようで、
息の長いモデルとして完成度の高さも伺えます。

Patriot_roofbox02

で・・・届いてビックリ、シングルベット並みのサイズ感(笑)
開けてみると中に簡易梱包で本体が収まっていました。
特別な緩衝材などなし、段ボール1枚とビニール袋。
新品ですが、天面など少し擦り傷があるような・・、、
まぁ、傷が目立たないというシボ加工のシェルなので
撥水系のコーティング剤を付けて拭いたら白い擦傷は
目立たなくなりました。マットブラック?ということですが
最近流行のラッピング車等のマットブラックとは違い
シボ加工のツヤのあるブラックという感じで
塗装などせずに、素材のままで仕上げているので
傷が付いても塗装面やコーティングが剥げるとか
グレー地の塗装下地が出るとかではないので
材質そのままによって傷は目立たない感じです。
そしてボディ下側は完全にマットブラック、よくある
黒いウレタンバンパーみたいで、同じ黒一色でも
このコントラストが効いていて、なかなかイイ感じです。

で、本体の中に取説を含む備品が入っていたのですが
鍵が掛かっていて開けれず・・困惑。。。
よく見たら鍵はサイド面の下側に ひっそりとテープで
留められていました。。無事・開封、中身もチェック。
そして、重量は19kg。見た目以上に軽くて
ギリギリ男子なら一人でも持てると思います。
海外製品などに多いFRPボディと違い、
リサイクル可能で軽量なABS+AES素材で
新製法「低圧射出成型」を採用して
肉厚を均一にすることで剛性感を向上させている
恩恵は、取り付け時の利便性はもちろん
燃費向上、高速走行時の撓みの少ない安心感、
加減速などの走行性能すべてに恩恵があるようです。

それでもルーフに載せるのは少し大変ですが
ボディを傷付けないように毛布等で保護すれば
こちらも何とか一人でいけそうです。
まぁ二人いれば、ぜんぜん余裕。軽々です。

そして、取り付けベースはINNOの適合表に従い
ステ−はINFR。バーはINB117を選択。
先に、こちらは届いていたので取り付けて
走り回っていましたが、結構 風切音が凄い。
気になる人はエアロベースも候補にしてみてもイイかも。

carmate MK74系JEEPパトリオット適合表
http://db.carmate.co.jp/matching/output/index.php?carrierID=2875&carMakerID=5&carNameID=793&menuST=31&CType=sys


上のメーカーの適合表にも記載されていますが
パトリオットは標準でルーフレール付きで
カタログ値 車高1665mm(アンテナ除く)ですが
ステーのみの状態で1753mmになることになります。
そして本体BR1210を付けた状態では2063mm
ぎりぎり一般的な自走式の立体駐車場をクリアできます。
これもSHADOW16を選んだ理由の一つです。
風切音もボックスを付ければ整流効果で減少しました。

Patriot_roofbox03

BR1210は標準でBRP10クイッククランプセットを採用。
傷防止と・・・メッキが目立ちそうなので、
黒チューブ被せで少し小細工をしてみました(笑)
クイッククランプは 角バー以外にもエアロタイプや
メーカー純正キャリア等にも取り付け可能。
大型ノブで工具なしにでカンタンに
取り付け増し締めできるのも魅力です。
そしてクランプは本体の前後に別れた長穴で
前後に任意の位置で固定できる仕様で、
固定後に、その長穴を埋める断面がπの字型の
ゴムパッキンも付属、これがROOFBOXシリーズだと
黒いガムテープ仕様なんですよね。。。
この部分もSHADOWシリーズを選んだ利点です。
一応このパーツも補修パーツで入手可能です。
(CARMATE) ISP 270 穴埋めモール1本
とりあえず穴埋めモールは、もう少し走行テストして
セッティングが出てから取り付けるとして・・
付属のグレー色の2本の固定用ベルトと
別途用意しておいたゴム製のキャリングコードを
荷物の固定用にセットしておきます。

INNOのルーフボックスは、一部 SHADOW 15などは
こだわりのMade in USA アメリカ製だったりしますし、
このSHADOW 16 は Made in JAPAN 日本製です。
店頭で実物を見た時も感じましたがコスパに優れ
安心の品質と、クオリティの高さを感じます。

Patriot_roofbox04

Patriot_roofbox05

Patriot_roofbox06

Patriot_roofbox08

Patriot_roofbox07

Patriot_roofbox29

Patriot_roofbox20

ボックスの位置を、前に後ろに色々微調整。
ルーフレールが後ろ側のみにあるパトリオットは
どうしても 進行方向前側には付けれませんが、
リアのトランクゲートの開閉に影響なく
バランス的にも悪くない範囲で極力
後ろ側に収まるように取り付けました。
後ろ側だとフロントウインドウ周辺の
ETCやGPS、テレビアンテナとも干渉しませんし
ルーフが高くて、そのままではボックス内部に
アクセスしづらい パトリオットですが、
この位置だとリアタイヤの上に足を載せて
立ってしまえばボックス内に楽々とアクセス可能。
脚立無しでも使い勝手や掃除もしやすくなりました。
それでも前側は遠くなり活用は難しいですが、
メーカーでも重量配分を 真ん中 後ろ側に
するように記載されていましたし、
この形状を活かす積載でも 真ん中と
後ろ側スペースの活用が多くなりそうです。

そして、離れて車体を見てみてもバランスが良い感じ。
単品では、大きく感じたボックスですが
ルーフに収まると適度なサイズ感とバランスで
よりレジャービークル感が出てカッコ良く感じます。
横幅が、もう少しあっても良かったと思いますが、
このサイズならセンターに配置した際でも、両側から
アクセスもし易いですし、左右どとらかに寄せれば
空いたスペースに自転車キャリア等も併用できそうです。

そして、肉厚均一な低圧射出成型を採用して
剛性感を向上させたというボディのバックスタイルは
整流効果を狙ったディフューザーデザインが
バットマンカー的なSFに登場しそうな趣があったり、
便利なDUAL OPEN/両開き機構(左右両側開閉)や
片手で荷物を持ったままでも、カバーを開閉することが
出来るという新セイフティロック機構など機能面も
INNOの機能ほぼフルスペックというコスパの高さ。

以前はあまりルーフボックスは好きでは無かったのに
付けてみると まんざらではなく・実用性はもちろん
そのスタイルも かなりのお気に入りになりました。
それ以来、街中で見るルーフボックス付き車両が
気になってカッコ良く見えてしょうがありません(笑)

INNOルーフボックス機能一覧表
http://www.innoracks.com/jp/products/roofbox/option.html#fc01


最初は、もう少し薄型のボックスを考えていたのですが
使ってみると、このサイズでも少し高さ不足を感じるので
このサイズで正解だったと思いますし・・・
薄型でフラットなルーフのボックスと違い、立体的に
丸みを帯びたルーフ部は雨水や露を貯めることが無く
紫外線による劣化、ひび割れの心配も軽減。
天面がフラットなボックスだと上に雨水や結露が貯まり
それがレンズになって劣化を早めるようです。
そしてデザイン状のアクセントでもあるルーフの
2本の溝は、肉薄ながらもボディ硬性を高めると共に
雨天時の開閉時には雨どい的に雨水を前後に流し、
ボックス内への浸水を最小限に留めてくれていました。

で・・・さっそく新しいうちにステッカー類をはがします。
車検時に、そのまま通す場合に重要な
Eマーク付きデカールは残すとして・・・・
ベース類も色々な場所にロゴが入った
ステッカ―が付いていますが、コーションシール以外
すべて除去。真っ黒 無印仕様が スッキリで
純正品っぽいというか ミルスペック的というか・・
ルーフボックスなんか、真っ黒 無地仕様になったら
なんか武器でもごっそり入ってそうな(笑)
まぁ これはこれで渋くてカッコイイ感じですが・・
後ほどオリジナル仕様でステッカーチューンします。

Patriot_roofbox09

Patriot_roofbox10

Patriot_roofbox11

Patriot_roofbox12

Patriot_roofbox13

うーん。想像以上に なかなか良いです。
戦闘機の増槽タンクみたいというか・・・
ボトムズのフル装備なスコープドッグか
ストライクパーツを背負ったバルキリーというか(笑)
インシーズンや、使う時だけ載せるというより、
普段から そのまま付けっぱなしで常用となりそうです。
適度なルーフとボックスの隙間もあってか、
言われるほど洗車も大変ではなかったですし、
そうなると日々高くなった車高に注意する事になります。

取り付けた状態の車高は一般的な
ワンボックス車と同じくらいでしょうか?
駐車場で後ろに居合わせた
マツダ・ボンゴフレンディと比較・・・
ちなみにメーカー公表値は
本体BR1210を付けた状態では2063mm。
ちなみに もともと3ナンバーサイズのパトリオットですが
車高の面でも5ナンバー枠の2mはオーバーです。

Patriot_roofbox21

Patriot_roofbox22

そして気になるのは、よく使うお店の
立体式駐車場の天井の高さです。
取り付けて 早速出掛けたホームズ葛西店の
駐車場入り口、いきなり車高2.2mの警告と
吊り下げされた黄色と黒のバーが緊張感を
誘います・・いつもは何も思わない所ですが、
ギリギリに感じます、まぁ実際は余裕でしたが(笑)
そして、次は、こちらも良く行く お台場方面
東雲のカー用品スーパーオートバックスと
バイクパーツのライコランドが併設する場所の
立体駐車場が更に低くなる2.1mの高さでしたが、
こちらも数字を信じて無事クリアです。。。
この近くの豊洲のららぽーと2.1m
イオン南砂町スナモ店2.3mでしたが、
船橋のららぽーとは駐車場によって
色々数字が違いますが安心できるのは2.1m
IKEAはさすがに天井が高そうですが
IKEA船橋の駐車場が2.45mで、
他の店舗だと2.35mというところが多いようです。
都心で使う営業車では機械式立体駐車場に入る
1.55m以下の乗用車サイズじゃないと
打合せや納品で駐車場に困ってしまいますが・・・
ショッピングモール等に多い自走式の
立体駐車場は2.1mというのが基準値のようです。
そんな訳で、事前の調べで、薄すぎると
あまり物が入らず使いづらい、かと言って
大き過ぎると駐車場に困ってしまう、、、
その部分を見事にクリアした2.063mですかね・・・。
まぁ実際には競争率が高い平置き駐車場や
店舗によっては特別駐車場に置けないことは無いですが
今まで通りの使い勝手を考えれば大満足です。

ただ、調べていたら、ファミレスの駐車場が
危険だそうで・・最低車高の記載が無いところや
入口より中で低かったり、車高2.05mと言われる
ハイエースでも天井を擦ってる人が多いようです。
近場の東京や千葉のファミレスなんて1階が駐車場の
立体駐車場のところが ほとんどなので 今後も
引き続き 油断せずに 検証が続きそうです。
まぁ・そんなリスキーさも感じていて、以前
MTBにハマっていた時は、ルーフ上ではなく
トランク後方に積むキャリアを使っていましたが・・
それはそれバック時に注意が必要だったんですよね。
追記。近くのハンバーグで有名なファミレス
びっくりドンキーの立体駐車場が1.9mでした。残念。。。
ただ、平置き駐車場もあるので空いている時はOK。

で、自分的には怪しそうな時に高さを測る目安。
車を降りて、姿勢を正してまっすぐ立ち、指先では無く
手をグーにして天井に当らなければセーフと言う感じです。
靴のソールの高さの誤差もありますが、目視だけではなく
そんな体の一部を使った計測ハックが有効そうです。

あとはタイヤを変えるとしたらハイトの高さも注意ですね。
足廻りに負担のかかりそうなリフトアップ等はしない
予定ですが・・・純正サイズキープが無難そうです。

で・さらに細かい所を ちょこちょこ仕上げます。

まずは、ラジオのアンテナ。Jeepパトリオットは
いわゆるユーロタイプというものでしょうか、
太めのラバー製のようなアンテナが後方に付いています。
これが素のときはアクセントになっていて
ピーンと伸びたアンテナがJeepぽっいというか
軍用無線機を彷彿させてイイ感じなんです。
ドラゲナイ♪(苦笑) ・・・そんな訳で、お気に入りの
純正アンテナを そのまま使えるように避けて
前側にボックスを取り付ける事も可能だったのですが
ボックスのバランスや位置&使い勝手を優先して、
その位置でも使えるアンテナに変更することにします。
まずは外したままで走行・・それでも都心部では
FMラジオは普通に聴けていました(笑)アンテナの
ロッド部分を外した状態のベース部分だけでも
楕円ぎみの三角錐で ちっちゃなシャークアンテナみたいで
それはそれ良かったんですがAMは雑音が酷い状況。
それとネジ穴が出ているのはカッコ悪いので・・・

Patriot_roofbox14

Patriot_roofbox15

Patriot_roofbox19

アンテナの角度を変更できるパーツか
今時なドルフィン・シャーク形状のアンテナや
たんなるキャップやカーボンアンテナなど
色々考えたんですが・・・ この ずんぐり むっくりな
ボーリングピンみたいなショートアンテナにしてみました。

JDM ショートアンテナ60 ストレートタイプ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00B99BSM0/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00B99BSM0&linkCode=as2&tag=alfatact-22


質感的にも純正風で収まりも良いですし
ちょっとクラシカルな雰囲気のあるパトリオットにも
違和感なくマッチしていると思います。
信用性が低そうなメーカーだと心配ですし
一応、ヘリカル方式コイル内蔵という事もありますし
この短さでもAMのノイズはすっかり消えました。
FMはアンテナ無くても聴けていたので不明・・
どちらにしても無いより有った方が良かったのは実感。
純正よりはどうかは解りませんが、アンテナ問題解決です。
ちなみに取付用ボルトは5mm/6mmが付属。
パトリオットのアンテナは細い方の5mmです。
他製品や流用をお考えの方は自己責任で参考に。

Patriot_roofbox17

Patriot_roofbox18

Patriot_roofbox16

そして、INNOの角バーのベースだったら
付けたかったパーツの一つ バーエンドフックも購入。
シャフト部は軽くて丈夫なアルミ製。耐荷重10kg。
フック部は最大35cm伸び、しかもどの位置でも
しっかりと固定できるワンタッチレバー採用です。
ランタンを掛けておいたり、ウェアのハンガー、
ボックスに入れる前に一時的に掛けておいたり
何かを立てかけておく事ができるので便利です。
取り付けたのは助手席側のリアに一つ。
残りのバーエンドキャップは、よく外れたり
紛失している車両を見るのでワイヤリングならぬ
細めの結束バンドで固定しておきました。

カーメイト(CARMATE) バーエンドフック グレー IN551-6
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000AR4P6S/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B000AR4P6S&linkCode=as2&tag=alfatact-22

そして、最後に"画竜点睛”ステッカーチューン(笑)
素のステッカーを剥がした状態も良かったのですが
ここで少しお遊びというかカスタマイズです。
無難にJeepとかCHRYSLERっていうのもイイですし、
アークテリクスやノースフェイスとかパタゴニアとかの
アウトドアブランドもイイですし、NemoやMSR、
コールマンやスノーピークのキャンパーブランドも
貼っている人も見たことがあって人気でしょうか・・
あとはアメ車っぽくNASカー・ストックカー風に
レーシングパーツ系のステッカーをペタペタとか、
Mooneyesやピンスト系も悪くないですね。
あとは大好きなキャノンデールとかMTBや
趣味系アイテムのサービスカー風・・
いっそ・ミリタリー風にステンシル文字とか
SWAT、、ColtやHK、ベレッタ、kimberなんて
職務質問されそうなステッカーも(笑)
オリジナルでカッティングシートをカットして
制作っていうのも考えていたんですが・・・
自分的には、このステッカーで決まりです。

Patriot_roofbox23

Patriot_roofbox24

Patriot_roofbox25

Patriot_roofbox26

知る人ぞ知る "MOPAR" え?有名?ですよね(笑)
Jeepの純正パーツなんか頼むと
MOPARのロゴ入りパッケージで届きますし、
Jeep本体もウインドウやら至る所に
MOPARのロゴが入ってます。
MOPARは、クライスラー社の総合パーツ部門
リペアパーツの他にオプションパーツも多数展開。
実際、MOPARのロゴ入りでは無くて
MOPAR扱いで、JeepやCHRYSLERの
ロゴ入りのルーフボックスもあったりするみたいですが
これが、あまり好みじゃないというか・・・(苦笑)
そんな訳で一見 純正オプションパーツ風。
おっ、さすがアメ車、MOPARのボックス?OEM?
ロゴが違うだけで別の物に見えてしまうから不思議です。
しかも このステッカーすごいイイんですよね
文字だけ残るタイプですが凄い薄くて
地のシボも出てペイントされた文字みたいになります。
そんな訳で車に詳しい人こそ、クスッとなる
やりたかった ステッカーネタの一つです。

で・四輪じゃなくて自転車レースでの話となりますが、
気分は・・・スポンサーの用意するサドルを使わず
セラサンマルコのリーガルをスポンサーロゴに変えて
こだわって使い続けていた伝説のロードレーサー
破天荒な男マリオ・チポリーニという感じでしょうか(笑)

また、その昔、オートバイで信号待ちで並んだとき
となりのバイク乗りに、そのバイクどこのですか?
カッコイイですねーって聞かれたことがありましたが、
そのバイク・あなたと 同じ SRですからぁー って
ことがありましたから・・そのうち このルーフボックスも
同じオーナーに インプレ聞かれるかもしれませんね(笑)

 

それから・・・ボックスとクランプの鍵が同じINNOで
判りづらいので、色違いのキーカバーを付けてみました。
これがスゴイ便利。鍵穴に差し込まれた風情も
レーシーなキルスイッチみたいでカッコ良し(笑)

Patriot_roofbox30

Patriot_roofbox27

Patriot_roofbox28

そして後日、早速 ルーフボックスが大活躍。
トレッキング、キャンプ道具もスッキリ収納。
車内も広々使えるし、汚れたり濡れた場合も
気楽に詰め込み可能です。使い勝手も最高ー。
内部容量の大きさ的にも、丁度良い感じです。

防水では無いとメーカーは記載していますが、
豪雨の中も疾走しましたし、一晩中、雨ふりの日、
中に荷物を置いたままにもした事もありましたが、
濡れた形跡はなし、普段使いでも、中に雨水や
ホコリが浸入している感じは殆ど無い感じです。
荷物が露出するルーフキャリアと違い
停車時も荷物の心配がないですし、
ラフに詰め込むだけでイイのも気楽で
普段からもサブトランクとして活用可能。
そして高速走行の空力面でも安定感があり
風切り音が少ないルーフボックスは安心です。

あとは・・・どんどん活躍させていきたいですね。
ホント・購入して良かったアイテムの一つです。

 

Patriot_roofbox31

Patriot_roofbox32

 
 




 
 

INNO ルーフボックスShadow シリーズ | カーメイト

 


INNO Shadow Roof Cargo Box Demo

 

Inno Racks Shadow 16 Cargo Box Review

 


 
  

 

Inno Roof Cargo Carrier Review -
2015 Jeep Wrangler Unlimited

https://www.etrailer.com/tv-review-inno-roof-cargo-carrier-2015-jeep-wrangler-unlimited-inbra1250bk.aspx
※ジープ ラングラーにINNOのルーフボックス(動画アリ)
 軽々とルーフに載せセットアップする様子が参考になります。


 
  
  


INNO SHADOW 16ST BR1210
http://www.innoracks.com/jp/products/roofbox/
全長 2000x全幅 810x全高 340(mm)
装着高さ 315(mm) 内寸長 1830(mm)
容量 360 L 最大積載量 50kg 左右開き
製品重量 19kg

→ 後継品 INNO SHADOW 124/16ST(同サイズ)
イノー・シャドゥ124 BRQ124 / イノー・シャドゥ16ST BR1210
http://www.innoracks.com/jp/products/roofbox/#rb02

 











 
 

Amazon : ルーフボックスの選び方
http://amzn.to/2hrwB2o







 

|

« 戦場ヶ原ハイキング & 日光湯元キャンプ : August 12-13, 2015. 後編 | トップページ | DAIWA COOL LINE II GU1600 cooler box »

■ アウトドア. outdoor 総合」カテゴリの記事

■ アウトドア. outdoor ITEM」カテゴリの記事

■ クルマ Jeep PATRIOT」カテゴリの記事

コメント

一々脱線気味の解説がツボ過ぎて最高でした(笑)
ライフル一丁くらいは入っていておかしくない雰囲気ですね。カッコイイ!

投稿: hyena | 2015年8月24日 (月) 18時39分


>hyenaさん
どーもです。あはは・ありがとうございます(笑)
そうですね・・・気分は・・大事なところで
武器満載のCTUの車を奪われる
海外ドラマの主人公って感じです(笑)
 

投稿: tact* | 2015年8月24日 (月) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦場ヶ原ハイキング & 日光湯元キャンプ : August 12-13, 2015. 後編 | トップページ | DAIWA COOL LINE II GU1600 cooler box »