2018年4月 8日 (日)

Aglaia LED 卓上デスクライト LT-T12

Aglaia_led_00

そんな訳で、最近 視力も落ちてきて
ちょっとした読書や手作業の時に
手元を照らすライトが欲しいなぁと調べていたら
イイ感じのデスクライトがあったので購入してみました。

Aglaia LED Desk Lamp 7W,
Eye-care Dimmable Table Lamp
with USB Charging Port, 3-Level Dimmer
with Touch Sensitive Control and Flexible Neck (Black)
http://www.aglaiahome.com/product/70456


Aglaia LED デスクライト 卓上スタンド
USB充電式 三段階調光 三色調整
タッチセンサー 折りたたみ式
https://amzn.to/2GHSNyQ


どこまで名前か解らないけど なんだか長い名前(笑)

他にもOEMな感じでデザインや仕様が同じな
AUKEY LED スタンドライトLT-ST5 などありますが
中でも一番コスパが良い Aglaia を購入。

Aglaia_led_01

Aglaia_led_02

Aglaia_led_03

すでに他にも色々デスクライトも持ってるし
ランタンなんかも けっこう持っているんですが、
軽量コンパクトで 持ち運びも出来て、
周りに必要以上に灯りを漏らさずに
手元だけを明るく照らしてくれるのが丁度良いです。

今回デスクライトで、欲しかった機能である
白色5200k、昼白色4100k、電球色2900kの
TPOで使い分けが出来るカラーモード調整に
明るさを段階的に変更できる 3段階調光も便利。
そして、オマケ機能という程度ですが
バッテリーも内蔵していてコードレスでも利用可能。

Aglaia_led_04

Aglaia_led_05

Aglaia_led_06

金額の割には質感や動きの節度感もイイんですよね。
軽いタッチで操作できるアクションは
持ち歩く際には誤動作が心配ですが
卓上で使うには、軽い操作で済むため本体が動かずに
片手でオンオフや調光、色変更まで出来て便利。

そして基本的には有線で給電しながらの使用となりますが
給電しながらの使用でも とくに熱を持つわけでもなく
USBでの給電となるのも便利で一般的な各種アダプターで
作業場から寝室、出張先と場所を選ばずに使えるのと
モバイルバッテリーも併用すれば野外でも長時間利用可能。

この手のデスクライトが1つあれば、
色々使えて便利なんですよねー ということで
ついつい同じにモノを2つ買ってしまいました(笑)
(この商品の特別キャンペーン 1点買うと、50% OFF を活用)!

Aglaia_led_07

Aglaia_led_08

たかがライト、されどライト。

全体をほんのりと照らすランタンとも違う、
また大きく光量のある本格的なデスクライトとも違う
軽量コンパクトなLEDデスクライト。
そんなライトも使い勝手がイイんですよね。
なにげに購入以来 大活躍中です。




» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年3月23日 (金)

日光霧降 ニュー霧降キャンプ場

Kirifuricamp_01

Kirifuricamp_02

Kirifuricamp_03

Kirifuricamp_04

Kirifuricamp_05

日光霧降 ニュー霧降キャンプ場
http://www.kirifuri-camp.com/

いやぁ・・・ かなり前、去年の話なんですが
すでに何回か行ったり、連泊したりしてたのに
そういえば写真公開していなぁってことで
少しばかり紹介を兼ねてアップです。

日光市街から車でわずか10分
大笹牧場に向かう霧降高原道路の中腹
標高900mの高原にあるキャンプ場です。

たった10分 峠を駆け上がるだけでも
東照宮や日光市街に比べて
少し春秋は肌寒く注意が必要で、
夏は快適に涼しくなるから不思議です。

ほんとの真夏なんかには いろは坂を登って
中禅寺湖や奥日光へ抜けた方が
さらに標高が稼げて涼しく快適ですが…
秋口なんかは、あの渋滞を回避できるし、
ほとんど予約なしで 飛び込みで利用できる
お気楽さで 何度か利用させて頂きました。

キャンプ場 自体が 少し古いっていうのもありますが
逆に あまり整備されていないところが面白いです。

入口で受け付けを済ませ バンガローが並ぶ
ちょっとした集落のような中を どんどん奥に進めば
上と下に分かれたオートキャンプ場に到着です。
一応、下の方が電気サイトがあったりトイレも綺麗め
景観はあまり良くないのですがファミリーが多い感じ、
そして上は、見晴らしも良く、芝生もイイ感じですが
野生の鹿の形跡もあるし、トイレも簡易タイプで
けっこうワイルド系なキャンプ場です。

ロケーション的には ぜったい上サイトなんですが
快適さを求めるなら 下サイトってところですね。

基本、ほぼ普通車で行けるとは思いますが
芝生の奥へ行く傾斜部分で 二駆のミニバンが
雪道みたいにスリップしていて押してもらっていたので
車種によっては無理はしない方が良いですね....
それと下サイトの砂利道も、たまに岩があったりして
車高の低い車はアンダーを擦ったりするので
路面に注意しなが走った方が良いです。
まぁ 気を付けて走行し フラットな場所を選べば、
バイクでもスポーツカーでも問題無しです。

Kirifuricamp_06

Kirifuricamp_07

Kirifuricamp_08

Kirifuricamp_09

Kirifuricamp_10

Kirifuricamp_11

Kirifuricamp_12

そんな訳で、個人的には やっぱり上サイトが良いかなぁー。
日光の街並みが見下ろせたり、目の前に広がる山々が最高。

それと、近くに 大江戸温泉物語 日光霧降っていう
お風呂に入れる施設があるんですが、
一回、広いサイト内を 車で抜けて
外に出て霧降高原道路を通って..と
なにげに 行くとなると少し面倒。
https://goo.gl/maps/yvubRWuadpM2

ですが、上サイトだと...何気に
ちょっとした山を抜ける散歩道があって
徒歩で行ける感じなんですよね(笑)
https://goo.gl/maps/FSBBfxuuoDp

...まぁ場合によっては
閉鎖されているかもしれませんので 自己責任で(汗)

それを 差し引いても やっぱりキャンプの醍醐味
自然の絶景と、その空気感がイイです。

ただ、上サイトの 抜けの良い丘の部分など
見晴らしが良い分、天候、強風には注意ですね。
実は去年の11月の秋の連休に連泊したんですが
予報の晴れに対して、2日目に急に 雨天に、
そして、かなり強風に! バタバタとタープは弾かれ
2ポールテントの ニーモ ヘキサライトはポールが撓り、
挙句の果てに 突き破ってしまいました.....ショック!

とりあえず、コンパクトにして凌ぎ 強風がやんだ後は
トートバッグを当て布替わりにして立て直し
なんとか その日は過ごすことができましたが
やっぱり山なんですよね。
その時、下サイトに行ったら 少し標高が下がり
周りが木々で囲まれていることもあり 別世界な平和さ(笑)
まぁ これも良い経験で、2ポールテントの弱点と
タープやテントの限界域、撤収の見極めを感じました。
しっかりしたスチールペグで ガイラインも
しっかし張れば なんとかなると 少し
お気軽に思っていましたが 良い勉強になりました。

条件が いっそう厳しくなる
トレッキングでの山岳系 天泊で無く、
一見 平和そうな オートキャンプ場でも
天候の見極めや対策は重要ですね。

まぁ すでにヘキサライトの補修もしていて
まだまだガンガン使っていく予定ですし、
また今年も 霧降キャンプ場は たぶん行くと思います(笑)

 

下は去年の夏、8月最後の土日に行った時の写真。
まさに夏、快晴!この時は夜空も綺麗だったなぁ....

Kirifuricamp_13

Kirifuricamp_14

Kirifuricamp_15

冬は閉鎖で、まだシーズンオフ。
毎年GWあたりから営業開始するらしいですが
整備など大変だとは思うのですが 今年も変わらず
また引き続き楽しい場を提供してくれればと願っています。







» 続きを読む

| | コメント (0)

«NEEWER クイックシュー&クイックリリースプレート アルカスイス互換 DC-38Q & PU-50Ⅲ set