2019年6月 2日 (日)

SR meeting 2019@DAYTONA 前乗りキャンプツーリング "くのわき親水公園キャンプ場"

Sr_event2019_camp-1
 

2019年5/26の初夏を思わせる晴天の中、
静岡にあるデイトナ本社で行われる
SRミーティング 2017 へと前乗りで参加してきました。

SR meeting 2019
http://sr-meeting.com/
■開催日時
    2017年5月26日(日) AM10:00~PM3:00(雨天決行)
■開催場所
    (株)デイトナテストコース
    〒437-0226 静岡県周智郡森町一宮4805
■主催
    SR meeting 2019実行委員会
    (TEL.03-3380-1061 造形社内)


この楽しい一時を 提供して頂いた
実行委員会のみなさまに感謝いたします。

そんな訳で、自分が住む東京からは
片道250km、往復500km、日帰りで行けない事は無い
微妙な遠距離ですが、どうせなので、今回も前乗りで
前泊して キャンプツーリングを楽しむことにしました。

基本、この前泊のキャンプネタがメインのほとんどで
イベントのことは…あまり写真も撮らず書いていないので
会場の雰囲気を知りたい人はスイマセン(笑)

Sr_event2019_camp-2

Sr_event2019_camp-3

Sr_event2019_camp-4

Sr_event2019_camp-5

東名は、新東名を進み、大井川周辺の下道を進みます。

今回もキャンプ地は前回(2017)と同じ場所。

くのわき親水公園キャンプ場
https://goo.gl/maps/GuyRUV24cUS2

口コミ情報 - HATINOSU
http://www.hatinosu.net/camp/archives/1664/


ここまでの大井川の道中の絶景具合も良いですし、
場所は、翌日の会場であるデイトナ本社へ
高速の一区間もないぐらい近い場所で最高です。

途中にスーパーで買い出し。
簡易クーラーボックス代わりにスーパーでもらった
段ボール箱に食材と氷を入れて運びましたが、
この方法なかなか良いですね(笑)安定度も良好♪

Sr_event2019_camp-6

Sr_event2019_camp-7

フリーサイトでも、ある程度の区画が決まっていますが、
振り当てられたスペースは広く、水場や管理棟にも近く
隣のグループまでも距離が保たれロケーションも最高です。

今回は、荷物をコンパクトにしながらも、
タープはSRを納めることができる
NEMOトランスフォームタープを持参してみました。
効果はバッチリ。愛車と共にキャンプはバイカーなら
思わずニンマリなロケーションですね(笑)

Sr_event2019_camp-8

Sr_event2019_camp-9

Sr_event2019_camp-10

Sr_event2019_camp-11

Sr_event2019_camp-12

Sr_event2019_camp-13

Sr_event2019_camp-14

Sr_event2019_camp-15

キャンプといえば、タープやテントの
レイアウトや設営も楽しいんですよね。

そして、そのままBBQに焚火と、アクティビティを満喫。

いやぁ…キャンプツーリングは最高ですね。
今まで日帰りツーリングや、長距離であっても
宿に泊まってのツーリングが主でしたが
ちょっと面倒だな、道具を揃えるのが大変そうと
敬遠していたことを 後悔することしきりです(笑)
気分はロードムービーの主人公って感じですね。

その遅れを取り戻すようにキャンプ遊びを堪能中ですが
そのライブ感は、例えるなら… 車とバイク、テレビとライブ、
五感を刺激する空気感や面白さという遊びの部分は
不自由さの中に求める快適性が、そのまま生きるスキルにも繋がり、
その疲労感も含め、生きてる実感がダイレクトに伝わる充実度は最高。
スピードや、走行距離なんかの数字では 比較できない
そのぞれのスタイルが、理屈抜きにワクワクして楽しいです。

Sr_event2019_camp-16

そんな訳で、立つ鳥 跡を濁さず
テントやタープをまとめ、荷物をシートに括り付け
旅人は 次の目的地を 目指します(笑)

写真が多くなってしまったので
続きを読むに… 少しイベントのことをアップです…

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年3月11日 (月)

ビーパル2019年4月号付録 笑'sコラボ「ミニ焚き火台」

Img_20190310_222921

そんな訳で、みなさん購入しました?ビーパル4月号!(笑)

ビーパル4月号の付録は笑’sコラボの「ミニ焚き火台」
https://www.bepal.net/information/60083
Amazon : https://amzn.to/2HccUZW

以前から予告されていましたが、
アウトドア系雑誌の老舗ともいえるビーパルに
ポケットにも入るコンパクト焚火台の付録が登場です。

昨今のキャンプや焚火ブームもあってか
巷でも話題沸騰!?かなり売れているのか
発売日の当日に購入をしに近くの本屋さんに行きましたが
すでに…売り切れ状態(汗、、、
そうなると更に欲しくなるのが人情(笑)
その後、本屋をハシゴし、無事発見し入手することできました。

そんな訳で、いつも通り…
この手のアイテム大好きな自分としては2冊購入です(笑)

Img_20190310_223328

Img_20190310_223850

Img_20190310_223752

自分も持っている「B6君(B-6 boy)」で有名な
SHO’S(笑’s)とコラボした…この「ステンレスMINI焚き火台」

Sho's Pocket TAKIBI GRILL 【B-6 boy】 Stainless
http://tact.air-nifty.com/thp/2015/07/b6-kun.html

さすが…SHO’Sというべきか
手のひらサイズながら実力は十分。
複雑で精度の高い 精密板金によって作られた
カットラインやプレスラインは、デザインも美しく、
一体化された灰受けとロストル部分や
軽量化や空気の取り組みに効果的な各造形は
少ない薪を効率よく燃やす機能美にあふれています。

小さいな焚火台、ネイチャーストーブとしてはもちろん、
自分としてはメンスティンでの自動ご飯炊きとして使う
固形燃料用のゴトクとしても便利なサイズです。

Img_20190310_223354

Img_20190310_223234

Img_20190310_223159

そして、2個、入手してみたので、試しに…
三角柱となる2つを組み合わせて、大型化!
六角形ペンタゴンにしてみました!(笑)

無理やりですが…大型のフライパンを使ったり
鍋なんかも出来るかもしれません、、、笑

もちろん非公式な使い方ですし、
想定外の使い方のため硬性感も低下し
ちょっと安定も悪いので実際に合体での
大型化はしない方が良さそうです(笑)

そんな訳で、ちゃんと推奨された方法での使用では
その薄くコンパクトなサイズながらも、硬性感もバッチリ。
強度を上げるプレスラインの効果もあって
同じビーパル誌の付録ミニスキレット(2018年7月号)も
ガッチリと安定して調理などに使うことが出来そうです。

 

他、これまた、伝説的ともいえる雑誌fam付録の
Columbia × SOTOミニ焚き火台とサイズ感は近い感じで、
組み合わせて2口のコンロとして使用も出来そうです。

fam Autumn Issue 2015 付録 'Columbia × SOTO' ミニ焚き火台
http://tact.air-nifty.com/thp/2015/09/fam_stove.html

四角形と三角形、使用されるステンレス板の厚みの違い…
この小さな焚火台という同じ用途を目指しながら、
それぞれの設計思想の違いもなかなか比較すると面白くて
単純に実用品というよりも、遊ぶ心を満たしてくれたり、
コレクター心を刺激するアイテムではないでしょうか?(笑)

Img_20190310_223106

Img_20190310_223003

それにしても、今時の雑誌の付録ってスゴイですね。
そして 付録だけではなくて、本来のメインでもある誌面も
やっぱりプロが編集した記事や企画も面白いです。

昨今はペーパーレスの電子書籍が伸びているようですが
紙という普遍的で五感に響くメディアというものは
ある意味、不便を楽しむアウトドアにも通じる
デジタルでは伝わらない独特の魅力を再認識しました。

また面白い企画や付録…期待しています。楽しみですね。





» 続きを読む

| | コメント (0)

«HAPPY NEW YEAR 2019!